人気ブログランキング |
ヨハネ(48音)の黙示録
a0075956_5261764.jpg

幼い頃の「洗礼者ヨハネ」。
バプテスマのヨハネです。

22日は19年ぶりに冬至と新月が重なった
朔旦(さくたん)冬至でした。

サビアンシンボルは山羊1度。
「インディアンの酋長が集まった部族に
 力を求める」

集団の力を組織的に構築して貢献しながら
「私はこんなことがしたいです、出来ます、
 やります、やらせてください」と、
自ら名乗り出て率先していく様子です。

今週は、来年からは必ずこうする!と、
周囲に決意を表明して自らテーマを
課すのにピッタリなエネルギーです。

それで思い出したんですが、
先日の麻賀多神社のお御籤。

思ふこと つらぬかずして やまぬこそ
大和をのこの こころなりけれ

途中で諦めたりせず初志貫徹するのが
日本男児の心意気だ!ってお言葉。
いちおう大和撫子なんですけど~^^;

現実は鏡像反転、すべて相似象とはいえ
御神紋が6角形の神社で、お御籤が9番。

内容まで反転してたことにウケる~^^;
とにかく、諦めず貫けってことなので
迷わず前進したいと思います(笑)

そんな天の御声にちなんでヨハネの話。
「アイウエオ…」の50音に濁音と半濁音の
75音から重複する言霊・音霊を除き、
「ン」を加えて48音 = ヨハネ。

ヨハネ福音書 冒頭
「初めに言(言霊・音霊)があった」と
ある通り、、、

「わたしはアルファでありオメガである」
= わたしはアイウエオの「ア」であり
 「オ」である…です^^;

アイウエオの母音を持つ音は、
それぞれ色霊(エネルギー)を放っていて、
アは赤、イは黄金、ウは黒、エは七色、
オは無色透明。

言霊学では、「アイウエオ」50音の意味と
50の運用方法をあらわして
「言霊百神」といって日本の100の神様名に
置き換えられるそうです。

ひらがな、カタカナの「仮名」= 仮の名
= 神の名
= 火(か)と水(み)の「力」が
 実った身の名。

旧石器時代に存在していたとされる
「カタカムナ文明」には、
八鏡文字または化美津or上津文字と
言われる「カタカムナ文字」48音で
80個の声音図象で描かれた歌80首の
文献があります。
a0075956_5382043.jpg


宇宙森羅万象のすべては、
「アマ」という極微の基礎物理量の
カタ(現象世界)+カム(潜象世界)で
成り立っていて、それが「ナ(代表する主)
であるという高度な科学書。

カタカムナ=型神名=カタカナの起源。

そして、このカタカムナ文献のベースが、
「モトアケ(元明・本開)図」という
宇宙図をもとに宇宙森羅万象のあらわれが
記録されたヲシテ文献「フトマニ」
a0075956_5391527.jpg


5種ある五十音図のうち
アオウエイ=天津菅麻音図
のもとになっています。

1番目と2番目の輪の8文字は
48音の神名の頭文字。

中央の輪 「ア・ウ・ワ」 は、
ア = 天、ウ = 最初の息・音、ワ = 地。

「ア(天)」から始まって
「ワ(地)」で産霊(むすび)、
「ウ(最初の息・音)」が生まれる
…をあらわしています。

神産みの際、天の御柱を
先にイザナミが左に廻り、
次にイザナギが右に廻ったら失敗。。。

「フトマニ」に照らし合わせて、
今度はイザナギが先に左に廻り、
イザナミが右に廻って言葉をかけ合って
楽器を弾きながら「あうわ歌」48音を
24音ずつ歌いながら廻ったら成功。

なお、
「アイウエオ」は
天津金木(あまつかなぎ)音図)

「アイオエウ」は、
赤珠(あかたま)音図

「イエアオウ」は、
宝(たから)音図

「アイエオウ」は
天津太祝詞(あまつふとのりと)音図

「アオウエイ」は
天津菅麻(あまつすがそ)音図

こうした言霊・音霊・色霊は、
数霊にも置き換えることが出来ます。

日本の古史古伝「竹内文献」には、
神社で奏上される大祓祝詞は、神武天皇の
千年前の天津太祝詞天皇が制定し、
この天皇がユダヤ王モーゼ来日時に
五十音図を教えた…と
記載されているそうです。

ヘブライ語で数霊・数秘に置き換えた
ものが「カバラ」ってことになります。

長くなったので本日のまとめ。
私の黙示録です(笑)

私の名前の画数は、
伊藤=24  嶺花=24  足して「48」

無から有を生む数の組み合わせですが
姓と名が同数となるのは天地同格といって
一般的な姓名判断では大凶です(爆)

…が、4+8= 12、1+2= 「3」で
誕生数と同じなので、
三位一体のバランスをとりながら
大和の男らしく、マコトの自分を
登場させ続けることを貫く所存です(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2014-12-23 06:00 | スピリチュアル
<< 2015年もよろしくお願いします。 続・麻賀多神社 >>