人気ブログランキング |
可能性にかける満月
可能性にかける満月_a0075956_7454513.jpg

6月30日(火)14時48分、
山羊座で逆行中の木星と冥王星が
0度コンジャンクション(24度6分)となり、
今現在もコンジャンクション中。

徹底的に…破壊と再生を拡大し、
物質性と精神性の美しいバランスで
調和のとれる新しい価値の社会と
その社会と調和のとれる個々への変化を促す
変革エネルギーを放っています。

7月2日(木)午前8時37分(東京)、
逆行中の土星が山羊座に戻りました。

土星は、3月22日に一旦水瓶座に入って
5月11日から逆行期に入りましたが、
山羊座25度台まで戻り、
9月29日に逆行を終えて前進を再開し、
12月17日に正式に水瓶座に移動します。

社会の中で、特に会社や組織など
所属する共同体の中で、3月22日までに
やり残していた責任と義務が絡むことは、
12月までにケジメをつけましょう。

現在、木星と冥王星も山羊座後半度数で
逆行していて、木星は9月13日に、
冥王星は10月4日に順行となるので…

7~9月は、
トリプル・逆行・コンジャンクション。
10~12月は、
トリプル・ラスト・コンジャンクション。

社会的な権力の強制執行力も強まり、
抵抗勢力との緊張が続き、これまでの
物質社会の破壊と再生という大変革も
激しくなります。

自分自身の信念の確認点検をしながら、
いかに激動する社会と時代の変化に
柔軟に適応して自分自身を活かすか?
この姿勢が課題になってきます。

12月17日に土星が水瓶座へ入って、
12月19日に木星が水瓶座に入って、
12月21日に冬至を迎え、
12月22日に木星と土星が水瓶座0度で
グレート・コンジャンクションを迎え、
「風」の時代へと移行していきます。

過去200年続いた「地」の時代が終わり、
未来200年続く「風」の時代が始まる…
大転換点です。

年始に「大転換点の2020年」で書いた通り、
前回、この3天体が山羊座の後半度数で
重なっていたのは、紀元前3601年。

また、前回、木星と土星が
水瓶座0度台でグレコンを迎えたのは、
紀元前364年3月15日(新暦)。

新型コロナウィルス、バッタの襲来、暴動、
噴火、地震、異常気象、豪雨、洪水…と
世界中で大変な事態が続いていますが…

今現在、紀元前3601年以来の…、
紀元前364年以来の…、歴史的な節目を
生かされ生きていること自体、とっても尊く、
“ある(有る、在る)ことが難しい”
「ありがたい」ことなんです。

~「新約聖書 ローマ人への手紙」~
(5章3-5節)

それだけではなく、患難をも喜んでいる。

なぜなら、患難は忍耐を生み出し、
忍耐は錬達を生み出し、
錬達は希望を生み出すことを、
知っているからである。

そして、希望は失望に終ることはない。
なぜなら、わたしたちに賜わっている
聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に
注がれているからである。
~~~~~~~~~~~~~~~

前置きが長くなりましたが、
都知事選の日に満月です。

7月5日(日)13時44分(東京)

蟹座の太陽と山羊座の月、
13度37分で180度に向き合って
月蝕をともなう山羊座の満月。

先月から連続3回、蝕をともなって起きる
満月・新月・満月のラスト。

<ヘリオセントリック>
可能性にかける満月_a0075956_841019.png


水星、木星、冥王星、パラスが
コンジャンクション。
金星と天王星が90度スクエア。

<ジオセントリック>
可能性にかける満月_a0075956_842769.png


太陽は、蟹座9ハウスにいて
ヴェスタとコンジャンクション。
シリウス域です。

月は山羊座3ハウスにいて、
牡牛座10度台7ハウスの天王星と
120度トライン。
天王星はディセンダントと3.5度差。

また、月は双子座8ハウスの金星と
144度バイクインタイルを形成。

3ハウスに逆行中の木星と冥王星もいて
23度台でコンジャンクション中。
パラスも23度台でトリプル。
山羊座末度数に戻った土星も仲間入り。

牡羊座5ハウスにいる火星とキロンは
5度差で、蟹座9ハウスの水星と
90度スクエアを形成。

アセンダントは蠍座6度台。
MCは獅子座11度台。
~~~

満月のサビアンシンボルは…
太陽…「東北の暗い空間を向く老人」
月…「御影石に刻まれた古代のレリーフ」

世俗的なことを削ぎ落とし、心理的に
究極の真実を求めて空虚感に達していき、
時代を超えても変わらない普遍的価値を
発掘しようとする意志をあらわしています。

総じて…
自分が属する共同体、生活、家族、友人…
大切な人、モノ、コトを守るために
現実の壁を打破する意識が高まります。

そのため、与える側と受け取る側、
上下関係など、これまでの常識的で社会的な
関係性やルートを無視するような発想と
衝動が生じてきます。

複雑に色々なことが絡み合った現実の問題に
潜む根本原因と、自己と社会の真実を探求し、
魔界のような意識の深海を乗り越え、
空虚感からある種の悟りを得て、
根源的な生命力という純粋な光を見つけ、
活力を取り戻すことを促されます。

そして、その純粋ゆえに荒っぽい活力を、
創造性へと昇華し、自律した大人として
社会に適応させ、未知の可能性にかけて
未来を切り開くことを促されます。

ともなって、この満月から人々の意識、
価値観、言動の変容に拍車がかかり、
方針、目標、計画、仕事、パートナー、
環境などの変更が増えそうです。

月は、7月6日(月)午前4時頃から
木星、冥王星、パラスに重なっていき、
その後、土星に重なって、19時すぎに
水瓶座に入って満月域が解消します。

…が、7月8日(水)、
水星と火星が90度スクエアとなるため、
この満月から1週間は、勢いまかせの
軽はずみの言動には要注意です。

周囲の状況を洞察し、自己を深く考察し、
責任ある言動を心掛けていきましょう。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2020-07-05 07:44 | 占星術
<< 共に生きる新月 夏至の金環日蝕&新月 >>