<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
情熱の火星最接近
a0075956_5584360.png

5月31日午前7時(日本時間)
火星が地球に最接近!

火星は2年2カ月ごとに
地球に最接近していますが、
今回の最接近時の火星と
地球の距離は7,528万㎞。
最接近の前後数週間は
距離はあまり変わないそうです。

次に最接近するのは
2018年7月31日、5759万km。

21世紀で最大の超大接近は、
2003年8月27日18時51分
5576万kmでした。

忘れもしないこの日この時。
お勤めしていた会社の
大きな記念イベントの直前で
寝不足が続いていたことも重なって
いきなり瞼が腫れ出し、
全身じんましんが出てきて
救急病院に駆け込んだのでした。。。

今回は体調的にも距離的にも
反応しないと思いますが(笑)、
火星、アンタレス、土星が
キレイに輝いているので、
最近ゲットした天体望遠鏡で
夜な夜な眺めています~^^v

占星術的には、
情熱や行動力などを象徴する火星は
4月18日〜6月29日まで逆行中。

今年1月3日に
2年2ヶ月ぶりに蠍座に入って、
3月6日に射手座に移動したのですが、
4月18日に
射手座8度台まできて逆行し始め、
5月27日には蠍座へ戻って
6月29日の蠍座23度台まで
戻ってから順行で前進し、
8月3日に射手座に入って、
9月27日から山羊座に入ります。

今年の半分以上、9月27日まで
射手座と蠍座に滞在する珍しい現象です。

冥王星が発見される以前、
火星は蠍座の守護星でしたから
蠍座に火星が滞在中は情熱や行動も
パワフルになります。

逆行中は、そのエネルギーパワーの
使い方を見直し、過去に諦めたことを
再びパワフルな情熱と行動力で
再挑戦する期間でもあります。

…で、31日の地球と火星の最接近時、
火星は蠍座28度51分。

サビアンシンボルは、
「インディアンの女が自分の子供の
 命乞いをする」。

これまでの自分の思いを捨てるか否か、
次に進むか否か、
様々な感情に翻弄され迷っているものの、
すでに前に進むことは決定している…
ことを意味しています。

蠍座29度は「涙の度数」と呼ばれ、
28日からこの度数にいます。

なぜ「涙の度数」なのか…。

シンボルの言葉から読みとれる通り、
この地球上での深い悲しみを経験し、
あらゆる情緒や感情を超克し、
究極的な純粋な愛のエネルギーへと
昇華して、すべてを包み込み込む
高次元の愛へと回帰到達する過程だからです。

要するに、
過去からの闇のエネルギー昇華中、
闇を光に転換させている真っ最中で、
最高のスピリチュアル度数とされています。

ちなみに私の出生時、
霊的成長を司る海王星が蠍座28度51分。
31日の火星最接近時と
ピッタリのコンジャンクション。

しかも31日の夜は、
光の使者がリビングに現れて7周年^^;

以前も書いたかもしれませんが、
私は小学校2年生頃まで毎日、
鏡に自分の姿が映らず見えず…で、
周囲の家具や壁は映って見えているのに、
自分がどんな顔なのかが分らず、
母の口紅をつけてみたり、
髪を大きなリボンで結んでみたり
色々してみたけど映らず見えず…だったので
ドラキュラみたいに鏡が恐怖でした(爆)

そんなトラウマもあって、
また見えなくなったらどうしよう…という
過去からの深い悲しみを昇華中です^^;


お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-05-30 06:00 | 占星術
2016後半へのギアチェンジ
a0075956_18442880.jpg

5月中旬になりました。
今年後半へ向けて星たちもギアチェンジです。

今日から6月末までが大きな転換点になって
公私ともに色々と続いて忙しい…という方々も増えそうです。

この期間中、「限界を超える」ことが万人共通のテーマ。

自分で限界だと思っていた壁を自らぶち壊して
その先にある、壁の向こう側の本当に望む世界へと
勇気を出して進んでいくことが促されていきます。

拡大と発展のラッキースター木星は
5月10日に逆行期間を終えて、乙女座13度台を前進中。

6月15日からは9月9日に天秤座に移動する前の
乙女座後半のラストスパートに入ります。
ノースノード(ドラゴンヘッド)も乙女座で後半に入っています。

乙女座は、冷静に分析することや洞察すること、
実務や管理能力、現実的に地に足をつけることを
得意とする星座です。

その木星は昨年から何度か、射手座にいる制限や課題の土星と、
魚座にいる潜在意識や夢をあらわす海王星と90度の
Tスクエアを形成し、今年も3月の春分から7月初め頃まで
続いていて、理想と現実の狭間の葛藤を超越する答えを出して
新しい現実基盤を作ることを促しています。

5月20日には太陽が双子座に移動して、
22日には射手座の月と満月となり、水星は逆行期を終えて前進。
25日は金星が双子座に移動して、
26日には木星と土星で90度スクエアを形成します。

5月31日には、蠍座で逆行中の火星が地球に最接近します。

そこに、5月30日から6月10日頃まで
双子座で重なっている太陽と金星と
柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)のグランドクロスが形成。

さらにグランドクロスのピーク中、6月5日には双子座で新月。

6月18日には土星と海王星の90度スクエアがピークとなって
6月20日には双子座の太陽と射手座の月が2度目の満月となって
月は山羊座に移動し、太陽は蟹座に移動していきます。

そして6月21日に夏至をむかえるとともに、今度は
水星、木星、土星、海王星が柔軟宮でグランドクロスを形成。

29日には火星が逆行期を終えて、
蠍座で勢いよく再び前進し始めます。

…と、大忙しで変革モードなのです^^;

破壊と創造の冥王星は全体的に調和的で、
柔軟宮でのスクエアとグランドクロスですから
ジワジワ~ジリジリ~と段階的に徐々に変革していく感じ。

変わらざるをえない、変えざるをえない…という
出来事を通して、じつは自分を、人生を、
変えたかった、変わりたかった方向へと変えていける
チャンスでしかないので、そのチャンスを掴むか否か…が
運命の分かれ道。

拒んでも避けても、本当に望んでいることに気づいて
自ら向かおうとする覚悟を決めるまで
何度でもきっかけが与えられることになると思います。

今日から1ヶ月半、自分自身と向き合う時間、
現実と向き合う時間、家族と向き合う時間をつくって、
より心地よく幸せを感じられる自分になって
望む人生を創造できるよう、
出来そうなことを一つずつ始めてみると良いと思います。

ちなみに私は生まれた時、太陽は射手座、月は乙女座、
ノースノード(ドラゴンヘッド)が魚座で、
ゆるめに柔軟宮のTスクエアがあり、生まれつきずっと
ジワジワ~っと葛藤し続けています(笑)。

今回の変革モードの5月31日~6月1日の
火星が地球に最接近中、ちょうど
光の使者エルちゃん登場7周年を迎えます(爆)

今回の変革チャンスを存分に活かしたいと思います^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-05-15 19:00 | 占星術
結びつける水星
a0075956_14537.png

9日(月)20時から10日(火)3時45分、
10年ぶりに水星が太陽を横断。

前回は2003年5月、2006年11月でした。
次回は2019年11月。
日本で見られるのは2032年だそうです。

太陽にもっとも近くて小さな水星は、
この地球のこの世界を支えている…と言っても過言ではない星。

エネルギーキーワードは、
コミュニケーション、知性、言語能力、学習能力、神経、
交通、通信、情報処理…など。

錬金術の奥義書でもあるエメラルド・タブレットでは、
水星は「逆にあるもの同士を結びつける」ことをあらわします。

左右に分けて描かれた太陽と月、火星と金星、木星と土星の仕事を
結びつける、受け容れる聖杯の役目。
男性性と女性性のエネルギーを結びつける両性具有の星なのです。
a0075956_143191.jpg

水星は大天使ラファエルが守護しています。
ラファエルは、風、西方位、医師、理性、正義をつかさどり、
人々の霊魂と生命の樹を守護し、人々への癒しを役職とする天使です。

逆にあるもの同士は、理性と正義、
知性とコミュニケーションを持ってこそ
結びつけることができるってことかもしれませんね~。

その水星は22日まで逆行中ですが、
牡牛座で逆行中の水星が10年ぶりに日面通過…ということは、
経済やお金、身体、健康、自分自身のルーツに関して見直しを
促されるとともに、改善させていくための新しい気づきを得る
…という合図です!^^

水星の逆行期間中、何らかの出来事によって、
知らぬ間に当たり前だと思ってきたこと、拘ってきたこと
思い込みや偏見、悪癖や習慣、
持たなくても良いプライドという壁にまず気づき、
それらが不要だということに気づき、
その壁を自ら打破して正々堂々と行動していきたい!と、
思っている自分自身に気づくことが増えると思います。

また、視点を変えて自分の現実を見つめ直してみることで、
無理だ、ダメだ…と思ってきたことに意外な突破口が
見つかったり、予想外のアイデアが浮かんできたり、
有益なアドバイスが貰えたりして、方向転換や
再チャレンジで立ち上がる人たちが多いと思います。

7~15歳頃に熱中していたこと、得意だったことを思い出し、
それらを再び日常生活に取り入れてみると…、
昔の自分にはあって、今現在の自分が見失ってしまって
断念していたことを再びトライする勇気や希望を取り戻し、
新たな可能性の扉を開けていけそうです。

乙女座で逆行中の拡大と発展の木星が
10日から順行に戻って前進し始めますから、
一進一退の足踏み状態でモヤモヤした停滞感を
感じていた方々は動き出しやすいタイミング。

14日(土)前後は、水星と金星がコンジャンクションとなって
懐かしい人たちとの再会もありそうです。

なお、水星逆行中は、通信手段や交通機関の乱れ、
急な変更やアクシデント、連絡の行き違いや約束の時間の勘違い、
コミュニケーション上の誤解やトラブルなどにご注意を!

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-05-10 01:30 | 占星術
プレアデス星人たちへ
a0075956_856642.jpg

7日(土)4時29分、この地球を守護星とする牡牛座で
太陽と月が重なりました。

この地上の物質社会をあらわす「地」のサイン牡牛座は
すばる星、プレアデス星団です。

すばる=昴は、もともと♪鶴と亀が統べった~♪の「統ばる」。
プレアデス星団という名称は、
ギリシャ神話のプレイアデス7人姉妹に由来しています。

太陽と月、光と闇、陰陽の統合、7つのチャクラの象徴です。

この地球を含めたこの宇宙は、
太陽と月、金星と火星…光と闇が、陰陽が、
表裏一体で而二不二(ににふに)の宇宙。

いよいよの時でもチラッと触れましたが、
「富士は晴れたり日本晴れ」で始まる日月神示の中で
ちょっと気づいたことがあります。

日月神示は、ものすごく大きく要約すると、
富士=不二・不死・普字・二二・22…という
大宇宙の秩序に則って、今度の三千世界の岩戸開きでは
この宇宙ごと本来の神人合一のミロクの世へと、
新しいミロクの宇宙創造へとすることが書かれています。

その三千世界の岩戸開きの前提条件として、
現代人は体主霊従の生き方になってしまっているので
本来の霊主体従の生き方へと改め、魂を磨くように…、
さもなくば延ばし延ばしにしていたけれど
天地ひっくり返して宇宙ごと立て替えるぞ…と警告しています。

~~~「日月神示 碧玉之巻 第五帖」~~~

七は成り、八は開くと申してあろうが、
八の隈から開きかけるのであるぞ、
開けると〇と九と十との三が出てくる、
これを宮と申すのぞ、宮とはマコトのことであるぞ、

西と東に宮建てよと申すこと、これでよく判るであろうが、
マコトの数を合せると五と五十であるぞ。

中心に五があり、その周辺が五十となるのであるぞ。
これが根本の型であり、型の歌であり、型の数であるぞ、
摩邇の宝珠であるぞ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

根本の型は、
0+1+2+3+4+「5」+6+7+8+9+10=「55」。

現在はこの世のシナリオでも書いた通り、
2004年~2023年まで
「三元九運」の下元の第八運期、八白土星、艮(ウシトラ)の運気。

日月神示は、その艮金神(ウシトラコンジン)
=国常立尊(クニノトコタチノミコト)=地(千・智)の元の神、
=この宇宙の天地の元の元の元の神の使者からのメッセージです。

先日から続いている地震で被災している熊本は、
昔は「隈本」でした。

「隈」は「神」という字の語源と同じく、
奥まったところ、端っこ、隠れているもの…などの意なので、
熊本=隈本=隠れている神の本拠地…。

今年は「9」の年で、九州が被災してしまいました。

第八運期、八白土星、艮=「八」の現在、
隈=天の岩戸に隠れたままのマコトの天照大神
=マコトの太陽が、出てこようとしているんだと思います。

つまり、牡牛座の新月エネルギーに包まれている今日、
牡牛座に太陽が滞在中の20日まで、
それぞれの鶴と亀を統べって、7つのチャクラを開いて
内なるマコトの太陽を登場させてあげるチャンス。

…で、
プレアデス星団からこの地上に降りて来た…という人たちへ。

九州地方をはじめ地域の、周囲の人たちの、国の、
地球の、この宇宙のマコトの太陽を登場させる牽引役として
リーダーとなって輝き放つチャンスです!

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-05-07 09:30 | スピリチュアル
究極のツインソウル 続編
a0075956_7371222.jpg

私たちが体感しているこの宇宙の、
この世界は、それぞれの感覚の違いや
認識の有無、信じる信じないに関係なく、
過去も未来も無限に広がる
永遠の”今“の中に絶えず同時に
多次元世界が重なり合って共存し、
マルチなパラレルワールドが
創造され続けています。

私たちは肉体を持って
モノに囲まれて生活をしているため、
過去から未来へと時空間ごと
一方通行に経過している世界に
生きているように思いがちなものの、
感覚や感情、思考には、
カタチも空間もなければ
過去も未来も制約も制限もなく、
今それぞれに何をどのように感じ考え、
思い出したり思い描いたりするのは
自由自在。

肉体を持たない次元世界では
姿カタチは変幻自在で、
認識する側次第です。

この宇宙は、光と闇の表裏一体。
而二不二(ににふに)で闇も光なので、
それぞれの内なる光と闇の戦いを
超越して初めて
新しい宇宙が創造されていきます。

そして現在、
この宇宙の全次元世界を調和させている
大いなる力の、宇宙森羅万象を創造する
大いなる力のみが司る
大自然のサイクルとして、
この宇宙全体はシフトチェンジ中。

七転八倒or七転び八起き…となるか、
この宇宙全体の七回目の
建て替え準備中です。

そんなこの宇宙の、この世界の、
この人生の中で巡り会った家族、
友達、仕事仲間、恋愛相手…と
お互いに同じように大切に思い合って、
相手の幸せを願って、助け合って、
叱咤激励し合って、高め合っていく
意識と姿勢の力こそ、
新しい美しい宇宙の創造に、
新しい世界の創造に、七回目の建て替えに、
必要不可欠なエネルギーで
最高の波動だと思っています。

…で、究極のツインソウル続編。

大好きな特定の誰かのことを、
運命の人、ソウルメイト、ツインソウル、
ツインレイ、ツインスター…などと
思うのは個々の自由で、
定義付けするものでもないのですが、
ちょっと簡単にまとめてみました~^^;
a0075956_9362767.png

私たちが生きていると感じている
世界は3次元&4次元。
亡くなって成仏した人たちが
生きている世界=天国は5次元。

ほぼ全員が天国から
生まれ変わりを繰り返していて、
亡くなった=星になった…と
言われるように、
アダムとイブに始まったとされる
現生人類は、もともとは7次元の、
星の、ツインスターの分霊です。

日本神話でいうと、
イザナギとイザナミの
神代七代(かみよななよ)が7次元。
別天津神(ことあまつかみ)が8次元。

この宇宙を創造した
三位一体の力=造化三神が9次元、
神界=大歓喜=ツインユニバース=宇宙。

造化三神も別天津神も
両性具有とされる通り、
8次元以上は自己双対している
ツイン〇〇〇です。

どの次元世界も同じように
多次元世界が同時に共存していて、
マルチなパラレルワールドが
創造され続けています。
a0075956_7494687.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どんな宇宙を どんな世界を
 どんな人生を どんな人たちとともに
 創造し続けていたいですか?
 by 光の使者エルちゃん
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-05-06 08:00 | スピリチュアル
地球のチューニング
a0075956_4301337.png

現代は、2160年続いた物質至上文明の魚座時代から
人間本来の精神至上文明の水瓶座時代へ移行中の過渡期。

対極の二元性を統合超越した新しい世界へと、
アセンションへと、宇宙森羅万象すべてが
チューニングしながらシフトチェンジしている大変革期です。

地球が宇宙全体の動きに必死にバランスをとろうと
共鳴呼応し合って動き続けていて、
ポールシフトも確実に進んでいます。

私が視ている光景から考える限りでは
2023年までに発生する可能性が高いと思っていますが、
昨年、元NASAの職員の科学者が今年の6月から8月に
急激なポールシフトが発生すると発表したようです。

マグニチュード6以上の地震の震源地は
プレートの境界線上で起きています。
そしてマグニチュード6以上の地震の数は
21世紀に入ってからケタ違いに増えています。
a0075956_4344897.png

a0075956_43754100.png

この目に見える現象現実の世界は、
目に見えない個々の意識と集合意識の世界によって
創り出されていくので、21世紀に入って
個々の意識の世界での対極の葛藤=光と闇の戦いが
ケタ違いに増えた…とも言えます。。。

…で、5月7日(土)4時29分、
5つの天体の逆行する中での牡牛座16度台で新月です。
水星と金星も牡牛座にいます。

バヌアツの法則や天体のエネルギー象意からしても
この新月前後3日は地震に要注意だと思います。

牡牛座は、肉体、五感、物質性、現実、所有…を意味し、
この現実世界に存在する自分の意識と自身の身体を
受け入れて合体させ、グラウンディングして感じてくる
五感の感覚を受け取ること、
「肉体を持って生きている喜び」がテーマの「地」の星座。

身体の部位としては、神霊界と物質界の境界といわれる
顎、首、肩、耳鼻咽喉、歯、口、甲状腺、食道などを司ります。

新月のサビアンシンボルは「剣とたいまつの象徴的な戦い」。

精神と物質、魂と肉体、理想と現実、
スピリチュアルとリアルなどの二元性の葛藤、
対極の葛藤=光と闇の戦い…をあらわします。

そんな過去から抱えてきた対極の葛藤を手放し、
対極の双方の新しいバランスをつくって目の前の壁を突破し
前進することを促すエネルギーです。

葛藤を手放し続けることで、ごく自然体に
自分の意識と自身の身体が合体していき、
自動的に目の前の壁が突破されて、
地球のチューニングにともなうポールシフトも、
アセンションもスムーズに穏やかに進行して
それぞれが望む現実世界が創り出されていくんだと思います^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-05-01 07:30 | 占星術