人気ブログランキング | 話題のタグを見る
キツネとブドウ
キツネとブドウ_a0075956_143660.jpg

イソップ物語の一話。

キツネが美味しそうなブドウを見つけて
食べようとして跳び上がるものの
ブドウが高い所にあって届かない…
という怒りと悔しさから、
「どうせこんなブドウは酸っぱくてマズイ!
誰が食べてやるものか!」と
捨てゼリフを吐きます。

このキツネのように人間には
「欲しくてたまらないけれど努力しても
手が届かない」という対象への不快感を
解消するために、対象そのものに
「価値がない、自分には相応しくない」と
自分に言い聞かせて、
態度や行動を変更することで
心の平安を得ようとする心理があります。

片思いの人やモノ、将来の夢などのコト、
情熱を感じる対象を追いかけている最中に
生じがちな心理ですが、要するに、
心(感情)と頭(理性)と行動に矛盾した
葛藤が生じる時、どうにかして自分を
正当化させようとするってことです^^;

これを、「認知的不協和」といいます。

矛盾(不協和)している方が、
興味を惹きつけ印象付けることもあり、
あらゆる分野やビジネスにも
応用されていますが、個人の中で生じる
矛盾した葛藤というのは単なるストレス。。

「やめたいけれどやめられない」は、
「やめたくないからやめられない」のが本音。

いずれにしても矛盾した葛藤があるので、
理屈をつけて正当化させていき、
自分にとってツジツマの合うように
他人や状況や環境が変わることまで
期待するんですねぇ~。

たとえば…

●お酒やタバコ
 身体に悪い
  ⇔ 病気になりたくない、長生きしたい

→「やめたい」⇔「やめられない」
→ やめなくても健康で長寿な人はいる…
  身体に良いお酒やタバコがあれば…
  お酒やタバコが存在しなければいい…

●会社
 評価されず出世できない
 ⇔ 正当に評価されたい

→「やめたい」⇔「やめられない」
→ 途中で投げ出すなんてできない…
  制度が変われば、上司が代われば、
  高条件のところが見つかれば…

●恋愛・人間関係
 都合よく扱われる
 ⇔ 自分に合う人と付き合いたい

→「やめたい」⇔「やめられない」
→ 根はイイ人、
  〇〇さんがワガママ言えるのは私だけ…
  〇〇さんがもっと優しくなれば
  他にイイ人が現れれば…。

何かしらの情報が観念となって
「やめた方がいい」→「やめたい」になり、
自分に言い聞かせていきます。

そして、自分なりに努力してみても
「やめられない」と、「やめられない理由」を
探して自分に言い聞かせたり、他人や状況、
環境が変わることを期待したりして、
変えられない自分を正当化していきます。

正当化する理屈のアイデアは、
次々と出てくるものでもあります(爆)

どんな矛盾も葛藤も、
“なぜ”やめたくないのか?
やめられないのか?…は、子供の頃の
傷ついたままの自分、内なる自分が
怯えたままだからでして、
この怯えたままの自分に気づかず認めず、
理屈で正当化した言動をすればするほど
矛盾も葛藤も倍増!

これが続くと、自己嫌悪感、
罪悪感も倍増し、自己否定する怒りの
エネルギーが蓄積して限界にくると、
身体が不協和音のサイレンを
鳴らしはじめます。。。><;

今、何か迷っていること、
決めかねているようなことがあるなら、
矛盾した葛藤があるかもしれませんよ~^^

*****************************
どんなあなたも 唯一無二の
すばらしい存在です 

あなたがあなたを 愛すること 
信じること 育てることとは
あなたが経験してきたこと 
経験していること 経験していくことを
あなた自身が認め続け 
あなた自身を許し続けることです

そんなあなたの姿が 
あなたの大切な人たちを守り導き 
ともに輝きを増していくのです


by光の使者エルちゃん

お読みいただき、ありがとうございます。
by divine-msg | 2013-08-04 00:00 | 心理学
<< パワーフード 運命の分岐点 >>