<   2018年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
方針決定の満月
a0075956_2145501.jpg

6月28日(木)13時53分、山羊座の満月です。

28日(木)に日付が変わった1時前から
30日(土)の14時前まで満月域。

a0075956_214628.png


蟹座で9ハウスの太陽と
山羊座で3ハウスの月が、それぞれ
6度28分で180度オポジション。

月は、山羊座5度台にいる土星と
コンジャンクションです。

この土星絡みの月には、
牡牛座1度台にいる天王星が
蟹座の水星とスクエアを形成しながら
調停しています。

また、獅子座6度台のMCには
ドラゴンヘッドがコンジャンクションで、
月&土星と150度インコンジャクト。

この満月のサビアンシンボルは、
太陽…「二つの自然霊が月光の下で踊る」
月は…「ヴェールに包まれた予言者が
    神の力にとりつかれて語る」

自然界からインスピレーションを受け取り、
この社会全体や自分が所属する地域、組織
家族…など何らかの共同体に対して
批判的に助言をする様子をあらわします。

高次元からの啓示を受け取り、
自然界の大いなる力への敬意を払って
目の前の現実をドラスティックに改革する…
という決意とともに今後の方針を明確に
打ち出すことを促すエネルギーです。

無意識下に封じ込めていた感情、
隠していたこと、水面下に隠れていたもの、
隠されていたこと…が、表に出てきます。

葛藤しながらも受け入れるしかないので、
必然的に目の前の現実をドラスティックに
改革することになる…とも言えます。

真実を、真実の自己を…認めることで
これまでご縁の薄かった人や環境への
ご縁が生じ、未来を開拓する方向へと
導かれますから流れに乗っていきましょう。

この満月域の中、29日(金)14時15分、
水星が獅子座に入っていきます。
月は山羊座の冥王星を通過していきます。

無念で未練を残していた物事、
すれ違って蟠ったままの人間関係などの
復活と修復による再生を暗示します。

自分の中の折り合いをつけた上で
以前とは異なる視点で物事や相手に
向き合って歩み寄る姿勢によって
嬉しい現実が展開するかもしれません。

なお、天王星が牡牛座1度台を通過中で
この満月ではIC(天底)に
火星とドラゴンテイルが重なるので、
引き続き大きな噴火と地震に要注意です。

…で、関係なくもない話ですが、
ビビビ~っときて気づいたことがあります。

真空中の光の速度は、
秒速約30万kmと定義されています。

つまり、計算できて制限があるので、
この光は3次元界の物質です。

厳密な速度=299792458 m/s

この数字を一つずつ足すと…、
2+9+9+7+9+2+4+5+8=「55」
数秘にすると「10」

さらに、「ひふみ」で解読すると…、
29… (天と地の)ふたつの光が
97… (マコトの)光に成り
9…  (マコトの)光(によって)
24… ふたつの世界は
58… いつ開く

これを順番に数秘にして解読すると…、
29… 11、「2」…風のように
97… 16、「7」…成る
9…     「9」…光
24…    「6」…夢(無)のような
58… 13、「4」…世界

抜けているのは…、
「1」… 火、日、秘
「3」… 水、実、身、巳
「5」… いつ
「8」… 開く

火水=神はいつ開く…となります。

秘密はいつ開く…、または、
蛇のようにトグロを巻いたままの
クンダリーニの火はいつ上昇させて
マコトの太陽になるの~?…という
メッセージとも言えます。

個々に情報や知識から知恵を、その知恵を
行動へと移し、内外、陰陽の対極を統合して
内なるホンモノの光を放つと
必然的に新天地が創造される仕組み~。

う~む、やはり、、、
ミロク・マトリックス、ミロク・プログラム。

このことを受け入れた上で
方針決定していきましょう~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-06-21 21:36 | 占星術
どんでん返しの夏至
a0075956_19464475.jpg

2018年6月21日(木)19時07分、
太陽が蟹座0度に入って夏至を迎えます。

a0075956_19523569.png


アセンダントは山羊座2度台。
土星が4度差でコンジャンクション域。

依然として山羊座の土星がつかさどる
現実調整のエネルギーが強い状態。

向かい側のディセンダントには
蟹座0度の太陽がコンジャンクションで
ICの近くにいる牡牛座の天王星とは
60度セクスタイル。

しかも、牡牛座の天王星は、
小惑星 高天原とコンジャンクション。

ソウルメイトたちとのご縁によって
生じるエネルギーの化学反応によって、
高天原の、神界の、意識の深海の…
抜本的な改革が起こります~^^;

蟹座の水星、パラス、シリウスは
コンジャンクションで、
蠍座の木星、魚座の海王星と
「水」のサインのグランドトライン
(幸運の大三角形)を形成。

また、蟹座の水星、パラス、シリウスは
山羊座の冥王星と180度オポジションで
カイトを形成。

水瓶座の火星にはドラゴンテイルが重なり、
その反対側180度オポジションに
獅子座の金星とドラゴンヘッド。

MCは天秤座22度台。
昨年12月の冬至のアセンダントと同じ。
恒星スピカとコンジャンクション。

総じて…夏至からの3ヶ月。

ソウルメイトたちとの絆を深めて
安心という精神的な基盤を実感することで
自覚の有無を問わず傷ついたままの心を
認めて許し、癒し、解放し、本来の力を
取り戻してパワーアップしながら
前進することを促されるエネルギーです。

ご縁の力に導かれて本当に望む方向へと
新しい道を歩き出すことになります。

現実的な問題の解決策が見つかるまでは
歩き出せない…と思い込んでいる場合は、
新しい道を歩き出すことによって
問題解決に必要な資源はすでにあることも
クリア出来ることにも気付けるでしょう。

迷ったら待て、息詰まったら深呼吸して、
来た道を振り返ってから発想の転換で
柔軟な知性を働かせることがキーワード。

とにかく、“どんでん返し”の如く
これまでとは正反対ともいえるような
社会的な立場になったり、
新しい役割や責任が生じたり、
予想もしていなかった現実が次々展開…
そんな経験をする方々が多いと思います。

なにせ顕現の2018年なので…、
今までの延長で考える予想とは異なる
現実が展開するようになってます(笑)

でもそれは、次なるゴールを目指す地点に
立ったよ~という合図みたいなもので、
一段高い意識次元の神様視点で考えれば
想定内、予定通り。

高次元からは、神様からは、
すべてお見通し、完璧だからです~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-06-17 20:30 | 占星術
ミロク・プログラム
a0075956_759498.jpg

マジメにトンデモ話をします~^^;

今さら言うまでもなく…私は
この世界は仮想現実だと思っています。

高次元の未来の人類=宇宙人=神々が、
人類を創って管理しているという
シミュレーション仮説です。

個々には、それぞれの脳が解釈する
思い込みの観念、思考と感情によって
現象現実を創り出しています。

色んな思い込みを外して心を解き放って
純粋な意志にまっすぐ歩き出すと、
まるで人生が刷新されていくような
現象現実が展開していきます。

…が、人生の転機を迎える時期などは
占星術で読み解くことが出来ます。

つまり、遺伝子や生まれた環境など、
先天的に定められた個々の宿命のもと
いつ何を誰と~という選択の連続で
運命が創造されていくものの、
どんな選択も予め予測設計されている
プログラムの可能性が高いと思っています。

そこで、あらためて映画マトリックス。
a0075956_865584.jpg

この映画の設定としては…、
シンギュラリティ(技術的特異点)を超えた
機械と人類の戦争の後、機械が人類を
エネルギー源に培養している未来です。

人間の身体をコードに繋いで眠らせたまま、
意識はマトリックス(仮想現実システム)の
中で個々のプログラム(お役目)を与えて
普通に生活しているように思い込ませて
脳の電流をエネルギー源にしています。

マトリックスを作ったのは
アーキテクト(設計者)というプログラム。

そのアーキテクト曰く、
最初につくったマトリックスは、
人間が幸福に暮らす完璧な世界だったものの
人々が受け容れずに崩壊。

次に、人間の持つ不完全性を加えて
作り直してみたものの崩壊。

次に、直感プログラムのオラクルが
解決策を見い出し、人間に「選択」という
行動を加えて作り直してみたところ
99.9%の人間が受容。

次に、残り0.01%のアノマリー(変則要素)
=プログラムを受容しない人間を
放置すると崩壊する懸念から、
アノマリーを一箇所に集めて管理する
人間都市ザイオンを追加。

アノマリーが増えて一定数を超えると、
統合体=救世主になるので、その救世主を
リロードすることでバージョンアップ。

その6回目の救世主がネオ…という話で、
シリーズ3作目のラストを観るかぎり
機械とネオが取引して、ネオとスミスが
戦っただけで、現実は変わることなく
人類も解放されず、マトリックスが
またバージョンアップした様子で終了。

…で、話を戻します^^;

この世界は、映画とは似て非なるで、
時間が一方通行に進んでいる単一の
時空ではなく、多次元が同時に共存する
マルチユニバースです。

太陽も月も地球も、ホロスコープも
360度の丸・円・輪です。

360=ミロク(弥勒)
〇=ゼロ(アルファ⇔オメガ)
円=ご縁、
輪=和、調和

…ということは、すべてに周期性や
法則性の秩序を持たせて、丸く全体が
調和するように設計されている…
ミロク・マトリックスなんです~(笑)

そのマトリックスの中で個々に
ミロク・プログラムを生きています。

個々のプログラムのアーキテクトは、
高次元の自己、5次元人です。

この真実を受け入れて目覚めて
3次元の人間的特異点を超えると…
5次元人になれる仕組み~^^;

6次元以上は個を超えます。

お釈迦様の入滅から56億7000万年後
下生するとされている弥勒菩薩は、
日月神示では「五六七(みよいず)」の
仕組みのことだと思っています。

56億7000万年後ではなくて、人類が
5次元、6次元、7次元とアセンションして
ミロク菩薩が下生するというメッセージ。

7次元は仏、菩薩、悟りの意識の世界。

つまり、ミロク・マトリックスは、
今のところ7次元までの設定ってこと~。
アーキテクトは8次元以上です。

なお、もしも私がネオのように
青いカプセルか赤いカプセル、
どちらかを選択するとしたら、、、
a0075956_8155040.jpg

両方同時に飲んで紫にします~(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-06-12 09:00 | スピリチュアル
2039年
a0075956_19354020.jpg

2030年までに太陽の活動が60%減少して
97%の確率でミニ氷河期に突入する…
という2015年に発表されたニュース。

イギリスの数学教授ザーコバ氏が、
太陽が生み出す2つの磁気波の動きを
予測したところ、2021年から急激に
気温が下がり始めるとのこと。

前回のミニ氷河期は、
マウンダー極小期と呼ばれる
1645年から1715年に太陽の黒点数が
急激に減少した時期でした。

この時期に起きたのは…
飢饉やペストの流行、戦争や革命、
噴火…など、サバイバルな時期でした。
1707年に富士山大噴火も起きています。

…が、恐れる必要はないと思います。
なぜなら、歴史上では人類は何度も
氷河期を経験していて、そのたびに
新しい文明社会の時代を創り出す力を
発揮させてきているからです~。

ピンチの時ほど、人間の生命力や創造力、
あらゆる潜在能力が開花するように
プログラムされているんだと思います。

そこで思い出すのがヒトラー予言^^;

2039年には、人類は突然変異によって
「ロボット人間」と「神人」の2つに
分かれる…とあります。

その前段階として、人類は「超人」を生み、
その超人たちの中から「神人」へと
進化する場合もあるようです。

「神人」たちは、今現在の人間よりも
数次元も高い知能と力を持っていて、
あらゆる危機や問題を解決する人間。

「ロボット人間」たちは、神人たちから
何もかも与えられて従って生きていることに
気づかず、自ら選択して生きていると
思っている気楽な身分の人間。

この2分類になる前段階で人類が生み出す
「超人」たちというのは、すでに
トランスヒューマニズム(超人間主義)で
生み出されているので、1939年時点の
ヒトラーが視た未来と現在の現象現実界は
同一タイムライン上にあることになります。

時空のズレが少し生じていると思うので、
細かなディテールは変化するとしても
2039年には大きく3分類の社会。

・超人=AI搭載ロボット
・神人=高次元に覚醒した人間と元超人
・ロボット人間=マイクロチップ埋込人間

はやい話、生身の人間は
アセンションした5次元人と
アセンションしない3次元人…の2極化。
(4次元人は未成仏の幽霊さん)

…で、なぜヒトラーは、「2039年1月」と
言ったのか?が分かりました~たぶん^^;

2039年1月1日 12時 東京
a0075956_19445418.png


27~29度台や0~2度にいる天体で
ミスティックレクタングル、
Tスクエア2つ、グランドトライン。

しかも、アセンダントは牡羊座23度台。
MCは山羊座14度台でベガ(織姫星)と、
ICは蟹座14度台でシリウスと、
コンジャンクション。

MCは地上の天頂、ICは神界の天頂。

男性性と女性性、天地が統合して、突然、
高次元の神秘の扉が開かれ、精神性から
物質性へと顕現するエネルギーです。

マジで、、、シリウスゲートが開いて
神人が現れる年になりそうです~^^;

とりあえず、直近で突入することになる
ミニ氷河期を乗り越えるために
体温を上げる生活習慣をつくって
平熱を高くすることをおススメします(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-06-06 20:00 | スピリチュアル
アクエリアスの時代へ
a0075956_19315797.png

これから社会も個々の人生においても
新旧交代ドラマが次々と始まります。

2019年~2020年には、
木星、土星、冥王星が山羊座で重なり
新しい社会と時代への土台が整って、
2020年の冬至には、木星と土星が
水瓶座0度で重なって本格的に新しい
社会と時代が始まります。

2024年には、
冥王星も水瓶座に入ります。

2025年~2026年には、
芸術性や霊性をあらわす海王星が
始まりを意味する牡羊座に入って、
天王星も双子座へ移動するため、
この頃には完全に誰もが新しい時代に
入ったことを実感することになります。

いわゆる…
アクエリアス(水瓶座)の時代です。

アクエリアスの時代というのは、
古代ギリシャの哲学者プラトンや
心理学者ユングが提唱した、人間本来の
美しい精神性が覚醒することによる純粋な
人類愛と、水瓶座の象徴する自由や革新、
個性、科学技術などが調和する時代のこと。

精神性と物質性がバランス良く調和して
誕生する新しい文明社会の時代です。

地球の歳差運動によって、自転軸が
1周するサイクルは約25,920年。
1年の始まりを意味する春分の太陽
(春分点)は、約25,920年周期で
12 星座を1周しているため、
1星座には約2,160年です。

現在の歴史上、最古の文明があったと
されている紀元前4000年頃は、
春分点は牡牛座にあったので牡牛座の時代。

紀元前2000年頃から牡羊座の時代。
西暦1年頃からは魚座の時代。

そして21世紀、西暦2000年頃からは
水瓶座の時代に入っています。

前回の水瓶座の時代は、
紀元前22,000年頃になり、歴史上では
旧石器時代ということになりますが、
宇宙を行き来する高度文明が栄えていた
時代でもあります。

いつも“今”の中に、過去も未来もあって
多次元が同時に無数に存在しているのが
この現実世界なのでね~^^;

また、以前も書きましたが、
人間が1分間に呼吸する回数は平均18回。
1日(24時間)では25,920回で、
自転軸が1周するのと同じ数字。

言い換えると…、
地球の25,920年=人間の1日(24時間)

毎日みんな25,920年分を生きていて
色んな時代を経験しているとも言えます。

だから…想像できることというのは、
潜在的な記憶を思い出しているので
創造できること…だと思っています^^;

…で、で、いつも唐突ですが…(笑)
西暦1年の春分のホロスコープです。

西暦1年3月21日 07時03分 東京
a0075956_19363531.png


太陽と天王星がコンジャンクション。
牡羊座0度での春分です。

天王星が牡羊座0度になるのを狙って
西暦元年にしたからだと思いますが、
太陽も天王星も金星も秘密の12ハウスで
天の岩戸に隠れている状態。。。

その180度反対側には冥王星。

アセンダントは牡羊座21度台。
ペルソナの1ハウスに天体はありません。
MC(天頂)は山羊座12度台。
10ハウスにはリリスのみ。

…で、で、で~^^;
この西暦元年の春分図、
大きなサイクルの魚座の時代を
丸ごと表している…と思った次第。

この時の太陽のプログレスの新月
(1年1度進行法)を観ると、直近では
1999年8月8日に乙女座15度台で
迎えていて、次の新月は2029年。

1999年にはプログレスの天王星が
アセンダントを通過しました。

その後、記憶に新しいところで、
2011年も太陽と天王星が牡羊座0度で
コンジャンクションの春分を迎えました。

さらに、2014年2月には、
トランジットの冥王星がMCに重なり、
太陽と天王星にプログレスの月が重なり、
トランジットの木星がICに重なり、
プログレス太陽が天秤座0度を通過…、
これらが同時期に起きています。

つまり、2011年から、次に2014年から
時代の新旧交代に拍車がかかっていて
今年から一気に社会も個々の人生も
様変わりしていくことになると思います。

…という話でした~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-06-04 20:00 | 占星術
準備OKの新月
a0075956_22261434.jpg

はやくも6月。

5月29日(火)の射手座の満月の後、
30日(水)に水星が双子座に入りました。

6月1日(金)、
太陽はアルデバランとコンジャンクション。
金星はシリウスとコンジャンクション。
月は、山羊座のヴェスタと土星を通過。

2日(土)には月は冥王星を通過して、
3日(日)に水瓶座に入って火星を通過。

ここから人間関係やコミュニケーションに
活気が出てきます。

6日(水)、太陽が水星とともに
双子座15度に踏み込み、東洋二十四節気の
芒種(ぼうしゅ)を迎えて6月の節入り。

7日(木)、下弦の月です。

12日(火)、月は恒星アルゴルを通過し
16時前に双子座に入って新月域になります。

13日(水)、水星が蟹座に入っていきます。

…で、14日(木)午前4時44分、
太陽と月が双子座22度44分で重なって新月。
a0075956_22315427.png

度数も「444」^^;

万事OK!聖なるチームメイトが
導いていますよ~というメッセージです。

アセンダントも双子座で26度台にあり、
日の出の直前なので…準備OK!の新月。

蟹座の水星は牡牛座の天王星と60度。

金星は蟹座29度台にいて
牡牛座の天王星と90度スクエアで
午前7時には獅子座に入っていきます。

蠍座の木星は魚座の海王星と120度。

水瓶座8度台の火星は、8ハウスにいて
ドラゴンテイルとコンジャンクションで
ドラゴンヘッドと180度オポジション。

新月のサビアンシンボルは、
「木の高いところの巣にいる三羽の雛鳥」

日常生活に静と動のメリハリをつけて
心身のバランスを整え、俯瞰視点に立って
外からの情報と頭の中を整理しながら
物事の本質を見極める力を養って
重要なことに集中して注力する様子です。

総じて、、、
これまで時々なんか違うかも…と
違和感を抱きながらも慣れ親しんできた
価値観をはじめ、お世話になってきた人、
モノ、コト、場所…などから卒業して、
「本当はこうしたい!こうなりたい!」
という純粋な意志を素直に認めていき、
その純粋な意志によって前進することを
応援してくれる新月エネルギーです。

そんな新月から1週間後、
6月21日(木)、太陽が蟹座0度に入って
太陽黄経90度となって夏至を迎えます。

今年の夏至点は、
GMTでは21日(木)の10時07分。
日本時間では21日(木)19時07分。

今年の夏至は、ひと言で例えるなら…、
「どんでん返し」のエネルギーです。

詳しくは後日ということで~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-06-01 22:30 | 占星術