カテゴリ:占星術( 171 )
激動からミロクへの2019年
a0075956_5321728.jpg


2019年、平成31年&新元号元年
昭和94年、大正108年、明治152年
日本紀元2679年…
本年もどうぞ宜しくお願いいたします!

2019年は、数秘では「12」となり、
1+2=「3=創造」の年。

九星気学では、「八白土星」の年。
八卦では、「艮(ごん・うしとら)」の年。

木星と土星の運行に基づく風水の
周期システム「三元九運」では
2004年2月4日~2024年2月3日まで
下元の第8運期なので、
「八白土星」と「艮」の象意が重なる年。

八白土星は、大地のエネルギーが強くなり、
大地の土の塊である「山」を象徴します。
艮は、鬼門(北東)方位をあらわします。

つまり…、母なる大地の神様が
北東方位の山から登場?!
地震と噴火に要注意の年でもあります。

また、2019年は、六十干支では
36番目の「己亥(つちのとい)」の年。

36=ミロク(弥勒)です^^;

陰陽五行のエネルギーは、
己(つちのとorき)=陰の土
亥(いorがい)  =陰の水

上(=天・神)の「土」が、
下(=地・人)の「水」が溢れるのを
せき止める…という意味を持つ
「土剋水(どこくすい)」という相剋関係。

「己」は十干の6番目。
「中天の太陽」を象徴するとともに、
植物が生長して整然としている状態。

「自分自身の正しい姿」を意味します。

「己=おのれ」とも読みますが、
3本の横棒の両端に糸を巻きつけて
糸束を作る糸車の象形文字で、
糸束を作り出すのは「自分自身」という
意味からきています。

「亥」は十二支の12番目。
「新月」の暗闇を象徴するとともに、
草木の生命力が種(=核)の中に
閉ざされていて芽を出す直前の状態。

「準備・勇気・挑戦」を意味します。

そして2019年は、西洋占星術では、
大きく4つのポイントがあります。

① 木星、土星、海王星の3天体が
  本来の星座でパワー炸裂。

射手座の木星は、自由に広げて
それをすべて受け止めていくことで
精神性と知性を磨くことを課してきます。

山羊座の土星は、この現実世界の
社会の秩序、常識、道徳を遵守することを
課してきます。

魚座の海王星は、霊性への目覚めと
異なるものへの共感力を高め、
真実の愛と奉仕の心を育むことを
課してきます。

② 射手座の木星と魚座の海王星が
  1月12日、6月17日、9月22日に
  90度スクエアを形成。

キャパ以上になんでも受け入れてしまい、
自己犠牲を強いながらも理想だと思って
拡大していたことが、バブルのような
幻想として崩壊する懸念があります。

このエネルギーを上手に活かせると、
芸術的な才能を発揮させ、自他ともに
魂レベルで癒していくことを可能にします。

③ 山羊座を運行中の土星と冥王星が
  0度コンジャンクション域。

天体間オーブ(許容度)を5~6度で観ると
2019年2月~8月、10月以降は
0度コンジャンクション域となります。

2020年1月13日には山羊座22度台で
ジャスト0度コンジャンクションとなり、
その時、太陽、水星、ケレスも同度数で
5天体がジャスト0度コンジャンクション。

山羊座は、現実、国土、社会、組織を
象徴する星座。

土星は、厳格な社会のお父さん役として
秩序、努力、試練、安定をつかさどる星。

冥王星は、破壊と創造、死と再生など
徹底的に根源からの大変革を司る星。

この社会の古くなって今後は継続不可能な
制度やルール、不条理で無秩序な物事を
根本的に建て直す必要性を強いられます。

④ 天王星が正式に牡牛座に移動。
  3月6日=ミロク(弥勒)の月日に^^;

天王星は2018年5月16日に7年ぶりに
一旦牡牛座に入って8月8日から逆行し
11月7日には牡羊座に戻っていましたが、
2019年1月7日に順行に転じ、
3月6日に正式に牡牛座に入って
2026年4月26日まで運行していきます。

牡牛座は、「地」のエレメントの星座で、
肉体をはじめとする物質を媒介にした
楽しさ、嬉しさ、心地よさ、美しさなど
五感の満足を享受すべく、「所有する」
ということを象徴する星座です。

天王星は、 変革、改革、個性、仲間、絆、
テクノロジーをつかさどる星。

物質的価値観、所有の仕方や使い方、
生み出し方の改革が促され、
本当の自分自身の心が必要とする人、
モノ、コトに囲まれた自然体な
ライフスタイルと生き方に変化します。

以前、「クライマックス」で書いた通り、
カーディナル・クライマックスの
エネルギー象意の総仕上げは、
2017年12月20日~2020年12月22日。

この3年で徹底的に…
この現実世界の社会は大変革します。

総じて、2019年。
この社会の変革が一気に加速します。

「変化・変動・変転」の出来事を通し、
これまでよりも一段も二段も高く大きく
新しいステージに立って、
核なるマコトの自己を育てながら
自己変革して完全覚醒し、
潜在能力という魔法使いのような神人力を
発動させ開花させることを促されます。

なお、毎年書いていますが、
新年のエネルギーに切り替わるのは、
下記のとおり4段階スライド方式です。

1.12月22日 冬至(山羊座0度)
  精神(潜在意識・無意識)界の元旦

2.1月1日 グレゴリオ暦の元旦 
  現象現実(顕在意識)界の元旦①

3.2月4日 立春(水瓶座15度)
  現象現実(顕在意識)界の元旦②

4.3月21日 春分(黄経0度、牡羊座0度)
  精神と現象現実の融合世界の元旦

春分までの約3ヶ月で、
新しい人生の方向性が決まります。

…で、2019年1月前半の星の動きを
このまま続けて書きます。

1月1日(火)元旦、正午前には
火星が本拠地の牡羊座に入ります。

新しい社会的なミッションを掲げたり
与えられるなどして情熱が湧いてきて
ヤル気スイッチが入りそうです。

1月5日(土)午前4時前、
月が山羊座に入って新月域となります。

同じく5日(土)13時前、
水星が山羊座に入っていきます。

1月6日(日)午前10時29分、
太陽と月が山羊座15度25分で
0度コンジャンクションとなり、
2019年最初の新月です。

a0075956_543241.png


太陽、月、水星、土星、冥王星の
5天体が山羊座にいて10ハウスに集結。

射手座の木星と魚座の海王星は
90度スクエア域ですが、
この新月と海王星は60度セクスタイルで
調和しています。

元旦のお昼前に本来の星座・牡羊座に
入った火星は1ハウスにいて、
山羊座1度台の水星と90度スクエア。
山羊座20度台の冥王星とは
72度クインタイルを形成。

蠍座28度台の金星と牡羊座の天王星は
150度インコンジャクトを形成。

新月のサビアンシンボルは、
「体操着の少年少女」

成長期の少年少女が身体をつくって
社会的なルールに従うことなどを
学んでいく様子をあらわしています。

大人ぶっている仮面を脱ぎ捨て
内面にある子供のままの心を抑圧せず
感じたまま動きたい素の自分自身を認め、
どうすれば心と言動が合致したホンモノの
大人として成長できるか?…を意識して
行動することを促すエネルギーです。

全体を合わせ読むと…、
サビアンシンボルのエネルギーの通り、
この社会の秩序を守りながら
子供のままの心と、大人の思考と言動が
矛盾することのないホンモノの自分力を
育み伸ばすことを促されます。

要するに…、
魂・心・頭・身体が調和して合体してこそ
唯一無二の自分自身という存在なので
チグハグな状態は直しましょ~ってこと。

1月7日(月)午前5時30分、
逆行していた天王星が順行に転じます。

同じく7日(月)16時前、
月が水瓶座に移動して新月域が解消。

同じく7日(月)20時20分、
金星が射手座に移動します。

ここから3月6日に水星が逆行するまで
すべての天体が3ヶ月も順行となり
物事がガンガン動いていきます。

勇気を出して何かを始めて推進するのに
最強の時期です。

1月11日(金)21時25分、
太陽と冥王星が、山羊座20度59分で
ジャスト0度コンジャンクション。

勝ち負けを超越する本当に望む幸せへの
強い信念を掲げることが出来そうです。

…というわけで、
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2019-01-01 05:00 | 占星術
顕現の2018年 冬至&満月
a0075956_20254765.jpg

2018年12月後半になりました。

毎年12月後半は、
太陽が山羊座0度の冬至点を通過して
冬至を迎えます。

冬至は1年で最も日照時間が短い日。
“太陽が生まれ変わる日”とも言われ、
1年のエネルギーが切り替わって
再生パワーが最強となる日です。

その冬至の翌日、今年最後の満月を
月が本領発揮するホームグラウンドの
蟹座の0度台で迎えます。

じつは、この満月、
2018年11月~2019年3月に5回連続で
各星座の0度台で迎える満月の2回目。

<0度台 満月>
①2018年11月23日 14:39 双子座
②2018年12月23日 02:49 蟹座
③2019年01月21日 14:16 獅子座
④2019年02月20日 00:54 乙女座
⑤2019年03月21日 10:43 天秤座

各星座0度台のエネルギーというのは、
その星座30度分のエネルギー象意を
集約していて「始まり」を意味します。

5回目となる2019年3月21日の満月は、
太陽が春分点(牡羊座0度)通過の
直後に迎えます。

その前、2019年3月6日には、
天王星が正式に牡牛座に入って
この社会の改革を推進していきます。

つまり…
5回連続で起きる0度台の満月は、
平成という30年間の時代に
経験した出来事、感じたこと考えたこと
行ったこと、あらゆるすべての過去を
学びと感謝に置き換えて、これからの
新しい時代を創造的に生きるために…

本当に大切な人、モノ、コト、
これだけは~という希望だけを胸に
ホンモノの自己として生きることを
促される自己再生カウントダウン合図。

その2回目となる今回の満月は
冬至のエネルギーとセットなので、
最強の再生パワーに包まれます。

「顕現」の2018年。
いよいよ、マコトの自分自身が顕現!

…というわけで、まず冬至図。
12月22日(土)午前7時22分(東京)
(GMTは12月21日22時22分)

a0075956_20244082.png


月以外の主要天体は、
向かって左側の東半球(=自己)に集中。

山羊座0度の太陽は12ハウスにいて、
牡羊座28度台で4ハウス起点の
IC(天底)にコンジャンクションの
天王星とは120度トラインを形成。

IC&天王星は、
蟹座26度台で7ハウスのドラゴンヘッドと
90度スクエアを形成。

アセンダントは山羊座7度台。

土星が1ハウスでホームグラウンドの
山羊座10度台にいて、アセンダントと
3度差でコンジャンクション。

冥王星とドラゴンテイルも1ハウス。

MCは天秤座27度台。
金星が10ハウスで蠍座14度台にいて、
ホームグラウンドの魚座13度台で
2ハウスにいる海王星と120度トライン。

ホームグラウンド射手座の木星は、
11ハウスにいて射手座9度台で
水星と0度コンジャンクション。

次元交差点で高次元ポータルの
恒星アンタレスとともにあります。

その木星と水星は、
魚座の海王星と4度差で90度スクエア域。
※2019年1月いっぱいスクエアを形成。

総じて…、冬至から春分までの3ヶ月、
個々に新しい覚醒サイクルが始まります。

理想と現実のズレから生じてしまった
過去の出来事に起因して、社会と自己が
不調和な状態のままなことで抱いている
孤独感や疎外感、自己不信感、
他者への警戒心、防衛心などなど…

何かしらの深い失望という闇から脱出して
光に向かう決意をするとともに、
本当に望む幸せな未来へと繋がる”今”の
現実を堂々と生きていくための新しい目標、
方針、信念を明確にすることを促されます。

同時に、その目標や方針に相応しい
新しい社会的立場や環境へと身を置いて
過去の闇を光へと昇華させ、
自己変革&再生を促されていきます。

すでに新しい立場や環境に身を置いて
孤軍奮闘しているような方々は逆フロー。

その新しい立場や環境に自分自身を
適応させる方針を掲げて努力することで
覚醒し、自己変革し、再生していくことを
促されていきます。

簡単に言うと…、
本当に大切な人は?
本当に大切なものは?
本当に大切なことは?
本当に叶えたい望みは?
これからどのように生きていきたい?

…という問いに対する答えとなる
心の底の「本音」を認めることで、
新しい目標も方針も明確になって
新しい人生の軌道が見えてきます。

周囲の人が期待する答えとか、
頭で考えて捻り出す難しい答えとか、
非現実的な答えではなく「本音」です。

本音というのは、
小さな子供でも意味が分かるような
シンプルな言葉で表現可能なものです。

翌日12月23日(日)午前01時28分、
月が蟹座に入って満月域となります。

そして、満月図。
12月23日(日)午前02時49分(東京)

a0075956_2025292.png


月以外の主要天体は
地平線(ASC⇔DSCライン)の下、
北半球(=内面・潜在意識・神界)に集中。

太陽は山羊座0度49分で2ハウス、
月は蟹座0度49分で8ハウスにいて
180度オポジション。

蟹座が象徴するのは、感情、感受性、
家族愛、仲間、居場所、母性など。

2ハウスは、お金や能力など
自分で得たり磨いたりして所有するもの。
8ハウスは、遺産や遺伝的才能など
他者から受け継いで所有するもの。

太陽と月は、いずれも6ハウスにいる
牡羊座の天王星と120度トラインと
60度セクスタイルを形成して調和。

アセンダントは蠍座9度台。
1ハウスには蠍座14度台にいる金星と
17度台にいる小惑星セレス。

金星は、4ハウス魚座の海王星と
120度トライン。

2ハウスには、水星が射手座10度台、
9度台の木星を追い越したものの
1度差のコンジャンクション中で、
魚座13度台の海王星と90度スクエア。

山羊座10度台の土星は3ハウス直前。
3ハウスには山羊座の冥王星。

4ハウスの起点ICは水瓶座15度台。
リリスがコンジャンクション。

満月のサビアンシンボルは、
太陽は「承認を求めるインディアンの長」
月は「船で船乗りが古い旗を降ろし、
   新しい旗を掲げる」

個人プレーからチームプレーへと転換し
自分が属するコミュニティの他者の意見を
まとめながら自己統合させ、社会的に
リーダーシップを発揮する様子を表します。

「これ!」という何かを、
「この人!」という仲間とともに、
「ここ!」という環境で、
「今!」新しく始めることで、
自分自身の存在意義や価値、生きがいを
実感する喜びを応援するエネルギーです。

総じて…、
冬至のエネルギーに包まれながら、
自分自身の中で少々野心的とも言える
純粋な欲望欲求(=前述した本音)を認め、
その欲望を自分が属するコミュニティと
仲間の幸せに繋がる社会的な目標への
原動力として起動させ、目の前の課題を
クリアしながら潜在能力を開花させ、
望む未来を切り開くことを促されます。

簡単に言うと…
自己の純粋な欲望欲求のエネルギーを
皆の幸せのために発動させると
潜在能力が開花して望む未来に
近づきますよ~ってことです。

なぜなら…
個々に心の底にある純粋な欲望欲求の
エネルギーというのは、
ものすごい生命力と創造力だからです。

この満月エネルギーに包まれながら、
翌12月24日(月・祝)午前10時22分、
月が蟹座20度台で
山羊座の冥王星と180度オポジション。

方針や信念が変容することを表します。

その後、24日(月・祝)20時53分、
月が蟹座26度台で
ドラゴンヘッドと0度コンジャンクション。
牡羊座にいる天王星と90度スクエア。

その変容した方針や信念を共有できる
仲間との情報交換をあらわします。

クリスマス・イブ・イブを過ごす相手と
24日(月)のクリスマス・イブの夜に
話す相手は違うかもしれませんね(笑)

とにかく、ドラマティックに未来の扉を開く
顕現の2018年の冬至&満月エネルギーに
包まれるクリスマス・イブです。

12月25日(火)午前1時59分、
月が獅子座に入って満月域が解消します。

この冬至&満月エネルギーの中で
今後の方針が決まらなかった方々は、
年末の大掃除と断捨離に励みましょう^^;

ちなみに…冬至での木星と水星が、
私の出生太陽に0度コンジャンクション。
さらに、満月の太陽と月が
私のアセンダントとディセンダントに
0度コンジャンクション。

…で、私の心の底にある純粋な欲望欲求は、
すでに認めてはいるものの
恥ずかしすぎて公表できませんが(笑)
この冬至&満月エネルギーの中、
今後の目標と方針を決定する所存です^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-12-16 20:00 | 占星術
脱却と還俗の新月
a0075956_939215.jpg

今年も1ヶ月を切りましたね~。

先週、射手座の太陽と木星が重なって
光も闇も拡大するエネルギーに包まれる中、
私は闇の方が拡大されてしまい…、
仕方ないので闇をギャグにして
光に転換するワザを磨いてました~^^;

そんなわけで出遅れましたが、
12月前半の星読みです。

12月1日(土)20時13分、
逆行中の水星が蠍座へと戻りました。

心の深いところにある欲望欲求を
再度見直すよう自己との対話を促します。

12月3日(月)午前1時54分、
金星が再び蠍座に入りました。

牡羊座の天王星との180度オポジションは
ここから緩和され解消に向かいますが、
愛と富の改革を迫られたままです。

同じく3日(月)午前9時、
射手座の太陽と魚座の火星が
ともに10度台で90度スクエアを形成。

同時に、魚座の火星と海王星も
3度以内のコンジャンクション域になり、
射手座の太陽と90度スクエア域になります。

1週間ほどは感情が混乱しやすいため
短気をおこして極端な判断をしたり、
ケンカしたりしないようご注意ください。

12月6日(木)午前7時20分、
射手座の太陽と魚座の海王星が
ともに13度台で90度スクエアを形成。

現実逃避した幻想に支配されないよう
目の前の現実をしっかり点検しましょう。

同じく6日(木)午前11時51分、
月が射手座に入って新月域となります。

12月7日(金)午前6時27分、
逆行中の水星が蠍座27度台で
順行に転じます。

唯一無二の自分自身の内側にある
素晴らしいものに気づいて~という
メッセージを投げかけてきます。

ここから逆行中天体は、
牡羊座にいる天王星のみとなります。

そして12月7日(金)16時21分、
射手座の真ん中15度07分で太陽と月が
重なって、2018年最後の新月です。

a0075956_9544946.png


この新月、ディセンダント上で起きます。
ディセンダントは西の地平線で
他者との関わりを表す7ハウスの起点。
社会デビューポイントです。

そのディセンダントは射手座14度42分。
自分自身の真実を親しい人に打ち明け
共有することを促します。
意味深ですね~^^;

反対側でペルソナを表すアセンダントは、
双子座14度42分。
他者を受け入れることで社会的な様々な
プレシャーを跳ねのける勇気を促します。

MC(天頂=社会目標)は水瓶座23度台。
過去の経験を冷静に周囲の人たちに伝え
模範的な先導役となることを促します。

IC(天底=居場所)は獅子座23度台。
本質にだけ集中することを促します。

10ハウスで魚座13度台にいる火星と
海王星が0度コンジャンクションとなり
この新月にタイトな90度スクエア。

蠍座の金星は恋愛や創造性をあらわす
5ハウスにいて、牡羊座末の天王星は
仲間や理想をあらわす11ハウスにいて
4度差の180度オポジション。

天王星には小惑星アマテラスが
0度コンジャンクションです。

新月のサビアンシンボルは、
「船を見ている海のカモメ」

実社会で生計を立てるために、
無縁だと思っていた社会集団に近づいて
適応していく様子をあらわしています。

本当に望む人生の目的遂行のためには
一時的に自主性を喪失させて、敢えて
権力に迎合してみる手段をとってでも
自分自身を社会に実践的に活かして
成長させることを促すエネルギーです。

総じて…、この新月。

恋愛、結婚、仕事、趣味、ライバルなど
親しい他者との関係性が変化します。
それに伴って現実の状況が変化します。

どんな変化か?…は人それぞれですが、
金星と天王星の180度は、基本的に
愛と富に関する悪習慣、依存や執着から
離して改革させることを得意としています。

つまり、本当に望む人生の目的のために
愛と富に関する人間関係における
依存や執着からの「脱却」を促し、
自分自身が学んできた精神性や哲学を
実社会に「還俗」させて
仲間やパートナーとの協業によって
実践的に体現していくことを促します。

※還俗(げんぞく)
 一度出家した者が俗人に戻ること

同時に、単に「自分のため」という
自己実現の夢や目標ではなく、
自分と他者が共通して抱く
「世のため人のため」という社会実現の
夢や目標への欲求が生じてきます。

また、身を守りながら環境に適応する
戦略的なヒラメキにも恵まれます。

…が、非現実的な幻想や妄想、思い込みに
陥りやすいので、客観性を見失うことなく
閃いたことは今の自分ができる現実的な
方法で着手していくと良いです。

12月8日(土)21時03分、
月が山羊座に入って新月域が解消します。

12月9日(日)14時10分、
山羊座の月が8度44分で
土星と0度コンジャンクション。

新月での気持ちの高ぶりが落ち着いて
自然体になります。

12月10日(月)12時27分、
山羊座の月が19度56分で
冥王星と0度コンジャンクション。

自分自身の意志で人生を好転させる
方向に歩き出すことを促されます。

12月13日(木)午前8時47分
水星が再び射手座に入っていきます。

このあたりから年末の慌ただしさの中、
もう細かいことは気にしない!…と
楽観的な気分が増してきます。

…と、長くなるので続きは後日^^;

この新月から23日の満月までの2週間。
人生の節目となる経験をする方々が
多いんじゃないかな~と思います。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-12-04 09:00 | 占星術
新世界への満月
a0075956_17473735.jpg

22日(木)18時02分(東京タイム)
太陽が射手座に移動しました。

ちょっと遡って先週からの星の動きを
振り返りつつ満月エネルギーを読みます^^;

11月16日(金)午前7時30分、
火星が魚座に移動しました。

同じく16日(金)19時51分、
金星が40日間の逆行期を終えて、
天秤座25度台で順行に転じました。

17日(土)10時36分、
水星が射手座13度台で逆行期に突入。
12月7日(金)午前6時27分に
蠍座27度台まで戻って再度前進予定です。

20日(火)午前10時、
火星と木星が90度スクエアを形成。
前後1週間は、状況にも他人にも
寛容さを心がけることが大事な時期です。

22日(木)午前5時、
太陽が蠍座29度台、牡羊座29度台の
天王星と150度インコンジャクトを形成。

他人の言動や状況をキッカケに、または
突発的な出来事によって、ふと大事なことに
気づいて過去からの経緯を見つめ直し、
方針や計画を変更することを意味します。

…で、22日(木)18時02分(東京)、
太陽が射手座に移動しまして、
木星と水星を追いかけていきます。

23日(金)13時12分、
月が双子座に移動して満月域に入ります。

23日(金)14時40分、
射手座の太陽、双子座の月、
いずれも星座の最初、0度52分にて
180度オポジションとなって満月です。
a0075956_1922512.png


太陽は8ハウスにいて、射手座3度台の
木星とコンジャンクション。

太陽と月はともに魚座4度台の火星と
3度差で、柔軟宮のTスクエアを形成。

月は2ハウスにいて、山羊座7度台の
土星と144度バイクインタイル。

天秤座の金星と、牡羊座の天王星は、
依然として180度オポジション。

射手座にいる水星と、魚座の海王星は
3度差で90度スクエア。

アセンダントは牡羊座26度台で
天王星が3度差で先にいます。

テーマを決めてあらゆる可能性に
挑戦することで大きな可能性を見いだし
未来へ向かうことを促します。

ディセンダントは天秤座26度台で
金星が0度コンジャンクション。

吸収と発散、選択と集中…など
自分自身のエネルギーにメリハリをつけ、
生活上の細かな葛藤やプレッシャーを
超越するマクロ視点と、俯瞰することで
何がベストか?を判断する力を促します。

MCは山羊座15度台で
冥王星が4度差で先にいます。

内面の幼い子供のままの純粋な感覚や
興味と好奇心から生じる活力を抑圧せず、
解放させて教育することを促します。

ICは蟹座15度台。
シリウスの影響範囲内です。

自分自身の心と現実という内外の世界を
統合した人生を歩むことを促します。

満月のサビアンシンボルは、
太陽は、「共和制キャンプファイアーの
大いなる団体」
月は、「静かな水に浮くガラス底ボート」

この人生をより向上させるために、
前世の仲間と闘争心を刺激し合ったり
知っていることを教え合ったりしながら
お互いに深層心理を明らかにしていき
人生の意義に目覚めることを促すとともに、
防衛心と好奇心を交差させながらも、
境界を超えて未知の世界へ新たな一歩を
踏み出すことを促す強烈なエネルギーです。

太陽は蠍座から射手座へ、
月は牡牛座から双子座へ移動した直後に
起きる満月なので、過去からの流れを
ここでバシッと切り替えて、新しい気持ちで
未来を切り開くことを応援されます。

この満月エネルギーに火星が
今回はとってもとっても特別なんだから~と
特別な価値を与えてくれます。

25日(日)12時27分(東京)、
6月19日から逆行していた海王星が
魚座13度台で順行に転じます。

ハッキリせずに曖昧だったことや
どうすべきか迷っていたことがあれば、
意思が決まったり状況が整ったりして
動き出していきます。

ここから逆行中天体は、
水星と天王星の2天体となります。

25日(日)15時39分、
月が蟹座に移動して満月域が解消です。

26日(月)15時19分~49分
射手座3度56分にて太陽と木星が
0度コンジャンクション。

27日(火)18時12分~22分
射手座5度04分にて太陽と、
逆行中の水星が0度コンジャンクション。

28日(水)午前7時22分~36分
射手座4度18分にて逆行中の水星と、
木星が0度コンジャンクション。

25日~28日は、
共通のゴールを目指す他者を
励ましたり何かを教えたりすることで、
自分自身の問題を克服する力も湧くため、
他者と様々な意見を交わして議論して
現実的な計画を立てて実行していくことを
促すエネルギーに包まれます。

総じて…、満月から次の新月までの2週間。

無意識に自分自身に対して課していた
制限を外し、垣根の向こう側の世界へと
一歩ずつ踏み出して可能性に挑戦し、
魂の家族とともに社会を生きること自体を
楽しんでね~というメッセージです。

キーワードは…、オーバーフェンス!

勝手に思い込んでいる限界を超えて、
カルマも越えていきましょう。

なお、私は、カラオケでは、
「天城越え」が得意です~(爆)^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-11-22 18:00 | 占星術
木星 射手座 390日
a0075956_3301480.jpg

11月8日(木)21時39分、
木星が12年ぶりにホームグラウンドの
射手座に入りました。

2019年12月3日まで、
射手座がつかさどることに関して
木星の拡大と発展エネルギーが炸裂!

自らの過去に起因する思い込みという
呪縛をかけて囚われたままの純粋な美しい
精神を解放し、真実の自己を開眼させ、
本当の自由を求めて高い目標の旗を掲げ、
新天地を創造する冒険の旅を促します。

射手座は12星座の9番目。
能動性の男性星座、受動性の柔軟宮、
意志と直感をあらわす「火」のエレメント。

高次の知性、理性、直観、自由、冒険、旅、
研究、好奇心、向学心、異文化、外国語、
高等教育、大学、哲学、宗教、法律、倫理、
医学、癒し、占星術、出版、広告宣伝、
アウトドア、スポーツ、飛行機、空港、
車など乗り物全般、自然や動物との対話に
関することをつかさどります。

これらの射手座がつかさどることに関して
2019年12月3日までの約1年は、
光も闇も…拡大!二極化も激しくなります。

夏の南の空に見える射手座の神話は、
ギリシャ神話に登場する半人半馬の
ケンタウルス族の賢者ケイローンの物語。

ケイローンは「魂の傷と癒し」を表わす
小惑星キロンの名前の由来でもあり、
古い自我の死と真実の自己再生の象徴。

上半身の人は霊性、下半身の馬は獣性、
弓矢は神性をあらわし、
上半身と弓の一部が南斗六星です。

北斗=陰  七星=陽
南斗=陽  六星=陰

南斗六星といえば…、南斗六聖拳(笑)
木星が射手座に滞在する1年間は、
たぶん私の好きな南斗水鳥拳のレイが
活躍します(爆)

失礼しました^^;

シュメールの粘土版「ムル・アピン」には
紀元前6世紀頃の星座表とも言える
「71の星座と星」が刻まれていて、
最高神3柱に割り当てられています。

また、北緯30 度線は神聖緯度とされ、
地上では聖都が配置されています。

★天の最高神アヌの道…天の赤道帯23個
★地の最高神エンリルの道… 北天33個
★地の王・創造神エンキの道…南天15個

アヌ…  シリウスナンバー「23」
エンリル…カバラマスターナンバー「33」
エンキ… 東洋では完全を表す満月「15」

一ケタの数秘にすると…
アヌ…  「5」
エンリル…「6」
エンキ… 「6」
合計して…「17」

「71」の星座と星。
どちらも一ケタの数秘にすると…「8」

「8」=キリスト意識、無限大
「八」=開く

木星はエンリルの道にあり、
射手座はエンキの道にあります。

…が、木星の守護神は、エンキの息子で
エンリルの後で神々の指導者となった
バビロンの都市神マルドゥク。

う~む、意味深ですね^^;

木星が射手座を通過する
2018年11月8日~2019年12月3日は、
390日あります。

390=三九十(ミコト)=尊、神、命…の
日=太陽

日本は平成から新しい時代へ。

2019年3月6日には天王星が牡牛座へ。
5月1日には、天皇陛下のプログレスの月と
皇太子様のプログレスの太陽が
牡牛座2度台で天王星と重なります。

天王星=天の最高神アヌ(アン)

いよいよ…、この世界の、この社会の、
過去と未来の新旧交代、南北、東西、
上下、左右、陰陽、天地…の
逆転ドラマが始まります。

政教一致の時代からの数々の争いも
そろそろ終焉かもしれません。

個々においても同様に…
過去に囚われたまま生きていくか、
本当の自由を求めて真実の自己を開眼させ、
新天地を創造する冒険の旅に出るか、
選択して歩き出す390日間です。

どちらを選ぶのも自由意思。
マジで…マトリックス^^;

You are the prison of your mind.
Free Your Mind!

…ということで、
マインドを解き放っていきましょう。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-11-09 00:00 | 占星術
エネルギー大転換 続編
a0075956_1240672.jpg

この1週間、色んな論点ミックスで
自己責任論が飛び交っていましたね。

とにかく無事で良かった~と思いながら
全く別視点なことを考えてました…。

安田氏の拘束は、2015年6月22日(月)
解放は、2018年10月23日(火)

東洋二十四節気では、
「夏至」=太陽黄経90度=蟹座0度から
40ヶ月後の
「霜降」=太陽黄経210度=蠍座0度

蟹座0度は、
カルマ的な危機によって新しい生き方を
強いられ、集団的価値に自分を帰依させ
個人プレーからチームプレーへの
転向を表明する…というエネルギー。

蠍座0度は、
社会的経験を拡大しようとする熱望と
集団的達成感を得るための勝利を目指し、
スクラムを組んで一体感を感じていく…
というエネルギー。

意味深なんですよ。。。

拘束期間40ヵ月というのは…、
イスラム教の開祖ムハンマドが
メッカ郊外のヒラー山で瞑想していた際、
大天使ジブリール(ガブリエル)から
絶対神(アッラー)の啓示を受けとって
目覚めたとされるのが40歳の頃なので、
聖書に出てくる40日間と同じように
試練を意味する期間だからだと思います。

ムハンマドが啓示を受けたのは、
610年8月10日。

ホロスコープを観ると…、
お昼の12時ジャストに獅子座の太陽と
水瓶座の月が19度台で満月。

太陽は自然界に回帰する度数で、
月は天使からメッセージを受け取り
自らもメッセンジャーになる度数。

しかもその年の4月2日、
木星と土星が水瓶座24度台で
大会合=グレートコンジャンクション。

過去の困難な経験から感情を変容させ
理性的に全体を観て、自己の欲望に
葛藤している人々の模範となって
伝えていくことを促すエネルギーです。

この日付が後付けでなければ…、
本当に高次元からの啓示を受けた様子。

ノア、モーセ、イエスは神の預言者
だったと認めた上で、自分は神が
言い残した言葉を人々に伝えるために
選ばれたとして12年間メッカで布教。

弾圧が激しくなったため信者70人と
200㎞北にある都市メディナに移住。

移住後は、人類は唯一絶対神アラーのもと
みんな平等であると説き、部族を超えて
信者が増えていき、「ウンマ」という
中立的な共同体になってイスラム教が成立。

…が、アラブ人とユダヤ人の対立は収まらず、
632年にムハンマドが死去した後に
イスラム教が発展。

アラブ人は、
アブラハムの長男イシュマエルの子孫。
イシュマエルは、アブラハムの妻サラの
召使いでエジプト人の女性ハガルとの子。

ユダヤ人は、
アブラハムの息子イサクの子孫。
イサクは、イシュマエルの後に
アブラハムと妻サラとの間に生まれた
約束の地を継ぐ息子。

つまり、起源はシュメール神話。
最高神アンの異母兄弟、
エンキ派vsエンリル派。

ユダヤ教→キリスト教→イスラム教の順で
宗教が発展したことと、中東の支配権は
エンキ派→エンリル派→後継者マルドゥクへ
移っていることを踏まえると…、
イスラム教の唯一絶対神アラーとは
マルドゥクのことだと思います。

そうすると…
マルドゥク派vsイナンナ派の対立。

…で、記憶にも新しいシリアの内戦は、
2010年12月に始まった「アラブの春」の
派生で、2011年3月15日から勃発。

日本では3.11東日本大震災の直後、
原発で爆発が起きた真只中。

3月15日 正午 シリアのホロスコープは…

太陽は9ハウス魚座24度台にいて
1ハウス蟹座24度台の月と120度。

太陽は、物質化した宗教的組織の歪んだ
実践によって教条化した理念と崩壊的な
影響を克服するための浄化を促し、
月は、霊力が憑依し異質な行動をとる
ペルソナを促しています。

MC(天頂)は魚座29度台にあり、
リリスがジャスト・コンジャンクション。
3月12日に牡羊座0度に入ったばかりの
天王星もコンジャンクション。

天王星=革命=原子力と、
リリス=潜在的欲望が重なって
天頂=社会的目標・到達点にあり、
夢見ていたことの実現エネルギーです。

水星と木星は牡羊座10~11度台で
コンジャンクションで、
山羊座7度台の冥王星と90度スクエア。

神の啓示の代弁者として少々極端な
考えと覚悟で一か八かの勝負に出ていく
エネルギーです

金星は水瓶座15度台、
土星は天秤座15度台でジャスト120度。
火星は魚座16度台にいて金星と
30度セミセクスタイル。

社会システムの中でバランスが崩れ
たまっていたものが次々と出てきて
犠牲を出しながらも、人々に向き合って
日常のバランスをとるエネルギーです。

海王星は水瓶座29度台、
ドラゴンヘッドが射手座28度台で
60度セクスタイル。
ドラゴンヘッドはリリスと天王星に
90度スクエア。

拘りを捨てることで、すべては大きな
ひとつの光からの分化であるという
大宇宙の秩序へ回帰するエネルギーと、
潜在的欲望からの革命的エネルギーが
葛藤しています。

意味深なんですよ。。。

冒頭に戻りまして…、
テロ組織の資金源は、
各国の政府や企業からの資金援助と寄付、
石油、麻薬、武器の販売、人身売買、
身代金…と考えると、自己責任論さえも
テロ組織を操る世界中のホワイトデビル、
ブラックエンジェルの思惑通りなわけで。。

表の裏は裏、裏の表は表…。
…が、悪が改心するとホンモノの善。
この地上の人類の使命は、
闇を光に転換することなのでね^^;

天使と悪魔の神々の大神は、
善も悪も統合して超越している
高次元の意識エネルギーです。

シュメール神話で
この天地とすべての神々を生んだ母は
原初の海「ナンム」。
ナンム…何無、何もない状態、カオス。

ナンムから天と地が結合している
男神・天の最高神「アン」と
女神・大地と冥界の審判神「キ」が誕生。

善悪(ぜんあく)の真ん中…「んあ」。
平仮名48音(ヨハネ)の最初と最後、
ひっくり返して…「あん=アン」

「キ」=大地の気、生命の樹(気)

平仮名48音の真ん中24音目は…「ね」
ね=子=「一」と「了」。
「私はアルファでありオメガである」

子年は2020年。
12月22日冬至に木星と土星が
水瓶座0度でグレコン…となり
アクエリアスの時代が本格スタート。

…で、2018年11月8日(木)の新月は
蠍座15度11分で起きますが、
サイデリアル(恒星基準)では
アンタレス(蠍の心臓)とともにあります。

蠍座は中国では青龍に喩えられ
アンタレスは「龍の心臓」。

シュメールの女神イナンナと双子の
太陽神ウトゥも蠍に象徴され、
蠍は、日の出と日没の見張り番でしたが、
後で翼が付いて鷲となりました。

その蠍座15度アンタレスでの新月。
太陽から見ると、地球はアンタレスの
180度向かい牡牛座15度アルデバラン
(牡牛の心臓)とともにあります。

アンタレス=天・龍の心臓
アルデバラン=地・牡牛の心臓

アンタレス⇔アルデバランは、
天道⇔地道、多次元が交差するレイラインで
高次元ポータルになっています。

…というわけで、
この新月、個々の天地を統合して
いよいよ5次元人への道です~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-11-04 13:00 | 占星術
エネルギー大転換
a0075956_1403947.jpg

2018年も残り2ヶ月となりました。

11月2日(金)現在、
逆行中の天体は、金星、天王星、海王星。
金星と天王星は180度オポジション。

…で、11月7日(水)~8日(木)
4段階スライド式でのシフトチェンジ。
今年最大のエネルギー大転換です!

① 11月7日(水)午前3時09分

ドラゴンヘッドが蟹座に入って、
ドラゴンテイルが山羊座に入ります。
a0075956_1252891.png

2020年6月5日に双子座に入るまでの
約1年半、本当の心に素直になって
他者と心を分かち合い、高め合いながら
家族のような愛を育むことを促します。

② 11月7日(水)午前3時58分

逆行中の天王星が牡羊座に戻ります。
a0075956_126614.png

2019年1月7日午前5時30分、
牡羊座28度台まで戻ってから前進を再開し、
3月6日から正式に牡牛座に入ります。

それまで…、2011年からの約7年に
経験したことを通して気づいた希望と反省、
問題と課題、チャンスとリスク…など、
自分自身に向き合って整理し、昇華し、
未来への準備を行う調整タイムです。

③ 11月8日(木)午前1時02分

蠍座15度11分、3ハウスでの新月です。
a0075956_024457.png

新月のサビアンシンボルは…、
「少女の顔が微笑みはじめる」

純粋無垢な笑顔によって、
願いが叶っていく様子をあらわします。

他者とコミュニケーションをとる際、
傷つきたくないという恐れから
心に壁を打ち建てて、大人の自分を演じて
作り笑顔をするのではなく、勇気を出して
すべてを受け容れる姿勢になって
幼い子供のままの純粋な心を開き、
嬉しい~楽しい~と心が膨むことで生じる
純真無垢な笑顔が、願いを叶えますよ~
というメッセージです。

④ 11月8日(木)21時39分

木星が12年ぶりにホームグラウンドの
射手座へ帰還します。
a0075956_0283190.png

木星は、拡大と発展を促すエネルギー。
射手座は、囚われている精神を解放し、
本当の自由とは何か?という高次の目的と
そのために掲げる高い目標に向かって
未知の世界を旅することを促すエネルギー。

その木星・射手座のエネルギーが
創造性をあらわす5ハウスでスタート。

「水」のエレメントの蠍座から
「火」のエレメントの射手座へ。

心(=水)に深く潜り込むと
奥底に灯っている生命の…情熱の…「火」

本当の自由を求めて情熱の火を燃やし、
今後12年の軌道となる現実を創造していく
新しい旅の始まりです。

…という、
4段階スライド式シフトチェンジを経て
11月9日(金)から新しいステージへ。

ちなみに、また私の話ですが~(笑)
この11月9日(金)…

私のプログレスの太陽が、
山羊座に入ったドラゴンテイルに…、
プログレスの月が28年ぶりに
出生時のディセンダントに…、
出生時の木星が金星に…、
出生時の太陽が水星に…、
ジャスト・コンジャンクション。

なんの因果で何が起きるのやら…
純真無垢な心で受け容れたいと思います。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-11-02 00:00 | 占星術
金星逆行期には…
a0075956_402248.jpg

現在、金星は逆行期間中です。
(10月6日~11月16日)

蠍座10度台まで進みましたが、
11月1日(木)に天秤座に戻っていき
16日(金)に天秤座25度台まで戻った
ところで順行に転じて前進を再開します。

翌17日(土)には水星が逆行を開始します。

金星の逆行期間は、
584日(1年7ヶ月)ごとに40日間あり、
恋愛、愛情、快楽、経済、人間関係、
美意識などに関する見直しと、現実的な
調整や軌道修正が促されます。

今回の逆行期間中のエネルギーをみると…

★A…天秤座25度~30度
 さまざまな知識を自分の中で統合して
 永続性のある生き方を促すエネルギー。

★B…蠍座1度~5度
 他者との交流によって自我の殻を破り、
 可能性を見出だすことを促すエネルギー。

★C…蠍座6度~10度
 志をともにする他者と連帯して目標に
 向かい、自己の限界を突破して、
 意欲的に挑戦することを促すエネルギー。

10月6日まで「A→B→C」と前進して
ちょっと待った!大丈夫?もう一回!
…と、11月16日までの40日間、
「C→B→A」とリバース中。

11月1日~16日の逆行期と
順行に転じてからの12月3日まで、
「A」のエネルギーに包まれます。

前回この度数のエネルギーに包まれて
前進していたのは、9月3日~10日。
この短い期間を振り返ってみると
なにかヒントがありそうですよ。

12月3日からは再び「B→C」と進み、
12月18日からは、他者とともに未来の
人生軌道を考えて基盤をつくっていく…
という次のステップへの流れに入ります。

まさに次に進む直前だからこその40日間。

ノアの方舟、大洪水も…40日間。
モーセがシナイ山で断食修行して
神から律法を授かったのも…40日間。
イエスが荒野で誘惑を受け続けたのも、
復活から昇天までの期間も…40日間です。

もともと金星は、
地上から太陽と月の次に明るく見え、
明けの明星(男神)⇔宵の明星(女神)
と呼ばれるように…、極性エネルギーの
天地の陰陽統合を促すエネルギーの星。

他の星と逆方向に自転しているので、
太陽は、天才バカボンの歌のとおり…
♪西から昇ったお日様が東に沈む~♪
…のが通常、これでいいのだ状態。

バカボンのパパ、ノア、モーセ、イエス…
地では肉体は男性、天では魂は女神。

天地の陰陽の極性を統合するためには、
地の女性が必要で、天の男神が必要。

…で、金星逆行期の40日間に、
地上で肉体と魂の陰陽統合に努めた…
ということだと思います。

この世界で起きるあらゆること、
個々が人生の中で経験するあらゆること、
根底に共通するのは…「愛と富」。

事件や問題はすべて、
「愛か憎しみ(恐れ)か?」…にあり、
「愛かお金か?」…となり、
愛も憎しみも引き換えは「お金」。

天…博愛(他者愛)・ゴールド(光)
地…性愛(自己愛)・お金(紙)

いずれも流動する循環エネルギー。
そんな「愛と富」をつかさどるのが金星、
女神ヴィーナス。

高次元・天の女神⇔3次元・地の女神

天の女王、地の豊穣の女神、戦いの女神、
冥界に下って復活再生した…イナンナ。

イシュタル、イシス、アフロディーテ、
サラスヴァティ、弁財天、ルシフェル、
イエス・キリスト…。

イナンナを復活させたのは、
生命、水、知性、魔術、創造などを司る
人類の創造主で地の王エンキ。
エンキの数は「40」です。

金星が存在していなかった古代は、
明けの明星⇔宵の明星はシリウスのこと。
シリウスは、「水」の恵みをもたらす
生命の復活再生の象徴。

シリウス=エンキ、金星=イナンナ
…とも言えそうです。

また、小惑星「40」は、
ギリシャ神話の調和の女神ハルモニア。

今回の金星の逆行期間中は、
双子座22~24度にいます。

目的に向かうにあたって
大切なものと余分なものを整理して
知性を方向づけて行動することで
陰陽、天地…の調和を促しています。

…というわけで、この金星逆行期中は
まずは自分自身の調和に努めて
「愛と富」を見直し、整理整頓して
方向づけをしていくと良いと思います。

ちなみに、私の「愛と富」をつかさどる
出生時の金星は、蠍座にいて
11~12ハウスの境界で、海王星と
2度以内のコンジャンクション。
この金星に冥王星がジャスト60度、
木星がジャスト30度で絡んでいます。

基本的に引きこもりがちな…永遠の…
夢見る夢子ちゃんエネルギー^^;

金星逆行期間中に魂と肉体の統合に努め、
基本的に社交的な…永遠の…
大人の女性になりたいと思います(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-10-31 06:00 | 占星術
大転換の前に
a0075956_321956.jpg

木星の射手座入りまで1週間!

10月30日(火)現在、
太陽は蠍座6度台を前進中です。

水星は、蠍座28度台で木星を追い抜き、
31日(水)午後には射手座に入ります。

金星は、蠍座1度台を逆行中。
11月1日(木)に、天秤座に戻ります。

火星は、水瓶座19度台を前進中。

…で、木星は、
情熱、変容、ソウルメイト、絆、生と死、
破壊と再生…のパワーの冥王星を
支配星とする蠍座にて27度台を前進中。

12年ぶりにホームグラウンドの射手座に
帰還するまで残り2度、1週間。

射手座に入る直前の蠍座29度台は、
涙の度数と呼ばれ、本当の自分が目指す
自由で豊かな人生を創造するために…、
これまでは必要で大切にしてきたものの
ここから先は不要となる思い、価値観、
モノ、コト、人などとの決別が伴います。

先日も書いた通り…、

★11月7日(水)
・逆行中の天王星が牡羊座に戻る
・ドラゴンヘッドが蟹座に入る

★11月8日(木)
・蠍座15度台で新月
・木星が12年ぶりに射手座に帰還

この2日間は、来年5月から始まる新しい
時代に向けて、平成30年の出来事すべて
学びと感謝に昇華して進め~という
合図のような…、過去と未来の
新旧のエネルギー大転換点!

ここからドラゴンヘッドは蟹座に入り、
ドラゴンテイルは山羊座に入ります。
(11月8日から2020年6月6日)

ドラゴンヘッドは、
今生で目指すこと、目的地、使命。
ドラゴンテイルは、
前世から慣れ親しんでいる得意なこと、
持ち越し課題。

ドラゴンテイルを昇華しないと、
ドラゴンヘッドに行けないんです。

ドラゴンテイルからヘッドへ…。
クンダリーニ上昇によって覚醒へ…。

テイルを昇華すると創造力が発動。
神=創造主、神力=創造力…なので~^^

今現在、ドラゴンヘッドは獅子座、
テイルは水瓶座でラストスパート中。

他者と自分を比較したり同化したりせず、
唯一無二の自分自身がこの世に生まれ、
今ここに生かされ生きていること自体を
認め、尊び、喜び、愛することを促す
エネルギーのラストスパート。

11月8日からの蟹座のドラゴンヘッドは、
自分の弱さを認め、素直な心を伝えて
自然体の自分自身を表現することを通し、
他者の弱さを寛容に包み込み、
相互に補完し合って高め合って、
家族的な絆と愛を育むことを表します。

山羊座のドラゴンテイルは、
素直な感情を抑えてコントロールし、
弱音を吐かず自分にも他人にも厳しく
実社会を生きることを表します。

簡単に言うと、心に素直になって
等身大で自然体の自分自身を解放し、
他者とともに慈しみ合って育み合って
高め合っていくという家族愛の学びと
実践を促されます。

…で、ふと思ったんですが、
「鶏が先か、卵が先か」…という言葉。

地球史上はじめて卵を産んだメスの鶏が
先にいて、そのメスの鶏にはパートナーの
オスの鶏がいたことになるので
大人のオスとメス、二羽の鶏が先です。

アダムとイブなど世界中の創造神話の
陰陽思想がベースにあって、メスに卵を
産ませて夜明けを告げたのはオス…という
男性優位な解釈によって現代社会が
形成されたのだとも思います。

…が、そもそも創造主は両性具有。
陰陽が融合して補完し合って
陰陽一対になっている状態。

創造主の陰陽を半分ずつ分け与えられ
創造された人類は…、
肉体が男性の魂は女性、
肉体が女性の魂は男性。

1人の人間の肉体と魂は、
陰陽一対で創られてはいますが、
単独では魂も肉体も創造主の半分ずつです。

つまり、人間は単独では、
仕事、恋愛、結婚、健康、お金…
すべてにおいて魂レベルで望む本当の
幸福や成功、世のため人のために
自他ともに喜べる新しいモノ、コト、
価値観、未来を創造することはできず…。

カタチだけペアのパートナーはいても、
お互いに心身が不調和のままだと
共依存関係に陥って悪循環を続けるか、
絶縁するかしかなく、健全な相互補完、
自己信頼=他者信頼となる相互信頼関係を
創造することも構築することもできず…。

自分自身の心と身体、陰陽のバランスを
整え磨きながら、他者と対等に得手不得手を
補完し合ってパートナーシップを育んでいく
努力こそが、幸福、成功、創造…の、
神人合一への絶対条件なんだと思います。

…と、蠍座に太陽、水星、金星、木星が
集まっている変容キャンペーン中に、
ものすごく単純な話を失礼しました~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-10-30 06:00 | 占星術
トランスフォーメーション満月
a0075956_146476.jpg

10日(水)に水星が蠍座へ入りました。
13日(土)中は牡牛座の天王星と180度
オポジションを形成しています。

10日には月も蠍座に入ったため
妙にビビビ~率が高かった日でした^^;

12日(金)、蠍座で逆行中の金星と
水瓶座の火星がジャスト90度スクエアを
形成し、天秤座の太陽と山羊座の冥王星が
ジャスト90度スクエアを形成。

15日(月)~16日(火)、
蠍座で水星と逆行中の金星が交差。
新しく出会う人とも親しい人とも
楽しく話が盛り上がりそうです

このあたりまでパワフルな前進を促す
エネルギーに包まれています。

18日(木)、蠍座の水星と水瓶座の火星が
90度スクエアになって月が火星を通過。

前後2~3日は、批判精神が旺盛になりそう。
イライラ~、ブチ切れ~とならないように
深呼吸していきましょう。

23日(火)、太陽が蠍座に入ります。

24日(水)、太陽が牡牛座の天王星と
ジャスト180度オポジション。
23時30分すぎには、月が牡牛座に入って
満月域となります。

そして、25日(木)午前1時46分、
蠍座2ハウスの太陽、牡牛座8ハウスの月
ともに1度13分で180度に向き合って
牡牛座の満月です。

a0075956_210252.png


アセンダントは乙女座8度台。
MCは双子座6度台。

逆行中の金星が蠍座4度台にいて
太陽と3度差でコンジャンクション。
天王星は牡牛座0度台にいて
月とタイトにコンジャンクション。

山羊座にいる土星は、どちらに対しても
4ハウスで調和しています。

また、「太陽&金星⇔月&天王星」には、
「ドラゴンヘッド⇔ドラゴンテイル」の軸が
見事にクロスしてグランドスクエアを形成。

ドラゴンヘッドは獅子座11ハウス、
ドラゴンテイルは水瓶座5ハウス、
ともに1度台にあります。

満月のサビアンシンボルは、
太陽…「壊れたビンとこぼれた香水」
月…  「電気的な嵐」

宇宙森羅万象すべてに内包されている
変容の力によって、緊張感をともなう
突然の出来事を経験することを通して
根本的な自我の解放が起きて大きく変容し、
ずっと心の底では求めていた豊かさを
しっかりと得ていく様子をあらわし、
そうなることを宇宙から促されます。

ドラゴンヘッドとテイルのシンボルは、
ヘッド…「生命エネルギーが突然、
自我の支配領域に流入する」
テイル…「古いレンガ造りの伝道所」

夢を実現するためのアイデアや計画を
遂行していくために必要な新しい環境を
自ら創り出すぞ~という強い意志のもと、
志を同じくする人との本音の対話によって
化学反応が起きて大きく変容し、根源的な
創造エネルギーが湧き出してきて
未来を切り開いていく様子をあらわし、
そうなるように促されていきます。

まさに、理想の未来を切り開くためには
マストとなる必然の…大変容!大変身!を
ドキュ~ン!バキュ~ン!と促される
強烈なエネルギーです。

26日(金)には、月は蠍座にいる水星と
木星とは180度に向き合いながら、
水瓶座にいる火星とは90度スクエアを
形成しながら前進を続けていきます。

27日(土)午前4時45分、
月が双子座に入って満月域が解消します。

29日(月)12時、蠍座の木星と水星が
27度台でジャストコンジャンクション。

同時に、山羊座の土星と蟹座の月は180度。
太陽&金星と天王星の180度とクロスして、
高い生産性と創造力発揮させてくれる
ミスティックレクタングルを形成します。

有益な情報を得やすく閃きも冴えるので、
アイデアはぜひ実行に移しましょう。
魔法にかかったみたいなミラクル現実が
次々と展開していくことになりそうです。

31日(水)14時、水星が射手座に入ります。
金星は天王星とジャスト180度オポジション。

11月1日(木)午前5時30分、
逆行中の金星が天秤座に戻っていきます。

…というわけで、凄まじい変容エネルギーに
包まれたまま11月を迎えます。

で、で、で~(笑)この貴重な時期に
私のプログレスの月が、28年ぶりに
7ハウス(1対1の人間関係の部屋)の起点
ディセンダント(地上デビューポイント)を
通過します。

しかも、今現在の太陽が、
私の出生時のMC、エロス、木星を
通過していくとともに、12年ぶりに木星が
出生時の金星と海王星を通過していきます。

俗にいう人生の転機でモテ期ですが、
出生時間が違うのか…
私のミロク・プログラムがバグってて
時空がズレてるのか…^^;
まったくサッパリ気配もナシ(爆)

とにかく自我の殻をやぶって
大変容の波に乗りたいと思います^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-10-12 23:30 | 占星術