豊を受け天地を照らす
a0075956_11432479.jpg

陰陽五行は、太陽系5天体
水星・金星・火星・木星・土星に対応し、
日本は木星に対応しています。

海の「水」に囲まれ、
ロゴス・神・命・天皇をあらわす
「金」が在り、実際の金も採れ、
「火」山もあり、天に向かって伸びる
「木」が育つ、豊かな大地の「土」に
恵まれた国です。

木星は、拡大発展のエネルギーを放ち
蠍座でラストスパート中ですが、
蠍座は情熱と変容のエネルギーです。

つまり、世界の雛形でもある日本の
情熱と変容が世界中に影響を与える…
ということでもあります。

…で、本題。
日月の神様の正体についてです^^;

豊受大神、天御中主神、国常立神で
あることは違いないのですが、
岡本天明氏に自動書記をさせた当初は
「天之日月神」と名乗っています。

天の日月の神、天の明の神、天明の神、
岡本天明氏に、「貴方の神様だよ~」と
言っているわけです(笑)

そして、前置きに書いた内容を念頭に…、

天の…日月の…神の…
気(喜・鬼・樹・木)が…
黄金に輝く土地

黄金の国ジパング、ワクワク島…
日本のことです~^^

さらにシンプルにすると…
天の…日月の火水の…
木が黄金に輝く土地

天の…日月火水木金土!

太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星
天を照らす7つの星です。

さらに、神=火水は、
火=五芒星、水=六芒星なので…

五+六= 十一(とうひと・完全な人)

表裏一体でひっくり返すと、
一十(ひと・人)
ただの人です(爆)^^;

「十一」と「一十」で出来る漢字は、
「土」+「土」=「圭」

「圭」という字の意味は…、
身分の証として天子から賜った玉(勾玉)

勾玉=マナの壺

いずれも、魂、胎児、月、水、日蝕、
誕生、復活、再生などを意味する
女性性エネルギーの象徴で
母なる大地の豊受大神、国常立神!

天を照らす7つの星から
天と地を繋ぐ7光線を受け取り、
7つのチャクラが開いてキラキラ~、
クンダリーニが覚醒、上昇…となります。

すると…、天地を照らす地上の星
天照・国照大神であり、
私たち人間のことでもあります。

~「日月神示 海之巻 15帖」~

七つの花が八つに咲くぞ
この神示 八通りに読めるのじゃ
七通りまでは今の人民でも何とか
分かるなれど 八通り目は中々ぞ
一厘が隠してあるのじゃ
隠したものは現われるのじゃ
現われているのじゃ
何でもない事が中々の事じゃ
分かったか

~~~~~~~~~

天王星 
+ 
太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星

覚醒して心の目が開くと、天空の最高神
アンの視点で読めるのかもしれません^^;


お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-09-10 10:00 | スピリチュアル
<< 葛藤を手放す ミロク・プログラム 番外編 >>