<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
超越する満月
a0075956_6533635.jpg

23日(木)に太陽が乙女座に入りました。

乙女座の太陽、山羊座の土星、
牡牛座の天王星で地のグランドトライン
(大三角形)を形成中です。

19日(日)に水星が逆行を終えたので
現実を動かす力が強まっています。

…で、26日(日)14時30分すぎ
月が魚座に入って満月域となり、
20時55分、満月です。

乙女座の太陽、魚座の月、
ともに3度12分で180度オポジション。

魚座の月には、ロイヤルスターで
高次の知性と幸運を意味する恒星
フォーマルハウトがともにあります。

そして、そこに、小惑星スサノオが、
コンジャンクション。
皇太子様の出生時の太陽も
コンジャンクション。

皇太子様の太陽=火
スサノオ=風
この満月の月=水
ひ~ふ~み~…です。

a0075956_7195593.png


太陽、土星、天王星の大三角形に加えて、
月、土星、天王星が小三角形をつくり、
中心を太陽と月180度の満月エネルギーが
貫いてカイトを形成。

火星と天王星、金星と冥王星、
水星と木星は、90度スクエア。

アセンダントは牡牛座5度台。
その手前に逆行中の天王星。
ディセンダントは蠍座5度台。

MCは山羊座21度台。
その手前に逆行中の冥王星。
ICは、蟹座21度台。

サビアンシンボルは、
太陽は、「黒人と白人の子供たちが
幸せそうに一緒に遊んでいる」
月は、「二つの海岸保養地をつなぐ細い
地峡での交通渋滞」

偏見を克服し、不要なプライドという鎧を
脱ぎ捨て、異なる文化や習慣、価値観の
さまざまな人たちと新たな関係性を創って
ともにこの世界に真の価値あるものを
生み出していく様子を表しています。

シンボルの言葉からも分かるように、
太陽と月が同じようなエネルギーを放って
拮抗する満月です。

総じて…、向き合って対極が調和し、
統合し、過去を手放し、昇華し、超越し、
陰が陽に転じ、混沌から光が生まれる
ビッグバンみたいな創造エネルギー!

自己愛と他者愛が調和するマコトの自己を
受肉し直して、地に足をつけ直し、
同志たちとともに愛に溢れる理想郷を
実現していくことを促されます。

他者との、共同体との、社会全体との、
人類愛と希望に基づく幸福を求めている、
内なる純粋な情熱と意志にしたがい
それぞれの個性をリスペクトし合って
みんなが地上の星として輝くために…。

この満月以降、恩恵を受けてきた過去の
自分自身の資質、能力、栄光、環境…を
完全に卒業する未知の可能性に挑戦し、
別人のように自己変革を遂げていき
変身する人たちが増えると思います。

27日(月)、この満月エネルギーの中、
天王星と90度スクエアを保ったまま
逆行中の火星が順行に転じます。

過激なエネルギーではあるものの
決断実行力として活かせば、理想へと近づく
現実を創造することが出来そうですよ~。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-08-25 09:00 | 占星術
足元からトリ立つ 番外編
a0075956_240188.jpg

この際、ちょっと続きです。

1984~1985年に起きたグリコ森永事件。

日本航空123便 墜落事故と同じ年月日
1985年8月12日に「かい人21面相」と
名乗る犯人側が終息声明を出して以降、
一連の事件が幕を閉じ、未解決のまま
時効が成立しています。

123便には当時脅迫されたハウス食品と
不二家の社長が搭乗されていたことからも
墜落事故と何らかの関連性があるのでは?
という噂もあります。

それで、一連の事件の最初の犯行となった
江崎グリコ社長誘拐時のホロスコープを
観たところ…、なんと、
アルデバランにドラゴンヘッド、
アンタレスにドラゴンテイルがジャスト。

しかも、小惑星スサノオが水瓶座19度台。
日航機123便の墜落事故の時の
太陽を中心とするホロスコープでの
地球と月がある位置と同じ度数でした。

また、123便の事故の翌月にプラザ合意が
なされたため、その関連性も噂されるため
プラザ合意時のホロスコープを観たところ…
太陽と水星が乙女座29度台にあり、
小惑星アマテラスが天秤座0度台で
コンジャンクション。

これ…あくまでホロスコープからの
勝手な妄想ですが、やはり、、、
アマテラスvsスサノオ、日向族vs出雲族、
南北朝正閏論の続き…というか、
それ以前のシュメール神話に起因して
ぜんぶ繋がっている国家機密というか
この世界の神秘にも関わる事故事件?…と
思います。。。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-08-22 01:00 | スピリチュアル
足元からトリ立つ 完結編
a0075956_226329.jpg

平成最後の夏なので…
昨年の「足元からトリ立つ」の続きです。

じつは、先日の新月の時、
8月11日(土)18時57分。

ホロスコープのアングル度数が、
日本航空123便の事故の時のアングルと
同じことに気が付きまして…。

アングルというのは、簡単にいうと
ホロスコープの中の時間区分をあらわす
4つの感受点のこと。

★ASC(アセンダント)
黄道と地平線の東側の交点

★DSC(ディセンダント)
黄道と地平線の西側の交点、

★MC(ミディアムシーリー)
黄道と子午線の南側・天頂の交点

★IC(イーマムシーリー)
黄道と子午線の北側・天底の交点

地平線の軸(ASC⇔DSC)は個性を、
子午線の軸(MC⇔IC)は社会性を表し、
個々の人生の支柱となっています。

先日の新月でのアングルの度数は…、
アセンダント… 水瓶座27度38分
ディセンダント…獅子座27度38分
MC(天頂)… 射手座10度27分
IC(天底)… 双子座10度27分

MCは恒星アンタレスと、
ICは恒星アルデバランと1度以内で
共にあります。

※恒星は太陽系より高次元なので
恒星との繋がりを観る場合は、正確には
合やコンジャンクション(連結)ではなく
パラン(共にある)と表現します。

恒星の「アンタレス⇔アルデバラン」は、
「秋分・西・天⇔春分・東・地」を表し、
「高次元神霊界⇔3次元物象界」、
「天⇔地」をつなぐレイラインです。

日本航空123便の墜落事故は、
1985年8月12日18時56分
群馬県 高天原山 尾根

アセンダント… 水瓶座27度14分
ディセンダント…獅子座27度14分
MC(天頂)… 射手座10度24分
IC(天底)… 双子座10度24分

MC&アンタレス⇔IC&アルデバランです。

しかも、この時、IC&アルデバランに、
調和のための戦いを表わす小惑星パラスと
小惑星スサノオが共にあります。

この度数のサビアンシンボルは…、
「体験による現実主義の新たな道」

前度数は…「落下する飛行機」

太陽は獅子座19度37分。
サビアンシンボルは…、
「ズーニー族の太陽信仰者たち」

月は、蟹座0度14分。
サビアンシンボルは…、
「船で船乗りが古い旗を降ろし、
新しい旗を掲げる」

総じて…、象徴的な行為への
民衆の方向転換をあらわします。

さらに、一般的なホロスコープは、
この3次元・物象界の地球を中心とする
天動説(ジオセントリック)で観ますが、
天地は鏡像反転なので、太陽中心の
地動説(ヘリオセントリック)で観ると、

地球と月は、水瓶座19度37分。
サビアンシンボルは…、
「メッセージを運ぶ大きな白い鳩」

ありのままのすべてを受け入れ、
たゆまぬ努力と前進を重ねていくことで
高次元の使者(神霊)に守られ導かれ、
この世界の時空間すべてに宇宙の神秘的
恩寵が働いていることを理解できるように
なることを表します。

※太陽中心のホロスコープでは、
アングルやハウスの概念は無くなります。

そして、アルデバランには、
魂の傷と癒しをあらわすキロンと、
小惑星・高天原が共にあります。

アルデバランは、実際の天体では
牡牛座の右目にあたる星です。

日本神話では…、
イザナギの左目からアマテラス、
右目からツクヨミ、鼻からスサノオが誕生。
スサノオは高天原を追放されています。

つまり、ホロスコープを読む限り、
本当のアマテラスはスサノオ…という
メッセージがあるように感じています。


お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-08-19 22:00 | スピリチュアル
夢の実現への新月
a0075956_416569.jpg

しかし暑いですね。。。^^;

8月7日(火)8時23分、
金星が本来の星座・天秤座に入ります。
愛と富のパワーが全開になって、
人間関係と経済活動が活性化します。

水瓶座の火星とは120度トラインで、
山羊座の土星とは90度スクエアなので
この酷暑でどんなに汗だくでも
紳士淑女的な態度が功を奏します^^;

8日(水)、5月16日に牡牛座に入った
天王星が逆行に転じます。

11月には牡羊座に戻って来年1月7日に
牡羊座28度台から再び前進して
3月に正式に牡牛座に入っていきます。

つまり、5月16日~8月8日までは、
天王星・牡牛座時代の予告編。

この期間中、心、身体、理想、現実…に
分かりやすく起きた変化は、
来年3月からの天王星・牡牛座時代の
7年間をどのように生きていくか?…
というヒントが詰まっています。

8月8日~2019年1月7日までの
逆行期間中は、来年3月からの未来の
自分に向けての準備・調整期間。

ちなみに私、まだ内緒ですが…、
予告編の期間中に自分実験に成功して
いろいろと確信を得たので、
本編への準備・調整に入ります~^^;

戻りまして…
この天王星・逆行開始を含めて
水星、火星、土星、天王星、海王星、
冥王星…6天体が逆行期です。

思うように進まないことがあれば、
ちょっと視点を変え、考え方とやり方を
見直してみれば?…というメッセージ。
自己改革に努めることで嬉しい展開が
期待できそうです。

過激な火星と天王星の90度スクエアは
10月まで続くので、衝動的な言動には
引き続きご注意ください。

…で、10日(金)のお昼すぎに
月が獅子座に入って新月域となり、
11日(土)18時57分、新月です。

獅子座18度41分で太陽と月が重なり、
部分日食をともないます。

a0075956_4243951.png


なかなか意味深な星図。
台風は要注意です。

太陽、月、小惑星パラスが重なり、
水星も近くにいます。
蠍座の木星とは90度スクエアで、
山羊座の冥王星と150度インコンジャクト。

アセンダントは水瓶座27度台。
幸福のポイントと重なっています。

MC(天頂)は恒星アンタレスと、
IC(天底)は恒星アルデバランと
コンジャンクション。

新月のサビアンシンボルは、
「ハウスボート・パーティー」

宿泊設備が付いたヨットの上で
楽しくパーティーをしている様子で、
心の動きを素直に表現し、自分自身の
内面と外面を統合して自然体で
自由に生きることを促すエネルギーです。

全体を読み解くと…、
心を開いて付き合える仲間との交流の中で
気づきを得て、理想とする人生観を
体現する生き方へと、創造的な新しい
人生の始まりの合図。

こんな人生にしたい…
こんな風に生きていきたい…という思いを、
思っているだけじゃなく身体に受肉させて
日々の言動に移していくことで、必然的に
新しい現実が創造されていきます。

この新月で決意したり始めたりすることは、
潜在的な才能を開花させる現実となり、
ムリだと思っているような社会的な夢を
実現する可能性も高いですよ~。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-08-07 01:00 | 占星術