人気ブログランキング | 話題のタグを見る
この世のシナリオ
この世のシナリオ_a0075956_7524377.jpg

来年以降の星読みをしている際、
あ~っ!と気が付いてしまった
ことがあります^^;

ちょっと専門的な前提話から書きます。

紀元前2637年に発案された風水思想で、
木星と土星の運行に関係する「三元九運説」
という時を知る周期システムがあります。

太陽系9惑星が一列に並ぶ
180年(三元)ごとを大運サイクルとし、
その中の60年(一元)ごとの
60干支の甲午(きのえうま)年ごとが
中運サイクル、さらにその中20年ごとが
小運サイクルになっています。

木星の公転周期は約12年。
土星は約30年。

木星と土星は約20年ごとに会合していて、
12年と30年の最小公倍数となる
60年ごとに同じ地点で会合しているためです。

180年(三元)=60×3
60年 (一元)=20×3

180年(三元)は60年(一元)ごと
「上元・中元・下元」の3段階あります。

上元は「始まり」
中元は「繁栄」
下元は「終わり」…を意味しています。

また、
上元=1運・2運・3運
中元=4運・5運・6運
下元=7運・8運・9運

という3運ずつがあり、全部で9運あって、
これが「三元九運説」と呼ばれています。

もっと大きな時代のサイクルを観る場合も
・180年×3=540年
・540年×3=1620年
・1620年×3=4860年
…というように3倍ずつ。

起点は、最後の氷河期が終わって
太陽系が安定期に入り、現生人類の文明が
スタートしたとされる紀元前1万1997年の
甲午の年からと言われています。

現在は…
2004年2月4日から下元の第8運期です。
この世のシナリオ_a0075956_815018.png

第8運期は、
九星では八白土星、八卦では「艮(ごん)」

「土」のエネルギーが強く、
自然界では「山」をあらわします。

方位は字のごとく「艮(うしとら)」方位、
鬼門=北東をあらわします。

つまり、日月神示の「艮金神」の時期です。

第8運期は、表層的なものから本質的なものへ
シフトしていく変革期で、キーワードは、
新旧交代、本質の保守、管理、慎重、安定など。

カバラ数秘では、「8」は立方体、
その空間の広がりと勝利を表し、
新しい時代への大変革、本質の世界の広がりを
意味しています。

2015年は第8運期の「8」で広がり開く年、
2016年は第8運期の「9」で完成の年。

前回の第8運期中の「9」の年は
2007年でした。

2008年、一白水星、数秘では「10⇔1」の年に
冥王星が山羊座に入りました。

占星術で冥王星が使用されるようになったのは、
1930年の発見以降ということになりますが、
紀元前のシュメール文明では、すでに
天王星も海王星も冥王星も観測されていたので、
私としては以前「真ん中の年」で書いたように
冥王星の強烈パワーに注目している次第です。

…で、2016年と2017年は、
第9運期に入る前の「9」と「10⇔1」の年。

前回2007年と2008年の「9」と「10⇔1」から
パワーアップしたエネルギーに包まれています。

2010年~2011年に移動した天王星と海王星、
土星と木星の位置関係からも、やはり…
2016年と2017年は未来への分岐点です。

2003年~2004年と、2007年~2008年の
シフトチェンジ期に社会から学んだことを、
2016年~2017年で活かすことが
ラッキー気流に乗る秘訣。

もちろん、個々の宿命プログラムとの
コラボレーションではありますが、
運命は個々の意識と言動が創っていくので、
マクロとミクロはリンクしているからこそ、
時代の潮流の中で自分自身をどう活かすか?
という姿勢が大事。

2023年~2024年には、
冥王星が水瓶座に移動して、
180年の大運サイクルの総仕上げ、
第9運期の20年に入ります。

2025年には海王星が牡羊座へ、
2026年には天王星が双子座へ移動します。

その後2038年には海王星が牡牛座へ、
2039年には天王星が獅子座へと移動し、
次の新しい大運サイクル180年が始まります。

ヒトラー予言では、2039年1月には
人類の一部は現生人類以外の数次元も上の
知能と力を持つ神に近い生物に進化していて、
残りの人類はロボット人間になっている…
とあります。

マイナンバー制度が開始されることもあり、
ヨハネの黙示録に近い展開になるのかも^^;

~「ヨハネの黙示録 13章16~18節」~

また、小さな者にも大きな者にも、
富める者にも貧しい者にも、
自由な身分の者にも奴隷にも、
すべての者にその右手か額に刻印を押させた。
そこで、この刻印のある者でなければ、
物を買うことも、売ることも
できないようになった。

この刻印とはあの獣の名、
あるいはその名の数字である。
ここに知恵が必要である。

賢い人は、獣の数字にどのような意味が
あるかを考えるがよい。
数字は人間を指している。
そして、数字は六百六十六である。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

…で、やっと本題に入ります~^^;

聖書は、旧約と新約を合わせて66巻。

旧約聖書は「39巻・929章・23214節」
新約聖書は「27巻、260章、7959節」

数秘にすると…

旧約聖書は、
39巻=  「3」
929章=  「2」
23214節=「3」

計=「8」です。

新約聖書は、
27巻=  「9」
260章= 「8」
7959節=「3」

計=「2」です。

合計は、
66巻= 「3」
1189章= 「1」
31173節=「6」

計=「10⇔1」です。

旧約聖書と新約聖書を合わせた聖書1冊で
「10⇔1」になるということは…

三元九運の紀元前11,997年からの、
現生人類の、この世界の大きなサイクルの、
始めから終わりを記したシナリオ…
ということだと思います~^^;

また、先日から何度か書いてきたように
安倍清明は「五芒星」と「六芒星」、
蘆屋道満は「九字」と「十字」を使っていて
「七」と「八」が抜けています。

紀元前11,997年から数えると、
現在は大運180年サイクル「78」回目。

78回目=7+8=15、1+5=「6」
聖書合計「66」巻
78回目で「6」・・・666?!

日月神示では、過去に世の建替えが
6回あったとあり、今から起こる7回目の
大建替えが最後で、現実界、幽界、霊界、神界、
すべての世界、丸ごと大建替えになると
記されています。

現在の第8運期の終わり2023年は
「7」の年で「7」がシンクロ。

第9運期の終わり2043年は
「9」=完成…となる年です。

つまり…、2043年までには
聖書のシナリオが成就?!となり、
再臨のイエス・キリストによって
次の新しい大きな時代への新しい聖書が、
シナリオが綴られ始めるかもしれない…
と思います。。

ちょっと怖い話になってしまって恐縮ですが、
この世界は1人ひとりの想念が創り出している
現象現実の世界。

光輝く世界を創ろう!…という意識と言動で
生きる人たちが増えていくことで、
シナリオを超える、神々も驚くほどの
素敵な世界が創造されると思います~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。



by divine-msg | 2015-12-24 08:30 | スピリチュアル
<< あけまして2016年 分岐点の2016年 >>