木星からの速報
a0075956_19454499.jpg

3月7日にNASAが発表した木星の
北極と南極の様子にビックリ~@@;

NASAの木星探査機ジュノーによって
木星の北極と南極にサイクロン集団が
多角形を形成していることが発覚。

木星の北極*NASA/JPL
a0075956_19483857.png

木星の南極*NASA/JPL
a0075956_1950574.png


北極と南極のそれぞれの中心には
ひとつのポーラーサイクロンが回転し、
それを囲むように規則正しく、
北極に8つの、南極に5つの
周極サイクロンが回転しています。

うず巻きグルグル~、アメノウズメ、
鳴門の仕組みです~^^;

2013年には、木星(最高神ゼウス)の
父・土星(原初の最高神クロノス)の
北極に巨大な六角形が見つかっています。

土星の北極*NASA/JPL-Caltech/SSI
a0075956_19521371.png


…で、ビビビ~っと受信^^;
これ、メッセージだと思います~。

木星の北極は…1+8=「9」
木星の南極は…1+5=「6」

「9」と「6」のロックンロールで
統合すると、9+6=「15」、
十五、とうご~、とういつ。

原子番号では、「15」=リン(燐)
DNAに存在するリンのことです。

リン(Phosphorus)
ギリシャ語で「光を運ぶもの」の意。

「光を運ぶもの」と言えば…ルシファー

ルシファーは悪魔や堕天使じゃなく
大天使ミカエルの双子のお兄さん。
すべて双対1セット、表裏一体、
而二不二(ににふに)です~^^

闇を光に転換するのが、この宇宙に生きる
全生命体に与えられた共通課題。

北は1+8、南は1+5、和して2+13

一・1=ひ~、日(太陽)、命の火
八・8=や~、開く、神々、ヤハウェ
五・5=いつ、中心、五元素、龍、人
十三・13=とおみ、カルマ(業)

読み解くと…
南と北(陰と陽)どちらもいつ和して
封じ込めている命の火を開いて
(クンダリーニを上昇させて)
カルマを昇華して、
神々とひとつになるのじゃ~的な^^;

十三・13は、
完全なるトリニティー…とも言えます。

「15」は、一桁数秘にすると「6」。

最高神ゼウス木星のお父さんで
原初の神クロノス土星の北極は、
完全なる調和を意味する六芒星を
描いていますから、土星から木星へ
木星から私たち地球へのメッセージ。

木星は、卵みたいな楕円形をしていて
超高速回転で自転する巨大惑星。

…で、またビビビ~っと^^;

卵形、楕円形、オーバルといえば…
射影幾何学の双対の原理!

木星の北極と南極の様子は、
現在の宇宙、地球、人間界の様子を
表わしているってこと。
やはりすべて而二不二です~^^

そんなメッセージを伝える木星は、
ホロスコープでは、3月9日から
蠍座23度台で逆行を開始しました。

逆行する度数も意味があります。

動物的な荒々しい生殖本能をはじめ
創造性のエネルギーを高次のレベルに
昇華して変容することを促す度数で逆行。

つまり、変容する前に未だクリアすべき
課題が残ってるらしいです…^^;

7月まで10度も逆行して
蠍座13度台で再び順行に戻ります。

具体的な計画を立てて人脈を活かすことで
チャンスをつかむ…という度数なので、
計画を見直して、友人知人に
相談してみると良いかもしれませんよ~^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-03-10 19:30 | スピリチュアル
<< パラダイムシフト キロン 牡羊座時代へ >>