激動からミロクへの2019年
a0075956_5321728.jpg


2019年、平成31年&新元号元年
昭和94年、大正108年、明治152年
日本紀元2679年…
本年もどうぞ宜しくお願いいたします!

2019年は、数秘では「12」となり、
1+2=「3=創造」の年。

九星気学では、「八白土星」の年。
八卦では、「艮(ごん・うしとら)」の年。

木星と土星の運行に基づく風水の
周期システム「三元九運」では
2004年2月4日~2024年2月3日まで
下元の第8運期なので、
「八白土星」と「艮」の象意が重なる年。

八白土星は、大地のエネルギーが強くなり、
大地の土の塊である「山」を象徴します。
艮は、鬼門(北東)方位をあらわします。

つまり…、母なる大地の神様が
北東方位の山から登場?!
地震と噴火に要注意の年でもあります。

また、2019年は、六十干支では
36番目の「己亥(つちのとい)」の年。

36=ミロク(弥勒)です^^;

陰陽五行のエネルギーは、
己(つちのとorき)=陰の土
亥(いorがい)  =陰の水

上(=天・神)の「土」が、
下(=地・人)の「水」が溢れるのを
せき止める…という意味を持つ
「土剋水(どこくすい)」という相剋関係。

「己」は十干の6番目。
「中天の太陽」を象徴するとともに、
植物が生長して整然としている状態。

「自分自身の正しい姿」を意味します。

「己=おのれ」とも読みますが、
3本の横棒の両端に糸を巻きつけて
糸束を作る糸車の象形文字で、
糸束を作り出すのは「自分自身」という
意味からきています。

「亥」は十二支の12番目。
「新月」の暗闇を象徴するとともに、
草木の生命力が種(=核)の中に
閉ざされていて芽を出す直前の状態。

「準備・勇気・挑戦」を意味します。

そして2019年は、西洋占星術では、
大きく4つのポイントがあります。

① 木星、土星、海王星の3天体が
  本来の星座でパワー炸裂。

射手座の木星は、自由に広げて
それをすべて受け止めていくことで
精神性と知性を磨くことを課してきます。

山羊座の土星は、この現実世界の
社会の秩序、常識、道徳を遵守することを
課してきます。

魚座の海王星は、霊性への目覚めと
異なるものへの共感力を高め、
真実の愛と奉仕の心を育むことを
課してきます。

② 射手座の木星と魚座の海王星が
  1月12日、6月17日、9月22日に
  90度スクエアを形成。

キャパ以上になんでも受け入れてしまい、
自己犠牲を強いながらも理想だと思って
拡大していたことが、バブルのような
幻想として崩壊する懸念があります。

このエネルギーを上手に活かせると、
芸術的な才能を発揮させ、自他ともに
魂レベルで癒していくことを可能にします。

③ 山羊座を運行中の土星と冥王星が
  0度コンジャンクション域。

天体間オーブ(許容度)を5~6度で観ると
2019年2月~8月、10月以降は
0度コンジャンクション域となります。

2020年1月13日には山羊座22度台で
ジャスト0度コンジャンクションとなり、
その時、太陽、水星、ケレスも同度数で
5天体がジャスト0度コンジャンクション。

山羊座は、現実、国土、社会、組織を
象徴する星座。

土星は、厳格な社会のお父さん役として
秩序、努力、試練、安定をつかさどる星。

冥王星は、破壊と創造、死と再生など
徹底的に根源からの大変革を司る星。

この社会の古くなって今後は継続不可能な
制度やルール、不条理で無秩序な物事を
根本的に建て直す必要性を強いられます。

④ 天王星が正式に牡牛座に移動。
  3月6日=ミロク(弥勒)の月日に^^;

天王星は2018年5月16日に7年ぶりに
一旦牡牛座に入って8月8日から逆行し
11月7日には牡羊座に戻っていましたが、
2019年1月7日に順行に転じ、
3月6日に正式に牡牛座に入って
2026年4月26日まで運行していきます。

牡牛座は、「地」のエレメントの星座で、
肉体をはじめとする物質を媒介にした
楽しさ、嬉しさ、心地よさ、美しさなど
五感の満足を享受すべく、「所有する」
ということを象徴する星座です。

天王星は、 変革、改革、個性、仲間、絆、
テクノロジーをつかさどる星。

物質的価値観、所有の仕方や使い方、
生み出し方の改革が促され、
本当の自分自身の心が必要とする人、
モノ、コトに囲まれた自然体な
ライフスタイルと生き方に変化します。

以前、「クライマックス」で書いた通り、
カーディナル・クライマックスの
エネルギー象意の総仕上げは、
2017年12月20日~2020年12月22日。

この3年で徹底的に…
この現実世界の社会は大変革します。

総じて、2019年。
この社会の変革が一気に加速します。

「変化・変動・変転」の出来事を通し、
これまでよりも一段も二段も高く大きく
新しいステージに立って、
核なるマコトの自己を育てながら
自己変革して完全覚醒し、
潜在能力という魔法使いのような神人力を
発動させ開花させることを促されます。

なお、毎年書いていますが、
新年のエネルギーに切り替わるのは、
下記のとおり4段階スライド方式です。

1.12月22日 冬至(山羊座0度)
  精神(潜在意識・無意識)界の元旦

2.1月1日 グレゴリオ暦の元旦 
  現象現実(顕在意識)界の元旦①

3.2月4日 立春(水瓶座15度)
  現象現実(顕在意識)界の元旦②

4.3月21日 春分(黄経0度、牡羊座0度)
  精神と現象現実の融合世界の元旦

春分までの約3ヶ月で、
新しい人生の方向性が決まります。

…で、2019年1月前半の星の動きを
このまま続けて書きます。

1月1日(火)元旦、正午前には
火星が本拠地の牡羊座に入ります。

新しい社会的なミッションを掲げたり
与えられるなどして情熱が湧いてきて
ヤル気スイッチが入りそうです。

1月5日(土)午前4時前、
月が山羊座に入って新月域となります。

同じく5日(土)13時前、
水星が山羊座に入っていきます。

1月6日(日)午前10時29分、
太陽と月が山羊座15度25分で
0度コンジャンクションとなり、
2019年最初の新月です。

a0075956_543241.png


太陽、月、水星、土星、冥王星の
5天体が山羊座にいて10ハウスに集結。

射手座の木星と魚座の海王星は
90度スクエア域ですが、
この新月と海王星は60度セクスタイルで
調和しています。

元旦のお昼前に本来の星座・牡羊座に
入った火星は1ハウスにいて、
山羊座1度台の水星と90度スクエア。
山羊座20度台の冥王星とは
72度クインタイルを形成。

蠍座28度台の金星と牡羊座の天王星は
150度インコンジャクトを形成。

新月のサビアンシンボルは、
「体操着の少年少女」

成長期の少年少女が身体をつくって
社会的なルールに従うことなどを
学んでいく様子をあらわしています。

大人ぶっている仮面を脱ぎ捨て
内面にある子供のままの心を抑圧せず
感じたまま動きたい素の自分自身を認め、
どうすれば心と言動が合致したホンモノの
大人として成長できるか?…を意識して
行動することを促すエネルギーです。

全体を合わせ読むと…、
サビアンシンボルのエネルギーの通り、
この社会の秩序を守りながら
子供のままの心と、大人の思考と言動が
矛盾することのないホンモノの自分力を
育み伸ばすことを促されます。

要するに…、
魂・心・頭・身体が調和して合体してこそ
唯一無二の自分自身という存在なので
チグハグな状態は直しましょ~ってこと。

1月7日(月)午前5時30分、
逆行していた天王星が順行に転じます。

同じく7日(月)16時前、
月が水瓶座に移動して新月域が解消。

同じく7日(月)20時20分、
金星が射手座に移動します。

ここから3月6日に水星が逆行するまで
すべての天体が3ヶ月も順行となり
物事がガンガン動いていきます。

勇気を出して何かを始めて推進するのに
最強の時期です。

1月11日(金)21時25分、
太陽と冥王星が、山羊座20度59分で
ジャスト0度コンジャンクション。

勝ち負けを超越する本当に望む幸せへの
強い信念を掲げることが出来そうです。

…というわけで、
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
# by divine-msg | 2019-01-01 05:00 | 占星術
元号ミステリー
a0075956_18395369.jpg

メディアで繰り広がっている新元号の予想。

なんとなく眺めていたらビビ~っと
受信したことがありまして、
いつもの独自視点で謎に迫りました~。

まず、「元号の選定条件」は下記の通り。

① 国民の理想としてふさわしいような
  よい意味を持つものであること。
② 漢字2字であること。
③ 書きやすいこと。
④ 読みやすいこと。
⑤ これまでに元号又はおくり名として
  用いられたものでないこと。
⑥ 俗用されているものでないこと。

それと、明治以降の元号を
アルファベットで表記した場合の頭文字
「M・T・S・H」に重複しないこと。

数字と間違いやすい「I」や「O」が
頭文字になるものは外した方が良い様子。

…で、うふふ~^^;

元号は、645年の「大化」から始まり、
「平成」までで「247」あります。

2019年5月からの新時代の新元号は
「248」個目となります。
645年から2019年までは「1374」年間。

この数字を、ひ~ふ~み~で読むと…

★「248」…二四八
  ふ(風) よ(代) や(開く)

★「1374」…一三七四
  ひ(火)み(水)な(成り)よ(代)

続けて書くと…、
火水成代 = 神成代 = 雷代
風神・雷神?!スサノオ!

2019年は数秘で「12」または「3」。
十二星座、十二支、十二支族…。
三位一体、三つ巴…。

しかも、2019年5月1日には、
天皇陛下のプログレスの「月」と
皇太子様のプログレスの「太陽」と
トランジットの天王星が牡牛座2度台で
ジャスト0度コンジャンクション!

シュメール神話・天の最高神アンの星
「天王星」のもと、日本神話にある
アマテラスとスサノオの誓約のとおり、
「月(陰)」から「日(陽)」へ交代!

偶然にも…
牡牛座2~3度のサビアンシンボルは、
「電気的な嵐」から
「クローバーの咲く芝地にステップアップ」

12星座360度での通し度数は
32度から33度となり、
「33」はカバラマスターナンバー。

2020年の冬至には、水瓶座0度台で
木星と土星がグレートコンジャンクション!
この大会合を機に「地」から「風」へ
時代も社会も移行していきます。

う~む、やはり、
この世界を創った神様はカンペキ^^;

また、明治から平成までの頭文字の
アルファベットの順番の数字をみると、

★M(明治)…「13」…十三
       とお(十・統)み(水)

★T(大正)… 「20」…二十
       ふ(風)とお(十・統)

★S(昭和)… 「19」…十九
       とお(十・統) こ(光)

★H(平成)… 「8」…八 や(開く)

上から数字を足すと…「60」。
「60」と言えば、シュメール最高神アン!

さらに、
明治から平成までローマ字にして
アルファベット順に数字を足したところ…

・MEIJI… 「46」
・TAISHO…「72」
・SHOWA… 「66」
・HEISEI…「55」

合計すると「239」…二三九 
ふ(風) み(水) こ(光)

2+3+9=「14」…十四 
と(十) よ(代)

ヒミコを後継した台与(トヨ)?!
統べる代、完全な世界、豊受大神!

いよいよ~マコトの太陽?!

これらを元号のルールを踏まえて
表現するとすれば…

天王星の象徴で
シュメール最高神「アン」の命によって
「月(陰)」と「日(陽)」が統べて
「明星」の時代へ…という意味で、、、

アンと月と日…「安明(あんめい)」?

…と思ったものの、過去に
「安らかに明るい時代」の意味で
候補になって報道されたことがあり、
そういうのはNGらしいので却下。

…で、「明星」と言えば、
明星天子(虚空蔵菩薩の化身)、
イナンナ、スサノオ、イエスキリスト…。

ここで、久しぶりに日月神示です。

~「日月神示 光の巻 第七帖」~

アは元のキの神の子ぞ
ヤとワは渡りて来た神の子ぞ
㋳㋻は渡りて来る神の子ざぞ
十の流れ 十二の流れと
今に判る時来るぞ 三ツ巴 現はれるぞ
~~~~~~~~~~~~~~

「ア」は元の「キ」の神の子!

また、ヲシテ文献「ホツマツタエ」には
古代の日本では五つの方位のことを
「キツヲサネ」と言ったとあります。

・東=キ
・西=ツ
・中央=ヲ
・南=サ
・北=ネ

つまり、太陽が昇る東=キ(気)
日の気のパワーの元は…日の本、日本!

~「日月神示 白銀の巻 第一帖」~

~略~
八は固 七は液 六は気 五はキ 
四は霊の固 三は霊の液 二は霊の気
一は霊のキ と考えてよいのじゃ

キとは気の気であるぞ
その他に逆の力があるぞ 
九と十であるぞ

その上にまた霊の霊の個から
始まっているのであるが 
それはムの世界 無限の世界と心得よ

~略~
思いの世界が天ぞ 肉の世界が地ぞ
思いは肉体と一つぞ 二つぞ 三つぞ
思い起こって肉体動くぞ
肉体動いて思い動くこともあるぞ

~略~
三が道と申してあろう 
陰陽二元でないぞ 三元ぞ
三つであるぞ ﹅ なくてはならん

~略~
守護神と申すのは 
心のそなた達のことであるが
段々変わるのであるぞ

自分と自分 和合せよと申すのは
八人十人のそなた達が和合することぞ
それを改心と申すのぞ
和合した姿を善と申すのじゃ

~略~
この世では そなた達が神であるぞ
あの世では そなた達の心を肉体としての
人がいるのであるぞ
それがカミと申しているものぞ

~略~
天から気が地に降って ものが生命し
その地の生命の気が 
また天に反影するのであるが
まだまだ地には凸凹があるから
気が天に帰らずに横にそれることあるぞ

その横の気の世界を 幽界と申すのじゃ
幽界は地で曲げられた気の
作り出したところじゃ 地獄でないぞ
~~~~~~~~~~~~~~~

キとは気の気、一は霊のキ…。

これらのことを踏まえ、
元号の頭文字は「ア=A」ではなく
「キ=K」で考えると…

★K…「11」 十一
   とお(十・統) ひ(火・日・太陽)
   陰陽が統べて太陽がお出まし

漢字としては、
「喜(キ)」?「光(こう)」?

「光明(こうみょう)」
KOMYO…「79」 七九 成る光

「光応(こうおう)」
KOOU…「62」 六二 夢風or無二

あり得そうですかね?^^;

まぁ、どんな新元号になっても、
この宇宙は完璧なミロク・システムなので、
高次元の神様にお任せします~(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
# by divine-msg | 2018-12-24 19:00 | スピリチュアル
顕現の2018年 冬至&満月
a0075956_20254765.jpg

2018年12月後半になりました。

毎年12月後半は、
太陽が山羊座0度の冬至点を通過して
冬至を迎えます。

冬至は1年で最も日照時間が短い日。
“太陽が生まれ変わる日”とも言われ、
1年のエネルギーが切り替わって
再生パワーが最強となる日です。

その冬至の翌日、今年最後の満月を
月が本領発揮するホームグラウンドの
蟹座の0度台で迎えます。

じつは、この満月、
2018年11月~2019年3月に5回連続で
各星座の0度台で迎える満月の2回目。

<0度台 満月>
①2018年11月23日 14:39 双子座
②2018年12月23日 02:49 蟹座
③2019年01月21日 14:16 獅子座
④2019年02月20日 00:54 乙女座
⑤2019年03月21日 10:43 天秤座

各星座0度台のエネルギーというのは、
その星座30度分のエネルギー象意を
集約していて「始まり」を意味します。

5回目となる2019年3月21日の満月は、
太陽が春分点(牡羊座0度)通過の
直後に迎えます。

その前、2019年3月6日には、
天王星が正式に牡牛座に入って
この社会の改革を推進していきます。

つまり…
5回連続で起きる0度台の満月は、
平成という30年間の時代に
経験した出来事、感じたこと考えたこと
行ったこと、あらゆるすべての過去を
学びと感謝に置き換えて、これからの
新しい時代を創造的に生きるために…

本当に大切な人、モノ、コト、
これだけは~という希望だけを胸に
ホンモノの自己として生きることを
促される自己再生カウントダウン合図。

その2回目となる今回の満月は
冬至のエネルギーとセットなので、
最強の再生パワーに包まれます。

「顕現」の2018年。
いよいよ、マコトの自分自身が顕現!

…というわけで、まず冬至図。
12月22日(土)午前7時22分(東京)
(GMTは12月21日22時22分)

a0075956_20244082.png


月以外の主要天体は、
向かって左側の東半球(=自己)に集中。

山羊座0度の太陽は12ハウスにいて、
牡羊座28度台で4ハウス起点の
IC(天底)にコンジャンクションの
天王星とは120度トラインを形成。

IC&天王星は、
蟹座26度台で7ハウスのドラゴンヘッドと
90度スクエアを形成。

アセンダントは山羊座7度台。

土星が1ハウスでホームグラウンドの
山羊座10度台にいて、アセンダントと
3度差でコンジャンクション。

冥王星とドラゴンテイルも1ハウス。

MCは天秤座27度台。
金星が10ハウスで蠍座14度台にいて、
ホームグラウンドの魚座13度台で
2ハウスにいる海王星と120度トライン。

ホームグラウンド射手座の木星は、
11ハウスにいて射手座9度台で
水星と0度コンジャンクション。

次元交差点で高次元ポータルの
恒星アンタレスとともにあります。

その木星と水星は、
魚座の海王星と4度差で90度スクエア域。
※2019年1月いっぱいスクエアを形成。

総じて…、冬至から春分までの3ヶ月、
個々に新しい覚醒サイクルが始まります。

理想と現実のズレから生じてしまった
過去の出来事に起因して、社会と自己が
不調和な状態のままなことで抱いている
孤独感や疎外感、自己不信感、
他者への警戒心、防衛心などなど…

何かしらの深い失望という闇から脱出して
光に向かう決意をするとともに、
本当に望む幸せな未来へと繋がる”今”の
現実を堂々と生きていくための新しい目標、
方針、信念を明確にすることを促されます。

同時に、その目標や方針に相応しい
新しい社会的立場や環境へと身を置いて
過去の闇を光へと昇華させ、
自己変革&再生を促されていきます。

すでに新しい立場や環境に身を置いて
孤軍奮闘しているような方々は逆フロー。

その新しい立場や環境に自分自身を
適応させる方針を掲げて努力することで
覚醒し、自己変革し、再生していくことを
促されていきます。

簡単に言うと…、
本当に大切な人は?
本当に大切なものは?
本当に大切なことは?
本当に叶えたい望みは?
これからどのように生きていきたい?

…という問いに対する答えとなる
心の底の「本音」を認めることで、
新しい目標も方針も明確になって
新しい人生の軌道が見えてきます。

周囲の人が期待する答えとか、
頭で考えて捻り出す難しい答えとか、
非現実的な答えではなく「本音」です。

本音というのは、
小さな子供でも意味が分かるような
シンプルな言葉で表現可能なものです。

翌日12月23日(日)午前01時28分、
月が蟹座に入って満月域となります。

そして、満月図。
12月23日(日)午前02時49分(東京)

a0075956_2025292.png


月以外の主要天体は
地平線(ASC⇔DSCライン)の下、
北半球(=内面・潜在意識・神界)に集中。

太陽は山羊座0度49分で2ハウス、
月は蟹座0度49分で8ハウスにいて
180度オポジション。

蟹座が象徴するのは、感情、感受性、
家族愛、仲間、居場所、母性など。

2ハウスは、お金や能力など
自分で得たり磨いたりして所有するもの。
8ハウスは、遺産や遺伝的才能など
他者から受け継いで所有するもの。

太陽と月は、いずれも6ハウスにいる
牡羊座の天王星と120度トラインと
60度セクスタイルを形成して調和。

アセンダントは蠍座9度台。
1ハウスには蠍座14度台にいる金星と
17度台にいる小惑星セレス。

金星は、4ハウス魚座の海王星と
120度トライン。

2ハウスには、水星が射手座10度台、
9度台の木星を追い越したものの
1度差のコンジャンクション中で、
魚座13度台の海王星と90度スクエア。

山羊座10度台の土星は3ハウス直前。
3ハウスには山羊座の冥王星。

4ハウスの起点ICは水瓶座15度台。
リリスがコンジャンクション。

満月のサビアンシンボルは、
太陽は「承認を求めるインディアンの長」
月は「船で船乗りが古い旗を降ろし、
   新しい旗を掲げる」

個人プレーからチームプレーへと転換し
自分が属するコミュニティの他者の意見を
まとめながら自己統合させ、社会的に
リーダーシップを発揮する様子を表します。

「これ!」という何かを、
「この人!」という仲間とともに、
「ここ!」という環境で、
「今!」新しく始めることで、
自分自身の存在意義や価値、生きがいを
実感する喜びを応援するエネルギーです。

総じて…、
冬至のエネルギーに包まれながら、
自分自身の中で少々野心的とも言える
純粋な欲望欲求(=前述した本音)を認め、
その欲望を自分が属するコミュニティと
仲間の幸せに繋がる社会的な目標への
原動力として起動させ、目の前の課題を
クリアしながら潜在能力を開花させ、
望む未来を切り開くことを促されます。

簡単に言うと…
自己の純粋な欲望欲求のエネルギーを
皆の幸せのために発動させると
潜在能力が開花して望む未来に
近づきますよ~ってことです。

なぜなら…
個々に心の底にある純粋な欲望欲求の
エネルギーというのは、
ものすごい生命力と創造力だからです。

この満月エネルギーに包まれながら、
翌12月24日(月・祝)午前10時22分、
月が蟹座20度台で
山羊座の冥王星と180度オポジション。

方針や信念が変容することを表します。

その後、24日(月・祝)20時53分、
月が蟹座26度台で
ドラゴンヘッドと0度コンジャンクション。
牡羊座にいる天王星と90度スクエア。

その変容した方針や信念を共有できる
仲間との情報交換をあらわします。

クリスマス・イブ・イブを過ごす相手と
24日(月)のクリスマス・イブの夜に
話す相手は違うかもしれませんね(笑)

とにかく、ドラマティックに未来の扉を開く
顕現の2018年の冬至&満月エネルギーに
包まれるクリスマス・イブです。

12月25日(火)午前1時59分、
月が獅子座に入って満月域が解消します。

この冬至&満月エネルギーの中で
今後の方針が決まらなかった方々は、
年末の大掃除と断捨離に励みましょう^^;

ちなみに…冬至での木星と水星が、
私の出生太陽に0度コンジャンクション。
さらに、満月の太陽と月が
私のアセンダントとディセンダントに
0度コンジャンクション。

…で、私の心の底にある純粋な欲望欲求は、
すでに認めてはいるものの
恥ずかしすぎて公表できませんが(笑)
この冬至&満月エネルギーの中、
今後の目標と方針を決定する所存です^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
# by divine-msg | 2018-12-16 20:00 | 占星術