自立
私の今生最大のテーマは「自立」です^^;

自立促進みたいなメッセージを
伝える役をやっているということは
私自身のテーマが「自立」だと
思ったわけでして~^^;

「自立」⇔「依存」。
「依存」は、簡単にいえば、
自分を満たす充足感を、自分以外の
人やモノ、コトなど“外”に求めること。

自分の存在価値や意義、
自分への信頼感や肯定感が希薄で
自己否定していると起きやすい症状。。。

どんな人でも人間なら依存心というものは
多かれ少なかれ働くものなので、
必要以上に他人に期待過剰すぎたり
執着したりする場合ですが^^;

過ぎたるは、なお及ばざるが如し。

たとえ裏切られても…という前提で、
期待し続けることは「信頼」。

自分に期待し続ける→自己信頼
→自分の存在価値や意義…と思います。

そもそも人間の存在価値は
全人類同じ!等しいわけで~。

自分の存在意義は自分の“内”に
求めるものであって、
“外”に求めることではないので、
そのことをお互いに知っている
自立した人同士の関係は、
自然に信頼しあえて、お互いに高め合えて、
協力し合えて、お互いの幸福と成長を
喜べるってことかと~^^

成人の健常者の場合の「自立」というのは、
受け身でなく支配することなく、
主体的に自分の足で生きていて、
「社会的自立・経済的自立・精神的自立」の
3要素が揃っていることだそうです。

・社会から価値ある役割を担っていると
 認められていること
・他人に金銭的援助を受けずに生活できること
・自分自身のアイデンティティーが
 確立(自律)していること

他人に依存していると、
「○○さんがいないと自分を満たせない」
という心理のもと、
「私の気持ちを分かってくれるべき…」
「私が大切なら、私を傷つけたり悲しませたりせず、
 最優先に考えるはず…」
…と、無意識に期待過剰になります。

すると、相手の言動や愛情表現によって
一喜一憂してグラグラします。

相手が自分の期待に応えてくれない時、
失望し、悲しみ、相手に怒りを感じ、
その怒りを解消すべく、
何とか期待に沿わそうと
相手に変わって貰えるようにコントロールする
作戦で頭をいっぱいにして、
あの手この手で迫ります@@

自分を卑下して落ち込んだり、
怒ったり、泣いたり、騒いだり、
強くしっかりとしているように振る舞ったり…。

自分の期待に沿わそうと、
他人をコントロールすることは「支配」。

「私がいないとダメ、可哀想、心配…」などと
思い込んで、放っておけない理由をつけては
必要とされることを必要とし続けるのは、
支配しているように見えて実は「依存」。

自分に無理を課して犠牲にしていくことを
無償の愛と勘違いしている場合もあり、
「でも、だって…好き」などと、
我慢し続けることで自分の価値や愛を
感じていこうとするんですね。。。

表面的には明確に「依存」と「支配」の立場に
分かれている人間関係であっても、
お互いに依存し合って成り立っているので、
このことを『共依存』といいます。

日本人は、我慢、忍耐、努力、謙遜、
尽くす…などの生活習慣や文化に根付く
「美徳」によって『共依存』になりやすい
素質傾向を持つといわれています。

依存している真っ最中の人は、
依存していることに気付かないことも多く、
そのまま過ごしていると
自分の存在意義を見いだせない方向に突進!

「あの人はダメ」
→「あの人が変わらない限り難しい」
→「他の人なら大丈夫」
→「この人もダメ」
→「どいつもこいつも同じ」
→「他人は信じられない」
→「恋愛or結婚or仕事なんて向いてない」
→「信じられるのはお金だけ」
などと段階的に~^^;

思い当たる節があれば、
今こそ「自立」へと自己再生するチャンス。

私が20代の時の恋愛は、
『共依存』ビギナー編って感じでした(爆)

彼に対して怒りを感じたことは
無かったのですが、絶好調に自己否定感が
強かった時期なのでクタビレました^^;

空虚感を感じないように
仕事に入魂しすぎて心身はボロボロに~。
次第に依存の対象が仕事にスライドしてました。

花粉症が治って皮膚が敏感肌へと、
体のアレルギー症状もスライド。
頭、心、体、魂は、一体になっている…と
学んだ貴重な経験。

…が、そんな自分に気がつき、
人間の神秘に気づくと、
次第に前向きな感情や欲求にも気づき、
生きることが楽しくなりまして、
きかっけは他にも色々ありましたが
全部が今の私への必然の連鎖です。

じゃあ、依存していると気づいて
何とかしたい!と思ったら、
どうすればいいかって???

あらゆる自分を認めて、
五感が喜ぶ興味に素直にいっぱい感じて
癒してあげましょう。

感情を全部ノートや手紙に書いて
吐き出すと楽になりますよ~^^
手っ取り早いセルフセラピーです。

セルフセラピー=自立学習=自習。。。
私も日々自習に励んでおります~。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
# by divine-msg | 2010-05-11 18:43 | 心理学
つい先日、父の誕生日でした。

お互いにその日は仕事だっため、
セッションの合間を見計らって、
おめでとうメールだけしておきました^^;

23時すぎ、父から電話がきました。
あ~だこ~だと30分ほど話しをして
電話を切りました。

そして深夜2時近くになって、
父から「請う!見解!」というメール着信。

「なんじゃそりゃ~^^;」と思いつつ、
なにやら長いメールを読んでみると、
私との電話を切った後で、
どう考えても腑に落ちない事が起きたので
見解を教えて欲しいという内容でした。

家の電話で私と話をして切った後、
しばらくして充電器にかけておいた
携帯電話が鳴ったそうです。

きっと私が何か伝え忘れたことがあって、
慌てて実家の電話番号じゃなく
携帯電話の番号の方に間違えてかけて
きたのだろうと思って、着信音が鳴っている
携帯電話をとったらしいのです。

そして、画面を見てビックリ@@

実家の電話番号が表示されていた様子。
当然ながら「
もしも~し」→「・・・。。。」

1時間ほど父なりに考えた末、
私にメールしてきたとのことでした^^;

私としては、
わりと頻繁な出来事ではあるので、
「電波系に反応するからねぇ、
 おじいちゃんだよ~」
…とサラッと返信。

すると、
「なぜ?おじいさんが電話を鳴らすんだ」
といった調子^^;

私の父は、自分の誕生日と
自分の父親の命日が同じ日なんです。

電話でもそんな話をしていたため、
私はお祖父ちゃんと接続した状態でした。

お祖父ちゃんは、父に直接
「おめでとう」とアピールしたようです^^

スピリチュアルなこと全てを
科学的に説明できるようになったら、
宇宙の限界がくるかもしれないな~
とも思っていますが、違う次元が重なって
存在していることは宇宙物理学で解明中。

ちなみに、その前日の夜のこと。
お世話になっている目上の方々ばかりが
集まる宴会がありました。

私がお店に到着したのは、
集合スタート時間から5分遅れてでした。

…が、しかし、スタート時間よりも10分前に、
私はさっさとお店に到着していたようです(爆)

私の記憶では、
電車の中にいたはずの時間ですが、
私の携帯電話のフォトフォルダの中には、
10分前に記念写真を撮影していた記録が。。。

家に帰ってから、写真を見て「あれ???」
「遅れちゃう~」という私の念が飛んだのか、
無意識に幽体離脱しちゃったようです^^;

この事も父に伝えると
「なんだそれは?」
「どうすれば解明できるんだ?」という調子。

エーテル体やアストラル体があって、
リーディング時はそこにアクセスするわけで、
特別不思議なことでもないんですが
いちいち突っ込んで質問してきます。

一つ一つを論説的に父が納得するように
説明できない私としては、
「もう、めんどくさいなぁ」という心境。

そんな父は、私が実家にいた学生の頃、
幽体離脱をした私を誰よりも目撃しています。

「あれ?なんでもう帰ってるんだ。
 さっき大通りを歩いてたじゃないか。
 車から声をかけたら無視するから、
 なんだよ~と思いながら帰ってきたのに」

「私、出掛けてないけど。。。」

「嘘を言うんじゃない。
 今着ている服と同じ服だったぞ」

「だから私ずっと家にいたってば~」

「そんな事はおかしい。
 じゃあ、どういうことか説明しなさい」

…というやり取りが多々あり^^;

昔は母も私のことを「気持ち悪い」と
不気味がっていましたが、もともとは
スピリチュアル体質な自覚が無いだけで
私の念をキャッチしまくっています。。。

…ということは、父だけは何十年もの間
ず~っと腑に落としたいのに落とせない
葛藤をしている様子。

解放していただきたいと思うこの頃です^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
# by divine-msg | 2010-04-21 02:45 | スピリチュアル
学びの5段階
昨年5月頃にお声かけ頂いたお仕事で、
全体の構成を考えながら
原稿を書き進めているのですが…

全く手つかずの日々となり
今に至ってしまいました。。。^^;

私が仕上げなければ始まらないような
お仕事のため、先延ばしにしても
やるしかないのですが、やる気がせず。
放置プレイしてました(爆)

なぜ、やる気がしないか???
色々な事情も重なって時間配分が
できなかったのも事実ですが、
まぁそれは言い訳にすぎず。
やる気がしないということは、
本当はやりたくないのかも?…と自問自答。

…で、結論。

企画構成は大好きなので、
楽しい気持ちで一瞬で終了。
それをもとに書き進めていく段階で挫折。
文字数にしてなんと200万文字!

例えるなら、
200ページ程度の書籍10冊分なんです。

書籍のように説明展開やストーリーは
必要ないものなので、ひたすら作業。。。
気が遠くなる作業量を想像してしまい
途方に暮れてしまった次第です。

そして年明け、
「どうしよう」と気にしていたらご連絡が…^^;

私の事情も考慮してくださりながら、
先様にもご事情があったらしく救われまして
「今年は具現化しましょう」という事になり、
昨日お打ち合わせに行ってきました。

その帰り道。
別件のアポイントを浅草橋で済ませた後、
浅草寺の裏手にある、自家製酵母で
愛情たっぷりのパンとコーヒーのお店
「粉花」さんにお邪魔してきました。

お友達のMayuちゃん&Gumiちゃん姉妹が
経営しています。

売り切れて閉店していたにも関わらず乱入。。
すっかり癒された後、その後は池袋で
もう一件難題のお仕事を済ませて帰宅。

そして、いつもと異なる場所へ出向き
新鮮な気持ちになったところで
1年越しの仕事とニラメッコ。

もっと具現化しやすいやり方と構成に
変えてみちゃえ~と思ったところ、
私の中にいるディレクターとマネージャーと
プレイヤーとアシスタントと審査員と
お客様も合意しまして即変更!

すると、
昨年途中まで進めていたものを修正して、
3冊分ほどの量になる予定のものを、
もの凄い簡潔に1日で仕上げることが
出来ちゃいました~@@

これまでは拘り職人のような私が強く、
妥協するのがイヤだったのですが、
いつもの視点とやり方を変えただけで
作業が楽になり、やる気も湧いて
スムーズに進められるわけです~。

妥協に思えるようなことも、
新しいやり方を生み出すチャンスですね~^^

…と、今日の本題。

「学ぶ、学習する」には5段階あります。
企業の人事制度にも使用されているので
ご存じな方々も多いことと思います。

最近、自分自身の仕事をはじめとする、
日常でのあらゆることを当てはめては、
「う~ん」と考えているわけです。

1.無意識的無能(知らないしできない)
  あることに関して何も知らず、
  知らないということさえも知らない状態

2.意識的無能(知っていてもできない)
  あることに関して知識を得たが、
  実践することはできない状態

3.意識的有能(考えるとできる)
  あることに関して、ある程度はできる
  ようになったものの習慣化されておらず
  実践するのには、ある程度の集中力が
  必要な状態

4.無意識的有能(考えなくてもできる) 
  特に意識しなくても、
  あることを実践することができる状態

5.無意識的有能に意識的有能
 (どこからでも教えることができる)
  無意識的に行っていることを、
  意識して人に教えることができる状態

今回の私の1年越しの仕事については
2⇒3⇒4に昇格出来たかな~。

ちなみに、チャネリング中の私を
5段階に当てはめてみました。

当てはまりません。。。

意識的に行おうとしたことを
無意識的に実践しながら、
無意識的に人に教えることが出来る状態(爆)

失礼いたしました~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
# by divine-msg | 2010-02-26 02:31 | 心理学