人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2023~2024年の世界 予兆編
2023~2024年の世界 予兆編_a0075956_11322028.png

独り言として書きます~^^;

現在のウクライナは、9世紀初頭に国民の殆どが
ユダヤ教に改宗させられた改宗ユダヤ教国家の
ハザール王国があった地域なので
アシュケナージ・ユダヤ人の故地ですが…

4月5日にゼレンスキー大統領が↓

2023~2024年の世界 予兆編_a0075956_11214484.png
2023~2024年の世界 予兆編_a0075956_11220052.png

~~~~~<上記 翻訳>~~~~~~~
我々は、自らの顔を持つ
『大きなイスラエル』になるだろう。
映画館、スーパーマーケット、武器を持つ
人々に軍隊や国家警備隊の代表者がいても
私たちは驚かないだろう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

…と、発言したことからしても、やはり、

2022年は…数秘「6」=ダビデの象徴であり、
六十干支では39番目の壬寅(みずのえとら)。

壬寅=水の虎=カッパ(河童)
= キッパー=ユダヤ教ラビの象徴…の年。

つまり、ユダヤ人だけの国家をつくって
新しいエルサレムをつくることを望んでいる
政治的シオニズムのシオニストたちの…
グレーターイスラエル計画の実行の年。

新しいエルサレムというのは、
現イスラエルの首都であるエルサレムではなく、
キリストの体の象徴です。

新しいエルサレム= キリストの体

聖書の中では、千年王国の終末が近づくと、
マゴクの地のゴクがイスラエルに攻め入り、
サタンとの最終戦争となり、最後の審判の後
新天地が現れて新しいエルサレムが登場します。

※マゴクの地のゴク
 旧約聖書エゼキエル書と新約聖書ヨハネの
 黙示録に登場する神に逆らう勢力

~~~「ヨハネの黙示録 20章7-10節」~~~

千年の期間が終ると、
サタンはその獄から解放される。
そして、出て行き、地の四方にいる諸国民、
すなわちゴグ、マゴグを惑わし、
彼らを戦いのために召集する。
その数は、海の砂のように多い。

彼らは地上の広い所に上ってきて、
聖徒たちの陣営と愛されていた都とを包囲した。
すると、天から火が下ってきて、
彼らを焼き尽した。
そして、彼らを惑わした悪魔は、
火と硫黄との池に投げ込まれた。
そこには、獣もにせ預言者もいて、彼らは世々
限りなく日夜、苦しめられるのである。

~~~「ヨハネの黙示録 21章1-2」~~~

わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。
先の天と地とは消え去り、海もなくなって
しまった。また、聖なる都、
新しいエルサレムが、夫のために着飾った
花嫁のように用意を整えて神のもとを出て、
天から下って来るのを見た。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

12年前の2010年、
イスラエルのネタニエフ首相は、旧約聖書の
エゼキエル書37章は達成されたと発言。

2012年、アメリカの国際政治学者で元国務長官、
プーチン大統領と仲良しのキッシンジャー氏は、
「イスラエルは10年以内に消滅」と発言↓

2023~2024年の世界 予兆編_a0075956_16215864.png

エゼキエル書 37章は、
預言者エゼキエルが幻視した「枯れた骨の復活」
という比喩表現の話で、バビロンによって
国も神殿も滅ぼされ殺されたイスラエルの民が
生き返ることを意味する話です。

~~~「エゼキエル書 37章 11-14節」~~~

そこで彼はわたしに言われた、「人の子よ、
これらの骨はイスラエルの全家である。見よ、
彼らは言う『われわれの骨は枯れ、われわれの
望みは尽き、われわれは絶え果てる』と。

それゆえ彼らに預言して言え。主なる神はこう
言われる、わが民よ、見よ、わたしは
あなたがたの墓を開き、あなたがたを墓から
とりあげて、イスラエルの地に入らせる。

わが民よ、わたしがあなたがたの墓を開き、
あなたがたをその墓からとりあげる時、
あなたがたは、わたしが主であることを悟る。

わたしが我が霊を、あなたがたのうちに置いて、
あなたがたを生かし、あなたがたをその地に
安住させる時、あなたがたは、主なるわたしが
これを言い、これを行ったことを悟ると、
主は言われる」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次のエゼキエル書38~39章で
マゴクの地のゴグがイスラエルに攻め入って
最終戦争になって最後の審判の流れです。

ヨハネの黙示録では、
獣が権威を与えられて活動を許され、獣の刻印
666を持つ人たちだけが自由を許される期間が
42ヶ月(3年半)あり、その後、最後の審判。

ちなみに、
ワクチンで予防接種することを意味する英単語
「VACCINATION」をゲマトリアで見ると…↓

2023~2024年の世界 予兆編_a0075956_21474388.png

・ヘブライ語のゲマトリア…「956」
・英語のゲマトリア…「666」
・アルファベット順のゲマトリア…「111」

獣の刻印「666」、「111」=始まり

ヘブライ語を使う伝統的なユダヤ教の人では
ない人が予防接種を考えたんでしょうね。。

…で、グレーターイスラエル計画ですが、
1930年代にユダヤ人国家を満州につくろうと
日本で進められた河豚計画が頓挫したことを
考えれば、同じこと二度繰り返す仕組み~で
頓挫する可能性が高い気もしています。

…というのも、2022年9月26日~2023年9月、
ユダヤ教の50年に一度の大恩赦の年である
「ヨベルの年」です。

地球の大地、土地はすべて神様のものですから
土地の所有者は神から預かっている人であり、
「元の状態への回復」を理念に農地を休ませて
負債はチャラにされて、奴隷は解放されて
家族の元へ帰ることが許される年。

今現在、ロシアとウクライナの戦争によって
農地に種を蒔けなかったため、今年の収穫は
必然的にゼロとなり、世界中が食糧危機になり
飢餓状態になることは既に確定しています。

そして、今回のヨベルの年の期間中、
悔い改める贖罪日=ヨム・キップ―ルは…↓

★2022年(ユダヤ暦5783年)10月5日
 数秘は…年「6」、月日「6」

前回のヨベルの年のヨム・キップールは…↓

★1973年10月6日
 数秘は…年月日の計「36」=ミロク
 ヨム・キップ―ル戦争=第四次中東戦争勃発。

つまり…
武器の製造と販売に関わる仕事の人たちには
年中ずっと戦争していて貰わないと困るという
社会の仕組みも最後になると思いますけど、、

今回のヨベルの年のヨム・キップ―ルから
最終戦争になって最後の審判の流れに入る
可能性が極めて高いっていうこと。

2023~2024年に旧社会システムの破壊が
マックスになるのはガチです。

ただし、核戦争などしなくてもサイバー攻撃で
大規模な停電が続けば、最後の審判状態となり
グレートリセットになると思うので…

大マジメな話、1年分くらいの飲料水と食糧、
生活必需品、ガスコンロや乾電池などの
災害対策も強化して備蓄しておきましょう。

怖がらせるような話をしてしまいましたが、
真のイスラエルというかマコトの神々の国は、
縄文時代から天皇制と祭祀が続いている最古の
国であり、言霊が幸ふ国である日本だと
確信しています~^^v

お読みいただきまして、ありがとうございます。



by divine-msg | 2022-04-14 22:00 | スピリチュアル
<< 日本は地球のおヘソ ヤタガラスの正体 続編 >>