人気ブログランキング | 話題のタグを見る
大転換ジャンクション 特別編
大転換ジャンクション 特別編_a0075956_10292842.png

完結編の後にビビ~っときたので特別編です。

まず、前回のおさらい。

「カモ」と「かみ」という字を、
三位一体の造化の三神として…
「いろは順・ひふみ順・あいうえお順」の
数字に置き換え、数秘でみると…

★カモ(鴨・賀茂・迦毛)

・いろは順…(か)14+(も)45=「59」
            ※5 + 9 =「14」
・ひふみ順…(か)30+(も)11=「41」
・あいう順…(か)6 +(も)35 =「41」

上から…
「14・41・41」となって合計「96」

ひとケタ数秘では…
「5・5・5」となって計「15」

★かみ(神・火水)

・いろは順…(か)14 +(み)41 =「55」
・ひふみ順…(か)30 +(み) 3 =「33」
・あいう順…(か)6 +(み)32 =「38」

いろは順、ひふみ順の計=「88」
あいうえお順=「38」

合計すると…「126」
ひと桁の数秘は…「9」

「38」は、3+8=「11」なので…
「55・33・11」となって合計「99」

さらに、いろは順とひふみ順で…
・か(14)+ か(30)=「44」
・み(41)+ み(3) =「44」

かか(火火) + みみ(水水)=「88」

次に、
9次魔法陣の真ん中「41」と数秘「5」を
文字に変換すると…

・いろは順…  41(み) 5(ほ)
・ひふみ順…  41(す) 5(い)
・あいうえお順…41(ら) 5(お)

「41」が3つで「みすら」、ミスラ神、
ミロク菩薩が登場したわけですが…
ビビビ~っと受信^^;

「み」=M、「す」=S、「ら」=L

順番を変えて「S・L・M」とすると…
ヘブライ語で…「SLM=平和」

※セム語族は母音より子音が重視され、
 単語の意味は「3文字の子音」で表現。

「SLM(=平和)」を語根とする派生形が
「シャローム(šālôm)=平安あれ!」

「SLM」をアルファベット順の数字に
変換して合計すると…

S(19)+ L(12)+ M(13) =「44」

前述している「かみ」の…
「かか」「みみ」「SLM」いずれも「44」

また、数秘「5・5・5」
「ほ・い・お」は、ヘブライ語で「あぁ光!」
または「あぁ王!」と読めるわけですが…

9次魔法陣の真ん中「41」を
アルファベット順で一巡させて数えると、
41番目は…「O(オー)」

「O(オー)=王」です~^^;

「O(オー)」は、
アルファベット順「15」番目。
「5・5・5」…の計も「15」。

言語の起源も同じなんでしょうね。

…で、その王ですけど、
「世界の権威ランキング」は…

1.天皇(Emperor※皇帝)
2.法王(Pope)
3.国王(King)・女王(Queen)
4.大統領(President)
5.首相(Premier)

現在の天皇陛下は、「かみ(神)」の
いろは順・ひふみ順・あいうえお順の
合計「126」と同じ、第「126」代です。

数秘は、1+2+6=「9」
天皇陛下の生年月日・時間の数秘も「9」

2019年5月1日から始まった「令和」も
「18」となって「9」です。

つまり…「9・9・9」

先日書いた通り、東京オリンピックの
エンブレムとロゴも「9・9・9」。

オリンピックの名誉総裁は天皇陛下です。

「コロナ」=太陽と月の光環、冠
「コロナ」という字を合体すると…「君」

「君」=日月の神

ノストラダムスの大予言にある1999年、
8月9日、日本の国旗を「日章旗」に
国家を「君が代」とする「国旗国歌法」が
成立しました。

1+9+9+9+8+9=「45」となって「9」

※追記
 天皇陛下の諱・徳仁(なるひと)様

・いろは順…「83」で「11」
・ひふみ順…「36」で「9」
・あいう順…「111」で「3」

上から6つの数字を合わせて解読すると…
闇(83)の天地(11)からミロク(36)の
光(9)として、誕生し、速やかに
感情と思考が繁栄して実る(111・3)

合計は「230」となって「23」
2021年も「23」の年。

カッコよすぎます~@@;
唯一無ニ(ONE)のエンペラー、ネオです。

やはり、この世界に偶然はなく…、
高次元の創造主によって人類の意識進化と
魂の成長を目的にカンペキに設計された
マトリックス救世主プログラムです~^^;

大転換ジャンクション 特別編_a0075956_10471740.png

このマトリックス救世主プログラムの世界は、
古代ペルシャのザラスシュトラが開祖の
最古の宗教ゾロアスター教が基盤にあり、
善悪の二元論の概念が根付いています。

ゾロアスター教ではザラスシュトラ誕生から
千年ごとに3回「サオシュヤント」が
現われるとされ、西暦2000年頃に出現する
3番目のサオシュヤントが「最後の審判」を
行う者とされています。

※サオシュヤント
 メシア(油を注がれた者)や
 仏教の菩薩の原型、広義には救世主の意

この3番目のサウシュヤントが現れると、
「善と悪の最終決戦」が開戦となり、
決戦の最後に至高神アフラ・マズダーが
悪を無力化して善が勝利。

すべての死者が復活して生前同様に
肉体を与えられて最後の審判が行われ、
3日3晩、「義者」は天国で至福の時を、
「不義者」は地獄で苦しみの時を過ごした後、
焼け溶けた金属によってすべて浄められ、
まったく新しい世界へ刷新。

人類と地上が浄化され刷新されるため、
結果的に全人類が救済されることになり、
正義が統治する新しい時代と世界が
始まるとされています。

要するに、終末論の神話や預言書、
聖書、死海文書、日月神示などもすべて
ディテールは違っても結論は同じ。

オリンピックの前に
玉音放送をお願いしたい感じですが…

このマトリックス救世主プログラム世界の中、
個々には、それぞれの魂のシナリオと言える
宿命と運命というミロク・プログラムを、
自覚の有無を問わず一瞬一瞬に生じる感情と
思考を統合して湧き上がる創造意志によって
ディテールを自由に選択しながら
生かされ生きているので…

生身の心と体で感じる幸せを尊び、喜び、
自ら光を輝かせる人たちが増えれば…
決戦とか審判とか破壊とかなく、
マトリックス・レボリューション!となって
新しい未来の軌道に乗ると思います~。

大転換ジャンクション 特別編_a0075956_11205633.png
お読みいただきまして、ありがとうございます。




by divine-msg | 2021-06-20 11:00 | スピリチュアル
<< 大転換ジャンクションの夏至 大転換ジャンクション 完結編 >>