カテゴリ:スピリチュアル( 251 )
ミロク・プログラム
a0075956_759498.jpg

マジメにトンデモ話をします~^^;

今さら言うまでもなく…私は
この世界は仮想現実だと思っています。

高次元の未来の人類=宇宙人=神々が、
人類を創って管理しているという
シミュレーション仮説です。

個々には、それぞれの脳が解釈する
思い込みの観念、思考と感情によって
現象現実を創り出しています。

色んな思い込みを外して心を解き放って
純粋な意志にまっすぐ歩き出すと、
まるで人生が刷新されていくような
現象現実が展開していきます。

…が、人生の転機を迎える時期などは
占星術で読み解くことが出来ます。

つまり、遺伝子や生まれた環境など、
先天的に定められた個々の宿命のもと
いつ何を誰と~という選択の連続で
運命が創造されていくものの、
どんな選択も予め予測設計されている
プログラムの可能性が高いと思っています。

そこで、あらためて映画マトリックス。
a0075956_865584.jpg

この映画の設定としては…、
シンギュラリティ(技術的特異点)を超えた
機械と人類の戦争の後、機械が人類を
エネルギー源に培養している未来です。

人間の身体をコードに繋いで眠らせたまま、
意識はマトリックス(仮想現実システム)の
中で個々のプログラム(お役目)を与えて
普通に生活しているように思い込ませて
脳の電流をエネルギー源にしています。

マトリックスを作ったのは
アーキテクト(設計者)というプログラム。

そのアーキテクト曰く、
最初につくったマトリックスは、
人間が幸福に暮らす完璧な世界だったものの
人々が受け容れずに崩壊。

次に、人間の持つ不完全性を加えて
作り直してみたものの崩壊。

次に、直感プログラムのオラクルが
解決策を見い出し、人間に「選択」という
行動を加えて作り直してみたところ
99.9%の人間が受容。

次に、残り0.01%のアノマリー(変則要素)
=プログラムを受容しない人間を
放置すると崩壊する懸念から、
アノマリーを一箇所に集めて管理する
人間都市ザイオンを追加。

アノマリーが増えて一定数を超えると、
統合体=救世主になるので、その救世主を
リロードすることでバージョンアップ。

その6回目の救世主がネオ…という話で、
シリーズ3作目のラストを観るかぎり
機械とネオが取引して、ネオとスミスが
戦っただけで、現実は変わることなく
人類も解放されず、マトリックスが
またバージョンアップした様子で終了。

…で、話を戻します^^;

この世界は、映画とは似て非なるで、
時間が一方通行に進んでいる単一の
時空ではなく、多次元が同時に共存する
マルチユニバースです。

太陽も月も地球も、ホロスコープも
360度の丸・円・輪です。

360=ミロク(弥勒)
〇=ゼロ(アルファ⇔オメガ)
円=ご縁、
輪=和、調和

…ということは、すべてに周期性や
法則性の秩序を持たせて、丸く全体が
調和するように設計されている…
ミロク・マトリックスなんです~(笑)

そのマトリックスの中で個々に
ミロク・プログラムを生きています。

個々のプログラムのアーキテクトは、
高次元の自己、5次元人です。

この真実を受け入れて目覚めて
3次元の人間的特異点を超えると…
5次元人になれる仕組み~^^;

6次元以上は個を超えます。

お釈迦様の入滅から56億7000万年後
下生するとされている弥勒菩薩は、
日月神示では「五六七(みよいず)」の
仕組みのことだと思っています。

56億7000万年後ではなくて、人類が
5次元、6次元、7次元とアセンションして
ミロク菩薩が下生するというメッセージ。

7次元は仏、菩薩、悟りの意識の世界。

つまり、ミロク・マトリックスは、
今のところ7次元までの設定ってこと~。
アーキテクトは8次元以上です。

なお、もしも私がネオのように
青いカプセルか赤いカプセル、
どちらかを選択するとしたら、、、
a0075956_8155040.jpg

両方同時に飲んで紫にします~(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-06-12 09:00 | スピリチュアル
2039年
a0075956_19354020.jpg

2030年までに太陽の活動が60%減少して
97%の確率でミニ氷河期に突入する…
という2015年に発表されたニュース。

イギリスの数学教授ザーコバ氏が、
太陽が生み出す2つの磁気波の動きを
予測したところ、2021年から急激に
気温が下がり始めるとのこと。

前回のミニ氷河期は、
マウンダー極小期と呼ばれる
1645年から1715年に太陽の黒点数が
急激に減少した時期でした。

この時期に起きたのは…
飢饉やペストの流行、戦争や革命、
噴火…など、サバイバルな時期でした。
1707年に富士山大噴火も起きています。

…が、恐れる必要はないと思います。
なぜなら、歴史上では人類は何度も
氷河期を経験していて、そのたびに
新しい文明社会の時代を創り出す力を
発揮させてきているからです~。

ピンチの時ほど、人間の生命力や創造力、
あらゆる潜在能力が開花するように
プログラムされているんだと思います。

そこで思い出すのがヒトラー予言^^;

2039年には、人類は突然変異によって
「ロボット人間」と「神人」の2つに
分かれる…とあります。

その前段階として、人類は「超人」を生み、
その超人たちの中から「神人」へと
進化する場合もあるようです。

「神人」たちは、今現在の人間よりも
数次元も高い知能と力を持っていて、
あらゆる危機や問題を解決する人間。

「ロボット人間」たちは、神人たちから
何もかも与えられて従って生きていることに
気づかず、自ら選択して生きていると
思っている気楽な身分の人間。

この2分類になる前段階で人類が生み出す
「超人」たちというのは、すでに
トランスヒューマニズム(超人間主義)で
生み出されているので、1939年時点の
ヒトラーが視た未来と現在の現象現実界は
同一タイムライン上にあることになります。

時空のズレが少し生じていると思うので、
細かなディテールは変化するとしても
2039年には大きく3分類の社会。

・超人=AI搭載ロボット
・神人=高次元に覚醒した人間と元超人
・ロボット人間=マイクロチップ埋込人間

はやい話、生身の人間は
アセンションした5次元人と
アセンションしない3次元人…の2極化。
(4次元人は未成仏の幽霊さん)

…で、なぜヒトラーは、「2039年1月」と
言ったのか?が分かりました~たぶん^^;

2039年1月1日 12時 東京
a0075956_19445418.png


27~29度台や0~2度にいる天体で
ミスティックレクタングル、
Tスクエア2つ、グランドトライン。

しかも、アセンダントは牡羊座23度台。
MCは山羊座14度台でベガ(織姫星)と、
ICは蟹座14度台でシリウスと、
コンジャンクション。

MCは地上の天頂、ICは神界の天頂。

男性性と女性性、天地が統合して、突然、
高次元の神秘の扉が開かれ、精神性から
物質性へと顕現するエネルギーです。

マジで、、、シリウスゲートが開いて
神人が現れる年になりそうです~^^;

とりあえず、直近で突入することになる
ミニ氷河期を乗り越えるために
体温を上げる生活習慣をつくって
平熱を高くすることをおススメします(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-06-06 20:00 | スピリチュアル
世界の神秘まとめ
a0075956_747335.jpg

プーチン氏が予定どおり続投決定。
任期は2024年5月。

それで、確信したことがあります。
長くなりますが一気に書きます。

「この世のシナリオ」で書いたように
現在は、三元九運で第八運期
2004年~2023年まで艮金神の時期。

~「日月神示 紫金之巻9帖」~

新しき御代のはじめの「たつ」の年
あれ出でましぬ隠れいし神
かくり世もうつし御国の一筋の
光の国と咲きそめにけり
~~~~~~~~~~~~~~

辰の年は2024年。
180年の総仕上げとなる第九運期の
始まりの年で、冥王星も水瓶座へ
正式に移動していきます。
翌2025年には天王星は双子座へ、
海王星は牡羊座へ移動します。

2038年には海王星は牡牛座へ、
2039年には天王星が獅子座へと移動して
次の大運サイクル180年がスタート。

ヒトラー予言でも2039年には
一部の超人とロボット人間の世界に
なっているとされていて、
日月神示では2041年・辛酉の年には
新世界になることが予言されています。

~「日月神示 黒鉄之巻14帖」~

悪の総大将は、奥に隠れてござるのぞ
一の大将と二の大将とが大喧嘩すると
見せかけて 世界をワヤにする仕組み
もう九分通り出来ているのじゃ

~「日月神示 日の出之巻7帖」~

オロシヤにあがりておりた極悪の悪神
愈々神の国に攻め寄せて来るぞ
北に気をつけと 北が愈々のキリキリごと
申して くどう気をつけてありた事
近うなりたぞ
~~~~~~~~~~~~~~

聖書をはじめ世界各地の創造神話や
歴史書は、土地ごと時代ごとの
権力者たちの都合の良い解釈によって
超長期計画シナリオにもなっています。

日月神示では、恐ろしく辛いことも
あらゆる悪も人類が覚醒するための
通過儀礼として避けることは出来ず、
人類が改心すれば大難を小難には
出来ると書かれています。

アメリカと北朝鮮が喧嘩すると見せかけて
プーチンが悪役を務めるのかも。。。

「日本の神秘まとめ」で書きましたが
すべての原点はシュメール神話にあります。

最高神アンの息子エンキとエンリルの
確執から二元性が生じています。

エンキは、
天の最高神アンと側室との間に生まれた
アンの長男。

地上での最初の指導者で
のちのバビロニアやアッカドでは
「エア」と呼ばれていました。

知性、淡水・創造・魔法・生命を司り、
人類創造を指揮し、12 星座や
歳差運動を観測した科学者であり
天文学者でもあり、人類に文明を
もたらす「メー」と呼ばれる聖なる力の
守護者でもあります。

シンボルは、「海、魚、蛇、龍」。

エンキの息子たちは順番に、
マルドゥク、ネルガル、ギビル、
ニナガル、ニンギシュジッダ、
ドゥムジの6名。

アダムとイブに知恵の樹の実を
食べさせた蛇というのは、エンキと
五男ニンギッシュジッダのことです。

蛇には「秘密の解明」という意味があり、
知恵の象徴です。

一方、エンリルは、
天の最高神アンと正妻アントゥとの間に
生まれたアンの次男。

風・嵐・大気をつかさどり、
正妻との息子のため王位継承権は
エンリルにあり、事実上、地上での
最高権力者となって、のちの
バビロニアやアッカドでは「主人」を
意味する「ベール(バアル)」の称号で
呼ばれるようになりました。

シンボルは、「牛、獅子、鷲」。

人類創造に反対だったエンリルは、
エンキが人類に生殖能力や知恵を
与えて文明を築かせたことを怒り、
大洪水を起こして人類と文明を
破壊してしまいます。

ただその前に、エンキが天からの
お告げを受けてノアに潜水艇を造らせ
人類と動植物を助けることに成功。

皮肉なことに洪水の時、人間たちは、
最高権力者のエンリルを最高神として
人間や動物の生贄を捧げて祈ったため
エンリルはノアを祝福したのでした。

なお、ノアと3人の息子セム、ハム、
ヤペテ、その妻たちの計8名が
潜水艦に乗って助かったので、
「舟」+「八」+「口」と書いて、
「船」という字になったと思います。

その後、エンキとエンリルは
地球で生きていくしかなく
和解して協力し合うことにしました。
a0075956_8254250.jpg

…が、エンキの長男で父エンキの
不遇さから野心家となったマルドゥクが
エンリルの後の最高権力者となって
ベール(バアル)の称号を継ぎ、
バビロンの神と呼ばれるようになると、
状況がまた変わってしまいました。

マルドゥクは、自らを神々の上に
君臨する神と名乗る傲慢さが目立ち、
バビロンの指導者が王に就任する際は
マルドゥク像の黄金の手を掴むことが
儀式にもなっていきました。
a0075956_8341256.jpg

偶像崇拝、イルミナティのサタン崇拝も
人々のマルドゥク信仰に起因します。

シュメールから西方は「牡牛」が、
東方は「龍や蛇」が「神」として
崇められていったのでした。

聖書で「我々は反逆する」の意の
バベルの塔を建設したニムロデは
マルドゥクのことです。
ベール(バアル)の称号さえも
サタン的に扱われています。

また、女神イナンナの婚約者で
エンキの息子で6男のドゥムジが
エンキに可愛がられていたことを妬んだ
マルドゥクは、ドゥムジを陥れて
死なせてしまったことから
イナンナとマルデゥクは戦い、
大きな確執が生じてしまいました。

見かねたエンキとエンリルによって
マルドゥクは地球から一時的に
追放されたもののイナンナの悲しみと
やり場のない怒りは収まらず、
地球の英雄たちに亡きドゥムジを重ねて
解消しようとしていきました。

イナンナの相手をした英雄たちは
イナンナの強烈なエネルギーにやられて
朝には死んでしまうため、
イナンナは性的退廃などサタンを象徴する
一部のようにされてしまいました。

現在まで負のカルマを受け継いでいる
世界各地の宗教思想の違いによる覇権争い、
古代イスラエル12支族の南北分裂も
エンキ派とエンリル派、
イナンナ派とマルドゥク派…の確執が
起因となって根付いたままなのです。

~「日月神示 光之巻6帖」~

スメラ神とユダヤ神と一つになりなされて
末代動かん光の世と影のない
光の世と致すのじゃ
今の臣民には見当とれん
光の世とするのじゃ
~~~~~~~~~~~~~

死海文書にも
光の子と闇の子の戦いの後、
アロンのメシアとイスラエルのメシアが
現れるとあります。

ノストラダムスは、
「待望久しい人は二度とヨーロッパには
帰って来ないだろう。
偉大なヘルメース神の血をひく一人物が
アジアに出現し、東方のすべての王の上に
権力を及ぼすだろう」…と残しています。

ヘルメス神といえば、ギリシャ文明。
エジプト文明でのヘルメス・トート神で
知性や水星の象徴です。

シュメール神話では、
マルドゥクが地球から追放されている間、
ピラミッドを設計したエンキの五男で
人類創造を行ったニンギシュジッダが
エジプト文明を繁栄させました。

スフィンクスの顔はニンギシュジッダが
モデルでしたが、マルドゥクが地球に
戻って怒り、自らを太陽伸ラーと名乗り
ニンギシュジッダはヘルメス・トートの
名前にされ、スフィンクスの顔も
変更されてしまいました。

そしてエジプトを追い出された
ニンギシュジッダは南米に渡って
マヤ文明を築いていきます。

つまり、ニンギシュジッダの子孫が
アジアに出現?…と思えますが、
マルドゥクも父はエンキで、
エンキは知性と水星の守護神なので
エンキの子孫が出現する…という
ことになります。

ちなみに、生命と復活の力を
持っているのはエンキと
ニンギシュジッダのみです。

日本神話に置き換えると…、
アン=天之御中主神
エンキ=神産巣日神
エンリル=高御産巣日神…で造化の三神。

マルドゥクは少彦名?

天孫降臨の置き換えても…
天照大神の息子アメノホシオミミの
息子たちで2種あるので、
エンキ=ホアカリ(天火明命)
エンリル=ニニギ(邇邇芸命)
…とも言えそうです。

ニンギシュジッダは
天地をつなぐ猿田彦大神。

~「日月神示 紫金之巻 3帖」~

奇跡を求めたり 我われよしのお蔭を
求めたり 下級な動物のイレモノと
なっているから 囚われているから
騙されるのじゃ
(略)
マコトの道に帰れよ マコトとは
〇一二三四五六七八九十と申してあろう
その裏は十九八七六五四三二一〇で
合わせて二十二であるぞ
二二(富士)が真理と知らせてあろう
~~~~~~~~~~~~~~~

現在使用されている10進法は
マルドゥクが作りました。
マコトの道は、0~10、10~0で二十二。

いずれにしても、対立する派閥を和合して
マコトの神力を発動させるカギは
東方の文明を繁栄させて統治していた
女神イナンナが鍵を握っていて、
世界のヒナ型である日本だと思っています。

超長くなってしまいましたが…^^;
お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-03-27 08:00 | スピリチュアル
5次元宇宙人
a0075956_1295971.png

独り言のつぶやきです~^^;

写真は、2014年11月に公開された
クリストファー・ノーラン監督のSF映画
「インターステラー」の中で表現された
ブラックホール。

私の中ではベスト3に入る映画で、
初めて観た時は、ついにキタ~っ!と
大興奮して連続で観たのでした~^^;

…で、先日DVDで観なおし、
今さらながら思ったことが。。。

上から目線な言い方をすると、、、
2013年に「感覚と理論」で書いたことや、
「5次元の宇宙人=未来の地球人」説も
私の持論とほぼ同じでして、
答え出しすぎじゃね?…と思った次第(笑)

ブラックホールの中に、
主人公の娘マーフの部屋の本棚と繫がる
テッセラクト(四次元超立方体)。

いわゆるアカシックレコードで、
それを創っているのも、
ワームホールを創ったのも5次元の宇宙人。

「彼ら…じゃない。俺たちだ。」と、
主人公クーパーが気づき、人間の観念に
よって創られている3次元現象現実の
物象世界を超える5次元世界
=時空を超える愛そのものに気づいた瞬間、
テッセラクトが閉じて消えていきます。

インターステラーを直訳すれば「恒星間」。
並行宇宙のことや、恒星=人…に喩えて
人と人の間という意味を含んでいるのかと。

どうせなら…瞬間の意識によって分岐する
無数に生じるパラレルワールドの表現も
欲しい~とも思ったのでした~^^;

「ラザロ計画」という名称からしても、
人類がマコトの自己へと帰属して覚醒し、
ステキな未来を創造するための再生を
呼びかけるメッセージ性を感じますが、
そもそも~クリストファー・ノーラン監督が
5次元宇宙人なんだと思います~^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-03-19 00:30 | スピリチュアル
木星からの速報
a0075956_19454499.jpg

3月7日にNASAが発表した木星の
北極と南極の様子にビックリ~@@;

NASAの木星探査機ジュノーによって
木星の北極と南極にサイクロン集団が
多角形を形成していることが発覚。

木星の北極*NASA/JPL
a0075956_19483857.png

木星の南極*NASA/JPL
a0075956_1950574.png


北極と南極のそれぞれの中心には
ひとつのポーラーサイクロンが回転し、
それを囲むように規則正しく、
北極に8つの、南極に5つの
周極サイクロンが回転しています。

うず巻きグルグル~、アメノウズメ、
鳴門の仕組みです~^^;

2013年には、木星(最高神ゼウス)の
父・土星(原初の最高神クロノス)の
北極に巨大な六角形が見つかっています。

土星の北極*NASA/JPL-Caltech/SSI
a0075956_19521371.png


…で、ビビビ~っと受信^^;
これ、メッセージだと思います~。

木星の北極は…1+8=「9」
木星の南極は…1+5=「6」

「9」と「6」のロックンロールで
統合すると、9+6=「15」、
十五、とうご~、とういつ。

原子番号では、「15」=リン(燐)
DNAに存在するリンのことです。

リン(Phosphorus)
ギリシャ語で「光を運ぶもの」の意。

「光を運ぶもの」と言えば…ルシファー

ルシファーは悪魔や堕天使じゃなく
大天使ミカエルの双子のお兄さん。
すべて双対1セット、表裏一体、
而二不二(ににふに)です~^^

闇を光に転換するのが、この宇宙に生きる
全生命体に与えられた共通課題。

北は1+8、南は1+5、和して2+13

一・1=ひ~、日(太陽)、命の火
八・8=や~、開く、神々、ヤハウェ
五・5=いつ、中心、五元素、龍、人
十三・13=とおみ、カルマ(業)

読み解くと…
南と北(陰と陽)どちらもいつ和して
封じ込めている命の火を開いて
(クンダリーニを上昇させて)
カルマを昇華して、
神々とひとつになるのじゃ~的な^^;

十三・13は、
完全なるトリニティー…とも言えます。

「15」は、一桁数秘にすると「6」。

最高神ゼウス木星のお父さんで
原初の神クロノス土星の北極は、
完全なる調和を意味する六芒星を
描いていますから、土星から木星へ
木星から私たち地球へのメッセージ。

木星は、卵みたいな楕円形をしていて
超高速回転で自転する巨大惑星。

…で、またビビビ~っと^^;

卵形、楕円形、オーバルといえば…
射影幾何学の双対の原理!

木星の北極と南極の様子は、
現在の宇宙、地球、人間界の様子を
表わしているってこと。
やはりすべて而二不二です~^^

そんなメッセージを伝える木星は、
ホロスコープでは、3月9日から
蠍座23度台で逆行を開始しました。

逆行する度数も意味があります。

動物的な荒々しい生殖本能をはじめ
創造性のエネルギーを高次のレベルに
昇華して変容することを促す度数で逆行。

つまり、変容する前に未だクリアすべき
課題が残ってるらしいです…^^;

7月まで10度も逆行して
蠍座13度台で再び順行に戻ります。

具体的な計画を立てて人脈を活かすことで
チャンスをつかむ…という度数なので、
計画を見直して、友人知人に
相談してみると良いかもしれませんよ~^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-03-10 19:30 | スピリチュアル
日本の神秘まとめ
a0075956_102476.jpg

かれこれ5年ほど日本の神秘について
勝手な視点でいろいろ書いてきましたが、
そろそろ纏めます^^;

早い話…すべて全部あらゆることが
シュメール神話に帰結します~。

シュメールの神々=アヌンナキ
=天(アヌ)から地(キ)に降りたもの

・アヌンナ=天の最高神アンの子孫たち
・キ   =地上と冥界の審判神

琴座(リラ)を起源とし、
シリウスを太陽とする高次元の
ニビル星から地球に飛来してきました。

ニビル星の1年は地球の3,600年。
アヌンナキ20歳で地球では72,000年が
経過することになるので、
地球人からすれば不死身の神々です。

主要な神々は↓ ※( )内は管轄天体

・天空の最高神    アン(天王星)
・地・水・知識の神  エンキ(海王星)
・大気・空の神    エンリル(地球)
・正義・占いの神   ウトゥ(太陽)
・戦・愛・豊穣の女神 イナンナ(金星)

天の最高神はアンで、
息子のエンキとエンリルで造化三神。

紀元前44万5千年頃、
ニビル星のオゾン層を修復するための
金のナノ粒子を求めて、天の最高神アンの
息子エンキをリーダーとする50神が
地球に降り立ちました。

紀元前41万6千年頃、
金の採掘量が減ったため、最高神アンが
異母兄弟の息子エンリルとともに飛来。
金を求めてアフリカに移動しました。

労働力として人類創造を指揮したのは
エンキです。

紀元前40万年頃、
メソポタミア南部に7つの国家が誕生。
世界中に分かれて文明を築いていき、
アフリカで採掘された金は宇宙船で輸送
していました。

その後、何万年も経って約1万3千年前、
ニビル星が地球に接近して太陽系が
不安定になり天変地異が起き始めました。

アヌンナキ全員が二ビル星に帰還したり
他の星に避難したりしていきました。

大洪水の際、上空から様子を見守り
方舟で人類を助けたのはエンキですが、
人類との共存方針についてはエンリルとは
つねに争っていました。

…が、エンキもエンリルも
地球に長く生活していたためにニビル星の
環境に適応しにくい身体に変わってしまい、
地球で人類と共存して生きるしか道がなく、
争いをやめて洪水で生き残った半神半人の
地球人に高度な知識と技術を教育していき
地球人の王も立ててリーダーの育成もして
間接的に統治していくようになりました。

なお、シュメールの記録にある
古代の太陽系は…↓
a0075956_10311949.png


ある時二ビル星が海王星の引力によって
太陽系へ侵入してしまい、
土星の重力干渉の影響を受けて
土星の衛星「ガガ」が太陽系外に飛ばされ、
後の「冥王星」になりました。

その後二ビルは「ティアマト」に接触し、
ティアマトが太陽の方向に飛ばされて
後の「地球」、その時に飛び散った破片が
ティアマトの衛星、後の「月」です。

太陽系11天体&二ビルで「12」なので
12星座、12支族、12 使徒など…など
「12」が1セットになりました。

ヤハウェは、シュメールの神々の総称です。

天の最高神アンは、日本語50音の
最初と最後「あうん=阿吽」で、
イエス・キリストの「私はアルファであり
オメガである」…の原型です。

言語を使用するのは、3次元人間界のみ。
高次元神霊界は、言・音・数・色・形状の
意識の光=周波数です。

この宇宙は、多次元界がつねに
「今」という瞬間の中に同時共存していて
瞬間ごとの意識と言動によって
分岐し続けながらも連動呼応し合って
全体調和の活動が永遠に続いています。

また、「陽の中に陰⇔陰の中に陽」
色と光の三原色の構造になっています。
a0075956_10465030.png


これらをすべて超越した超高次元、
宇宙根源の大神は大歓喜という光のみ。
ビッグバンの光です^^

聖書の天地創造7日間、七つの燭台、
ラッキーセブン、七つのチャクラ…は、
地球と個々の運命を司るのが7神いて、
ニビルから数えて地球は「7」番目の星
だからです。

太陽から数えると地球は「5」番目。
第5チャクラは精神世界と物質世界の境界。

言語も非言語も含めて、真我と自我、
欲望欲求・感情と理性・知性、
自分と自分、自分と他人…あらゆる
コミュニケーションを司る多次元交差点の
エネルギーセンターです。

ここでの二極性の葛藤を統合させると、
表裏、内外…の自己矛盾が解消され、
7つのチャクラが本来の力を取り戻して
宇宙と自分自身のエネルギーの換気扇が
正常運転になって自然治癒力アップで
心身一体、闘病平癒、心願成就の
ミラクルな現象現実になる仕組み~^^

…で、戻りまして^^;

何度も書いてきた女神イナンナですが、
最高神アンの愛人で、紀元前3000年には
地上での王権授与の役割を任され、
アンと並ぶ最高神、天の女王となり、
地母神としても原初神から後継しました。

そのため古代メソポタミア全域では、
豊穣の女神イナンナとして信仰され、
各地で名前を変えながら広がりました。

アッカドでは…イシュタル
カナンでは…アスタルテ
ギリシャでは…アプロディテ
ローマでは…ヴィーナス
エジプトでは…イシス
ペルシャでは…アナーヒター
インドでは…サラスヴァティー
日本では…弁財天、市杵島姫命、
瀬織津姫などなど^^

日本の十六花弁菊花紋は、
イナンナが好んだナツメヤシの花が
モチーフのロゼッタに由来しています。

ナツメヤシは生命の樹の原型で、
「豊穣の大地」を意味しています。

生命の樹をみつけてエデンの園に植え、
世界を支配したい…という野望が
動機ではあったものの、大切に育てて
いたのもイナンナです。

ナツメヤシの花=フラワー・オブ・ライフ
a0075956_10324130.png

エジプトの不死鳥フェニックスは
ギリシャ語「フォイーニックス」に由来し
「フェニキア・赤紫・ナツメヤシ・復活」
などの意味を持っています。

また、ヘブライ語で「アシラ」という
言葉は、異教(アッシリア)の女神の意で
イナンナをあらわしています。

インダス文明を開いたのもイナンナで、
「アシラ」が阿修羅(アシュラ)となり、
日本では「柱(ハシラ)」となりました。
伊勢神宮の心御柱もイナンナの象徴です。

日本でも縄文時代はイナンナが最高神。

天御中主神、国常立神、宗像三女神、
瀬織津姫、弁財天…などの和名で祀られ、
エンキは海神として祀られて
信仰されていました。

縄文後期から弥生時代に入ると、
北イスラエル王国の王家エフライム族が
フェニキア人とともに海路で日本に到着。

イナンナを最高神として神器を持参して
いたため、先住民もすぐに打ち解けて
日本の大王家として統治していきました。

その後、残りの北イスラエル10支族が
徐福一団とともに到着。
…が、到着するまでの間に太陽信仰の
影響を受けていたため先住民たちとの
派閥が生じてしまいました。

そこで、太陽神を一緒に祀ることで和合。

天の太陽神ウトゥ(男神) =天照大神
地の豊穣神イナンナ(女神)=豊受大神

祭祀で大王は、
海部氏と兄弟の尾張氏の始祖、
天照国照彦火明命

最初に天と地を繋いで照らした
シュメールの天照国照神は、
エンキの息子で人類創成を実行した創造神、
冥界の神、科学の神の「ニンギシュジッダ」

ギリシャではヘルメス、
エジプトではトートと呼ばれ、
エメラルド・タブレットの著者
「ヘルメス・トリスメギストス」
(=3人の偉大なヘルメス)も
カバラの考案者もニンギシュジッダです。

日本では、猿田彦大神と呼ばれます。
猿田彦大神=天照国照彦火明命

なお、エンキはニニギク(目の清い神)
とも呼ばれていたため、日本では
ニニギとニギハヤヒの名に変わって
物部氏の始祖、饒速日命(ニギハヤヒ)。

海部氏と尾張氏の始祖と
物部氏の始祖が合体して、
「天照国照彦・火明命・櫛玉・饒速日尊」
となりましたが、4神合体名かと…^^;

・ニンギシュジッダ
・ウトゥ
・イナンナ
・エンキ

つまり、猿田彦大神の妻アメノウズメも
ニニギの妻コノハナサクヤヒメも
ニギハヤヒの妻トミヤスビメも…
女神イナンナが原型です。

天と地は鏡像反転となるため、
女神には男性の王が、男神には巫女が
仕えるというのが地上のルール。

ただし、王権授与の役割は女神の
イナンナなので、地上での最高位の
巫女と結婚する男性が審神者として
王に即位することが出来ました。

ヒミコとトヨの時代は、
男性の王では治まらなかったため女王とし、
太陽神ウトゥを天照大神として祀る必要も
ありました。

弥生時代後期に入ると、
南ユダ王国2支族が原始キリスト教の
秦氏一団とともに到着。

太陽神ウトゥ=天照大神に
イエス・キリストが重ねられていき
政教の大改革が始まりました。

海部氏と尾張氏一族は、
最後まで抵抗していたものの
王権を譲ることになってしまいました。

それまでの歴史の真相は封印され、
太陽を最高神・天照大神として女神、
シリウス星系を豊受大神として女神、
両神とも女神として男性の王に祀らせ、
スサノオを追放してしまいました。

母なる地球、海も山も女神の管轄で、
女神イナンナに決定権があるので
最高神が女神なことには
間違いないんですけどね。。。^^;

真名井(まない)神社
マコト(〇九十・〇光答)成る意 神社

「十」=完全…最高神アンの象徴

天香語山(あまのかごやま)
天と海の籠(が着いた)山

UFO発着地!(爆)^^;

天(=火)と海(=水)が和して
360度の〇の光となり、
籠の草冠がとれて龍=クンダリーニが
上昇して、山(=八間)=開く時空間!

「八」…女神イナンナの象徴
女性性=受容性です。

海ごとくすべてを受け容れ
湧き出て流れる水のごとく清く…、
アンの理想の女性像かも?^^;

そんなアンの司る天王星は、
今日現在、牡羊座24度50分を経過中。

5月に牡牛座に入るまで、自分自身の
生命力の地上での新しい使い道と使い方、
落としどころを見つけることを促し、
信念と勇気でチャレンジすること自体を
応援してくれています。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-01-27 14:00 | スピリチュアル
ヒミコの岩戸開き 続編
a0075956_0154927.jpg

今さら根本的なことに気づきました~^^;

偉大なる親、太陽を呼ぶ星、七色の星、
赤い星、太陽の次の太陽、太陽の子など
さまざまに呼ばれる恒星シリウス。

和名のひとつに「与謝星」という
名前があります。

聖書では、モーゼの亡き後、
エフライム族のヨシュアが指導者となり
ヘブライ人を約束の地に導いています。

ヨシュア=シリウス!

エフライム族は、北イスラエル王国の
十支族を束ねるトップで、
拠点としていた首都サマリアは
「小さなシュメール」を意味します。

サマリアの王=小さなシュメールの王
=スメラミコト=天皇

ヨシュア=王=地上のシリウス!

そして、海部氏の籠神社・奥宮
真名井神社は、もともとの名称は
「与謝宮」でした。

真名井神社=シリウス神社^^v

主祭神は、
豊受大神=天御中主神=国常立神
=夜空に輝くシリウス!

この神々は、北斗八星と北極星も
あらわしているので、
目印となる夜の星全部とも言えます^^

太陽の光の反対側には影が出来ますが
シリウスからの光は影を作らないので、
シリウスは5次元世界の太陽として
5次元宇宙をつかさどり、
太陽は陰陽の二極性のある
この3次元宇宙をつかさどるリーダーです。

天照大神=昼空に輝く太陽!

また、表の陰陽道では奇数が陽、
偶数が陰です。

裏の陰陽道=カバラでは、太陽は「6」

表の陰陽道からすると矛盾するものの
表裏一体なので、陰の太陽?夜の太陽?
太陽の影に隠れている太陽?!

「5」=太陽
「6」=真の太陽=シリウス!

陰陽師の安倍晴明と蘆屋道満は、
どちらも表の陰陽道を使って
真の太陽と本当の歴史を封印する
協力をさせられたんだと思います。

五芒星(火)と六芒星(水)が統合して
「六」の蓋が開くと「八」=八芒星。

八芒星は金星の象徴。
「8・八」は…
キリスト意識、ヤハウェ、開く。

昼の太陽と夜のシリウスの間、
明けの明星&宵の明星…も金星です。

カバラでは金星は「7・七」。

安陪清明の使った「五・六」と、
蘆屋道満の使った「九・十」の間は
「七」と「八」です~^^

「七」⇔「八」を合わせ読むと…
神の意識が無限に開いて神人と成る。
または、
七つのチャクラの光の花が無限に開いて
神人と成る。

金星の化身といえば…、
イナンナ、イエス・キリスト、ルシファー
天津甕星(あまつみかぼし)
虚空蔵菩薩、歳殺神(陰陽道八将神)
大威徳明王(五大明王の西の守護神)。

愛と美の女神のイメージよりも
極端なイメージの神々ですが、
お釈迦様は、明けの明星が輝くのを見て
真理を見つけたとされ、
弘法大師・空海は、明けの明星が口の中に
飛び込んで悟りを開いたとされ、
明けの明星がキッカケになっています。

それもそのはず…、
明けの明星⇔宵の明星という通り、
金星は、二極性エネルギーの極を表し、
「陰 極まって陽となる…」の象徴です^^

「日」と「月」、陰陽の対極を統合して
「明」るく超越してね~という
エネルギーを放っています。

必要なら戦いもするため、
大きく強い愛と美の女神です^^

…で、「シリウス新月の夜明け 続編」
書いた通りシリウスも同じく。

古代は、明けの明星⇔宵の明星といえば
金星ではなくシリウスのことでした。

大地に「水」の恵みをもたらすことから
復活再生の象徴でもあります。

イナンナは、金星の化身とされる前は
シリウスの化身です。

つまり…、
不死鳥フェニックス=イナンナ!

金星が3次元の二極性の統合を促し、
統合して超越すると…
シリウスゲート(天の岩戸)が開いて
5次元意識で復活再生する仕組み~^^

3次元の時空を管轄する太陽系と
時空を超越した5次元を管轄する
シリウス系…が、表裏一体での
2重構造になっているわけです。

ちなみに、3次元の肉体を持ったまま
シリウスゲートが開かれるのは、
生死の狭間など壮絶な体験によって
意識が極限に到達した瞬間が多く、
宗教家などが禁欲的に修行を
続けるのは、このためだと思います。

…が、喜怒哀楽あるように、
心の奥底からの至福の喜びに包まれ
心身が解放された瞬間、
悲しみのどん底の瞬間、
陰陽どちらの極限でも開きます^^;

意識の深海の底=極限は、
「虚無」や「空虚」…です。

無重力、無感覚、無感動になって、
強烈な眩しい光に包まれて
大感謝という大歓喜の光…だと
気付くより先に感謝の涙が溢れてきます。

その光と全員が一体になったまま
生活している世界がミロクの世…だと
勝手に思っています^^;

日月神示には、
半霊半物質の世界に移行するから
原爆も水爆もビクともしない
何物にも影響されない
半霊半物質の肉体になるとあり、
その新しき生命が生まれつつあって
そのことを岩戸開きという…とあります。

つまり…どう考えても、神々が
こちらの世界にわざわざ波動を下げて
復活再生するんじゃなくて、、、
「こちらからお伺いします」じゃね?(爆)

…という根本的なことに
今さら気付いたのでした~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-01-25 00:25 | スピリチュアル
ヒミコの岩戸開き
a0075956_2173833.jpg

「虹のたもと続編」
「岩戸に隠れたヒミコ 完結編」
合体バージョンでの続編です^^;

出雲大社(=杵築大社)の前身は、
意宇(おう)六社のひとつで出雲一之宮
熊野大社です。

主祭神は、熊野大神(熊野権現)。

熊野大神は、熊野三山に祀られている
熊野十二所権現の総称で、
和歌山県の熊野本宮大社が有名です。

主祭神は、熊野三所権現と呼ばれる
下記↓の上から三神。
a0075956_22324100.png

※参拝順序は「一・二・三」殿のみ
「三・二・一」と逆の順番。

この熊野大神の根源は、
籠神社の奥宮「真名井神社」の後ろ、
天香語山の麓3ヵ所に祀られている
磐座(いわくら)奥座です~^^

・磐座主座…豊受大神

・磐座西座…天照大神
      伊射奈岐大神
      伊射奈美大神

・磐座奥座…盬土老翁(しおつちのおじ)
           =豊受大神
      宇迦之御魂=トヨウケビメ
      熊野大神=スサノオ
      愛宕神=イザナミ

日本神話では、スサノオは
黄泉の国に行ったイザナミを恋しがって
暴れたために高天原を追放されました。

シュメール神話に置き換えると、
イナンナの冥界下りです。

イナンナは、シュメールの最高神アンの娘。
太陽神ウトゥの妹です。

大地母神を後継した豊穣の女神で、
光をつかさどって金星を象徴する
愛と美の女神でもあります。
シンボルは八芒星。

つまり…
太陽神ウトゥ(兄)=アマテラス(姉)
女神イナンナ(妹)=スサノオ(弟)

ウトゥ&イナンナ
アマテラス&スサノオ

太陽&金星として
ギリシャ神話に置き換えると…、
アポロン&アフロディーテ

イザナギ&イザナミは、
ゼウス&ヘーラー

「男・陽・火・日」⇔「女・陰・水・月」
双対関係になっています。

そして…気づいたことが~^^;

熊野本宮大社の第一殿・西御前、
真名井神社の磐座西座…「西」なんです。

西方浄土=ミロクの世。

西は、北を0°とすると270°。
270度といえば…冬至点^^;
太陽の死と再生ポイントです。

西のロイヤルスターはアンタレス。
2018年12月22日の冬至には
最高神ゼウス木星とヘルメス水星が
アンタレスにコンジャンクション。
私の太陽も~^^;

イザナギ、イザナミも、
様々な漢字が当てられていますが
共通して使用されているのは「伊」。

「伊」は、神聖なモノを手にして
天と地の間を調和させる氏族の長や
神の意志を伝える聖職者を意味します。

天と地の間を調和させるのは…
数字では「五」。
「天・人・地」で真ん中は「人」。

五十(いそ)は、天と地の真ん中で、
「1」と「一」を和して「十=完全」に
治める人…ということになります。

イザ=五座
ナギ=七(=成る)気
ナミ=七(=成る)実

生命の樹と実でもあり、
ミロクの世(=不死)の気が実る
…とも言えるかと~^^

五+七=十二
「十二」を合体させると
「王」という字になり、数秘では「3」

イザナギ&イザナミ=「3(△」&「3(▽」

王の気(火)と王の実(水)が統合して
新しい王の気と王の実が生まれて…
アマテラス=スサノオ!

籠神社の「葵祭」の始まりは
紀元前507年で、当時は
「藤祭」と称されていました。

「藤」は、並び生えた草、渡し舟、
流れる水が湧き上がって
物を上に押し上げる様子をあらわします。

生命の水が湧き上がって復活再生。
藤=不死=富士…祭り
藤は晴れたり日本晴れ~^^v

…で、で、で、
来年2019年(平成31年)は
籠神社・創建1300年を迎え、
藤祭・葵祭発祥からは、なんと2525年!

「2525」「二五二五」
ふ~いつ ふ~いつ…♪出やる~♪

25+25=50、二五+二五=五十

数秘では…「7」+「7」=「14」…「5」
成る+成る=い~よ~^^;
ひ~よ、日・世に出る、一霊四魂。

二と五を合わせると「一丑」^^;
一丑 + 一丑= 二丑

2019年5月1日。
天皇陛下のプログレスの月、
皇太子様のプログレスの太陽、
トランジットの天王星が、牡牛座2度台。

籠神社・創建719年の葵祭の時の
太陽と木星も牡牛座2度台。

サビアンシンボルは「電気的な嵐」から
「クローバーの咲く芝地にステップアップ」

陰陽和合して、丑三つ(爆)
牡牛座3度台「虹のたもとの金の壺」へ。

日本紀元BC660年2月11日の天王星、
籠神社・創建719年の葵祭の時の
MCとエロース、私の土星(笑)
時空を超えて9つの星が重なって、、、

艮金神=国常立神=豊受大神…降臨!
スサノオ復活!

ニギハヤヒ&セオリツヒメも、
ヒミコもトヨも…みんなみんな復活。

日御子、日神子、日巫女、一三光…の
岩戸開きです~^^

そういう仕組みになってる様子。
…と、日月の神様が教えてくれました^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-01-24 01:24 | スピリチュアル
岩戸に隠れたヒミコ 完結編
a0075956_1414415.jpg

またまた大変なことが発覚~@@;

トランプ大統領の誕生日と
イスラエル建国の日のホロスコープが…

どちらも北の王・恒星レグルスに、
アセンダントと火星がコンジャンクション。

メドューサの首をあらわす恒星アルゴルに
イスラエル建国日は太陽、
トランプ大統領の誕生日はMC(天頂)、
太陽とMCがコンジャンクション。

怖すぎ。。。

…が、ヨハネの黙示録の通りだとしても
最後にはホンモノが登場するはずで、
やはり日本が鍵を握っている様子^^

天照大神と豊受大神です。
女王ヒミコと女王トヨ。

248年の皆既日蝕のホロスコープでは…
レグルスに小惑星アメノウズメ、
スピカに冥王星、
アンタレスに小惑星アマテラス、
水星に小惑星サルタヒコが
コンジャンクション。

昨年末、「虹のたもと」で書いた
719年の籠神社のホロスコープは、
当時の例大祭は4月24日ではないので
再度グレゴリオ暦で見たところ…↓

a0075956_201528.png


太陽と木星が牡牛座2度台、
MCとエロスが牡牛座3度台で
コンジャンクション。

MCは12時で牡牛座3度03分。
マスターナンバー「33」。

その対極、蠍座3度台に天王星が
180度オポジション。

レグルスには、アセンダントと冥王星が
コンジャンクション。

金星は魚座17度にあって
サビアンシンボル「復活祭の歩道」

神の子、星の子、人の子…
子=光、三光天子…の復活祭です^^

そして、2019年5月1日。

「一」「八」「十」=いわと=平…に
成ってから新時代へ…ということで
平成から新元号に変わる日。

天皇陛下のプログレスの太陽と
皇太子様のプログレスの月と
トランジット(現在経過)の天の王様
天王星が牡牛座2度台で重なって…、

籠神社の…
太陽、木星、MC、エロスとも重なって…
計7つのコンジャンクション。

まさに…「虹のたもと」の7光線原理、
7つの子、7つのチャクラを象徴^^

さらに、紀元前660年とされている
神武天皇即位の日の…天王星とも重なって
計8つのコンジャンクション。

8、八=キリスト意識が無限に開く…。

あ、私の出生時の土星が牡牛座3度03分で
籠神社のMCとジャストなので…
計9つコンジャンクション(笑)

一昨年「封印を解く」で書いた
3×3の魔法陣の封印解除です^^;

しかもその時、東の王アルデバランに、
小惑星アマテラスがコンジャンクション!

海の王様、海王星は魚座17度台
「復活祭の歩道」です。

明けの明星、宵の明星…の金星は、
ヴェスタとともに牡羊座12度台。
「カモの三角形型飛行」…です。

すごすぎる‥‥@@;

つまり、女王ヒミコ&トヨが、
マコトの天照大神&豊受大神が…降臨!
…ということになるかと。

神様の計らいの壮大さにビックリ。

日月神示を岡本天明氏に書かせたのは、
神界の日月の神様と、人間界の天明氏の
媒介天使となった神霊ですが、
女王ヒミコ&トヨだと思います~^^v

~「日月神示 青葉之巻 第三帖」~

天地不二 神人合一  

天は地なり 地は天なり 
不二なり 天地なり
神は人なり 人は神なり
一体なり  神人なり

神 幽 現 を通じ 
過 現 末 を一貫して
神と人との大和合

霊界と現界との大和合をなし
現 幽 神 一体 大和楽の光の国

実現を以って教旨とせよ
~~~~~~~~~~~~~~~~

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-01-20 02:10 | スピリチュアル
岩戸に隠れたヒミコ 続編
a0075956_21195992.jpg

ちょっと続きです。

247年と248年の新月・皆既日蝕の
ホロスコープを観ても…、
女王ヒミコが亡くなって天の岩戸隠れ、
トヨが後継して天の岩戸開き…な様子。

248年の皆既日蝕の時、なにせ、
恒星レグルスに小惑星アメノウズメ、
恒星スピカに冥王星、
恒星アンタレスに小惑星アマテラス、
水星に小惑星サルタヒコ…が
ジャストコンジャンクションなので^^;

昨年「天の星 地の人」
「天の星 地の人 続編」で書いた
アンタレス神社はイイ線いってるかと。

ロイヤルスターと呼ばれる恒星には
王座を守る4天使がいます。

・北の王レグルス…ミカエル
・南の王フォーマルハウト…ガブリエル
・東の王アルデバラン…ファヌエル
・西の王アンタレス…ラファエル

…で、日月神示を書いた岡本天明氏の
ホロスコープをみて、なるほど~と
思ったことが。。。^^;

出生時の射手座9ハウスの太陽と
冥王星が180度オポジション。

同じく射手座9ハウスの火星が
アンタレスにジャストコンジャンクション。

その対極にある双子座3ハウスの
アルデバランにトランジットの天王星が
重なった日に自動書記が開始。

そして、出生時の牡羊座の月に
トランジットの太陽が重なって、
日月が統合した時に…
日月の神様のもとに旅立たれています。

まさに日月の神様のメッセージを
3次元の言語で伝えるお役。。。

コミュニケーションの担当天使は、
ガブリエルじゃないの~?と
思ってしまいましたが…^^;

聖書、古事記、日月神示などと
古代イスラエルからの歴史と
248年の岩戸開きの時の星位と、
現在の世界情勢からして、
北をトリガーに西から東へ…って考えると
妙に納得してしまいました。

…で、先日の謎の生物の事件の後、
買い物をしたら「666円」(爆)
しかも3連続。。。

以前も書きましたが…、
「666」は悪魔や獣の数字ではなく
真逆ですからね^^

「6」が「3」つ、ミロク(弥勒)。
すべては表裏一体、陰陽も而二不二。

数霊ではミラクル最強エネルギー。
だからイルミナティが好むわけで。。。

強烈すぎるので封印されてきただけ。

高次元の意識が覚醒して神人合一となって
この宇宙根源からの創造力を放ちます。

だから「天・人・地」のバランスが
崩れないように努めましょう~という
ありがたいメッセージでもあります~^^

「123」「456」「789」の3つずつを
数秘にしても…「6・6・6」、ミロク。
6+6+6=「18」、数秘は「9」。

また、「0~666」までの数を
全部足していくと…「222111」。
音で読むと…「ふふふ ひひひ」(笑)

数秘は、2+2+2+1+1+1=「9」

表裏一体、陰陽も而二不二なので
鏡像反転すると…「111222」。
「ひひひ ふふふ」

数秘は、1+1+1+2+2+2=「9」

陰陽統合すると…
222111+111222=「333333」
「3」が「6」つでミロク。
「みみみみみみ」

3+3+3+3+3+3=「18」、1+8=「9」

「ひ~ふ~」が3つ、「ふ~ひ~」が3つ、
「▽」と「△」が統合して…
「み~」が「6」つでミロク菩薩下生。
キリスト意識が覚醒する仕組み~。

すると…、数秘「999」で光光光、
三位一体となって…新天地創造。

3つの光、みこ、巫女…(笑)
巨大天体ヒミコも3つの光を放ってます。

…で、先日の謎の生物は、
「顕現の2018年」ならではで~私の思念で
物質化現象を起こしちゃったかも…^^;

金銀財宝、万病に効く奇跡の水…が
出せるように精進します(爆)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-01-17 21:30 | スピリチュアル