日月の巻
a0075956_2028170.jpg

5月10日(水)、
ドラゴンヘッドが獅子座に移動します。

ドラゴンヘッド(ノースノード)は、
実在の天体ではなく、
太陽と月の軌道の北側にある交点で、
反対の南側にある交点が
ドラゴンテイル(サウスノード)です。

ドラゴンヘッドとテイルは、
およそ1年半かけて1つの星座を
通常の天体の進行とは逆行した
時計回りで通過しています。

2015年11月~
ヘッドは乙女座、テイルは魚座。
2017年5月~
ヘッドは獅子座、テイルは水瓶座。
2018年11月~
ヘッドは蟹座、テイルは山羊座。

占星術では、
ドラゴンヘッドは今生の使命と
言われていますが、前世では
経験したことがなく、
今生で挑戦したい目標と課題です。

ドラゴンテイルは、
前世で慣れ親しんで経験してきて
今生でも継承していきたいテーマと、
今生でクリアしたいやり残し課題を
表しています。

…で、戻りまして、今回、
始まりの2017年に
ドラゴンヘッドが獅子座に入ります。

その意味は…、
秘めたる情熱を呼び覚まし、
魂から湧き上がる創造力を発揮して、
新しい自分を、新しい社会を、
創っていきましょう~ということ。

前回、ドラゴンヘッドが
獅子座にあったのは、
1998年10月~2000年4月。
ちょうど21世紀への幕開けの時でした。

また、ドラゴンヘッドとテイルの近くで
新月や満月となると、
日蝕や月蝕が起きるのですが、
今年2月11日と26日に起きた
2回の蝕(エクリプス)の時、
ドラゴンヘッドは乙女座、
テイルは魚座にありました。

この2回の蝕に対となる蝕が
8月8日と22日に起きます。
ドラゴンヘッドが獅子座、
テイルが水瓶座に入って最初の蝕です。

それで、、、
a0075956_2030967.png

月は、「2・2」⇔「8・8」。
日月神示の冒頭数字「ニニ八八」。

日は、「11・26」⇔「8・22」。
「26」は数秘では「8」ですから、
「11・8」⇔「8・22」。

「11」と「22」どちら側も
「8」=八で開きます…。

「11・8」⇔「8・22」の
真ん中の「8」を足すと…
「11・16・22」。

日月神示の冒頭文の数字は、
「1+6」のブロックで構成されていて、
旧約聖書の創世記は、
6日間で天地創造+1日休みなので
「6+1」です。

やはり。。。
シナリオ変更は難しいのかと。。。

…で、再び星の話に戻りまして、
10日にドラゴンヘッドが獅子座に
入った直後、11日(木)6時42分、
蠍座の満月となります。

毎年5月の満月の夜は、
“すべてのものの目覚めのために”
天界から強いエネルギーが降り注ぐと
言われていて、京都の鞍馬寺では
ウエサク祭りが行われています。

※ウエサク祭
 お釈迦様の誕生日、悟りを開いた日、
 入滅の日が、すべてインド暦での
 第二の月の第一満月の日
「ヴァイシャーカ(ウエサク)」
 だったという伝承に由来する仏事。

今回の満月は、
牡牛座の太陽と蠍座の月が、
ともに20度24分で向き合います。

蠍座の守護星は冥王星ですが、
山羊座にいる冥王星は、
太陽とは120度、月とは60度で調和。

牡羊座の水星は、
射手座の土星と120度トライン。
天王星とは0度コンジャンクション。

双子座の火星は、
天秤座の木星と120度トライン。
魚座の海王星とは90度スクエア。

個々に変容が加速して、
新しい扉が次々と開き、状況の変化も
激しくなって、感情のコントロールが
ちょっと大変かもしれません。

満月のサビアンシンボルは…、
太陽は「開いた本を指す指」
月は「義務を放棄した兵士」

伝統的な精神性や文化価値から学んだ
自らの信念のもと、精神性が未熟で
暴力的かつ権威的なこの社会の
習慣や常識に対して反逆し、
挑戦状を叩きつける様子です。

要するに…
この満月から天地逆転して
新しい次元ステージ現実の
天地創造をしていくための
破壊と創造のエネルギーが
強くなっていきます。

世界情勢からして、本当に、
第三次世界大戦が始まりそうです。

今年は、ファティマの予言から
100年後となり、
2月には61年ぶりに
死海文書が保管されていたとされる
第12洞窟が発見されたり、
地球に似た7つの星が発見されたり…。

とにかく、木星が天秤座で
光も闇も勢力を拡大し、
蠍座に移動する10月10日まで
色んな物事が、始まりの2017年。

来年2018年5月16日からは
富士山噴火?大地震?
避けられない力の動きが始まる…
とも思います。

~「日月神示 日月の巻 第36帖」~

今の臣民見て褒める様な事は
皆奥知れてゐるぞ。

之が善である、まことの遣り方ぞと
思ってゐる事 九分九厘迄は
皆悪のやり方ぞ。

今の世のやり方
見れば判るであらうが
上の番頭殿 悪い政治すると思って
やってゐるのではないぞ。

番頭殿を悪く申すでないぞ。
よい政治しようと思ってやってゐるのぞ。

よいと思ふ事に精出してゐるのざが
善だと思ふ事が善でなく
皆悪ざから 神の道が判らんから
身魂曇りてゐるから
臣民困る様な政治になるのぞ。

まつりごと せな ならんぞ。
わからん事も 神の申す通りすれば
自分ではわからんことも
よくなって行くのざぞ。

悪と思ってゐることに
善が沢山あるのざぞ。
人裁くのは 神裁くことざぞ。

怖いから改心する様な事では
戦がどうなるかと申す様な事では
まことの民ではないぞ。

世が愈々のとことんとなったから
今に大神様迄 悪く申すもの
出て来るぞ。

産土様(うぶすなさま)何んぞ
あるものかと
悪神ばかりぞと申す者
沢山出てくるぞ。

此の世始まってない時ざから
我身我家が可愛い様では
神の御用つとまらんぞ。

神の御用すれば 道に従へば
我身我家は心配なくなると云ふ
道理判らんか。

何もかも結構な事に
楽にしてやるのざから
心配せずに判らん事も
素直に云ふ事聞いて呉れよ。
子に嘘 吐く親は ないのざぞ。

神界の事知らん臣民は 色々と申して
理屈の悪魔に囚はれて申すが
今度の愈々の仕組は
臣民の知りた事ではないぞ。

神界の神々様にも判らん仕組ざから
兎や角申さずと 神の神示腹に入れて
身魂磨いて素直に聞いて呉れよ。
それが第一等ざぞ。

此の神示は
世に出てゐる人では解けん。

苦労に苦労したおちぶれた人で
苦労に負けぬ人で
気狂いと云はれ 阿呆と謂はれても
神の道 素直に聞く臣民でないと
解けんぞ。

解いて よく噛み砕いて
世に出てゐる人に知らしてやりて
下されよ。

苦労 喜ぶ心より 楽 喜ぶ心 高いぞ

~~~~~~~~~~~~

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2017-05-08 21:00 | 占星術
<< 母なる大地の上様 対極ミッドポイント=ゼロから >>