<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
さそりの火
a0075956_233541100.jpg

オリオン座流星群、太陽の蠍座入り、十三夜に続き、
10月27日(火)21時05分は牡牛座の満月です。

この満月の太陽のサビアンシンボルは
蠍座4度「火の灯ったロウソクを運ぶ若者」。
月のサビアンシンボルは、牡牛座4度「虹のたもとの金の壷」。

金星、火星、木星は乙女座でコンジャンクション中。
天秤座の水星と牡羊座の天王星はオポジション(180度)。
その他の星たちは調整役となって形成する満月です。

天と地をつなぐ霊的共鳴の原理からくる豊かさ、
親しい人たちとの心の交流を意味し、
自分の運命についての啓示的体験によって
自分自身のいる環境に愛着と恵みを感じ得ることを表わします。

今ある恵みに感謝し、
天と地を繋ぐ存在である自分自身を信頼し、
信仰と信頼という見えない力に大きく包まれ導かれ、
今この物質に囲まれた現実に生かされ生きている尊さを享受する・・・
そんな満月エネルギーです。

今ある大きな恵みや幸せを感じ得る心、感謝する心の中の
自他ともに幸せの笑顔が増えていくマコトの願いのみが
叶えられていく・・・そう思います。

宮沢賢治氏の「銀河鉄道の夜」の中で、
四次元列車の銀河鉄道に乗車してきた少女が
「蠍の火の話」をします。

小さな虫たちを殺して食べていた一匹の蠍が、
イタチに食べられそうになって一生懸命逃げたものの
イタチに押えられそうになって井戸の中に落ちてしまい、
溺れ始めた蠍が神様に祈ります。

「どうか神さま。私の心をごらん下さい。
こんなにむなしく命をすてず どうかこの次には
まことのみんなの幸(さいわい)のために
私のからだをおつかい下さい。」

すると蠍は、自分の身体がまっ赤な美しい火になって燃えて
夜の闇を照らしているのを見た・・・
そしてその火は今も燃え続けている・・・というお話です。

蠍座のエネルギーキーワードは、
「変容・超越・ソウルメイト・熱中」など。
その中で赤く輝く一等星アンタレスのエネルギーの
キーワードには「自己犠牲」があります。

宮沢賢治氏はこのことを知っていて
この宇宙を共に生きているソウルメイト=みんなの
幸せを願うマコトの心の炎を、
「さそりの火」に例えて伝えているのだと思います。

その蠍座にいる太陽と、
二元性や物質をキーワードとする牡牛座の月で形成する
今回の満月を機に、天の自分と地の自身を繋ぐのは
今ここに在る自分自身であることを認め、
みんなの幸せを願うマコトの天の自分を
マコトに地の自身へと体現させていくことが
ますます促されてきます。

・・・で、今年も残りわずかとなってきたので、
ちょっと真面目な話を。

占星術での時代区分は、
12年×6セット=72年を1スパンとして観ます。

この宇宙は1989年から、
それまでの約2160年続いた物質性中心の魚座時代から
精神性中心の水瓶座時代に移行を開始しています。

少しずつ新しい時代への大変革の象意が出始めて
2000年代に入ってからは、昭和での成功法や体制や
既成概念は過去のものとなって次々と崩壊していきました。

占星術師やチャネラーたちは周知のことと思いますが、
マヤ暦の2012年12月22日という終末説や
アセンション騒ぎ以前の2008年には、
正式に新しい時代を創造していく大変革のエネルギーに包まれ、
対極の二元性から超越へと地球全体が大変革の
シフトチェンジ・モードに突入しています。

2011年には個々の霊的意識レベルにおいて大変革の
シフトチェンジ・モードに突入しました。

アセンション(次元上昇)とは、ひと言でいえば
自分自身の意識という波動を高めることを指します。

物理的で受動的なことではなく、
現実の中で生きる自分の自我を肉体に宿る以前の
高次元の自己である真我に向けて
主体的に能動的に統合させていこうとする意識によって
日々を実践的に行動していく姿勢そのもののことです。

自らの自我と真我、心と身、
対極の統合超越へと向ける意識と行動によって
この宇宙の波動も上昇しています。

2012年には、個々の価値観の変化が浮き彫りになっていき、
2013年は、時代から時代へのターニング・ポイントを迎え、
2014年には、新しく再出発するエネルギーに促され、
今年2015年からは、個々も組織も社会単位も
新しい時代を創造する抜本的な建て直しによる
新しい基盤をつくることが促されています。

そして来年2016年から2017年には、
「その基盤で本当に大丈夫?それってホンモノ?」と
新しい基盤をより強靭なものへと調整していくことを促され、
矢継ぎ早に試されていくような容赦ないエネルギーに
包まれていきます。

こうした流れの中にいる今現在、来年以降に備えて
この満月からマコトのホンモノの自分自身へと
本気で意識を切り替えて本気で行動に移していく段階に入りました。


~2011年8月28日 光の使者チャネリングメッセージより~

もう間もなく 行動せざるをえない時がやってきます
あなたたちの兄弟姉妹たちがともに創り出した
文明や知恵が創り出した生活 
あなたたちが築いてきたすべての価値観が 
今 次のステージに歩みを変えるために 
あなたたちは意識の中に新たな気づき
そして行動する機会を与えられています

試したいあなたが望んだ現実です
あなたたちの想い 力 そのエネルギーは 
私たちのいるこの大きな大きな世界の
流れを一瞬にして変える力に変えられるということを 
どうぞ知っておいてください

今 次に何を望みますか?
今 この次の瞬間 あなたは何を選びますか?
************************************
お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-10-27 00:00 | 占星術
アンタレス
a0075956_7371296.jpg

今週から太陽が入る蠍座は
最古の星座の一つ。
天の川に沿って大きなS字を描き、
日本では夏の星座として
南の空に赤く輝いて見えます。

ギリシャ神話では、
オリオンの傲慢さに怒った
女神ヘラー(=ガイアorレト)が
地上にサソリを送って猛毒の針で
オリオンを殺させ、
サソリはその功績を称えられ
天に昇って蠍座になったとされています。

その様子を知った女神アルテミスは、
オリオンを不憫に思い、
オリオンも天に昇れるようにと
ゼウスに頼んだことでオリオン座になった
…とされています。

…が、日本神話では逆設定。
サソリ=ヤマタノオロチ、
オリオン=スサノオとされ、
オリオンがサソリをやっつけています。

また、七夕伝説では
彦星(牽牛星)=スサノオ=オリオン、
織姫(織女星)=アマテラス=プレアデス
という話もありますが、
私には違和感アリアリ。。。^^;

蠍座の心臓部分には、
全天に21ある1等星の1つ、
蠍座α星「アンタレス」があります。

アンタレスは、ラテン語由来で「蠍の心臓」
ギリシャ語由来では
「火星に対抗するもの」の意。

アンタレスは恒星の赤色超巨星で、
直径は太陽の720倍!
明るさは太陽の6.5万倍!
全エネルギー放射が太陽の3万倍以上!

先月はアンタレス付近で
ニュートリノが検出されたようですが、
毎年12月2日頃にアンタレスの北5度の位置を
太陽が通過しています。

昔から占星術では自ら光を放つ恒星を重視し、
古代バビロニアでは
ロイヤルスター(4大天使の星)として、
アンタレスは西の王(大天使ラファエル)と
されてきました。

西方位は、西方浄土、西遊記…など
「この世とは違う場所」
「自分とは違うものがいる場所」を意味します。

アンタレスは、
生から死へ、死から再生へ…という輪廻の中で
カルマ(業)が昇華されて燃えている様子で
まるで閻魔大王のように、
生と死、現実世界と魂の世界…を調整する星です。

破壊と創造、死と再生、自己犠牲、戦略…など
火星と冥王星のエネルギー象意を
合体させたような絶大な威力。
このエネルギーを正しく善の方に使うと、
悪を滅ぼし、人類を浄化し、
山をも動かす…と言われるほどです。

占星術で恒星は、
72年かけて1度進むスローペース。
通常、星たちのアスペクトは
オーブ(許容度・誤差)3度以内で観ますが
恒星と他の星たちのアスペクトは
1度以内のコンジャンクションのみ注視します。

…で、実際の天体のアンタレスは蠍座ですが、
占星術では射手座の9度台にいます。

9月18日から土星が射手座に入ったので
12月から土星&アンタレスの象意が出てきます。
火星とアンタレスが合となると、
戦争が起きると言われていて
来年の夏は要注意かな…と。

なお、アンタレスが「死・終わり」を司るなら
「生・始まり」を司るのは向かい側の
双子座9度台にいるアルデバラン。

アルデバランは、
実際の天体では牡牛座の目にあたる
牡牛座の中で一番明るい恒星です。

前置きが長くなりましたが、
何を言いたかったかというと…、
蠍座のギリシャ神話を日本に置き換えると、
サソリがスサノオで、
オリオンがアマテラス!と思っただけでした(爆)

ちなみに、書くべきか悩みましたが…
私の出生時の太陽はアンタレスと
完全0度コンジャンクション。
他の星のアスペクトを観ても因果な宿命でして、
正しく善の方に使って、山を動かそうと思います(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。




by divine-msg | 2015-10-21 08:00 | 占星術
アースエンジェル
a0075956_22484915.jpg

太陽は23日まで天秤座にいて蠍座に移動していきます。

占星術は、
星たちが地球の周りを回っているという「天動説」ではなく、
地球から見て、この太陽系の主な10星
「太陽、月、水、金、火、木、土、天、海、冥」が、
何座の何度か?星たちの位置関係は?どんな部屋にいるか?など
感受点や他の星たちも含めた
「ホロスコープ=地球を中心に主観的に作った設計図」を使って
多角的に象意を読み解いています。

また、星たちには、
本来のパワーを発揮する星座(各星座の守護星)があり、
そこに滞在する時期はエネルギーの象意も大きくなります。

<各星座の守護星>
牡羊座(白羊宮)・・・火星
牡牛座(金牛宮)・・・金星・地球
双子座(双児宮)・・・水星
蟹座 (巨蟹宮) ・・・月
獅子座(獅子宮)・・・太陽
乙女座(処女宮)・・・水星
天秤座(天秤宮)・・・金星
蠍座 (天蠍宮)・・・冥王星
射手座(人馬宮)・・・木星
山羊座(磨羯宮)・・・土星
水瓶座(宝瓶宮)・・・天王星
魚座 (双魚宮)・・・海王星

太陽から見て、地球は何座にいるのか?・・・というと、
現在の太陽星座と180度反対側の星座にいます。
現在、地球から見て太陽は天秤座にいるので、
太陽から見て地球は牡羊座です。

天秤座の守護星は金星、牡羊座の守護性は火星。

天秤座は「結びつき・調和・バランス」などをあらわし、
キーワードは「I weigh(私は計る)」。
春分点から始まる12星座トップバッターの牡羊座は
「始まり・リーダーシップ」などをあらわし、
キーワードは「I am(私は存在する)」。

先日13日の新月を機に、
新しい「天の現実の自分」がスタートしています。

蠍座の守護星は、死と再生の冥王星、
牡牛座の守護星は、愛と富と美の金星と、この地球です。

蠍座は「変容・超越・ソウルメイト・熱中」などをあらわし、
キーワードは「I desire(私は欲する)」。
牡牛座は、12星座2番目で「二元性・物質・安定」などをあらわし
キーワードは「I have(私は所有する)」。
今度は、新しい「地の物質現実の自分自身」が受け取っていくわけです。

毎年のサイクルなので、
私たち地球人は毎年アセンションし続けてるってことです~^^

繰り返しますが、牡牛座の守護星は金星と地球。
牡牛座といえば、二元性・物質・安定・・・
プレアデス星団、すばる。
金星といえば、愛と富と美のヴィーナス。
自然豊かな地球といえば、地球人(爆!)

つまり、プレアデス星団から地球に舞い降りて、
愛と富と美の女神とともに
肉体という物質に受肉したのが地球人!アースエンジェル!

だから毎年、太陽が蠍座にいる1ヶ月間、
驚異的な冥王星の死と再生のエネルギーと
変容・超越・ソウルメイト・熱中…のエネルギーに包まれながら、
私たち地球人が、アースエンジェルとして
より相応しい新しい自分自身に再生変身していくのです~^^

~マタイによる福音書 第7章7~12節~

「求めよ、そうすれば与えられるであろう。
捜せ、そうすれば、見出すであろう。
門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。
すべて求める者は得、捜す者は見出し、
門をたたく者はあけてもらえるからである。

あなたがたのうちで自分の子がパンを求めるのに、
石を与える者があろうか。
魚を求めるのにへびを与える者があろうか。

このように、あなたがたには悪い者であっても、
自分の子供には良い贈り物をすることを知っているとすれば、
天にいますあなたがたの父はなおさら、
求めてくる者に良い物を下さらないことがあろうか。

だから、何事でも人々からして欲しいと望むことは、
人々にもそのとおりにせよ。
これが律法であり、預言者である。」

今現在、地球がいる牡羊座には天王星がいます。
天王星は、2011年3月12日から正式に牡羊座に入って
2018年5月16日に牡牛座に移動します。
11月に逆行して正式には2019年3月6日から牡牛座です。

その時ついに・・・、
先日のブログ「あいつ」に書いたように
天地ひっくり返って、スサノオノミコト降臨!!!

お読みいただきまして、ありがとうございます。

by divine-msg | 2015-10-19 23:00 | スピリチュアル
おおきに
a0075956_2127306.jpg

珍しく連続更新、本日3回目~^^;

戦前戦後、私の父方の祖父も曽祖父も着物の図案家で
呉服屋をしていました。

その図案集が現在も国立図書館に保管されているのですが、
つい先日、嬉しいことに、
その図案集をご紹介くださっているウェブサイトを発見!

ご紹介くださったウェブサイト運営管理者様へ
伊藤家を代表しまして御礼申しあげます。
おおきに、ありがとうございます(*^^*)

伊藤山香 「明彩朗色集(1930年発刊)」

是非ともご覧いただいて
お仕事や趣味などでご活用いただければ幸いです。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-10-07 21:30 | その他
ジャスティス
a0075956_1833355.png

9日午前2時半に金星が乙女座に移動します。
9日午後11時58分には
天秤座で逆行中の水星が順行に戻ります。

11日には、乙女座に入った愛と富と美の金星と、
射手座にいる規律と責任の土星は90度。

12日には、乙女座にいる拡大と発展の木星と、
山羊座にいる死と再生の冥王星が120度。
新月域の天秤座にいる太陽と、
牡羊座にいる改革の天王星は180度。

そして13日午前9時7分、天秤座19度台で新月です。

天秤座に太陽と月と水星、向かい側の牡羊座に天王星。
乙女座に火星と金星と木星、向かい側の魚座に逆行中の海王星、
その真ん中90度に射手座の土星、隣の山羊座に冥王星がいます。

新月のサビアンシンボルは、「自分の務めを取り行うラビ」。
自分の信念に従って、何か問題があろうとも
やるべきことを段々と着々と行動していく様子です。

天秤座は、中から外へ表現すること、
新しいことを始めるのが得意な星座です。

前半6つ、後半6つある12星座の7番目、
後半のトップバッター、
前半と後半を繋いで走る風の星座で「バランス調和」がテーマ。

タロットカードでは「正義(Justice)」。
均衡、裁判、正当性、公平、平等、安定、正しい判断、
地位、名誉・・・。
正義の女神に象徴されるように、剣と天秤を手に持ち
公平な判断をしていく力を表します。

自己の中と外、新旧、理想と現実、自分と他人、
自分と社会・・・がバランスよく調和するよう
心身のアクセルとブレーキを正しく踏みながら
安全走行していくことを促すエネルギーです。

総じて・・・、
通信やコミュニケーションはスムーズになり、
個々に迷いや不安定さ、異論抗争などを伴いつつも
「やるべきことを、やるしかない」エネルギーに包まれ、
より現実的で実利的な方向へと革新の一歩を歩み出し、
物事が大きく前進し始めて新しい現実世界がスタートします。

・・・で、今日から早速、仕事の目標管理と同じように
理想とする自分と、現状の実態である現実の自分、
そのギャップ(=問題)をノートに書き出して
問題を抽出(What)してみると良いです。

次に、それらの問題を纏め直し、
原因を究明して課題を導き出し(Why)、
課題をクリアしていく解決策を考え(How)ます。

最後に、その課題の解決策ひとつずつに対して、
いつ、何を、どこで、どのように、いくらで・・・という
5W2H(Whoは自分自身)を明確にした現実的な
アクションプランを作ります。

新月の日には、そのアクションプランと成果イメージを、
他人の前でも宣言し、実行開始!
Do it! Action!

この世は、自分自身を創造していくのが最大の仕事なので、
宣言した時点から、
新しい現実世界がスタートし始めていきますよ~^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-10-07 19:00 | 占星術
記憶の歪み
a0075956_1282824.jpg

寝ている時に見る夢の内容は、
70%が気になっていることの比喩表現や象徴、
15%が実際の記憶、
残りの15%が歪んだ記憶や偽りの記憶。

一方、催眠療法で体験する幼少期や胎児期、
前世の記憶の内容は、
70%%が実際の記憶、
15%が気になっていることの比喩表現や象徴、
残りの15%が歪んだ記憶や偽り記憶。

夢の内容も退行催眠の記憶内容も、記憶の歪みが15%。

私は、この記憶の歪みは、
メンタルブロック(=思い込みのフタ)で、
重力だと思っています。

一般相対性理論でいうところの「ゆがみ(重力歪み)」です。

質量のある物体の周囲の時空は、歪みが生じて、
直線運動をしている物体は曲がって進み、
光さえも曲がって進むようになります。

質量が大きな物体では周囲の時空の歪みも大きくなり、
大きすぎれば光も脱出できなくなる領域(=ブラックホール)が
生じると考えられています。

・・・ということで、
前回「意識の構図」で書いた
顕在意識5~10%
潜在意識80~90%
超意識or原始意識5~10%。

メンタルブロック(=思い込みのフタ)を含めると、
顕在意識5~10%
メンタルブロック15%
潜在意識65%~75%
超意識or原始意識が5~10%だと思います。

そのメンタルブロックを崩して、
深海の光をまっすぐ解き放つ時、
新しい宇宙が、地上の王国が、現れるのだと思います~^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-10-07 01:30 | 心理学
意識の構図
a0075956_0535122.jpg

よく氷山に例えられている人間の意識の構図。

海面から出ている部分が顕在意識。
海面に出ていない部分が潜在意識。
海面に出ていない一番下の部分が超意識or原始意識。

ワークショップで簡単に説明したりもしてきましたが、
このたび勝手に色々と持論もミックスして1枚に纏めてみました~^^

ご興味のある方は拡大してご覧くださいませ。
a0075956_22593552.png


お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-10-05 00:30 | 心理学
ホンモノ
a0075956_2250392.jpg

ひと昔前まで、志望する肩書きの仕事をするのには、
先ずその仕事に就くために勉強して、
下積みを重ねて・・・という段階的なステップでした。

昨今では、仕事も肩書きも多種多様になり、
その仕事の専門知識やスキル、経験値に問わず、
その肩書きの担当仕事に就いてから
学んで経験を重ねていく・・・という人も多いと思います。

ビジネスとしては、
マーケットやクライアントニーズを掴んで
特別な付加価値が感じられるモノやコトを提供できる企業や
個人ほど、繁盛して目標予算を達成して
評価も認知もあがっていきます。

確実にターゲットが集客できて
イメージも売上も利益も上がれば成功とされるものの、
じゃあ、ホンモノって何?・・・って思うこの頃です^^;

私自身を棚にあげて言えば(笑)、
21世紀に入ってスピリチュアルブームとなり、
占い師、ヒーラー、チャネラー、カウンセラー、
スピリチュアリスト・・・など有償無償に関係なく
仕事にする人たちは年々増え、養成スクールや認定資格も、
占いやヒーリングサロンも増え、占いサイト数は数十万件です。

19世紀後半から同じようなブームは何度か起きていて
現在のスピリチュアルブームの背景には
1960年代のカウンターカルチャー、
70年代後半~80年代に盛り上がった
ニューエイジブームがありました。

占星術で観ると、1948年~2000年頃は、
海王星と冥王星が60度、天王星と冥王星の0度、
天王星と海王星の0度、天王星と冥王星の60度
(いずれも誤差5度以内)・・・と続いています。

他の星たちとの関係からも総じて、戦後の約50年は、
人々は神秘的なこと、スピリチュアルなこと、
芸術芸能などに興味を示しやすく、
そこから真の自分の生き方を模索し、今日を生き、
明日の未来を切り開こうとする勢いでした。

また、この期間に生まれた方々の中に、
先天的に本当に視える、聴こえる、感じる、
癒せる・・・人たちがいたり、学問や芸術などで
一芸に秀でる天才児がいたりするのは不思議ではなく、
後天的に、ニューエイジブームの際に感化されて
研究や実践しているうちに目覚めたという人がいても
不思議ではありません。

そして、1960年代生まれの方々が中心となり
21世紀のスピリチュアルブームを牽引。

当然ながら、個々に出生時間や場所など
出生データは異なるので、正確なホロスコープや
四柱推命など命式で精密鑑定すれば、
視えるという人たちや仕事にする人たちが、
先天的な天然系か、素質ある系か、本気修行開発系か、
ブームに乗っかるビジネス演出系か、趣味系か、
勘違い系か、ペテン系なのか・・・は分かります。

もちろん、どんなに天然系や本気系でも
我欲や恐れに支配されて歪んだ方向に使えば
オーラも容姿も別人のようになってしまうため
一目瞭然になると思いますが・・・^^;

人には宿命があり、宿命は生まれ持った原石、
気(エネルギー)の質、素材、素質、
資質、資源・・・で先天運。

その原石のエネルギーをいかに磨き、
いつどのように使うかによるのかで運命が創られる、
運命は後天運です。

占星学(術)をはじめスピリチュアルな
メッセージというのは、
当たるor当たらない、信じるor信じない・・・と
言われがちですが、占いは参考書の1ページのようなもので、
メッセージは、今という瞬間につながる未来の
可能性の1つなので、どのように解釈して活用するか、
どんな現実を創るかは自由自在。

嬉しいことを言われたor読んだなら、
そうなるよう努めて当てにいき、
不安になることを言われたor読んだなら、
恐れるのではなく、日々思い当たることを自重して
自律に努めて、別の未来の現実を創造していけば良いだけ。

こうした占星術を知らずとも、不思議なことに、
思った、決めた、出会った、行動した、
上手くいった、ダメだった・・・という時や物事は、
すべて無意識にエネルギーをキャッチしての必然で、
原因と結果はつねに同時、思った瞬間に結果は得ています。

・・・で、最初に戻って「ホンモノ」について。

どんな仕事でも、その仕事の分野に対する宿命的な
素質や適性はありますが、人として「ホンモノ」の
人間力を磨き続けて、驕ることなく
プロフェッショナルに成り続けていくこと、
そうした姿勢の人たちが創り出し提供するモノやコトが
「ホンモノ」なんだと思います。

その「ホンモノ」は、受け取った人たちによって
より輝いていくのだと思います。

ちなみに、私自身を東西の占星術で客観的に観ると、
人並みに生きるのが大変そうな天然系で
素質も適正もあるとは思うものの、
人間力ちっちゃっ・・・とモガき続けて
今年2015年「8」の年に8月で丸8年経ちました^^;

888、ハハハ~です(爆!)
失礼しました。

スピリチュアルブームは、
2019年からスピリチュアル=リアルブーム(仮)へと
シフトして終焉に向かい、
2039年頃には、一部のコアな研究者、信者、
ファンを除いて、仕事にする人も、趣味にする人も、
興味を持つ人もいなくなっていきます。

スピリチュアル=リアルが当たり前の時代、
テクノロジーの発達によって見えないものが証明され、
SF映画やアニメの近未来の社会が実現するからです。

既存の職業や仕事の半分以上は無くなると思った方が
良いかもしれません。。。

何屋さんになろうかな~(爆!)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-10-03 23:00 | スピリチュアル