人気ブログランキング | 話題のタグを見る
目指すは宇宙の中道 続編
目指すは宇宙の中道 続編_a0075956_01491876.png

2024年1月20日(土)23時すぎ、
太陽が水瓶座に入りました。

翌1月21日(日)午前10時前、
死と再生、破壊と創造をつかさどる冥王星が
太陽を追いかけるように重なりながら
昨年3月に続いて2度目、水瓶座に入りました。

5月3日から逆行して9月2日に山羊座に出戻り、
11月20日に正式に水瓶座に入りますが、
冥王星・山羊座時代のラストスパートとなる
9月2日~11月20日は、約250年に1度くる
社会の建て壊しを伴う新旧交代の大変容期です。

…で、昨年から私自身の意識も新旧交代が
どんどん進んでいる~という話を書きます。

前々回の「目指すは宇宙の中道」の続きです。

昨年12月に見つけた母方のご先祖様の過去帳を
ぜんぶ見てみたところ…
冒頭に「武田家」とあり、前半には武田信玄の
子供と妻の名前、武田家滅亡時の記録。
後半には既に判明している小原丹後守からの
ご先祖様と家族の名前が記載されているだけ~。

期待外れだったので、母の兄、長男で92歳の
伯父に、祖父は17代目と書いてあるので
普通に遡っていったら初代は甲斐源氏10代当主の
武田信武になるという話をしてみると…

初代の名前は知らなかったものの
甲斐武田家の嫡流につながることは知っていて、
なんと!唐突に…↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
伯父:もっと前はヤマトの王。
   2000年くらい前にヤマトの王だった人。

私: え?!ヤマトの王?!

伯父:あぁ。ヤマト王権のヤマト。
   奈良から京都に行ったようだ。

私: ホントに~?!

伯父:あぁ本当。
   おじいさんの生家は3階建ての立派な
   お屋敷で、王が頭につけるやつ(冠?)と
   手に持つやつ(矛?)と、あともうひとつ
   何か出てきて、奈良の正倉院に納めた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
いきなり飛び出た話にビックリ~@@;

…が、そもそも直系や嫡流ではない子孫が
そんな大事なものを継承するわけなくね?…と
素朴な疑問が。。

ただ、伯父が「〇〇天皇」とは言わず、
「ヤマトの王だった」と言ったことからして、
国譲り以前の、母系制だった古代の、初期の、
ヤマトで王だった人ということになり…

王族ではなくなってからは衰退してしまい、
子孫が遺品として保管してきただけだったか、
遠い未来まで隠しておく必要があったからとか、
可能性としてあり得るかも?…とも思いました。

そこで、甲斐国の歴史をよく知らなかったので
古史古伝や神社の社伝を眺めていたら、
今さらながら知って気づいたことがあるので
私事を含めて発表します~(笑)^^;

まず、前提として古代の甲斐国について。

甲府盆地は巨大な湖だったという湖水伝説があり、
江戸時代まで甲斐国の中心地は笛吹市で、
日本の東西の政権の最前線の地と位置付けられ、
ヤマト王権の東国進出拠点でした。

甲斐
=東西、天地、新旧…異なるものの「交ひ」
=海のように巨大な湖がある「海(かい)」を
甲斐甲斐しく「開国」して「甲斐国」(笑)

万葉集に「なまよみ(生黄泉)の甲斐の国」と
始まる歌があるように…

・生 =地上の現象現実・マトリックス胎蔵界
・黄泉=天の高次元意識・ダイヤモンド金剛界

古今東西の天地が交わる国です~^^;

甲斐国の全域には縄文時代の遺跡が数百か所も
発見されていて、銅鏡も出土していて、
前方後円墳や東日本最大の円墳があります。

次に、甲斐国の開拓史について。

紀元前561年、第2代 綏靖天皇の勅命を受け、
ヒコホホデミ(彦火火出見命)の後裔で
日向出身のトホヒコ王(向山土本毘古王)が、
1000人を引き連れて甲斐に赴任。

甲府盆地の疎水工事を3年かけて完成させ、
人々に養蚕と織物、製鉄技術を教え、
甲斐国の文化と産業の発展基盤をつくり、
「甲斐国の大開祖」として人々に崇められ、
向山明神、大宮明神、蹴裂(けさく)明神、
佐久明神、天手力男神の神名で祀られています。

その後、なぜか初代の甲斐国造は時代が飛び、
第11代 景行天皇の御代、第9代 開花天皇の子の
ヒコイマス王(彦坐王)の子の…
サホヒコ王(狭穂彦王)の…3世孫となる
塩海足尼(しおみのすくね)が任命されました。

そして、トホヒコ王が創祀したとされる神社と
塩海宿祢が創祀したとされる神社について。

トホヒコ王が創祀した神社の中で、
ビビビ~っときて、これだ~!…と思った2社↓

★山梨岡神社(やまなしおかじんじゃ)
 山梨県笛吹市春日居町鎮目1696
目指すは宇宙の中道 続編_a0075956_05054112.png

 創祀当初は大和の三輪山の古名と同名の
 「御室山」に鎮座
 
 御祭神:大山祇命 別雷神 高龗神 
     雷除けや魔除けの「キの神」

 ※「キの神」
  一本足の龍神。古代の中国で書かれた地理書
  「山海経(せんがいきょう)」に登場する神

★ 甲斐奈神社(かいなじんじゃ)※橋立明神
 山梨県笛吹市一宮町橋立84
目指すは宇宙の中道 続編_a0075956_05352936.png
 
 「山梨岡神社」を配下にした時期があり
 県内に同名神社が3つある総社論社のひとつ

 丹後国与謝郡「天橋立神社」から
 豊受大神、大川大明神、八大龍王を勧請
 別名「橋立明神」
 
 御祭神:国常立尊 高皇産霊尊
     伊弉諾尊 伊弉冉尊

続いて、塩海足尼が創祀した神社の中で
ビビビ~っときて、これだ~!…と思った2社↓

★美和神社(みわじんじゃ)※甲斐国二之宮
 山梨県笛吹市御坂町二之宮1450
目指すは宇宙の中道 続編_a0075956_06452249.png

 大和の三輪山・大神神社から大物主神を勧請
 御祭神:大物主神


★金桜神社(かなざくらじんじゃ)※橋立明神
 山梨県山梨市歌田714 
目指すは宇宙の中道 続編_a0075956_07221448.png
 
 奈良県の金峰山(きんぷせん)と同名
 金峰山(きんぷさん)をご神体とする
 県内に同名神社4社あるうちの1社

 丹後国与謝郡「天橋立神社」から
 豊受大神、大川大明神、八大龍王を勧請
 別名「橋立明神」

 御祭神:伊弉諾尊 伊弉冉尊
     大己貴命 少彦名命
 
 ※創祀当初は陰陽神イザナギ&イザナミのみ

つまり、、、
甲斐国の大開祖トホヒコ王と、初代の甲斐国造
塩海足尼が創祀した神社で気になる2社と2社、
いずれも大和の三輪山と丹後の天橋立の神様を
勧請しています~。

しかも、「橋立明神」を祀っているのは、
丹後と甲斐だけ…という歴史ミステリー!

目指すは宇宙の中道 続編_a0075956_14492965.png

たぶん、トホヒコ王と塩海足尼は同一人物か、
親子や孫など近しい関係で、三輪山周辺にいた
龍蛇信仰の海人族だったと思います。

初期のヤマト王権は三輪山周辺にあり、
紀元前2世紀に出雲族が大和に進出し、
親戚だった丹波の海部氏も大和に進出し、
三輪山周辺を治めていた磯城(しき)氏や
大神氏、賀茂氏などと合体して王朝が成立。

初代の大王は、海部氏から即位したので
海部王朝と呼ばれました。

・初代 神武=天村雲命(天香山命と穂屋姫の子)
・2代 綏靖=神渟名川耳(かんぬなかわみみ)

斎木雲州著「古事記の編集室」に…
3代目以降は出雲王家の子孫としての意識が強く
大王が磯城津彦と称して磯城家を名乗ったため
3代目以降は磯城王朝と考えられるとあります。

磯城王朝は、9代 開花天皇の後も続いていて、
・10代 ヒコイマス(彦坐王)
・11代 ミチヌシ(丹波道主命)
この後裔が初代の甲斐国造・塩海足尼です。

ただ、まだ確信には至っていませんが、
塩海足尼=塩土老翁=猿田彦…だと思います。

なぜなら、ヤマトタケルが東征の帰りに訪れた
「酒折宮」の話にヒントがあります。

★酒折宮(さかおりみや)※「酒折宮 公式サイト」
 山梨県甲府市酒折3-1-13
目指すは宇宙の中道 続編_a0075956_10591259.png


 もともと御室山(通称 酒折山や月見山)に鎮座
 連歌発祥の地

 御祭神:日本武尊

ヤマトタケルが、家臣たちに歌で問いかけると
誰も答えられず、身分の低い焚き火の番人で
老人=塩海足尼が歌で答えたところ、
ヤマトタケルが老人の才能を褒め称えて
「東国造(ひがしのくにのみやつこ)」に任命し、
倭姫から賜った神器・草薙剣と火打嚢の2つのうち
火打嚢を老人に授けた…とあります。

問答歌だけで、老人を東国造に任命した上に、
神器のひとつを授けるってオカシイでしょ!…と
ツッコミたくなる話ですけど、
どういう話なのか?問答歌に答えがあります。

~~~~~~~<問答歌>~~~~~~~~~

●新治(にいばり)筑波を過ぎて 幾夜か寝つる
 
 →意味:常陸国の新治と筑波を出てから
     ここまで幾晩寝ただろうか?

●かがなべて 夜には九夜 日には十日を
 
 →意味:日数を指折り数えて 夜は九夜 
     昼は十日(九泊十日)でございます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

目指すは宇宙の中道 続編_a0075956_11225353.png

「4・7・7」の片歌の問いかけに
「5・7・7」で答える片歌問答になっています。

●ヤマトタケルの問い歌

 数秘は…4+7+7=「18」 1+8=「9」

 タロットカードでは…
 ・「18.月」=未来への不安、進む道に迷う
 ・「09.隠者」=悟り、高い精神性、指導者

つまり、進むべき道に迷っている不安な心境で
悟りある人の指南を求めています。

●塩海足尼の答え歌

 数秘は…5+7+7=「19」 1+9=「10」

 タロットカードでは…
 ・「19.太陽」=努力が実る、成功、繁栄
 ・「10.運命の輪」=チャンス到来、状況好転

 「夜は九夜、昼は十日」
 夜=月 九=光 昼=太陽 十=陰陽統合・完全

つまり、月の光が闇夜を照らすから
太陽が昼に完全に輝けるのです。
あなたの努力は実りますよ…と答えています。

・ヤマトタケル=スサノオ=星=夜
・塩海足尼=  ツキヨミ=月=夜
・倭姫命=   アマテラス=日巫女=夜
・王(天皇)= アマテル=地上の太陽=昼

夜には夜の、月には月の、昼には昼の、
太陽には太陽の…それぞれに役目があって
みんなが調和してこそ、それぞれの素晴らしさが
引き立つのであって、人間の不安や迷いも
自分を信じて自己という太陽を完全に輝かせる
ためにあるのです…という意味もありそう。

つまり、塩海足尼は「交ひ国」=境界…で
ヤマトタケルを導いたクナト神、導きの神、
猿田彦大神だと思います~^^v

…で、最初に戻りまして、ここまでの内容から
私の母方のご先祖様について2つの仮説です。

①初期ヤマト王権・磯城王朝の王なので
 見つからないように保管されてきた。

②ヤマトの王に献上するものを作っていた人が
 ご先祖様で、サンプルの試作品を残していて
 何も知らない子孫が保管してきただけ(爆)

どちらかだと思いますが、昨年の今頃、
30年前とのループ現象に気付いてからというもの
三輪山の大物主神としか思えない神様通信を
受信しまくり、ひゃ~!凄すぎる~!…と、
今となれば笑えるシンクロにシティがあります。

その内容を書くにあたり、まず、
三輪山に大物主神が祀られた経緯から…↓

・崇神天皇「4」年、天皇が万世一系を謳う。
・崇神天皇「5」年、疫病が流行して人口が激減。
・崇神天皇「6」年、天照大神と倭大国魂神を
          宮中の外に出すことを決定。

 天照大神はトヨスキイリ姫に檜原神社に祀らせ、
 倭大国魂神はヌナキイリ姫に託したものの
 瘦せ細って祀ることが出来なくなる。

・崇神天皇「7」年、大物主神がモモソ姫に託宣。

・同年11月13日、崇神天皇が天津神を祀る天社と
         国津伸を祀る国社の創建を宣言。
 
 大物主神の子孫・大田田根子を
 大物主神を祀る大神神社の神主とし、
 市磯長尾市(いちしのながおち)を
 倭大国魂神を祀る神主として祀ったところ、
 疫病は終息して五穀豊穣になる。

…と、書きながら気づいたことが~^^;

・2020年…数秘「4」パンデミック宣言
・2021年…数秘「5」注射開始
・2022年…数秘「6」分断
・2023年…数秘「7」大物主神が私に託宣(爆)

戻りまして…
崇神天皇7年(紀元前91年)11月13日。
数秘「31」、3つで1つ、三位一体です。

ユリウス暦では紀元前90年1月1日(元旦)

…が、実際の創祀は新月に合わせるはずと思い、
紀元前91年11月19日なら「91・11・19」で
双対関係、数秘「31」で同じ~と、独り言を
つぶやきながら、この日の星を調べてみたところ…

なんと!本当に、
蠍座26度台=太陽黄経「236」度…で新月。

しかも、、、
私の父と母の名前のゲマトリア合計=「236」
私の出生時の金星=蠍座26度=「236」度

太陽(父)・月(母)・金星…の三位一体。

しかもしかも、、、
私の父は京都出身、母は甲斐出身。
「橋立明神」が祀られているのは丹後と甲斐だけ。
私は丹後と甲斐のハーフ(笑)
天橋立3.6㎞=ミロクの神様メッセージだと確信!

国常立神=豊受大神=大物主神

目指すは宇宙の中道 続編_a0075956_15053436.png


明けの明星⇔宵の明星…でお馴染み金星は、
愛と富と美のビーナスは二極性をつかさどり、
守護神はシュメールの女神イナンナ。

古代は、明けの明星⇔宵の明星…といえば
50年かけて公転する伴星を持つ連星の恒星
おおいぬ座シリウス。

ラテン語で「光を運ぶもの」「輝くもの」の意味が
明けの明星に結びついたと思われる
堕天前は神にいちばん近い天使の長ルシファー。

イナンナ=スサノオ=ルシファーが改心して
「私は輝く明けの明星である」と言った
イエス・キリスト=猿田彦大神=ネオが復活!

つまり、、、私が改心して、、、
太陽(父=男性性)と月(母=女性性)を和して
自己統合すると、天の岩戸が開いてピカ~っと
「私の名前はトリニティー」と言って空を飛ぶ
仕組み~と思ったのでした~(笑)

~~~「日月神示 下つ巻 第16帖」~~~

エド(江戸、穢土)には人 住めんような時が
一度は来るのぞ
前のような世が来ると思うてゐたら 大間違ひぞ
エドの仕組み済みたら「カイ」の御用あるぞ

~~~「日月神示 梅の巻 第18帖」~~~

家の中 キチンと 食べ物大切が
「カイ」の御用と申してあろうがな

~~~「日月神示 水の巻 第14帖」~~~

日本の国の臣民 皆兵隊さんになった時
一度にどっと大変が起こるぞ 皆思ひ違ふぞ

「カイ」の御用は「キ」の御用ぞ

それが済たら まだまだ御用あるぞ
行けども行けども 草ぼうぼう
どこから何が飛び出すか 秋の空グレンと変るぞ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

やっぱり秋なんですよ。。
龍宮の乙姫様の玉手箱が開いて次元変換?!

ふと思ったんですが、今の地球って、、、
松本零士さんのアニメ「銀河鉄道999」で
空間軌道の大分岐点・トレーダー分岐点がある
惑星「ヘビーメルダー」みたいだなぁ~と。

偽のキャプテン・ハーロックが独裁支配していて
居城の「時間城」は巨大なタイムマシン。
最後は自滅装置を作動させて崩壊するので、
地球も同じように偽のキャプテンと「時間城」は
自滅崩壊すると思います(爆)

それまでに、「カイ」の御用、
家の中キチンとして食べ物を大切にですね^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。




by divine-msg | 2024-01-22 21:00 | スピリチュアル
<< 目指すは宇宙の中道 完結編 天の岩戸が開く2024年 >>