天王星アンの改革
a0075956_10412338.jpg

5月15日(火)の牡牛座の新月の後、
16日(水)に天王星が水星と重なったまま
牡牛座に移動しました~。

その後16日(水)14時前には火星が
水瓶座に入っていきましたが、
天王星とは山羊座の末度数から
90度スクエアのまま。

天王星と火星のスクエアというのは、
ちゃぶ台ひっくり返し…というか、
「それ、オカシクね?」という
既存の理不尽なルールやシガラミ、
価値観を刷新する強い破壊力があり、
突発的な事件や事故、暴動などが
起きやすい緊張状態にあります。

18日(金)現在、牡牛座の天王星と
水瓶座の火星は、ともに0度台での
90度スクエアなので、新しい理想の社会を
創造すべく、自我の殻を打ち破って
潜在的能力を開花させるよう自己変革し
他者にも社会にも同様に変革を求めて
訴えていくようなパワー状態です。

水瓶座に入った火星は、6月27日から
逆行して8月13日に一旦山羊座に戻り、
9月11日から再び水瓶座に再び入るため、
天王星とは9月末頃まで90度スクエアを
形成したままの緊張状態が続きます。

特に、火星が水瓶座1度~2度台の時期、
5月19日~24日、8月上旬、9月中旬と、
天王星が1度~2度台を通過する時期、
6月~10月中旬は要注意。

サビアンシンボルは
水瓶座2度…「予想外の雷雨」
牡牛座2度…「電気的な嵐」
強烈なエネルギーに包まれる時期です。

…で、ぜんぜん関係なくない話を~^^;
実在の太陽の話です。

現在の太陽は、2008年12月から始まった
サイクル24(第24太陽周期)の終盤。

NASAやNOAA (アメリカ海洋大気庁)
などのニュースによると、サイクル24は
過去200年で最も太陽活動が弱い
(=黒点数が少ない)ことが確定していて、
最減少期は2019年4月になるそうです。

ちょうど日本は、
天皇陛下が新旧交代するタイミング。

また、通常、コロナホールによって
生成される太陽風が強い時というのは、
銀河宇宙線が低下するのに対して、
2018年5月5日からは、
太陽風も銀河宇宙線も両方とも
上昇しているという不思議な現象が
続いているそうです。

さらに、どこで何が起きたのかサッパリ
分からない巨大な爆発のような…
謎のエネルギーが太陽の近くで発生し、
5月15日には太陽を通過したとのこと。

まさに、これまでの常識が覆って逆転し、
潜在性が覚醒して顕現する2018年。

その象意が現れ始める5月、
15日の牡牛座の新月&
16日の天王星の牡牛座入り。

牡牛座の天王星は、
より良い未来の地球を創造するために…
表面的に取り繕っているだけの偽モノを
破壊して、真価あるものだけを残し、
新たに価値あるものを創造するよう
根本的な改革を促します。

そんな牡牛座の天王星は、
シュメール神話の最高神アンの象徴。

アン、あ~ん、阿吽、平仮名50音、
シュメール50柱の神々…が、
この現象現実界に顕現するよ~という
合図です。

思考と感情を統合させた意思を、
この3次元の現象現実界の言語の
言霊に乗せて実行していくことで、
今まで以上のスピードで現実化します。

同時に、自覚していない無意識下で
望んでいることも、全員の集合無意識も
今まで以上のスピードで現実化します。

本来の意味での…
「オカルト=隠されたもの」が
顕現するからです。

自然界も社会も個々も、
不思議な経験が増え続けて日常的になり、
今までの「不思議」という概念は
未来では「普通」になると思います~^^;

…で早速。
京都府福知山市の天津(あまづ)小学校の
校章にツバメの巣…という今朝のニュース。
a0075956_11561031.png


六芒星の中に「天」と書かれた校章。
その上に春の使者=ツバメの巣。

この現象現実…完璧なタイミングで
新しい天地創造への始まりを意味してます。


お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-05-18 11:00 | 占星術
<< 不可能を可能にする満月 96年ぶりに… >>