元号ミステリー
a0075956_18395369.jpg

メディアで繰り広がっている新元号の予想。

なんとなく眺めていたらビビ~っと
受信したことがありまして、
いつもの独自視点で謎に迫りました~。

まず、「元号の選定条件」は下記の通り。

① 国民の理想としてふさわしいような
  よい意味を持つものであること。
② 漢字2字であること。
③ 書きやすいこと。
④ 読みやすいこと。
⑤ これまでに元号又はおくり名として
  用いられたものでないこと。
⑥ 俗用されているものでないこと。

それと、明治以降の元号を
アルファベットで表記した場合の頭文字
「M・T・S・H」に重複しないこと。

数字と間違いやすい「I」や「O」が
頭文字になるものは外した方が良い様子。

…で、うふふ~^^;

元号は、645年の「大化」から始まり、
「平成」までで「247」あります。

2019年5月からの新時代の新元号は
「248」個目となります。
645年から2019年までは「1374」年間。

この数字を、ひ~ふ~み~で読むと…

★「248」…二四八
  ふ(風) よ(代) や(開く)

★「1374」…一三七四
  ひ(火)み(水)な(成り)よ(代)

続けて書くと…、
火水成代 = 神成代 = 雷代
風神・雷神?!スサノオ!

2019年は数秘で「12」または「3」。
十二星座、十二支、十二支族…。
三位一体、三つ巴…。

しかも、2019年5月1日には、
天皇陛下のプログレスの「月」と
皇太子様のプログレスの「太陽」と
トランジットの天王星が牡牛座2度台で
ジャスト0度コンジャンクション!

シュメール神話・天の最高神アンの星
「天王星」のもと、日本神話にある
アマテラスとスサノオの誓約のとおり、
「月(陰)」から「日(陽)」へ交代!

偶然にも…
牡牛座2~3度のサビアンシンボルは、
「電気的な嵐」から
「クローバーの咲く芝地にステップアップ」

12星座360度での通し度数は
32度から33度となり、
「33」はカバラマスターナンバー。

2020年の冬至には、水瓶座0度台で
木星と土星がグレートコンジャンクション!
この大会合を機に「地」から「風」へ
時代も社会も移行していきます。

う~む、やはり、
この世界を創った神様はカンペキ^^;

また、明治から平成までの頭文字の
アルファベットの順番の数字をみると、

★M(明治)…「13」…十三
       とお(十・統)み(水)

★T(大正)… 「20」…二十
       ふ(風)とお(十・統)

★S(昭和)… 「19」…十九
       とお(十・統) こ(光)

★H(平成)… 「8」…八 や(開く)

上から数字を足すと…「60」。
「60」と言えば、シュメール最高神アン!

さらに、
明治から平成までローマ字にして
アルファベット順に数字を足したところ…

・MEIJI… 「46」
・TAISHO…「72」
・SHOWA… 「66」
・HEISEI…「55」

合計すると「239」…二三九 
ふ(風) み(水) こ(光)

2+3+9=「14」…十四 
と(十) よ(代)

ヒミコを後継した台与(トヨ)?!
統べる代、完全な世界、豊受大神!

いよいよ~マコトの太陽?!

これらを元号のルールを踏まえて
表現するとすれば…

天王星の象徴で
シュメール最高神「アン」の命によって
「月(陰)」と「日(陽)」が統べて
「明星」の時代へ…という意味で、、、

アンと月と日…「安明(あんめい)」?

…と思ったものの、過去に
「安らかに明るい時代」の意味で
候補になって報道されたことがあり、
そういうのはNGらしいので却下。

…で、「明星」と言えば、
明星天子(虚空蔵菩薩の化身)、
イナンナ、スサノオ、イエスキリスト…。

ここで、久しぶりに日月神示です。

~「日月神示 光の巻 第七帖」~

アは元のキの神の子ぞ
ヤとワは渡りて来た神の子ぞ
㋳㋻は渡りて来る神の子ざぞ
十の流れ 十二の流れと
今に判る時来るぞ 三ツ巴 現はれるぞ
~~~~~~~~~~~~~~

「ア」は元の「キ」の神の子!

また、ヲシテ文献「ホツマツタエ」には
古代の日本では五つの方位のことを
「キツヲサネ」と言ったとあります。

・東=キ
・西=ツ
・中央=ヲ
・南=サ
・北=ネ

つまり、太陽が昇る東=キ(気)
日の気のパワーの元は…日の本、日本!

~「日月神示 白銀の巻 第一帖」~

~略~
八は固 七は液 六は気 五はキ 
四は霊の固 三は霊の液 二は霊の気
一は霊のキ と考えてよいのじゃ

キとは気の気であるぞ
その他に逆の力があるぞ 
九と十であるぞ

その上にまた霊の霊の個から
始まっているのであるが 
それはムの世界 無限の世界と心得よ

~略~
思いの世界が天ぞ 肉の世界が地ぞ
思いは肉体と一つぞ 二つぞ 三つぞ
思い起こって肉体動くぞ
肉体動いて思い動くこともあるぞ

~略~
三が道と申してあろう 
陰陽二元でないぞ 三元ぞ
三つであるぞ ﹅ なくてはならん

~略~
守護神と申すのは 
心のそなた達のことであるが
段々変わるのであるぞ

自分と自分 和合せよと申すのは
八人十人のそなた達が和合することぞ
それを改心と申すのぞ
和合した姿を善と申すのじゃ

~略~
この世では そなた達が神であるぞ
あの世では そなた達の心を肉体としての
人がいるのであるぞ
それがカミと申しているものぞ

~略~
天から気が地に降って ものが生命し
その地の生命の気が 
また天に反影するのであるが
まだまだ地には凸凹があるから
気が天に帰らずに横にそれることあるぞ

その横の気の世界を 幽界と申すのじゃ
幽界は地で曲げられた気の
作り出したところじゃ 地獄でないぞ
~~~~~~~~~~~~~~~

キとは気の気、一は霊のキ…。

これらのことを踏まえ、
元号の頭文字は「ア=A」ではなく
「キ=K」で考えると…

★K…「11」 十一
   とお(十・統) ひ(火・日・太陽)
   陰陽が統べて太陽がお出まし

漢字としては、
「喜(キ)」?「光(こう)」?

「光明(こうみょう)」
KOMYO…「79」 七九 成る光

「光応(こうおう)」
KOOU…「62」 六二 夢風or無二

あり得そうですかね?^^;

まぁ、どんな新元号になっても、
この宇宙は完璧なミロク・システムなので、
高次元の神様にお任せします~(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-12-24 19:00 | スピリチュアル
<< 激動からミロクへの2019年 顕現の2018年 冬至&満月 >>