人気ブログランキング |
カテゴリ:スピリチュアル( 287 )
地球キャリア組
a0075956_1928512.jpg

ちょっと独り言です^^;

宇宙はビッグバン理論では138憶歳。

ほとんど水素とヘリウムの状態の中、
質量の重たい元素が核融合し出して
たくさんの恒星が生まれては死ぬという
繰り返しによって質量の重たい元素が
増えていったと考えられています。

自然界の元素は恒星が命をかけて
作ったとも言えます^^;

天の川銀河はおよそ130億歳。

昨年、天の川銀河内に135億歳の恒星
「HD 140283※別名メトシェラ星」が
発見されました。

また昨年は、天の川銀河や
隣のアンドロメダ銀河に元素組成の異なる
2種類の星が存在することも解明され、
どちらの銀河も誕生してから一度衰退し、
再生する2段階で形成されたとのこと。

天の川銀河の再生は50億年前で
太陽はその頃に誕生したとされています。

太陽系はおよそ46億歳。
当然、地球も水星や木星も同時期です。

太陽系以外の星では恒星(=太陽)が
2つ3つあることが珍しくないのに対し、
太陽系は太陽が1つ。

地球は、3次元の肉体を持った生命体の
生存条件を満たす自然環境に恵まれ、
動植物と人間が共存できる奇跡の星です。

…で、ふと疑問が^^;

果てしなく広がる宇宙に無数の星があって
地球以外に生命体と文明が存在する
可能性もとっても高いものの、
接触の証拠が皆無という事実との矛盾
=フェルミのパラドックス。

私は、この世界は仮想現実システムで、
多次元同時共存のパラレル・ユニバース
ワールド構造になっていて、
個々にはミロク・プログラムを基盤に
魂の成長を促されていると思っているので…

「マクロコスモ&ミクロコスモ」で
意識生命エネルギー=周波数
=数・音・光(色)言・形=人…が呼応して
この世界を創造していると思っていますが…

それなら尚のこと、
誰にでも見える分かりやすい現象現実で
人間とは異なる姿の宇宙人が
地球で生活をしていても不思議ではなく…

高次元のエネルギー体を
地球で物質化すると基本形は人間の姿?
…というのが謎。。。

異なる2つの意識が葛藤しているかぎり
パラドックス現実が創造されていく…と
考えると、集合意識の葛藤が大きいために
あらゆるパラドックスを引き起こして
システム制御が起きているのかも?!

そこで思ったんですが~

オリオン座の星々は6百万~1千万歳。
プレアデス星団は6千万~1億歳。
シリウスは2億3千万歳。
ベガは4億5千万歳。

アルゴルは6億歳。
アルタイルは12億歳。
アークトゥルスは
太陽系の星々と同じ頃で46億歳。

こうした高次元の恒星から地球に転生し、
高次元の星の魂を持つスターシードは、
じつは…、
地球をはじめ太陽系のキャリアの方が
とっても長いことになります~^^;

近年発表されたマクロな銀河団の
高次元の星のスターシードも同様。

この世界は、知覚する人がいない限り
存在さえしないからです。

つまり…
スターシード=地球キャリア組(笑)

逆にキャリアが長すぎて、無意識に
昔の地球はこうだったのに~とか
〇〇星ではこうだったよ~的な思いから
地球の進化を促してリードしたり、
違和感で馴染めなかったりするのかと。

さらに言えば…
スターシードに限らず誰もがみんな
天の川銀河の子、太陽の子で地球の子。

「今ここに在る我」の中に
全次元の過去も未来もあるからです。

まぁ、そもそも高次元の宇宙になるほど
過去とか未来とか次元とか種族とか…
分離分類という概念がないわけで~^^;

私は6次元の金星にいた頃(笑)、
人間の姿のライトボディとは異なる
エネルギー体で、地球人が日常的に言語と
ジェスチャーを使って感情や意思を表現して
生きている様子を覗いていて…

なんだか面白そう~という好奇心だけで
肉体に宿りましたが、とっても窮屈で重たく、
いろいろ遅くて面倒くさいことには
未だに馴染めておらず…^^;

…で、私の出生時のホロスコープの
太陽とジャストでともにある宇宙連合の
本部アンタレスは、意外と若く1千万歳。

出生時の地球&月とジャストでともにある
アルデバランは、太陽系より古く66億歳。

それと、古代エジプトのシリウス信仰の
占星術手法で、“ともにある恒星”の意で
太陽系の天体と恒星の関わりを観る
「恒星パラン」では…

今現在ヒライアカル・ライジング中の
シリウスは私とは無関係で~(笑)

私のヒライアカル・ライジング・スター
(出生時に太陽が昇る直前に昇った恒星
=人生のテーマ)は、
スピカなんですが、スピカは7億歳。

ヒライアカル・セッティング・スター
(出生時に西の地平線に沈んだ恒星
=人生のサブテーマ)は、
プレアデス星団アルキオーネで1億歳。

…で、あらためて気づいたことが~^^;

私は身体が小さいのに、影響を受けている
恒星の物理的サイズが超巨大!

太陽=1として、地球は0.0092倍ですが、
アンタレスは883倍、アルデバランは44倍、
スピカは5重連星で8倍の主星と4倍の連星。

エネルギー放出量(太陽光度)も超巨大!

窮屈で馴染めないのは当然だわ…と腑に落ち
マッハでひとつ葛藤が消えました~(笑)

誰もが自分自身のさまざまな葛藤に気づいて
ひとつずつ手放すことで、この宇宙と地球を
輝かせることに貢献できるのです~^^v

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2019-07-20 19:00 | スピリチュアル
イータ・カリーナ
a0075956_2041074.png

りゅうこつ座の散光星雲イータ・カリーナ。

その中心部で太陽の100万倍以上の光を
発している連星イータ・カリーナ。

太陽質量の90倍と30倍という
銀河系で最大級のミステリアスな天体。

オリオン座のベテルギウスと同じく
超新星爆発カウントダウン状態です。

昨年7月、このイータ・カリーナが
太陽フレアの1万倍以上という極めて高い
エネルギー粒子の宇宙線を、宇宙に
撒き散らしていることが観測されました。

つまり…、地球上に、雨、雪、雷、雹、
竜巻などをもたらす雲を作り出している
宇宙線の発生源は…イータ・カリーナ。

りゅうこつ座は、
1752年にアルゴ座の船の背骨の部分を
分けて誕生した新しい星座。

日本では冬から春先の夜、南の地平線や
水平線スレスレのところに
その一部を観ることが出来ます。

ホロスコープでは、
りゅうこつ座は蟹座方向にあります。
りゅうこつ座α星のカノープスは、
蟹座15度台の方向にあり、7月7日から
7月8日にかけて現在経過中の太陽が通過。

つまり…、今現在、蟹座を通過中の太陽、
4日から蟹座に入った金星、19年ぶりに
蟹座を通過中のドラゴンヘッド、いずれも
イータ・カリーナの影響を受け、全体への
影響も非常に大きい状態にあるということ。

イータ・カリーナは、1841~1843年に
一時的に増光してシリウスに次ぐ明るさに
なっていました。

その期間のホロスコープを観てみると…、
1841年12月27日~1843年8月28日、
ドラゴンヘッドは山羊座、
テイルは蟹座の時代でした。

また、1842年1月26日、
木星と土星が山羊座8度台でグレコン。

今現在、ドラゴンヘッド⇔テイルは
逆ポジションにあります。

2020年12月に木星と土星、冥王星が
山羊座後半でタイトに重なりながら、
冬至直後に水瓶座0度でグレコン…という
流れを踏まえると…

イータ・カリーナが超新星爆発かも?!

2020年に超新星爆発を観測した場合、
実際には地球時間で7500年前のこととなり、
紀元前5480年…ということになります。

それで、紀元前5480年を調べてみたら…
やはり…という引き寄せ。
ドンピシャ、ビンゴでした~^^;

2017年、名古屋大学の研究グループが
紀元前5480年頃の地球上に最大クラスで
宇宙線濃度の痕跡を発見しています。

…ということは、2020年。
イータ・カリーナが超新星爆発するか
最大級に増光する…と予言できます。

なぜなら…ちょっと話が変わりますが、
このまま続けます。

以前、コーチングや引き寄せの法則で
話題となった、脳内の意識と無意識の間で
情報を取捨選択する脳のフィルター機能
「RAS(ラス)」。

Reticular Activating System
網様体賦活系(もうようたいふかつけい)

脳の視床下部の上部、脳梁脳幹にあり、
必要な情報以外は認識せず記憶せず、
リアルに必要な情報を選択していて、
それらの記憶から目の前の現実を
創り出して見せてくれる機能です。

RASが認識せず記憶しない現実は
スコトーマ(心理的盲点)と言います。

量子物理学でも証明されてきたように、
知覚して認識する人間が誰も存在しないと
この世界自体が存在しないのと同じで、
その人が知覚して認識しない事象は、
その人の現実には存在しない…ということ。

殆どの人たちは、この世界の時間は、
「過去→現在→未来」に一方通行に流れ、
過去の積み重ねに未来がある…などと
固定観念に囚われて生きています。

…が、それは、過去に支配されたまま
過去の記憶の延長線上に今現在の
自分の現実世界を創っている状態。

個々の現象現実という世界は、
多次元同時共存パラレルワールドです。

誰しも今、今、今…と一瞬、一瞬の
可能性が分岐し続ける現象現実を
創造し続けています。

だから、時間の流れは、
「未来→現在→過去」に流れていると
思っていると、RASを通して潜在意識に
インプットされ蓄積されていた固定観念が
修正しやすくなります。

実際に…、今、今、この瞬間、この瞬間と
今ここにいる自分が、今さっき、今さっき…
という過去を創り続けていますしね^^;

そして、望む未来が達成された時を
リアルに想像し、感情や感覚までを感じる
いわゆるアファメーションを実践。

これで、引き寄せの法則が稼働し、
望む未来創造の現実がスタートします。

ただし、肉体を持っているからこそ
さまざまな物事を知覚し、認識し、
RASを有効活用させることができるため
思考の現実化はアクションありき。

望む未来をリアルに想像できるように
なってくると…今現在の自分自身に対して
なんか違うという違和感、目の前の現実に
ギャップを感じてきます。

この違和感やギャップが、
望む未来が実現に向かっている証拠。
違和感やギャップを埋めるアクションを
起こしていけば実現していく仕組みです。

…が、トラップがあります。

望みを願ってリアルに想像して
自分に出来ることも全部やっているのに
叶わない、変わらない…というトラップ。

そういう場合、
2つの矛盾する観念が同時に働いていて
「認知的不協和」が起きています。

情報を整理して正しく論理的に認識せず、
頭と心と身体が葛藤したまま
独りよがりな妄想と言動を貫こうと
頑張っている状態です。

「太るから食べたくない」と思って
何度もダイエットを頑張っているものの、
想像するような結果が得られなかったり、
リバウンドしてしまったりしているなら…

「食べる=太る」という矛盾した等価の
複合観念が働いています。

人間は、自分の信念や行動に一貫性を
持たせて正当化しようとする性質があり、
それと矛盾する新しい事実に直面すると、
脳内では葛藤が生じています。

そして、新しい事実を受け入れて自分の
考えや行動を変えるか、新しい事実自体を
否定して打ち消すか…を選択しています。

また、「A」を望んで頑張っても
「B」という結果になった場合、
「A」を過小評価or「B」を過大評価し
正当化させようとしています。

RASは、つねにリアルに感じる必要な
情報を選択していますから、
リアルに想像できることは創造できること。

…で、最初に戻りまして、
6月下旬にイータ・カリーナに興味を持って
考えていたら、7月1日付けのNASAの
ニュースで冒頭の最新画像がアップされ…

わ~い!と、ホロスコープを観ながら、
2020年に超新星爆発かも?!…と思って
紀元前5480年を調べたら、
ドンピシャな情報を見つけたのでした。

どうも私は時空がズレてる感がありますが…
RASは正常に機能中です^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2019-07-05 20:00 | スピリチュアル
太陽サイクル25へ
a0075956_12465167.jpg

太陽の活動サイクルは約11年。

太陽の黒点観測が始まって以来、
2008年12月からが「サイクル24」。
2019年後半から2020年には
「サイクル25」が始まるとされています。

サイクル24は観測史上で3~4番目に
弱い太陽活動周期とされていて、
サイクル25はさらに弱くなるようです。

太陽活動が弱まると、銀河宇宙線から
地球を守ってくれている太陽シールドも
シンクロして弱まり、地球内部まで到達する
高エネルギーの宇宙線量が増加。

宇宙線量が最大だったのは2009年で、
現在それを超える勢いの異常な状態が
続いている様子。

宇宙線が増加すると…、
雲が増え、雷が増え、噴火と地震が増え、
人体に有害な影響をもたらし、心臓疾患や
細胞が破壊されたりするそうです。

今現在、すでに世界中が異常気象で
サバイバルな状況が続いていますが、
2030年からは97%の確率で氷河期に
突入することも発表されています。

…ということは、2030年までに
ポールシフトとポールワンダリングが
起きることになります。

※ポールシフト= 自転軸の移動
ポールワンダリング=磁極の移動

紀元前にも起きていて、太陽が西から東に
逆行する現象が記録されていますが、
生物が絶滅することはないようです。

~「日月神示 磐戸之巻 第五帖」~

地(くに)つちの軸 動くぞ
フニャフニャ腰がコンニャク腰になりて
どうにもこうにもならんことになるぞ

~「日月神示 天つ巻 第二十九帖」~

天地うなるぞ でんぐり返るのざぞ
世界一度に揺するのざぞ
神は脅すのでないぞ 迫りておるぞ
~~~~~~~~~~~~~~~~

神は迫りておるぞ…なので、
ヒトラー予言のとおり、2039年には
人類はDNAが変異して神に近い生物、
神人(ゴッドメンシュ)になると思います。

つまり、太陽活動が最も弱まるとされる
2019~2030年のサイクル25の期間中に
神人が増えていくことになるのかと。

…で、私としては、
こうした太陽活動と神話や色んな預言、
それと占星術とのシンクロを研究して
宇宙のファンタジーから叡智を
見極めようとしているわけですが…^^;

サイクル25は、7月3日(水)4時16分、
蟹座10度台の新月・皆既日蝕から
スタートしたと思います。

そして2020年6月21日の夏至直後に
2001年に続いて蟹座0度台での新月、
皆既日蝕となりますが、この時には完全に
サイクル25に入っていると思います。

サイクル25… 2+5=「7」

7つのチャクラ…のミステリーセブン。
成る、変革、勝利をあらわす数です。

369魔法陣(9次魔法陣)の合計は、
9×9=「81」
日本の国番号も「81」

7つのチャクラが「開いて(神と)ひとつ」
新人合一です。

369魔法陣の真ん中は「41」
神と人の「世ひとつ」

縄文人や弥生人と共通の文化を持つ
ホピ族の預言の「本当の白い兄」は…

8+1=「9」
第9チャクラ=白
兄=ANI=シュメール最高神アン
逆さまにしても…INA=稲=神

間違いなく神人だと思います~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2019-07-03 12:30 | スピリチュアル
理想的な社会
a0075956_2252397.jpg

6月22日(土)0時54分、
太陽が蟹座に入って夏至を迎えました。

その2時間前、前日21日(金)22時51分
海王星が魚座18度台から逆行を開始し、
約5か月間の逆行期に入りました。

現在、4月から逆行中の木星、土星、
冥王星に加えて、海王星が逆行期です。

<逆行期>
★木星… 04月11日~08月11日
★土星… 04月30日~09月18日
★海王星…06月21日~11月27日
★冥王星…04月25日~10月03日

しかも今年、木星、土星、海王星は
いずれもオウンサイン(本来の星座)

次回オウンサインに入るのは、
木星は12年後、土星は29年後、
海王星は165年後で、3天体が同時に
オウンサインを通過するとなると…、
300年後の未来です。

つまり、今年の逆行期は…、
地球上の全員が人として生きる上で
過去から繰り返してきた負のカルマを
来世に持ち越さぬよう昇華し、夢や理想の
確認点検するとともに、個と社会という
自己の内外世界の統合調和へ向けて
調整することを促されています。

…で、思い出した映画があります^^;

「マトリックス」と「ハンガーゲーム」を
足して割ったみたいな「ダイバージェント」

人間性と社会の在り方について
いろいろと考えさせられます。

簡単なあらすじ↓

*****************************
最終戦争で生き残った人類が暮らす
200年後のシカゴ。

人類は、「家族より派閥(共同体)」と
洗脳されて分類・支配・管理される社会で
適性検査を受けた後、一応、自分の意志で
5つに分類された派閥から1つを選択。

1.無欲… 奉仕の精神で政権を担う
2.平和… 優しく調和的で農業を担う
3.高潔… 誠実で司法を担う
4.博学… 理論的で研究開発を担う
5.勇敢… 武闘派で警察・軍事を担う

無派閥はホームレス生活。
逆に、すべてに適性がある人たちは
かつての人間の悪い素質も持っていて
言動が予測不能なため脅威とみなされて
抹殺されてしまう運命の…
ダイバージェント(異端者)。

主人公の女性トリスはダイバージェント。
検査結果を隠し、意志で派閥を選ぶ際、
憧れだった「勇敢」を選択。

「勇敢」に成り切る努力をしているうちに
人類支配の社会システムに気付いて
支配者を倒していく…という話です。
******************************

ネタバレになりますが…、2作目の中で
主人公が5つの派閥のシミュレーション
テストをクリアするシーンがあります。

自分を守って亡くなった両親や、
友人が自分を撃とうとして咄嗟に撃って
死なせてしまったことに苦しむ主人公が、
自分を苦しめている「もう1人の自分」と
戦わなければならなくなるのですが、
主人公は「私は自分を許す」と言います。

すると、もう1人の自分が消滅して
「平和」のテストをクリア。

どんな自分自身も受け入れて許す=愛す、
調和=平和…が表現されていると思います。

また、同じく似たような設定とテーマで
ロイス・ローリーのSF児童文学の映画化
「ギヴァー ~記憶を注ぐ者~」。

童話風でシンプルな展開ですが、
理想社会…について考えさせられます。

簡単なあらすじ↓

*****************************
最終戦争で荒廃後の近未来。

人類は基本的に戦争につながる差別や
偏見などのネガティブな記憶、感情、
感覚を抑制コントロールされている、
平等で平和そうなコミュニティで生活。

コミュニティを統括する委員会によって
親子の血縁関係は不要とされ、
人工授精で人口もコントロールされ、
男女2人と子供数人の家族ユニットを
組まされ、子供は学校を卒業すると
一生の仕事を授与。

主人公の少年は、人類史の記憶を持つ
唯一の“ギヴァー=記憶を注ぐ者”から
記憶を受け継ぐ“レシーヴァー”という
唯一の大役に任命され、色、音楽、踊り、
夢、愛…を知り、社会システムを破壊する
革命を実行する…という話です。
*****************************

…で、持論です^^;

理想的な人間性、理想的な社会というのは、
正解も完璧もゴールもなく、自然界の大きな
秩序の中でともに生きる個々、国々、地域…

あらゆる違いを認め合って助け合って、
問題には誠実に向き合って改善改革し続け、
希望を見失うことなく、あらゆるバランスを
美しく調和させ続ける努力を怠らない
人間性と社会かな…と思います~。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2019-06-24 22:30 | スピリチュアル
近未来の占星術は…
a0075956_634247.jpg

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教など
唯一神を信仰する一神教の宗教では、
神に選ばれた開祖と弟子の預言者以外は
占いや預言などが禁じられています。

~「旧約聖書 申命記18章10・11」~

<前略>
また占いをする者、卜者、易者、魔法使い、
呪文を唱える者、口寄せ、かんなぎ、死人に
問うことをする者があってはならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

宗教成立以前は、世界中どこも自然崇拝、
アニミズム、惟神道(かんながら)、
シャーマニズム…で、音楽や踊りの儀式や
巫女の預言や神託が行われていました。

その後、シュメール神話にみられる
多神教の民俗信仰が生じていき、
文明の発展に伴って、人々を統治して
共同体の勢力を拡大する目的から
一神教が誕生。

神の啓示による最古の一神教は、
開祖ザラスシュトラのゾロアスター教で、
同時期にアブラハムが興した宗教の神を
孫のヤコブが唯一神ヤハウェとして
紀元前1280年頃にユダヤ教が成立。

ユダヤ教から派生して1世紀にキリスト教、
7世紀にはイスラム教が成立しました。

いずれも、神に選ばれた預言者だけが
神の言葉を受け取り、経典に書いてある
ことがすべてとして、宗教が政治と密接に
関わって権威と権力を握っていきます。

だから…
唯一神に選ばれた預言者ではない、
ただの一般庶民が(笑)、
占いや預言を行うことは神への冒涜で、
人々を惑わす悪魔の仕業であり、
悪魔崇拝者を増やすことになるとして
禁じられています。

これもすべては、エンキvsエンリル
マルドゥクvsイナンナ…に起因。

イスラム教は政教一致なので、
2008年には、レバノン人の占い師さんが
メッカ巡礼の際、宗教警察に捕まって
占いと魔術の罪で斬首刑にされました。

また、仏教でも占いは禁止されていますが、
お釈迦様が説いた小乗仏教は、因果応報で
縁起する運命を受け容れて善業を積み、
苦しみの輪廻から解脱して悟りへと
導くことが目的のため、占いは必要ない…
という理由によります。

その後、お釈迦様の入滅から500年後に
厳しい修行をした僅かな僧侶だけでなく、
すべての人々を救いたかったはず…と考え、
誕生した大乗仏教は、キリスト教の影響が
大きい一神教的な教えなので禁止です。

私は当然ながら信者ではなく、
単純に…宇宙&全生命体LOVE!…なので、
占星術やスピリチュアルなことを研究して
仕事にもしていますが、
もしも私が開祖だったら…(爆)
悪徳な商売人が増えて人間と地球の波動が
下がる懸念から禁じていたと思います^^;

アインシュタインは、宗教には
3段階のステージがあると語っていました。

★第1段階…恐れの宗教

原始人にとって、
宗教的な考えを引き起こすものは、
飢え 野獣 病気 死に対する「恐怖」。
因果関係への洞察が未熟なため
自分自身と似た存在を想像して、
さまざまな恐怖を与えるのは
その存在の意思である…とする宗教。

★第2段階…社会的or倫理的な宗教

指導、愛情、保護を求める願いから
信賞必罰をつかさどる社会的or倫理的な
「摂理の神」という概念を引き起こす。

★第3段階…宇宙的な宗教

神の概念がないため、縁のない人に
説明するのはとても難しいが、
仏教はその要素を強く含んでいる。

言い換えると…、
現存する宗教は第1と第2段階。
第3段階の要素を含んでいるのが仏教。

アインシュタインは人類が未来には
胎蔵界(マトリックス宇宙)の外側、
金剛界(ダイヤモンド宇宙)に出ることを
予知していたとも思います^^v

昨年、アインシュタインのお誕生日に
亡くなられたホーキング博士は、
物質はブラックホールから脱出できて
別の宇宙に行くことも出来ること、
地球は100年以内に住めなくなるから
人類は他の惑星コロニーへ移住すべき…と
語っていました。

また、AIが人類に反乱を起こして
人類が滅亡する可能性があり得るとして
それを防ぐためには世界政府の樹立が必要…
などと、スポンサーを気遣ったような
不自然な発言もしていました^^;

そんなホーキング博士の友人で物理学者
キップ・ソーン博士が製作総指揮者に名を
連ねる映画「インターステラー」の世界に
近づいているのは確かかと~。

5次元人は、神でもなく、宇宙人でもなく、
3次元の人類を見守っている未来の人類。

3次元の人類の神々=5次元の人類

宗教はどうなるんでしょうね~。

…で、近未来、5次元の人類の占星術は、
生年月日も出生時間も出生地も現在地も、
各惑星を中心とする計算式が必要^^;

今の私の頭脳では計算式も出せませんが…
未来の占星術ソフト開発プロジェクトの
製作総指揮者を目指したいと思います(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2019-06-21 07:00 | スピリチュアル
生まれ変わり論
a0075956_532184.jpg

勝手な持論を発表します~^^;

まず、ヴァージニア大学医学部精神科の
イアン・スティーブンソン博士が
1967年に開設した知覚研究室で行われた
生まれ変わり現象の研究結果。

※ポプラ社『人は生まれ変われる』より

約50年にわたって40ヶ国以上の国々から
前世の記憶を持つ子供たち2600事例が
精査され、以下のことが分かっています。

簡単にまとめると…

1.過去生について話し出す年齢
  =平均2歳10ヶ月

2.過去生について話さなくなる年齢
  =平均7歳4ヶ月

3.生まれ変わるまでの期間
  =平均4年5ヶ月

4.過去生の人物の実在が確認できた例
  =72.9%

5.過去生で非業の死を遂げた例
  =67.4%。

前世の人物が生前に生まれ変わることを
予言していたり、生まれ変わる場所や時期、
母親を特定していたり、今生の母親となる
女性やその家族の夢に登場していたり、
先天的に前世の人物と似た傷痕やアザが
あったり、前世の家族や友人、物品を
見分けたりすることもあるようです。

また、宗教観が影響するためか
同じ宗教内での生まれ変わりが多い様子。

子供たちが前世の話をする平均年齢の
2~8歳というのは、
人格形成期で感情の発達期です。

個々の感受性によって感じ方や認知が
異なるものの、幼少期に災害や事故、死別、
虐待などで極度の恐怖とストレスを体験し、
その防衛反応として発症する解離性障害の
発症年齢も同時期です。

…が、前世の記憶を持つ子供たちに
人格の分裂は見られないとのこと。

ちなみに…、
解離性障害や統合失調症、健常者でも
突然、意識が朦朧として主人格と異なる
声や言語、趣味嗜好や言動、体質の
別人格が現れて、主人格を支配する場合、
憑依現象の可能性があります。

ただし、天から地上の肉体という器に
魂を宿して生きている人間も動植物も
すべて「霊媒」なので、言い換えれば皆、
憑依体質であり霊媒体質であり、
自分自身への憑依霊なわけで(爆)^^;

“放射と類友の引き寄せの法則”がたえず
働いていて、個々の想念や観念が創り出す
この現象現実の世界に、個々に宿命という
プログラムを持って生まれてきて、
本能、欲求、感情、意思、意志と言動から
運命を創造しながら生きているので…

縁もゆかりもない霊は憑依しませんし、
自己表現のために自覚の有無を問わず
複数の人格イメージを創り出していき、
現実化することも可能と言えます。

また、病気もさまざまな物事も同様に
たったひとつの要因で起きることはなく、
内外の複数の要因が絡み合っています。

だから、高額なお祓いを勧める霊能者を
頼ったり、薬づけにする病院に任せきりに
したりせず、幸せな「ありたい姿」の
自分自身になるための自己変革を決意して
日常生活で改善すべきことは意志の力で
主体的に改善に努めていき、
主人格の自分軸を太く強くしなやかに
育てていく姿勢が大事。

別の副人格をわざわざ登場させて
フォーカスしてしまうと、
恐怖のトラウマに起因する現実逃避反応を
増長させてしまい、自分自身を主体的に
生きる力を弱めてしまうとも思います。

…で、以前にも書きましたが、
前世は火星人という記憶を持つ子供として
話題になったロシアのボリスカ君。

生後4ヶ月にして簡単な単語を発して
8ヶ月目には完全な文章を話したとされ、
2歳から火星や太陽系の惑星、文明に
関する話をし始めたそうです。

生年月日と出生時間も明確なため
勝手ながらホロスコープを作成。

1996年1月11日 午前8時30分
ロシア・ヴォルゴグラード・ジルノフスク
a0075956_675471.png

アセンダントは山羊座12度台。
サビアンシンボルは「火の崇拝者」です。

太陽が山羊座20度台にいて
8ハウスで乙女座18度台の月とトライン。
月は魚座20度台の土星とオポジション。
太陽と土星はセクスタイル。

山羊座29度台の天王星と、
水瓶座2度台の火星と5度台の水星が
コンジャンクションで、
射手座2度台の冥王星とセクスタイル。

なるほど~^^;
知力と体力ともに非常に高くパワフル。
火星人だったかどうかは分かりませんが、
前世記憶があっても不思議ではありません。

2008年に公開されたドキュメンタリーで
有名になった頃は、ちょうどプログレスの
太陽が水瓶座に入って出生時の火星と
コンジャンクションでした。

続いて、ダニエル・キイス氏の小説
「24人のビリーミリガン」で有名になった
解離性同一性障害を患っていたとされる
ビリーミリガン。

5歳で実の父親が自殺し、
9歳から15歳頃まで養父に虐待を受け
17歳で飛び降り自殺を図るものの
別人格のレイゲンによって止められ、
主人格のビリーは眠らされてしまいます。

1977年、強姦と強盗罪の容疑で逮捕
1978年、精神治療の開始、裁判で無罪
1979年、環境劣悪な病院へ移転
1982年、精神衛生センターに戻る
1985年、無実の罪で逮捕
1991年、釈放
2014年、永眠

1955年2月14日
アメリカ合衆国・マイアミビーチ
※出生時間が不明のため
 上記の出来事から17時と予測設定。
a0075956_6172366.png

なにかと極端に過敏に反応しやすく
個人と社会、大胆さと繊細さなどが
葛藤しまくって、自分自身の中を自律させ
バランスをとるのが大変なことは確かです。

5歳で実の父親が亡くなった際は、
プログレスの太陽が魚座に入る直前。

その太陽は、母親が再婚して養父から
虐待が始まった9歳の頃、
魚座で生と死の8ハウスに入ります。

そして、1991年に釈放された際、
プログレスの太陽は牡羊座に移動して
新しい人生がスタート。

このホロスコープから、
彼自身が引き寄せた憑依人格や、
自覚の有無を問わず恐怖を逃れるために
イメージが創り出した別人格を含めて
解離性障害を患って悩んでいたのは
事実だと思います。

また、54歳の頃のインタビューの中で、
他の人格は未だいて、名前を呼べば
起きるかもしれないけれど、
主人格の自分がコントロールしている…と
言っていることから、
前世の影響があると思います。

…というのも、私自身の前世には
ケビンという名前のギリシャの男性がいて
私自身はギリシャ語の読み書きが出来ない
にも関わらず、前世療法中にギリシャ語を
話し出し、顕在意識の私はビックリしつつ
同時通訳のように意味を理解していました。

さらに、私自身の前世記憶なのか
創り出した記憶か分からないのですが、
雲の上のような所に次々とやってくる人に
光のボールみたいなものを渡していて、
受け取った人たちが順次降りていく光景と
感触や感覚の記憶があります。

そのことも踏まえて考えると…、
前世の肉体の死によって昇天した魂が
生まれ変わる際に宿命プログラムを
設定しているのだと思います。

5次元(霊界・天国)の自己が
3次元で肉体を持って自分自身を尊く
生きることへの再挑戦の機会を与えて課す…
という究極の自業自得、因果応報(爆)

闇を光に昇華して、今ここに我在り…の
生命そのものを心の底から尊び、愛し、
喜び…感謝できる境地に至るまで、
生まれ変わり続けるんだと思います~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2019-06-19 07:00 | スピリチュアル
表の裏は裏 完結編
a0075956_1922736.jpg


「惑星X」と命名されている仮説上の天体
シュメールの神々の星ニビル(Nibiru)。

シュメール語で「交差する」という意味に
なるそうで、太陽を細長い楕円軌道を
描きながら3600年周期で公転。

天体はすべて宇宙船だと思うので
調整は自由自在な気もしますけどね^^;

3600年= ミロクの〇と〇

次元交差、陰陽交差…
メビウスの環の裏と表が重なる箇所を
象徴する星ってことだと思います~。

…で、また気づいちゃいまして^^;

ニビルを「ひふみ」の順番の数で足すと…
「60」になり、出来すぎ~^^;

1時間は60分、1分は60秒、
六十干支が一巡すると還暦…という
60進法を考案したシュメール最高神
アンを表す数字が「60」です。

つまり、アルファ⇔オメガ、
天道⇆地道…が「交差する」となり、
「循環」を表しています。

また、「オメガ(Ω)」は、
最高神アンの娘ニンフルサグの
シンボルでもあります。

ニンフルザクは、
エンキとエンリルの異母妹で、
エンキとともに人類創造を担った
山の女神、母なる大地の女神。

初期のシュメールの王たちからは
守護神として崇拝されていました。

ニンフルザクは母性を象徴する女神。
イナンナは女性性を象徴する女神。

女性性の陰陽を超えると、
無条件の母性愛に目覚めるので…
シュメールの女神の登場順は
ニンフルザク→イナンナですが
人間界からは逆順、
イナンナ→ニンフルザクのエネルギー。

ニンフルザク=Ω=大地…の表裏が
ひっくり返って、天道⇆地道が交差する
サイクルが…ニビルの3600年周期。

…で、2020年から3600年を引くと、
紀元前1580年。

紀元前1580年になにがあったか…?
古代エジプト第17王朝・初代ファラオに
ラーヘテプが即位しています。
(在位:BC1580年頃~1576年頃)

古代エジプトでラーといえば…
元祖は太陽神ラー = マルドゥク

しかも、ニビル(Nibiru)を
アルファベット順の数で足して
数秘にすると…「10」

10進法はマルドゥクが考案しました。

さらに、仮説上の天体ニビルは現在、
ホロスコープでは牡牛座24度にいて、
ペルセウス座のベータ星で2等星の
恒星アルゴル(Algol)とともにあります。

アルゴルは、アラビア語で「人食い鬼の頭」
という意味で、ギリシャ神話に登場する
英雄ペルセウスが持つメドゥーサの首の
位置に輝いています。

ノストラダムスの詩篇に登場する
アンゴルモア(Angolmois)の大王は、
アングロサクソンのアングロ(Anglo)の
アナグラムかな?とも思ったのですが…

もしかすると、
アルゴル(Algol)のモジリ?!両方?!
…とも思ったりして~^^;

う~む、やはり2020年。
ニビルの力が働く年かもしれません。。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2019-05-28 19:30 | スピリチュアル
表の裏は裏 番外編
a0075956_2256266.jpg

今さら単純なことに気付きました~^^;

ノストラダムスの大予言で騒がれた
「恐怖の大王」のことです。

****************************
百詩篇第10巻72番

L'an mil neuf cens nonante neuf
sept mois
Du ciel viendra un grand Roi deffraieur
Resusciter le grand Roi d'Angolmois
Avant apres Mars regner par bon heur

1999年、7か月、
空から恐怖の大王が来るだろう、
アンゴルモワの大王を蘇らせ、
マルスの前後に首尾よく支配するために
*****************************

うふふ~^^;

多次元視点で読むと…
「百詩篇第10巻72番」と「1999年」は
数秘でセットになっています。

10+72   =「82」
1+9+9+9 =「28」

「82」⇔「28」 
一桁にすると、どちらも「10」

「10」…完全、世界

ただし、「10⇔1」となるので
タロットカードでは「Ⅹ.運命の輪」。
転換点を意味しています。

そして、「7か月」と
「アンゴルモワの大王」もセットです。

アンゴルモワは、
ANGOL= イギリスの(※ハンガリー語)
MOIS = 月

イギリスといえば、
アングロサクソン人が建国した「七王国」

つまり…、「7か月」⇔「7つの王国」を
あらわしています。

七王国で残ったのはウェセックス王国。
イングランドを初めて統一した
エグバート王やアルフレッド大王が有名。

ただ、昔は世界中、月神信仰ですし、
「7」は天地創造をあらわす数で、
世界は七大陸ありますから、
七王国の月神というのも喩えだとすると…

「天の神」⇔「地の王」、どちらも「7」
…という意味になります。

いずれも「7」という数字は、
太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星
7天体がもとになっています。

「マルス」は火星、軍神、戦争の比喩。

…で、意訳すると、

この完全な(多次元が同時共存する)
世界を創った天空の最高神アンが
地球に降りてくる。
地球と人類の創造主エンキと
地球の王エンリルを蘇らせ復活させる。
前後は火星(軍神)が地球を支配する。

シュメール神話では、
月神はエンリルの子ナンナ。
イナンナとウトゥのお父さんです。

火星(軍神)は誰か…?

火星は、地底の淡水の神アプスーと、
原初の海の女神ナンム
(別名ティアマト=原初の地球)との
間に生まれた海の泥の神ラーム。

ラームは、妹の「ラハム」とともに
大蛇や赤い帯と6つの巻き髪を持つ
男神として描かれていますが、
都市エリドゥではエンキを祀る
アプスー寺院の門番の称号。

つまり…、
ラーム= エンキの長子マルドゥク

ややこしいのが、
エンキ→ 長子マルドゥク
エンリル→孫娘イナンナ…だからといって
エンキ派vsエンリル派とはできず、
マルドゥク派vsエンリル派という方が
近いと思っています。

なぜなら…エンキもマルドゥクには
手を焼いていて、イナンナには優しく、
エンリルが「王=バアル」の称号を
マルドゥクに後継したので…^^;

ノストラダムスは、
この世界の仕組みを表現しています~。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2019-05-25 22:30 | スピリチュアル
表の裏は裏 続編
a0075956_633625.jpg

「8(はち)」という数字は、
丸が2つ、真ん中でクロスして出来るので
無限、メビウスの環、キリスト意識を
意味します。

「八(やー)」という漢数字は、
「六」の上の鍋蓋を外すと出来るので
開く、山、神…を意味します。

メビウスの環は、平らな箇所では
エネルギー密度は小さく、
激しく捻じれている箇所では
エネルギー密度は最大になるそうです。

また、メビウスの輪の中央に
切れ目を入れていき一周させて開くと、
全体が繫がった状態のまま
ひとつのループ=輪(〇)になります。

言い換えると、「8=メビウスの環」の
中央の(陰陽)が交わるところに
切れ目を入れて一周させて「八=開く」と
ひとつのループ=ひとつの宇宙(〇)。

さらに言い換えると、
8=西洋のキリスト意識の…陰陽が
交わるところに切れ目を入れて一周させ
八=東洋の神が現れると、ひとつの輪。

さらに意訳すると、
キリスト意識が光と闇に分かれて一周し、
日本にマコトの天照大神が現れて
ミロクの世。

聖書のノア…「NOA」 

「N」…蛇の象形=エンキ神
「O」…人間の口の象形
「A」…牡牛の角の象形=エンリル神

逆にすると…「AON」

日本語50音図…「あ」〇「ん」
48文字の真ん中は…「ね=子」

24音目、二十四
陰と陽の2つが交わる完全な代

最高神アンの真ん中「〇=子」は、
アンの息子エンキとエンリルが和して
ミロク菩薩下生。

エンキ= 大地と水の神、東
エンリル=大気の神、西
東西の陰陽が和合した世界

また、シュメールでは天空を
3つに分けて表現していました。

南の地平線下の星15=エンキの道
最も高い東西の星23= アンの道
北極星の周囲の星33=エンリルの道

数秘にすると… 「6・5・6」
足して「17」、1+7=「8」

…で、シュメール神話の中で、
エンリルによって集められた人間と神の
間の関係(契約)を理解する基本事項が
記されたもの=「メー(ME)」。

「目=eye」です。
エンキの目、エンリルの目。

これはエンキが守護していましたが、
エンキが酔っぱらってイナンナに
渡してしまい、エンキは取り返せず
イナンナを許しています。

聖書の中では、ノアが酔っぱらって
裸で寝ていたところを息子のハムが見た
ことにノアが何故か激怒してハムの子
カナンを呪うことになっています。

つまり、この箇所においては、
エンキ=ノア、イナンナ=カナン

日本神話では、八岐大蛇が酔っぱらって
寝てしまったところをスサノオが退治し
八岐大蛇の尾から出てきた剣が
三種の神器のひとつになっています。

つまり、この箇所では、
エンキ=八岐大蛇、イナンナ=スサノオ

神話もメビウスの環方式なんです~^^;

原典のシュメール神話では
エンキはイナンナを許しているものの、
聖書では呪い、日本神話では退治。

エンキの長男がマルドゥクで、
エンリルの孫娘がイナンナですから、
たぶん…聖書も日本神話も
マルドゥクによって捏造されたのかと。。

そして、シュメール神話では
紀元前2023年、マルドゥクとイナンナの
対立を機に核戦争になって
シュメール文明が崩壊しています。

史実では、紀元前2022年、
ウル第3王朝時代にメソポタミア南部で
大規模な飢饉が発生しています。

紀元前2004年、ウル第3王朝滅亡。

紀元前2000年、
木星で起きた噴火から金星が誕生。

マルドゥク=木星、イナンナ =金星

聖書の中では、モーセがエジプトの王の
前で異常気象や暗黒の3日間を
引き起こしたりしています。

紀元前1894年、:バビロニア帝国設立。
紀元前1800年、インダス文明が消滅。

紀元前1750年、バビロン第1王朝、
ハンムラビ王によるメソポタミア統一。

この年代を西暦でみると…

1750年・江戸時代後期、田沼意次が
     重商主義政策を実行。
    ・百姓と町人の苗字帯刀を禁止。

1800年・米国ホワイトハウスが完成。

1894年・金星で水星の太陽面通過。
    ・土星で水星の太陽面通過と
     金星の太陽面通過。
    ・日清戦争。

2000年・ロシア連邦・第2代大統領に
     プーチンが就任。

2004年 ・地球からの金星の太陽面通過。
    ・スマトラ島沖地震。
    ・ニューヨーク商業取引所で
     原油先物相場が史上最高値。

…で、近未来2022年、
自衛隊の宇宙部隊が創設予定。

2023年、冥王星が水瓶座に移動。
空飛ぶクルマが販売開始。
世界人口は80億人…「8」と「〇」^^;

う~む、やはり…
表の裏は裏、裏の表は表。

子(ね)=根、北…スサノオ。
ロシアのプーチンが
最後の一厘のカギを握っているかも。。。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2019-05-24 06:30 | スピリチュアル
表の裏は裏
a0075956_22511439.jpg

ちょっと長くなりますが…、
マジメな独り言を失礼します^^;

ISIL(イラクとレバントのイスラム国)が
インドとパキスタンに州の設立を宣言
という先日のニュースを観て…

陰謀論ではなく、
陰謀論ビジネス戦略も含めて、この世界の
社会システムの戦略と計画について…
みたいな話です。

イルミナティの「NWO」
(New World Order=新世界秩序)

NWOという言葉のイメージからは
ONENESS(ワンネス)と混同されたり
勘違いされたりしやすいんですが…

NWOは、早い話がバベルの塔。
一握りの超支配者層たちによる
世界統一政府の樹立。

ワンネスは、同一性、単一性、調和。

つまり、
天(陽・善)と地(陰・悪)の…
分離による支配=NWO
統合による調和=ONENESS

…で、イルミナティといえば
お馴染みロスチャイルド一族は
旧約聖書の中でバベルの塔を建設した
バビロンの王ニムロデを祖先として
ニムロデをサタンともみなしています。

イエス・キリストの生誕を祝う
クリスマスはニムロデの誕生日で
オーナメントの人形は人身御供。。。

要するに元祖イルミナティはニムロデ。
シュメール神話のマルドゥクのこと。

「世界の神秘まとめ」
書いたように、この世界の善悪論など
2極性による数々の戦いは、
シュメール神話の最高神アンの息子
エンキとエンリルの確執に起因します。

大洪水の後で2人は和解しますが、
エンキの長男でエンリルの後を継いで
王となったマルドゥクが、
エンリルの孫娘でアンの愛人イナンナと
対立したことを機に核戦争に発展し
シュメール文明が崩壊しています。

エンキは、アンの長男で愛人の息子。
最初に50柱の神々と地球に来て
人間を創造した科学者。
人間のDNAを改造して生殖機能と
知恵を授け、言葉も変えました。

エンリルは、アンの次男で正妻の息子。
アフリカで金鉱採掘のプロジェクトを
指揮した事実上の地球の権力者。

エンリルは人間たちが秩序を乱すことに
激怒して人類絶滅計画を3回実行した
ものの、いずれもエンキが阻止。

4回目には大洪水を起こしましたが
エンキがアトラハシス(聖書ではノア)に
潜水艦を造らせて生き残らせました。

その後エンキは、罪のないアトラハシスを
罰するのは「公平」ではないとして、
人類が自然界の掟を守る限りは絶対に
滅ぼさないという契約を神々にとりつけ、
もしも人類がこの契約を尊重しないなら、
破壊を引き起こすことは神々の「自由」
という条件付きで締結されました。

戻りまして…、聖書では、
人類の起源はアダムとイブにはじまり
大洪水で生き残ったノアの家族を
現在の人類の祖としています。

ノアが500歳の時に授かった3人の
息子がセム、ハム、ヤペテ。
その子孫に70の部族がいます。

セム系=黄色人種、ハム系=黒色人種、
ヤペテ系=白色人種…ということに
なっていますが、そもそも人種の違いを
3人の息子に関連づけていること自体、
ムリやり後世に書く側にとって都合よく
こじつけた話だと思いますけど…^^;

ニムロデはハムの子孫…ということに
なっています。

セムの子孫で「信仰の父」アブラハムは、
神との契約でカナンの地を与えられたため
カナンに先住していたハムの息子カナンの
子孫で褐色のカナン人たちは追いやられて
しまいましたから、セム系のユダヤ人に
成りすます偽ユダヤ人が現れるのは
不思議なことではありません。

※もともとユダヤ人という人種は
 存在しないのでユダヤ教徒のこと。

カナン人は紀元前12世紀には名前を変え
フェニキア人となり、その後ハザール人。

西暦800年前後には、ヤペテ系の子孫の
ハザールの王が国家単位でユダヤ教に
改宗させていて、現在のイスラエルや
西側諸国のユダヤ人という人たちの
90%以上はハザール人の末裔です。
(アシュケナージ・ユダヤ人)

イルミナティの上層部には、
ニムロデを先祖とするロスチャイルドの
上に欧州の12貴族がいるそうなので、
イルミナティはハム系とヤペテ系?
…というのも短絡的な発想。。。

うふふ~^^;
やはり聖書は、ひふみ~で読めます。

ノア、NOAH、NOA
逆から読むと…「あの~」(笑)

HAON… 葉音、波音
AON… あ音、あ〇ん

シュメール最高神アン
日本語50音「あ」〇「ん」
阿吽、アルファ⇔オメガ…です。

500歳、五百(いお)
逆から読むと…「おい」(笑)

OI… 〇我、霊我、真我

70部族、七十
ナルト、鳴門、成る戸の仕組み~
逆から読むと…
陰と陽が交わって完全に成る!

以前、「生存の目的」で書きましたが、
光の三原色と色の三原色。
どちらにもあるのは黄色。

黄色はセム系…になるわけです。

たぶん、このあたりのことは全部
お見通しだったと思うヒトラーは
偽ユダヤに操られながらも戦いました。

イラクのフセインは、
原油をドルからユーロ決済に変えて
抹殺されました。

リビアのカダフィは、
統治した42年間に税金はもちろん
教育費や医療費など無料とする
福祉国家を実現するとともに、
アフリカ全土の独立と繁栄に尽力し、
アフリカ独自の通信衛星、通貨基金、
中央アフリカ銀行、投資銀行の設置を
推進して抹殺されました。

つまり…NWOを目指す支配者層は、
脅威となる邪魔なリーダーの独裁的な
面だけを誇張し、悪の独裁者として
大衆を洗脳し、偽の正義や世界平和を
謳っては戦争を起こして抹殺。。。

NWOの実現へは、初代ロスチャイルドの
「世界革命行動計画」が実践されている
とも言われ、読むと気分が悪くなるので
要注意ですけど、すごく短く要約…↓

~~~~~~~~~~~~~~~
支配するためには暴力とテロリズム、
政治権力の奪取にはリベラリズム、
あらゆる手段を正当化し、重税と
不当競争、国家法や国際法を利用し、
ゴイム(非ユダヤ人=家畜)の文明を
破壊し、失業と飢餓で資本を支配。

「自由・平等・博愛」という言葉の
意味と相互対立にゴイムは気づかないから
大衆への情報の出口すべてを支配し、
大衆心理を利用し、酒類、ドラッグなどで
若年層の精神を惑わして腐敗。

政府を陰で操る人物を選出し、
戦争を誘発し、大衆には犠牲者は
犯罪者や精神異常者の犠牲となったと
解釈させて犯罪者を処刑し、
和平会議を主導し、
秘密外交によって支配権を確保。
~~~~~~~~~~~~~~~

また、イルミナティ最高幹部で
南北戦争時の南部連合の将軍
アルバート・パイクの書簡は、
後世に捏造されたもののようですが、
世界を統一するためには
3回の世界大戦が必要…とあります。

「1回目はロシアを倒すために、
 2回目はドイツを倒すために。
 3回目はシオニストとイスラム教徒が
 お互いに滅し合い、いずれ世界の国々も
 この戦争に巻き込まれ、
 それが最終戦争に結びつくだろう」

さらに3回目のシナリオとしては…
シオニストとアラブ人との間に
イルミナティ・エージェントが引き起こす
意見の相違によって起こるべき…とし、
キリストの教会と無神論の破壊の後、
ルシファーの宇宙的顕示によって
真の光が迎えられる…とあります。

…で、まとめ。

2020年、太陽の死と再生を表す冬至に、
エンキを象徴する山羊座で
木星(=息子)、土星(=父)が
重なりながら、アンを象徴する天王星が
支配星の水瓶座で0度コンジャンクション。

その前に、破壊と再生をつかさどる
冥王星が木星と土星と会合します。

木星=マルドゥク。

やはり、イエス・キリストというのは…
シュメール神話の
イナンナ&ドゥムジ&ウトゥ&エンキ。

そして、エンキが人間の女性との間に
誕生させた人間全員の「真心」のことです。

つまり…
NWO実現へのあらゆる戦略も計画も
真の光を迎えるための手段であって
創造神話の通りになるよう…

意図的に表と裏の悪役を担う人たちがいて
最終的に改心が必要なことも承知の上??
…と思ったのでした~^^;

~「エメラルド・タブレットXVより」~

暗黒と光りは一つの性質の両面にして、
見かけが異なるのみなり。
夫々、万物の源より生ぜしものなればなり。
暗黒は無秩序にして光は秩序なり。
暗黒はやがて光りの光りとならん。
我が子らよ、暗黒の光りへの転換こそ、
汝らの生存の目的なり。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2019-05-20 23:00 | スピリチュアル