人気ブログランキング | 話題のタグを見る
天地共栄主義
天地共栄主義_a0075956_18371727.jpg

自覚の有無に関係なく個々の現実は、
個々の想念と言動によって創り出す
投影現象の世界。

多くの人たちが共有する現実も同じく、
多くの人たちの想念と言動によって
創り出す投影現象の世界。

そして、この世の中は、個々に
「平和」の定義も「幸福」の価値観も
異なる全人類の想念と言動が集まって
混ざり合ったものが、大きな鏡に
映し出され現れる投影現象の世界です。

多くの宗教には終末論が存在しますが、
こんな世の中は終われば良いと
ハルマゲドンを望む人たち、
戦うことを好む人たち、
恐れが強い人たちが多いほど、
終末を現実化しやすくなります。

ISIL(イスラム国)では、
構想、戦略、行動計画から損益計算書も
作成して組織を統括しているらしく、
段階的な情報&心理コントロール作戦で、
2020年をハルマゲドンと計画している様子。

情報を集めて様子を見ながら
SNSを使いこなし、世界中の大衆心理に
恐怖と怒り、憎しみを募らせ、混乱させ、
各国の首相や政府の言動に疑問を抱かせ、
失望させ、各国を弱体化させ、報復させたり
屈伏させたりするよう仕向けています。

つまり、ターゲットにされた各国の国民が、
自国の首相や政府の言動を批判するほど、
テロ行為を支援しているのと同じ。

テロリズムというのは、
個々に何らかの理由で抑圧されて育ち、
苦痛を強いられてきた哀しみと怒りから、
暴力で破壊するしか為す術がなくなって
狂人化した人たちの逆襲。
自己の尊厳、存在意義や価値を
世の中に叫び訴える表現手段です。

怒りや憎しみ、哀しみの感情感覚の根源は
「恐怖」にあり、恐怖は恐怖を招き、
恐怖を感じたくない本能から
怒りや憎しみへと変わり、
「恐怖⇔怒り」は脳内で同等に
スライドし合っていきます。

恐怖支配力を誇示しながら、
宗教の歪んだ解釈を正当化しながら、
怒りのエネルギーの矛先を
自分たちを苦しめる国々に向け、
捨て身の覚悟で戦って理想とする
世の中の実現を目指そうとします。

しかしながら、人類誕生からの歴史の中で
どんな民族も戦争を繰り返しているので、
自分たちも戦いを挑む相手国も
互いの内面にある「恐怖」を
相手に映し出す類共同士の合わせ鏡。

戦って勝っても負けても、
共依存(依存と支配という依存)関係を
生み出すことになり、
「怒り⇆恐怖」の「需要と供給」という
現実を創り出し、そのバランスが崩れると、
また戦うという負の連鎖になります。

だから、この現実の社会システムは、
宗教や思想、民族、政治、経済、
〇〇主義には関係なく、利益と利権の獲得を
めぐって創り出したものです。

こうした負の連鎖を仕掛けている人たちが
いる…として、陰謀論が飛び交っていますが、
仮に陰謀を企てている人たちがいるとして、
企てる人、吹聴する人も、みんな類共で
自己にある「恐怖」に支配されています。

この世=あの世
宇宙=地球
1=八百万
一神教=多神教

天と地ではなく天地、
天地の神々=全人類の超意識…

神人合一で天地合一の世の中を創ってね~
というのが光の使者のメッセージです。

日本は
“宇宙森羅万象のすべてに神々が宿る”とする
開祖も教祖も経典も存在しない
惟神(かんながら)の精神が根付いています。

現代は、国民の半数以上は無宗教で、
各種祈願には神社、結婚式は教会、
お葬式はお寺など、善かれ悪かれ自由で、
政治は天皇制の民主主義、経済は資本主義。

文明開化によって生活様式を
ドラスティックに変えていき、
敗戦しても対戦国の文化を歓迎し、
よく言えば寛容で柔軟性に優れ、
悪く言えば主体性に欠けますが、
小さな島国だからこそ、
どうすれば国民が安心して暮らしながら
国を発展させられるか…と
模索し続けてきたのだと思います。

20世紀後半から21世紀の今現在、
約26000年周期の地球の歳差よって
春分点の位置する星座が2160年続いた
魚座の時代から水瓶座の時代への過渡期で、
宇宙も地球も社会も個々も、
対極から統合・超越へ、新しい価値観と
新しい仕組みへの大変革期。

今年2015年は、
昨年から続く再出発エネルギーの中、
新たな土台作りを促されています。

…で、従来の社会システムを超越するには
どうしたら良いか?…と、
庶民の私が考える斬新な持論があります。

世界各国の政界、財界などの〇〇界、
〇〇主義、各宗教各宗派などの垣根を越え、
各国各界の代表は全世界でシャッフル!
世界中の各界のトップたちが輪になって
ローテーション制で任務遂行。

あえて名付けるなら…
天地共栄主義です~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-02-05 19:00 | スピリチュアル
<< 日の本の国 永遠の絆 >>