金星逆行期には…
a0075956_402248.jpg

現在、金星は逆行期間中です。
(10月6日~11月16日)

蠍座10度台まで進みましたが、
11月1日(木)に天秤座に戻っていき
16日(金)に天秤座25度台まで戻った
ところで順行に転じて前進を再開します。

翌17日(土)には水星が逆行を開始します。

金星の逆行期間は、
584日(1年7ヶ月)ごとに40日間あり、
恋愛、愛情、快楽、経済、人間関係、
美意識などに関する見直しと、現実的な
調整や軌道修正が促されます。

今回の逆行期間中のエネルギーをみると…

★A…天秤座25度~30度
 さまざまな知識を自分の中で統合して
 永続性のある生き方を促すエネルギー。

★B…蠍座1度~5度
 他者との交流によって自我の殻を破り、
 可能性を見出だすことを促すエネルギー。

★C…蠍座6度~10度
 志をともにする他者と連帯して目標に
 向かい、自己の限界を突破して、
 意欲的に挑戦することを促すエネルギー。

10月6日まで「A→B→C」と前進して
ちょっと待った!大丈夫?もう一回!
…と、11月16日までの40日間、
「C→B→A」とリバース中。

11月1日~16日の逆行期と
順行に転じてからの12月3日まで、
「A」のエネルギーに包まれます。

前回この度数のエネルギーに包まれて
前進していたのは、9月3日~10日。
この短い期間を振り返ってみると
なにかヒントがありそうですよ。

12月3日からは再び「B→C」と進み、
12月18日からは、他者とともに未来の
人生軌道を考えて基盤をつくっていく…
という次のステップへの流れに入ります。

まさに次に進む直前だからこその40日間。

ノアの方舟、大洪水も…40日間。
モーセがシナイ山で断食修行して
神から律法を授かったのも…40日間。
イエスが荒野で誘惑を受け続けたのも、
復活から昇天までの期間も…40日間です。

もともと金星は、
地上から太陽と月の次に明るく見え、
明けの明星(男神)⇔宵の明星(女神)
と呼ばれるように…、極性エネルギーの
天地の陰陽統合を促すエネルギーの星。

他の星と逆方向に自転しているので、
太陽は、天才バカボンの歌のとおり…
♪西から昇ったお日様が東に沈む~♪
…のが通常、これでいいのだ状態。

バカボンのパパ、ノア、モーセ、イエス…
地では肉体は男性、天では魂は女神。

天地の陰陽の極性を統合するためには、
地の女性が必要で、天の男神が必要。

…で、金星逆行期の40日間に、
地上で肉体と魂の陰陽統合に努めた…
ということだと思います。

この世界で起きるあらゆること、
個々が人生の中で経験するあらゆること、
根底に共通するのは…「愛と富」。

事件や問題はすべて、
「愛か憎しみ(恐れ)か?」…にあり、
「愛かお金か?」…となり、
愛も憎しみも引き換えは「お金」。

天…博愛(他者愛)・ゴールド(光)
地…性愛(自己愛)・お金(紙)

いずれも流動する循環エネルギー。
そんな「愛と富」をつかさどるのが金星、
女神ヴィーナス。

高次元・天の女神⇔3次元・地の女神

天の女王、地の豊穣の女神、戦いの女神、
冥界に下って復活再生した…イナンナ。

イシュタル、イシス、アフロディーテ、
サラスヴァティ、弁財天、ルシフェル、
イエス・キリスト…。

イナンナを復活させたのは、
生命、水、知性、魔術、創造などを司る
人類の創造主で地の王エンキ。
エンキの数は「40」です。

金星が存在していなかった古代は、
明けの明星⇔宵の明星はシリウスのこと。
シリウスは、「水」の恵みをもたらす
生命の復活再生の象徴。

シリウス=エンキ、金星=イナンナ
…とも言えそうです。

また、小惑星「40」は、
ギリシャ神話の調和の女神ハルモニア。

今回の金星の逆行期間中は、
双子座22~24度にいます。

目的に向かうにあたって
大切なものと余分なものを整理して
知性を方向づけて行動することで
陰陽、天地…の調和を促しています。

…というわけで、この金星逆行期中は
まずは自分自身の調和に努めて
「愛と富」を見直し、整理整頓して
方向づけをしていくと良いと思います。

ちなみに、私の「愛と富」をつかさどる
出生時の金星は、蠍座にいて
11~12ハウスの境界で、海王星と
2度以内のコンジャンクション。
この金星に冥王星がジャスト60度、
木星がジャスト30度で絡んでいます。

基本的に引きこもりがちな…永遠の…
夢見る夢子ちゃんエネルギー^^;

金星逆行期間中に魂と肉体の統合に努め、
基本的に社交的な…永遠の…
大人の女性になりたいと思います(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-10-31 06:00 | 占星術
<< エネルギー大転換 大転換の前に >>