2018年 07月 07日 ( 1 )
小惑星ルドラ
a0075956_083846.jpg

大雨が続く中、太陽は蟹座15度を通過し
「小暑」を迎えました。

蟹座の太陽、蠍座の木星、魚座の海王星で
水のグランドトラインが出来ています。
蟹座の太陽、山羊座の冥王星は
180度オポジションを形成中です。

6日、オウム真理教の元代表と元幹部の
計7名の死刑が執行…というニュースに、
今日??同日7名??…とビックリしつつ
ホロスコープを観て妙に納得。

オウム真理教の設立は1989年8月なので
土星が山羊座にあり、現在ちょうど
約29年に1度のサターンリターン中。

実際の土星は6月28日に
地球に最接近したところです。

また、元代表の麻原氏の出生時の
ホロスコープを観ると、蟹座の天王星、
蠍座の海王星、山羊座の金星でTスクエア。

火星が牡牛座2度台にあって、
今現在の天王星とジュノーが
ジャスト・コンジャンクション。

麻原氏のドラゴンヘッドと金星は
山羊座にあって、現在の土星とリリスと
いずれも2度以内で重なっていて
冥王星は獅子座にあって、
現在の金星と重なっています。

自らをインド神話のシヴァ神の
化身だと言っていたらしいので、
シヴァ神と同一視される暴風神ルドラと
同名の小惑星ルドラを調べてみました。

小惑星ルドラは、公転周期2.3年。
火星の軌道より内側にあります。

麻原氏の出生時のホロスコープでは
水瓶座15度にある水星と
ジャスト・コンジャンクション。

現在、小惑星ルドラは蟹座25度台、
善悪を超えた判断力をあらわす度数にて
麻原氏の出生時の天王星に
ジャスト・コンジャンクション。

自らをシヴァ神の化身と言っていたのも
無理もない感じ。。。

しかも、出生時の小惑星ミスラに
現在、傷と癒しをあらわすキロンが、
双子座の月とベスタの重なりに、
現在、小惑星ミスラがコンジャンクション。

ミスラは、ミトラ神、マイトレーヤのこと。
ミロク菩薩=救世神です。

持って生まれた強いエネルギーを、
勘違いした使い方をしたことによって
犯してしまった罪の責任をとるべき時…
だったと言えます。

改革を促す天の王・天王星と
試練と責任を促す大地の王・土星が
天地の調和のために協議した結果かと…。

…が、太陽がシリウスと、
出生時の冥王星が現在の金星と、
コンジャンクションのタイミングなので…
神格化されて生き続け…別の姿で蘇る…
という懸念も大きいです。。。

いずれにしても…平成という時代から
新しい時代へと移り変わる最中ですから、
色々なことが終わりを迎えると同時に
色々なことが新しく始まっていく…
そんな現象現実の変化がますます
加速していくことになると思います。

何ごとも表裏一体、解釈と使い方次第。

何をどのように感じ考え行動するとしても
闇を抱き参って光に転換させ昇華させて
負のカルマを解除しながら、
まっすぐ前進していきたいですね。

ミロク・マトリックスなので~^^;

ちなみに、私の出生時の小惑星ルドラは
双子座28度台にあり、その直後、
蟹座0度台のディセンダントに
小惑星ミスラがあります。

つまり、暴風雨の直後に救世主が現れる
プログラムになっている様子(笑)
見逃さないように頑張ります~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-07-07 02:00 | 占星術