タイムトラベル
a0075956_20184398.png

梅雨明けしたので、
「あなたの知らない世界」の体験談を^^;

先日の夜、甲府から新宿に向かう
特急電車の中での出来事です。

私は、自由席車両の後部ドアから入って
3列目の左側の窓側の席に座っていました。

とっても空いていて、2名分の座席を
1人で使っている人が多く、
ドアから一番近い列の座席には
通路をはさんで右側の座席に女性1名、
左側に女性1名。

その前の列(ドアから2列目)には、
右側の座席に2人組の女性、
左側に男性1名。

その前の列(ドアから3列目)には、
右側の座席に男性1名、
そして左側の座席に私が座っていました。

電車は、甲府駅を出発して
30分後に大月駅に停車し、再び出発。

次は30分後に八王子駅に停車予定…という
八王子駅に向かう間のことです。

お経を唱えるような男性の声が、
後ろの方から聴こえてきました。

誰かがイヤホンで音楽を聴いているか、
ゲームの音が漏れているだけだろう~と
思いましたが、どうも気になってしまい、
何気なく前後左右を確認してみました。

年齢層が私より高めの人たちが多かったせいか、
イヤホンで音楽を聴いている人はいなくて、
1人で座っている人たちは、
本を読んでいたり寝ていたり、
2人で座っている人たちは話に夢中…な状況。

それで、光の使者エルちゃんに、
「この声は何?」と聞いてみると
「面白いことですね~」という返事^^;

何が面白いことなのかが解らず、
「別に何も面白くないけど…」と思った瞬間、
周囲の人たちの動きとは別の気配を感じて、
斜め後ろを見たところ…

古びた茶色の着物を着ている昔の時代の
お坊さんがお経を唱えていました~@@;

もちろん、お坊さんが特急電車に
乗っているわけではなく、
通路の空中に浮いているような状態。。。

ジロジロ見ると周りの人たちから
怪しまれると思って、すぐに首と肩の
ストレッチみたいなフリをして(笑)
持っていた雑誌を読んでいる風にしました。

すると、そのお坊さんの方も私の存在に
気づいて、なんと!私のことを、
「ま、魔物じゃ~!」と思われたようで(汗)
お経を唱える声が大きくなっていきました^^;

「違います!私はお化けじゃありません」と
とっさに伝えたのですが、こういう時って
何て言えば良いのか解らず…。

仕方がないので般若心経を唱えてみたところ
さすが…お坊さん!
私が何者なのか、どういう現象なのか
悟られた様子で「これは失礼」と言われ、
「いえいえ私こそ」と伝えたら
ス~っと消えていかれました~。

帰宅後に父に電話で話してみたところ
「あの辺りは戦場だったから、
ご供養されていらしたのだろう」とのこと。

なぜご供養中のお坊さんが現れたのか?

光の使者エルちゃん曰く、
「祈りの力は超越する力だからです」
とのことです~^^v

上り線の特急電車の中、
過去から現在に上ってきたお坊さん…

まさに、お上りさん…でした~(爆)^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-07-20 20:30 | スピリチュアル
<< ループ 2020 >>