虹のたもと
a0075956_15381484.jpg

大変なことが~@@;

落雷のごとく受信したことがあり…
いつもの私の妄想として
流し読みくださいませ^^;

今年は、2017年、「10→1」の年。
平成29年、昭和92年、
大正106年、明治150年。

平成29年⇔昭和92年、「29⇔92」
一桁に足して「11⇔11」、「2⇔2」。

日本紀元では2677年。
2+6+7+7=「22」、富士、不死…。

「富士は晴れたり日本晴れ」
丁酉=火の鳥・不死鳥フェニックス
マコトのことはトリの年。

「22」はカバラマスターナンバーで
3次元の現象現実界の限界数なので、
来年「23」=シリウスナンバーから
5次元以上のミロク(弥勒)意識世界へ
移行するにあたって、先日の冬至で
夜明けが告げられました。

来年2018年は、過去と未来の境界で
大変動は避けられませんが、
2019年からミロクの世へ移行し、
2023年までは新時代の基盤固めです。

~日月神示 夜明けの巻 第十二帖~

今一苦労 二苦労
とことん苦労あるなれど
楽しき苦労ぞ 目出度けれ
申 酉すぎて
戌の年 亥の年 子の年
目出度けれ

~~~~~~~~~~~~~~~~

2018年は戌の年。
戊戌(つちのえいぬ・六十干支35)、
平成30年、昭和93年、大正107年、
明治151年、日本紀元2678年。

2019年は亥の年。
己亥(つちのとい・六十干支36)、
平成31年、昭和94年、大正108年、
明治152年、日本紀元2679年。

2020年は子の年。
庚子(かのえね・六十干支37)、
平成32年、昭和95年、大正109年、
明治153年、日本紀元2680年。

平成と昭和の年数を数秘にすると、
いずれも双対関係にあります。

2018年…「30(3)⇔12(3)」
2019年…「31(4)⇔13(4)」
2020年…「32(5)⇔14(5)」

2019年は、皇太子様が天皇に即位され
元号も新しく変わる節目。

先日も書いた通り…、その節目となる
4月30日&5月1日には、
天皇陛下のプログレスの太陽と
皇太子様のプログレスの月と
トランジット(現在経過)の天王星が
牡牛座2度台で重なります。

2020年は、日本紀元で「16」となり
「7=成る」です。

…で、なぜ牡牛座2度台なのかが
分かりまして。。。

神武天皇即位による日本紀元
紀元前660年2月11日は
紀元後に創作された神話ですが、
この日のホロスコープをアナログで
算出したところ、なんと、、、

天王星が牡牛座3度~@@;
たぶん(汗)

さらにさらに~、
2019年は、元伊勢でおなじみ
3.6kmのミロクへの道の天橋立にある
籠神社(このじんじゃ)が創建1300年。

719年(養老3年)に、
現在は伊勢神宮外宮の主祭神
豊受大神を、真名井原から遷座して
主祭神を「彦火明命」と改めて
豊受大神と天照大神の両大神を
お祀りされてから1300年です。

平成31年、創建1300年。
「31⇔13」

…で、籠神社の例大祭に合わせ、
719年4月24日12時で
星を観てみたところ、なんと、、、

a0075956_1612595.png


太陽が牡牛座1度台、
エロスが牡牛座2度台、
木星が牡牛座3度台、
牡牛座1・2・3でコンジャンクション!

その対極、180度に
天王星が蠍座3度台でオポジション。

土星は蠍座15度台で
実在の恒星アンタレスと重なり、
冥王星と90度スクエア。

冥王星は、当時のホロスコープ上の
恒星レグルスと重なっています。

牡牛座0~4度台に対応するシンボルは…

「清らかな山の小川」
「電気的な嵐」
「クローバーの咲く芝地にステップアップ」
「虹のたもとの金の壷」
「開いた墓の前にいる未亡人」

遺伝的資質を開花させ、宇宙の力に
導かれて変容していき幸運を享受し、
天と地をつなぐ七光線原理を証明し、
完全に過去に別れを告げて
新しく歩き出す…という流れ。

2018年から2021年までの流れ
…とも言えます。

ちなみに、籠神社の木星と
私の出生時の土星は
グレート・コンジャンクション(爆)
「虹のたもとの金の壺」です^^;

なんかようやく籠神社に行った時の謎が
分かってきたような。。。

…という、神秘の星物語でした~(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
# by divine-msg | 2017-12-27 15:36 | 占星術
夜明けの冬至 続編
a0075956_22252882.jpg

またまたビビビ~っときまして、
ビックリしながら感動中@@;

もちろん、エキセントリック視点での
星の話です^^;

先日、土星が約30年ぶりに山羊座に
入った直後に、太陽が黄経270度の
山羊座0度の冬至点を通過して迎えた
夜明けの冬至なんですが…

太陽と土星が重なって迎えた冬至は、
前回は147年前のことでした。

1870年12月22日。
明治維新で文明開化まっしぐら~の頃。
この時は、朔旦冬至でした。

※朔旦冬至
「朔」=新月、「旦」=昇る太陽
月が一旦消えて復活する新月と、
太陽が一旦消えて復活する冬至が
重なる日に由来し、現在は暦の変更等で
旧暦11月1日と冬至が重なる日のこと。

…で、その時のホロスコープ。
1870年12月22日 9時33分 東京
a0075956_22315288.png


11ハウスに、月、太陽、土星、金星が集合。
民衆をあらわす月は、5ハウスの木星と
180度オポジション。

受け取っていく幸運に甘んじて
騙されやすく過信しやすい様子をあらわす
エネルギーです。

国家を表す1ハウス起点のアセンダントは
水瓶座7度台。
サビアンシンボルは、
「美しいガウンを身にまとった蝋人形」

一種のフィギュアのように仮想実験的に
時代のイメージ・シンボルとなる様子。

MC(天頂)は、蠍座にあって
小惑星アメノウズメとコンジャンクション。

未知の世界の中で強い適応力を発揮する
ことを表すエネルギーです。

これだけでも十分、この147年間で
一気に西洋文明の国に様変わりした
日本っぽいな~という感じがしますが、
細かい話は置いといて…^^;

先日の夜明けの冬至のホロスコープと
合体させてみたところ…

内(青):
1870年12月22日 9時33分 東京
外(赤):
2017年12月22日 1時28分 東京
a0075956_22332015.png


147年前の冬至のアセンダントに1度差で
外側、先日の夜明けの冬至での
民衆の月が重なっています。

また、1870年の時の天王星に、
先日の夜明けの冬至でのMC(天頂)が
蟹座25度台ジャストコンジャンクション。

簡単にいうと…
日本という国の理想を積極的に追求した
この147年間を経て、日本の強みと弱み、
良い面と悪い面など両方を把握した上で
このままでは乗り越えられないという
限界を悟り、日本という国の本来の
独自の精神性と価値観に立ち戻って、
素晴らしさを伸ばしていくエネルギーです。

さらに、1870年12月22日の太陽を
プログレス(進行)チャートを観ると…、

今現在を包含しているのは、
4度目のプログレス新月エネルギー。

1989年10月4日 牡羊座29度15分

あれもこれもとチャレンジするものの
最後は古くて懐かしい道に戻る…という
象意です^^;

しかも9年前、2008年12月22日。
今年と同じく「10⇔1」の年の冬至の時。

破壊と創造の冥王星が山羊座に入った
直後で、太陽と冥王星が山羊座0度台で
重なっていたのですが、
その時同時に1870年冬至チャートの
牡牛座の冥王星にはプログレス太陽が
重なっていました。

要するに、2008年の冬至とともに
1870年の太陽も一旦消えて
心機一転して復活したってことです。

前年、2007年12月22日に
木星と太陽が重なった冬至を迎えて
チャレンジング・ステージに入り、
1年間の対極の葛藤から過去を清算し、
物質的な欲望と執着から卒業して
ナチュラルな幸福を享受していく
プロセスに入りましたよ~という
太陽&冥王星からのメッセージでした。

今現在、その時に生まれ変わった
1870年の太陽は1870年冬至チャートの
IC(天底)と恒星アルゴルを通過中です。

伝統的な民族性を背景にした資質を
社会的な能力として開花させる…という
とても強い底力エネルギーです。

魂の傷と癒しをあらわすキロンは、
昨年から魚座24度台にいて
今いる現象現実界での不要なものの精算、
浄化、整理整頓を促しています。

1870年冬至の太陽の次回の新月は、
2019年5月30日 牡牛座27度58分。

独自の才能を通じた社会適応によって
チャンスを引き寄せ、次への進展が
現実化する…というエネルギーです。

この約1か月前、2019年4月13日。
1870年冬至チャートの魂の傷と癒しの
キロンの位置に現在経過中のキロンが
3度目の正直での回帰となり、
「真の再生」を意味しています。

先日の夜明けの冬至での太陽は、
直前18日の新月の流れなので、
射手座26度31分、銀河の中心からの
根源的かつ芸術的な創造エネルギー!
2044年まで続く創造のエネルギーです。

つまり…、
2017年12月22日~2019年5月30日
新旧の太陽の引き継ぎ期間。

2019年5月1日には新天皇が即位され
平成から新元号に変わりますしね。

この期間中に、この現象現実界の
明治からの約150年の歴史が終焉して
新しい時代と社会が始まるということ。
新しい個々と個々の人生も同時進行です。

マジで完璧なんです~。

先日の夜明けの冬至で、
高次元の集合無意識も個々の無意識も
一旦消えて復活しています。

その意識エネルギーが、この3次元の
現象現実界に受肉再生するのが2018年。

高次元の無意識にいる自分を、
3次元の自身に降臨させて受肉させ、
新しいホンモノの自分自身を生み出す年。

陰極まって陽となる…ということで、
新しい時代と社会、個々ともども
どうか安産になりますように^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
# by divine-msg | 2017-12-25 23:00 | 占星術
2017から2018へ
a0075956_1894586.jpg

2017年も残り1週間。
早すぎる~^^;

18日、今年最後の射手座の新月は
銀河の中心で起きました。

20日、土星が本拠地の山羊座に
約28年ぶりに帰還しました。

22日、太陽が冬至点を通過して
山羊座に入りました。

23日、水星が射手座13度台から
順行に戻りました。

25日14時30分、
金星が山羊座に移動していきます。

この年末年始は…、
太陽、金星、土星、冥王星が山羊座。
2018年の作戦会議をかねて
連日忘年会&新年会です^^;

火星と木星は蠍座。
水星は射手座、海王星は魚座。
改革の天王星のみ牡羊座24度で逆行中。

2018年は、山羊座の土星、蠍座の木星の
エネルギーに包まれる1年です。
5月には天王星が牡牛座に移動します。

山羊座は「地」の星座。
支配星は、責任と制約の土星。

土星は、ギリシャ神話では
3次元の現象現実界をつかさどる王、
神々の父、クロノスです。

蠍座は「水」の星座。
支配星は、破壊と創造の冥王星。

木星は、クロノスの息子、
神々の王の座を後継したゼウスです。

牡牛座は「地」の星座。
支配星は、愛と富と美の金星と
この3次元現象現実界の地球です。

天王星は、原初の最高神であり
土星と木星の親子の務めを見守る
天空神ウラノスです。

この年末から2018年は、
意識の深海にあるもの、
あらゆる物事の奥底にあるものが、
この現象現実界に顕現してきて
新しい時代と社会、個々の基盤を
大至急で作るように促されます。

本当の自分に嘘をついて
見て見ぬふりしてきたこと、
先延ばしにしてきたこと、
逃げられない現象現実となって
課題を突き付けられてきます。

陰ながら直向きに努力してきたことは、
自他ともに喜べる確実な成果を実らせ、
さらに高いハードルを飛ぶように
求められてきます。

その途中では予告ナシに天王星の
チェックがバシバシと入ってきます。

前回、山羊座の土星、蠍座の木星の
エネルギーに包まれていたのは、
1959年1月5日~2月10日でした。

この時期の出来事としては、
キューバ革命でカストロが共産政権を樹立。
ソ連が世界初の月ロケットを打上げ。
南極でタロとジロの生存が確認…など。

…で、フライングですが、
2018年年明け早々の1月2日(火)、
1年でいちばん大きく見える、
山羊座の太陽、蟹座の月での満月です。

1月2日、月は6時49分に近地点を通過、
11時24分に満月となります。

この時、地心距離は約357,000㎞、
視直径は33分30秒角…だそうです。

そこで~うふふ~^^;
お馴染み数秘です。

2018年…「11」
1月2日…「3」
11時24分…「8」

月・日で「3」、時・分で「8」
足して「11」。

「11」の年の、
月・日・時・分も「11」の満月。
足して「22」。

しかも、この満月の度数、
太陽、月ともに11度38分。
度数も「11」「38」です。

地心距離は約357,000㎞…「6」
視直径は33分30秒角…「9」

「三八(ミヤ・宮)」となるか…
ひっくり返って
「八三(ヤミ・闇)」となるか…

対極の統合超越キャンペーンの始まり。
2018年は、確実に…激動します。

1月2日の満月のホロスコープはこちら↓
a0075956_18163997.png


美しいカイトが出来ています。

蟹座の月、蠍座の火星と木星、
魚座の海王星で
「水」のグランドトラインが形成。

同時に、山羊座の太陽と金星、
蠍座の火星と木星、魚座の海王星で
ミニトラインも形成。

その大小の三角形の真ん中を
太陽と月が180度に向き合って貫き、
カイトが形成されます。

信じてきたことを強気で押し切ることで
奥に隠されていた真実を明らかにする
強烈なエネルギーです。

さらに、冥王星と小惑星スサノオが
ミニトラインに絡んで山羊座19度で
ジャスト・コンジャンクション!

明らかになった真実の純粋な目的達成に
向かって、社会的な責任を引き受けて
地上に復活しろ~というメッセージです。

2017年最後の射手座の新月が18日に
銀河の中心で起き、22日の冬至では
アセンダントが夜明けを知らせました。

そして2018年早々、意味深な数秘の
最大の満月でGOサイン…という流れ。

この年末年始から春分まで、
生まれ変わって本格的に地上で活躍する
直前での最終準備期間となります。

ズキンアザラシの赤ちゃんは、
誕生から4日で離乳して自立して
自然界の中を生きていくのだそうです。
a0075956_1817798.jpg

そう考えると…、
ありがたい準備期間ですよね(笑)

まずは、年末の大掃除とともに
心と頭と身体もデトックスに努めましょう。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
# by divine-msg | 2017-12-23 18:30 | 占星術