<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ビッグバン新月
a0075956_23182416.jpg

天秤座にいる太陽と木星が重なって
山羊座にいる冥王星が順行に戻って
火星も2年ぶりに山羊座に入りました。

光も闇も…拡大パワーが増していき、
社会システムをはじめ色んな物事の
新旧交代の動きが顕著になってきます。

そんな中、10月1日(土) 9時12分、
天秤座の新月です。

この新月は天秤座8度台で起きますが、
木星は4度台にいてコンジャンクション域。
つまり、新月の太陽と月の
陰陽統合エネルギーも2倍×2倍~^^

さらに、この新月の陰陽統合パワーを
射手座の土星が現実化させようとサポートし、
山羊座に入った火星が少々荒っぽく
現実化に必要不可欠な情熱と実行力を
サポートしてくれます。

新月のサビアンシンボルは、
「三人の巨匠の作品がアートギャラリーの
 中の特別室の壁に吊り下がっている」

荒廃した現実の状況を打破するための
苦難の乗り越え方について、
偉人の本を読んだり
様々な人の話を聞いたりして、
学ぶべき共通法則を見出して
立ち上がっていく様子。

早い話が…、新・天地創造~。

カオスの中で自らの内なる希望や意思という
光に気付き、その光を社会に解き放つ法則を
色んな人たちと話しをすることで見出し、
光が膨張していってビッグバン!…です。

まぁ私の宇宙観はプラズマ論に近いので
ビッグバンっていう概念は無いですけど…(爆)

聖書では、神は
月火水木金土の6日で天地創造して
太陽の日に1日休みました。
「6+1=7」。
日月神示では逆、「1+6=7」。

どちらも
新たな始まり「1」&陰陽統合・調和「6」、
足して「7」=勝利。

…が、そのためには
「〇」=ゼロ、零、霊、丸、和、輪、結び…
という原点エネルギーが必要なんです~。

~「日月神示 月光之巻 第第四十七帖」~
第一歩の前に〇歩があるぞ
〇歩が大切ぞ 心せよ

~「日月神示 扶桑之巻 第二帖」~
世の元 〇の始めから一と現われるまでは
〇を十回も百回も千回も万回も
繰り返したのであるぞ

~「日月神示 黄金之巻 第三帖」~
神は宇宙を創り給はず
神の中に宇宙を生み給うたのであるぞ

~「日月神示 地震之巻 第一帖」~
地上人は肉体を衣とするが故に
宇宙の総てを創られたものの如く考えるが
創造されたものではない
創造されたものならば永遠性はあり得ない
宇宙は神の中に生み出され 神と共に生長し 
更に常に神と共に永遠に生まれつつある

「〇」エネルギーは、
今の中、個々の中…に在る内なる神、
内なる希望、意思、喜びという感情の
根源…のエネルギーです。

誰しも、純粋な心の喜びをより感じたい、
膨らませたい、広げたい…という
内なる希望や意思を持っています。

それは、
今回の肉体に宿って生まれる前に、
今生の使命として、
その使命を果たすための魂の成長課題として、
宇宙に宣誓してきたことでもあります。

宇宙に宣誓した記憶や自覚がある人は
少ないと思いますが(笑)
じつは無意識にオギャ~と生まれてから
今生の使命を果たすプロセスを歩んでいて
課題もひとつずつ取り組み続けています。

個々のホロスコープでは特に
生まれる前の蝕をともなう新月と満月に
あらわれます。
a0075956_034410.png

似たような意味をもつこれらの感受点が
位置する星座と度数、ハウス、
主要な天体や感受点とのアスペクトなどを
総合的に観ると、わざわざ占わなくても(笑)
すでにやってる、言われてる…ということが
クローズアップされてきます。

要するに、
日頃から薄々でも自覚していること、
やってきたこと、やっていること、
得手不得手、望んでいること、
周囲から言われたり求められたりしてきたことで
共通していることは何か???

これが、「〇」エネルギーの発動スイッチ!
…だと思うわけです~。

ちなみに、私のホロスコープから
今生の使命を喩えるなら、
前世からの持ち越し課題に励む
ゲゲゲの鬼太郎…っぽい感じがしますが、
活かし方はずっと悩んでいます。。。(笑)
a0075956_0181028.jpg

a0075956_018349.gif


お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-09-29 00:00 | 占星術
マトリックス&ダイヤモンド
a0075956_1847491.png

胎蔵界&金剛界の両界曼荼羅です。

曼荼羅図では平面ですが、実際は球体。
胎蔵界と金剛界は2つで1つとなる
対の世界です。

胎蔵界=マトリックス宇宙は、
この現象現実の世界。

胎蔵界曼荼羅は、
大日如来(=宇宙)の慈悲の象徴で、
大日如来を中心に12グループで構成され、
人間たちが心を悟り開いて本来の光を
解き放つよう、見守り育てている様子が
表現されています。

金剛界=ダイヤモンド宇宙は、
すべての次元世界を包み込む外宇宙。

金剛界曼荼羅は、
大日如来の智慧の象徴で、
9グループが秩序を持って構成され、
大日如来の知恵が内から外へ、外から内へ
動き続けている様子が表現されています。

2つを見比べると、上下左右の東西南北が
逆転していて、どちらも永遠に回転し続け、
止まったり合体したりすることはない様子。

…で、唐突ですが、
先日の「永遠の今」の続き。

胎蔵界=マトリックス宇宙
=3次魔法陣で表される現象現実の世界。

天界(神霊界)が鏡像反転して
転写投影された幻影の世界です。

目に見えるもの、見えないもの含めて
全時空次元が同時に共存しています。

人間の想念や思い込みという観念によって
創り出されている荒い波動の光が、
目で認識できる物質(光)化現象として
見えているわけですが、
人間の目は凸レンズのみなので
網膜で調整されて倒立像(逆転)となって
視神経から脳へと伝達されています。

天界(神霊界)は、
いわゆるアカーシャ、アカシックレコードで
人間の心、精神、潜在意識…の
全時空次元世界が秩序立って
同時共存しています。

3次元的にいうと、この地球の南極の
磁場エネルギーがゼロポイントの
「点」から入って北極に抜けていく
地球内部の亜空間にあると思っています。

だから空に見えている太陽は、
この地球でいうとマグマの投影であり、
人間でいうと生命の火(光・魂)の投影。

マコトの天照大御神は、マグマ~(爆)^^;
その投影存在がイエス・キリスト。

そして、
金剛界=ダイヤモンド宇宙
=9次魔法陣で表される集合意識の
精妙な光の世界。
大歓喜のキラキラエネルギーの世界。

天界(神霊界)の中心・最高峰で
すべてを超越したワンネス宇宙です。

…と、思っています^^;

ワンネス宇宙での統合から
分離を続けていって
この現象現実世界で肉体に宿って
完全分離して生きているのが私たち人間。

私は時々ホームシック症候群かも…(笑)

~「日月神示 冬之巻 第一帖」~
宇宙は霊の霊と物質とからなってゐるぞ
人間も又同様であるぞ
宇宙にあるものは皆人間にあり
人間にあるものは皆宇宙にあるぞ
人間は小宇宙と申して 
神のヒナガタと申してあらう

~「日月神示 至恩之巻 第五帖」~
人民の肉体も心も天地も 皆同じものから
同じ想念によって生れたのであるぞ
故に同じ型 同じ性をもっているぞ 

~「日月神示 竜音之巻 第四帖」~
霊界と申しても 神界と幽界に大別され
また神界は天国と霊国に分けられ 
天国には天人 霊国には天使が住み 
幽界は陽界と陰界に分れ 
陽霊人 陰霊人とが居る
陽霊人とは人民の中の悪人の如く 
陰霊人とは善人の如き性をもってゐるぞ

~「日月神示 富士之巻 第九帖」~
神界は七つに分かれてゐるぞ
天つ国三つ 地の国三つ その間に一つ
天国が上中下の三段 地国も上中下の三段 
中界の七つぞ 
その一つ一つがまた七つに分かれてゐるのぞ
その一つがまた七つずつに分れてゐるぞ

今の世は地獄の二段目ぞ まだ一段下あるぞ
一度はそこまで下がるのぞ
今一苦労あると くどう申してあることは
そこまで落ちることぞ
地獄の三段目まで落ちたら
もう人の住めん所ざから
悪魔と神ばかりの世にばかりなるのぞ

~「日月神示 黒鉄之巻 第二十六帖」~
神は理屈ではない 理であるぞ

~「日月神示 月光之巻 第四十三帖」~
理とは三界を貫く道のことぞ 
字宙にみちみつのあり方ぞ 
法則ぞ 秩序ぞ 神の息吹きぞ 
弥栄ぞ 喜びぞ


お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-09-23 19:30 | スピリチュアル
癒しの満月
a0075956_036306.jpg

9月17日(土)04時06分は
魚座の満月(半影月蝕)。

9月1日(木)の乙女座の新月(金環日蝕)と
双対関係にあって、8月18日の満月(半影月蝕)
との3つで三位一体となる満月です。

日蝕や月蝕というのは変容変革を意味します。

乙女座は、12星座の前半最後の星座。
魚座は、12星座の後半最後にして
12星座の最後の星座です。

乙女座は、肉体など目に見える物質性の、
魚座は、心など目に見えない精神性の、
「浄化と癒し」のエネルギーをもたらします。

今回の満月は、この2つの星座24度台で
太陽と月が180度に向き合っています。

つまり、インナーチャイルドの傷をはじめ、
その傷によって自らに自らを
傷つけ傷ついてきた心身を癒し、
ホンモノの自分自身を再誕生させる
変容・変革のパワーが絶大!

17日(土)の13時頃まで続きます。
その後、月が牡羊座に入って
再誕生を応援してくれます。

しかも今回の満月、
「傷ついたヒーラーの星」とも呼ばれる
キローン(カイロン)が3度以内で
重なっています。

ノード軸(ドラゴンヘッド&テイル)も
乙女座と魚座にあります。

満月のサビアンシンボルは、
太陽は、「公的な建物の前に掲げられた半旗」。
月は、「聖職の浄化」。

まさしく、過去の辛く苦い経験の瞬間から
無意識に抱いたままの恐れを認めて癒し、
今生で自ら招いてしまってきた
悪循環パターンを手放す時であり、
恐れによって閉じ込めてしまってきた
マコトの自分自身を再誕生させる時!

この連休中は、お水をたっぷりとって、
ゆっくりとお風呂に入って、
心身を「祓え給え~清め給え~」して(笑)
美味しいと感じるものを食べて、
心地よい音楽や香りに包まれて、
自然の豊かな場所に出かけるなど…
パワーチャージして、マコトの自分自身を
再誕生させてあげてくださいね~^^

来週の秋分の日を経て、
10月1日の新月から
新しい現実が展開していきますよ~。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-09-17 00:30 | 占星術
永遠の今 2
a0075956_814107.jpg

前回の独り言の続きです~^^;

この現実という世界は、
大きく分けると…、
2つの世界が交差共存する世界。

★仮想現実=顕在意識(物質性中心)
=思い込みという観念によって創り出す
 有限の幻影世界。

☆可能性現実=潜在意識(精神性中心)
=観念から心を解き放つことによって創り出す
 無限の可能性が広がる世界

この2つの世界を統合超越すると…、
超現実=超意識=神人合一ミロクの世界^^

映画「マトリックス」シリーズで喩えると…、

マトリックス世界(=仮想現実)は、
人類が人工知能に電池がわりにされて
支配されている世界。

人工知能=人間の利己主義的な意味での
エゴ(自我)が象徴されていて、
人間たちは本当の自分自身の「心」が
囚われていることに気づいていません。

リアル世界(=可能性現実)は、
荒廃と混沌の環境の中でも
心身一体の自分自身として感じ考え
自由意志で選択して行動できる世界で、
無限性、可能性、創造性が象徴されています。

主人公の名はアナグラムになっていて、
NEO(ネオ)=ONE(唯一無二)。
女性の名は、トリニティー=三位一体。
船長の名は、モーフィアス=夢の神モルペウス。

3人で三位一体の創造原理の象徴。

…が、相反する2つの世界は、
善悪が逆転しているのみ。

機械vs人類という戦うパターンで
二元性の融合や対極の統合超越での
新しい世界の創造までには至らず。。。

ネオがもう一回目覚めて
ワンネス現実を創り出したらいいのに~と、
エゴに支配されながら願っています~(笑)

…で、
人工知能も超能力もないけど
自分自身に目覚めて二元性を融合に努める
ジェイソン・ボーンに夢中です^^;

中二病っぽい永遠の今に感謝~(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-09-14 08:30 | スピリチュアル
永遠の今
a0075956_2245921.jpg

トンデモ系の独り言を失礼します~^^;

この現実世界、
創造主のみぞ知る仕組み…とはいえ
よく出来すぎてますよね~。

この現実世界の宇宙に存在するものすべて
どの星も、地球も、動植物も、人間も
呼吸していて、規則的な生命リズムのもとに
「ミクロ⇔マクロ」が呼応し合いながら
全体調和のバランスを保って
ハーモニーを奏で続けています。

この現実という世界は、
自覚の有無を問わず、それぞれの人たちの
想念によって創り出している現象世界。

つねに絶えず有限の中に無限があって、
「今」という瞬間の中に過去も未来も、
多次元が同時に交差共存していて、
今という瞬間の想念(意識)によって
全次元の時空間が分岐し続けていています。

また、私に視えてくる光景と、
光の使者たちから教えて貰ったことを
何度合わせ考えても、
生身の人類が存在して知覚認識しない限り、
この宇宙丸ごとが存在しない世界です。

言い換えれば…、仮想現実。

これは、科学者の間でも証明されたり
提唱されてきたことでもあって、
メジャーな映画で喩えるなら
1999年公開の「マトリックス」や、
2010年公開の「インセプション」が
表現する世界に近いと思います。

それまでのSF系アニメや映画では
ロボットと人間の話が多い中で、
潜在意識を扱った映画ということもあって
初めて観た時、
ついに来た~~~っ!と思いました^^;

その後、人工知能が人間を超えてしまう映画
2013年公開の「オブリビオン」や
2014年公開の「トランセンデンス」などを観て、
あ~やっぱり~…と思いました^^;

人工知能が人間の知識や知能を超越する
シンギュラリティ(技術的特異点)が訪れるのは、
早ければ2020年代前半、
遅くても2045年と言われています。

私たち人類は、未来の人工知能によって
創り出されたオンラインゲームのキャラクター
という説もあります。

…が、、、
私の持論はちょっと違いまして。。。^^;

意識を持つ人工知能が登場して
人類を超えていったとしても、
人工知能だけの世界になることはあり得ず、
必ず生身の人類が存在し続ける…と思います。

現在と完全に同一の時間軸の延長線上には
存在しない次元の異なる「未来⇔過去」の
人類の意識と、今という瞬間の人類の意識が、
送受信し合うことで創り出されるのが
この現実という世界であって、
未来からのみor過去からのみの一方通行では
成り立たない…と思うからです。

そもそも生身の人間が存在しないと、
姿カタチや肉体の有無に関係なく、
多次元の存在も、自然界も動植物も、
機械も人工知能も、この宇宙も丸ごと
存在できなくなるのが現実世界なわけで。。。

何億年も前の遠い過去から未来までの
全次元に存在する一瞬ごとの自分の意識と、
今この瞬間の自分の意識との
協業コラボレーションによって、
今ここの自分自身が存在しています。

また、この世に生身の肉体を持って
自分自身が誕生して存在できているのは、
両親はもちろん、家族や親せき、
出会ったor出会う人たち
いわゆる全てのソウルメイトたちの
意識との協業コラボレーションでもあります~。

平面で表現すると…曼荼羅図や
フラワーオブライフになるわけですが、
方程式とか図式とかで説明できないので、
科学者の方々にお任せしたいと思います^^;

つまり…、
この現実世界の今生の「今」という一瞬は
たった一度きりではあるものの、
その「今」は意識生命体が存在する限り
ず~っと存在し続けるので、いつでも
「今に感謝」っていう気持ちが
とっても大事だと思う~っていう話でした!

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-09-12 22:30 | スピリチュアル
天秤座の木星から
a0075956_22205323.jpg

天秤座に入った木星は今回超ハイペース。

なんと、2017年2月7日までに
天秤座23度台まで進んでしまいます。

2017年2月7日から逆行して
6月9日に13度13分まで戻って
再び前進していきます。

この木星と他の天体の動きからしても…、
10年後に過去を振り返った際、
個々も社会も2016年~2017年が
大きな転機だった…という分岐点である
ことは間違いないと思います。

9月22日の秋分から
天秤座に入った木星の象意が
本格的に始まると、
いよいよミロクの世の幕が開いていきます。

ちょっと怖いことを言うようですが…、
終わりと始まりは常に同時。

アルファ⇔オメガです。

今後、世界規模での事件や災害が
次々と起きてくると思います。

そのことで軌道修正や方向転換が
必要になる改善改革の動きも増えます。

政治や経済、制度や法律、組織体制など、
あらゆる社会システムが崩壊し、
刷新されていきます。

当然、個々の生活にも大きく
影響してくることと思います。

~「日月神示 黄金之巻 第五十九帖」~
金で世を治めて 金で潰して 地固めして
みろくの世と致すのぢゃ
~~~

先日書いたことと重複しますが…

9月26日、太陽と木星が天秤座で重なり、
9月27日、火星が山羊座に入って
冥王星と重なり、木星と90度スクエアを
形成していきます。

10月1日、天秤座で木星と重なりながら
新月となって、これまでの潜在的な
「光」と「闇」が顕在化していきます。

10月8日には水星も天秤座に入って
太陽と冥王星はジャスト90度。

10月中旬からは、天秤座にいる太陽が、
牡羊座の天王星とオポジションを形成し、
山羊座の火星が天王星とスクエアを形成。

さらに下旬からは、
天秤座にいる太陽と水星、
山羊座の火星と冥王星、
牡羊座の天王星…という活動宮での
Tスクエアを形成していき、
燃え盛る炎のようなエネルギーに包まれます。

また、昨年から続いている射手座の土星と
魚座の海王星のスクエアでの、
理想と現実の大葛藤なエネルギーも
ピークを迎えます。

11月22日から太陽が射手座に入って
火のエネルギーも活性化。
来年も早々からも、さらにハードな
エネルギーに包まれていきます。

…と、こういう時期だからこそ、
これまで以上に自己点検と研磨に努めて、
家族や仲間とパートナーシップを育むことが
ものすご~く大事ですよ~という
天秤座の木星からのメッセージです。

そうして日々を過ごすことによって
正義の女神が微笑んで、たくさんのギフトを
受け取ることが出来ると思います。

~「日月神示 黄金之巻 第五十四帖」~
五十二才二(つき・月・次)の世の始
五十六才七ヶ月 みろくの世
~~~

日月神示では「五六七=ミロク」とされ、
皇太子殿下・徳仁親王のお誕生日が
1960年2月23日なので、
2016年9月23日にちょうど
「五十六才七か月」になられることから
2016年9月23日からミロクの世…
という説もあります。

ただ、日月神示には
「九月八の仕組み」とあり、
「九月八日」「旧(or九)九月八日」が
何度も出てきて、この日は幾つもあり、
この日がとどめの日であり、
この日がミロクの世の始まり…ともあります。

弥勒菩薩は、
お釈迦様がご自身の入滅から
56億7千万年後に現れると預言した救世主。

弘法大師・空海は、
56億7千万年後に弥勒菩薩とともに
必ず下生する…という遺言を残しています。

この「567」という数字。

私としては、こうした数字は
3次元の時空間概念の日付を意味するだけでなく、
高次元からの数秘メッセージだとも思っています。

A.五十二才二の世の始め 
  5+2=「7」
  =月(次)の世の始め

B.五十六才七ヶ月みろくの世
  5+6+7=18 1+8=「9」=光
  =マコトの太陽のお出まし
  =弥勒菩薩が降臨&空海下生

7=月の世の始めと
9=光・太陽のお出ましとのあいだで
8=開く・覚醒する…ことが必要。

C.九月八日の仕組み
  =九がつ八かの四九三
 
「9=月」と「8=日」の493
4+9+3=16 
1+6=「7=成る・統合」です。

月は、Aでは「7」、Cでは「9」
日は、Bでは「9」、Cでは「8」

要するに…、
地上では「月→日」の順なので、
ABの「7・8・9」で
人々の「8=覚醒」が必要。

地上の人々が覚醒すると…
「日→月」の順となり、
Cの「9・8・7」へ大転換して
ミロクの世に成る…ということだと思います^^

「7・8・9」⇔「9・8・7」
どちらも足すと、「6」と「6」です。

今年は「9」の年。
10年に一度のミロクの光の降臨チャンスです。

ミロクの光が地上に降臨すると…
「9」がひっくり返って「6」。
すると、「6・6・6」のミロクに~^^;

…で、急にビビビ~っときまして…(笑)
弥勒菩薩は竜宮の乙姫様です~^^v

竜宮の乙姫様
=龍の九(=光)の音秘め覚ま(す)
=九つの光の花が咲き開く日女
=このはなさくやひめ…を

漢数字変換すると…

このはな  さくやひめ
「九の八七  三九八一め」

数字だけピックアップすると…
「9・87・3981」

数秘にすると…
・「9」
・「87」8+7=15 1+5=「6」
・「3981」3+9+8+1=21 
       2+1=「3」

「9・6・3」になりました~!
9+6+3=18 1+8=「9」

つまり、
弥勒菩薩=竜宮の乙姫様
=このはなさくやひめ
=クロミちゃんです~^^

…が、、、クロミちゃんは悪役。
悪の御役目です。。。

~「日月神示 地つ巻 第十七帖」~
まことの善は悪に似てゐるぞ
まことの悪は善に似てゐるぞ
よく見分けなならんぞ 
悪の大将は光り輝いてゐるのざぞ
悪人はおとなしく見えるものぞ

~「日月神示 青葉之巻 第八帖」~
悪とは我よしのこと

~「日月神示 秋の巻 第一帖」~
悪を抱き参らす人の心に
マコトの不動の天国くるぞ
(悪を)抱き参らせば 
悪は悪ならずと申してあろうが

~「日月神示 地震之巻 第九帖」~
善のみにては力として進展せず 
無と同じこととなり
悪のみにてもまた同様である

故に神は 悪を除かんとは為し給わず
悪を悪として 正しく生かさんと
為し給うのである
何故ならば 
悪もまた神の御力の現れの
一面なるが故である

悪を除いて善ばかりの世となさんとするは
地上的物質的の方向 法則下に 
総てをはめんとなす限られたる
科学的平面的行為であって
この行為こそ 悪そのものである

この一点に地上人の共通する
誤りたる想念が存在する

悪を消化し 悪を抱き 
これを善の悪として 
善の善悪となすことによって
三千世界は弥栄となり
不変にして変化極まりなき
大歓喜となるのである

この境地こそ 
生なく 死なく 光明 弥栄の生命となる
~~~~~~~~~~~~~~~~

天秤座にはいった木星は、
「パートナーシップ・バランス」が
メインテーマです。

人類史上ず~っと続いている
人類共通の大課題である、二元性の、対極の、
陰陽の、善悪の…統合超越がテーマの1年です。

もう西暦3千年期、21世紀ですから
そろそろこの辺で大課題をクリアすべく…
悪を抱き参っていきましょ~^^
a0075956_22222055.jpg

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-09-11 23:00 | スピリチュアル
ジュピターリターン
a0075956_19321542.jpg

9月9日、木星が天秤座に入りました。
来年10月10日まで滞在します。

2016年「9」の年の9月9日から
2017年「10⇔1」の年の10月10日。

個々も社会も「9→10→1」という、
ひとつのフェーズの完成と終了とともに
次の新しいフェーズが始まったことを
実感する1年になっていきます。

木星は、太古の昔から基本的には吉星ですが、
善かれ悪しかれ何でも拡大させるパワーを放ち、
「光」も「闇」も拡大していきます~。

ただ、約1年ごとに星座を移動しているため
スピードも速く、拡大させる象意も一過性です。

天秤座は、二元性を融合して美しいバランスを
創り出すことを課題として促してきます。

拡大していく光と闇の二元性をいかにして
バランスをとって調和させるか?…という
難易度は高くなりますが、
クリアできる…はず…だから
12年ごとに与えられるわけで。。。^^;

木星は、ギリシャ神話では最高神ゼウスの
象徴ということもあって、大きな愛ゆえの
優しさと厳しさを秘めているんですねぇ~。

天秤座の木星は、
10月下旬から山羊座の冥王星と90度、
11月下旬から牡羊座の天王星と180度、
Tスクエアを形成していきます。

右往左往しながらバランス感覚を
試されるようなハードなエネルギーが
来年4月までは続きそうですが、
2011年から続いている、
個々も社会も大変革させる天王星と冥王星の
90度スクエアのエネルギーは最終段階!

最終段階なだけに、
政治や経済、会社や組織など、
個の力だけではどうにも出来ないような
激動劇は起きやすくなりそうです。。。

…が、
厳しくも優しいお父さん役の土星が、
木星とも天王星とも調和関係にあって
道を照らしてくれますから、
冷静な判断と柔軟な行動を心掛けましょう。

現在、土星は射手座にいて
2017年12月20日まで滞在します。
射手座の守護星は、木星です。

その木星が入った天秤座の守護星は、
愛と富と美のビーナス金星です。

これまで理想と現実の狭間で葛藤しながら
頑張ってきたことに対しては
「よく頑張りましたね~」と、
ギフトを受け取ることも起きやすく、
努力には賞賛が、怠惰には叱咤激励が
自他ともに分かりやすい形で
授与されることになると思います。

…というわけで、本題です^^;

出生時の木星が天秤座の方々は、
来年10月10日まで木星回帰となって
12年に1度のリセット&リスタート!
新しい12年サイクルのスタートとなる
チャレンジング・チャンス期です。

出生時の木星回帰=ジュピターリーターン
略して、ジュピリタ~^^;

下記の期間中に生まれた方々、ジュピリタです。
a0075956_18551233.png

緑字にした期間に生まれた方々は、
出生時の土星が射手座に回帰している
サターンリターン中でもある方々です。

社会の中での自分、全体の中の個として
与えられるギフトも課題もダブルとなる
人生最大のチャレンジング・チャンス期です。

赤字にした期間に生まれた方々は、
出生時の土星が天秤座にあって
この1年以内に木星と重なる方々です。
社会的な責任と使命を果たしていくための
チャレンジング・チャンス期です。

また、出生時の太陽が、
天秤座、双子座、水瓶座生まれの方々、
出生時間が分かる方々でASCやMCが
天秤座という方々も同じく
チャレンジング・チャンス期です。

ちなみに私は、ジュピリタです~^^
MCも天秤座。

新しく美しいバランス感覚を養いつつ
ジュピリタパワーを活かしたい所存です^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-09-09 19:19 | 占星術
分岐点の2016年 続編
a0075956_18211731.png

分岐点の2016年、ターニングポイントの8月&9月。

星たちも大忙しで佳境に入りまして、
個々も社会も新しいステージの幕が開いていきます。

<9月の主な星の動き>

9月1日:乙女座で新月(金環日蝕)
  9日:木星が天秤座へ移動
 17日:魚座で満月(半影月蝕)
 22日:太陽が天秤座へ移動、水星が逆行終了
 23日:金星が蠍座へ移動
 26日:太陽と木星コンジャンクション
 27日:火星が山羊座へ移動、冥王星が逆行終了

先月8月18日の満月も半影月蝕でした。

じつはこの8月18日の満月と、
9月1日の新月(金環日蝕)と、
9月17日の満月(半影月蝕)は1セットで、
三位一体の創造エネルギーを放っています。

日蝕=黒い太陽、月蝕=赤い月。
昨年2015年9月~今年2016年9月は
ユダヤ暦ではヨベルの年です。

その締めくくりの時に「蝕」をともなう
3つの満月新月。
数秘で見ると、年月日、月日ともに同じ↓

・2016年8月18日…「8」
      8月18日…「8」

・2016年9月1日…「10⇔1」
      9月1日…「10⇔1」

・2016年9月17日…「8」
      9月17日…「8」

「8」→「10⇔1」→「8」。
「9」が抜けています。

…が、2016年9月9日夜9時、
「9・9・9・9」=36(ミロク)の「9」に
太陽系で一番大きな木星が
12年ぶりに天秤座に入ります~^^

8月30日から水星が乙女座で逆行中なので
太陽が天秤座に入って水星が逆行期を終える
9月22日から本格的に、木星・天秤座の象意が
表われてくると思います。

そして9月27日、
この日も「36(ミロク)」の「9」で、
火星が社会性をつかさどる山羊座へ入って、
その山羊座にいる冥王星が前進を再開。

その後、10月1日に天秤座の新月です。

8月18日、9月1日、9月17日の太陽と月の
蝕をともなう三位一体エネルギーの具現化が、
10月1日の天秤座の新月を機に始まります!

この8月~9月中に願っていたことが
10月1日からの現実になってくるってことです。

妄想の自己都合シナリオ付きの願いごとは、
もれなく正義の女神によって却下されます…^^;

・2016年10月1日…「11」=「2」
      10月1日…「11」=「2」

パートナーシップをあらわす「2」です。

しかもこの新月では、
太陽、月、木星の3つの星が
仲間や理想を意味する第「11」ハウスで
三位一体となるトリプル・コンジャンクション!

いや~それにしても完璧すぎる星の動き。。。

アルファ⇔オメガ、マクロ⇔ミクロ、無限⇔有限…の
完全なるこの多次元共存の宇宙の中で
生かされ生きている私たち…って感じです^^;

木星は12星座を約1年ずつかけて通過して
約12年で一周しています。

木星は拡大発展のラッキースターではあるものの、
何でも拡大させてしまうエネルギーを放っていて
およそ1年間、滞在する星座の象意を拡大させて
個々の状況も社会情勢も変化させていきます。

また、乙女座から天秤座への移動というのは、
12星座の前半から後半への切り替えとなるため、
大きく変容させる転換期を意味しています。

12星座の前半6星座期間は、
自分自身という個の成長と確立を促し、
後半6星座期間では、個と個によって形成される
社会の成長と確立を促します。

約6年間かけて成長した自己という個を、
社会に還元させ貢献させていくことで社会全体を
成長させようという木星ディレクションです~^^

エネルギーのメインテーマは、
乙女座は「マネジメント」でしたが、
9月9日から2017年10月10日までの
木星が天秤座に滞在する約1年間は、
「パートナーシップ・バランス」。

2つのもののパートナーシップを育んで
美しいバランスを取っていくことが課題。

家族、仕事、恋愛、人生…における
自分と他人、モノ、コト、社会…、
「自と他」のあらゆる結びつきにおいて
新しく美しいバランスを取ることが促されてきます。

パートナーを探している方々には
必然的で運命的な出会いのチャンスが、
パートナーがいる方々には、
必然的に運命的に絆が深まって
新しい関係性になるチャンスが訪れますよ~^^

このチャンスを活かすか活かさないか…の選択が
ミクロ宇宙である個々の、個々に繫がるマクロ宇宙の、
運命の大きな分岐点です。

とりあえず…
チャンスは見逃さないようにしましょ~(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-09-08 19:00 | 占星術