<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
究極のツインソウル
a0075956_18134165.jpg

検索ワードに「ツインソウル」
というのが多いので、
「究極のツインソウル論」を書きます。

まず前提で、「ソウルメイト」というのは
「魂の仲間・友・相棒」。
広義には、この宇宙の全員。
(肉体の有無に問わず)
少し絞り込んで言うと、
自分の人生の中で出会う人たち全員です。

一般的にはさらに狭義な意味で、
人生の中で出会う人たちの中でも、
長期or短期に関わらず、家族や親族、
友達、恋人、子供、先輩後輩、同僚、
恩師など個人的なお付き合いがあったor
ある「ご縁」の深い人たちのこと。

類は友を呼び合って「ご縁」が生じるので、
言い換えれば皆が運命の人たちであり、
天から同じ使命を持って地上に舞い降りた
二卵性双生児の天使です~^^

誰しも何度も生まれ変わって、
人生を通し、出会う他人を通し、
“愛⇔恐れ”の対極のエネルギーの
バランス調和を学びながら、
自己の中の恐れを克服し、超越し、
“与える(愛する)=受け取る(愛される)”
という相互に対等に補完し合う「愛」という
流動・循環のエネルギーを大きく広げていく
使命を持って生まれてきています。

毎日を「嬉しい!幸せ!ありがとう~!」と
生きること自体に感謝できる自分になるため
の学び、魂磨きへの挑戦とも言えます^^

そして、
「ツインソウル」というのは「双子の魂」。
一卵性双生児の天使です。

一般的には、
「ソウルメイト」の中でも特にご縁が深い
パートナーをあらわす意味で
「ツインソウル」という言葉や「魂の片割れ」
という言葉が使われがちですが、
「究極のツインソウル」というのは下記2種。

1つは、早い話がコピーやクローン(爆)
性別や人数は関係ありません。

実際に双子や三つ子や四つ子として
生まれてくるなど、
基本的にDNAが一致していたり、
同じ生年月日と時間に生まれていたり、
占星術では星や感受点が重なり合う
コンジャンクション(0度)で、
同じ宿命のもとに生まれ、
あらゆることがシンクロする人です。

実際の双子や三つ子などの
兄弟姉妹でない場合は、
似たもの同士ですから、
出会って意気投合しても反発も大きく、
運命共同体のように一緒に生きていく
というのは稀です。

もう1つは、
占星術ですべての星や感受点が
オポジション(180度)の男女。
心身の陰と陽が対極の相手、
まさしく「魂の片割れ」です。

この男女にも、森羅万象すべて
陰陽・表裏一体ですから、
さらに下記の2ペアが存在します。

①体が男性・魂が女性性(変性男子)
 ×体が女性・魂が男性性(変性女子)

②体も魂も男性性(真性男子)
 ×体も魂も女性性(真性女子)

現代物理学の量子論では、
絶えずプラスとマイナスの素粒子が
生まれては消えて相殺されるゼロ状態を
「無=真空(ゼロポイント)」といい、
絶対無は存在しません。

自然界の基本の4つの力、
「重力」「電磁力」「強い力」「弱い力」の
組み合わせが、あらゆる物理現象を
引き起こすと考えられる中で、
「無=真空」には、謎の力とされる
ゼロポイント・エネルギーがあり、
電子と陽電子のペアが突然出現することが
観測されています。

この「無=真空の揺らぎ」に、
極めて高いエネルギーで、
素粒子よりも小さい超ミクロ宇宙が生まれ、
そこに無限大のエネルギーが
光速の何兆倍ものスピードで
すべての方向に猛烈に膨張する
インフレーションが発生し、
膨張とともに温度が下がり、
ゼロポイント・エネルギーが
強烈な高熱エネルギーとして開放され、
ビッグバンが発生し、
この宇宙が誕生したと考えられています。

こうした宇宙誕生のプロセスは、
無=真空=混沌(カオス)から、
神(ゼロポイント・エネルギー)によって
光と闇((電子と陽電子)のペアが…と、
創造神話や私たち人間の世界も同じ。

「究極のツインソウルの男女のペア」が
出会って結ばれると新しい宇宙が生まれ、
世の中を変える力を持っています。

究極的な対極の統合・超越となり、
真の愛の世界、ミロクの世が実現!

だから一般的な出会いは皆ソウルメイト。
好きも嫌いも他人は自己投影の合わせ鏡。

「ツインソウル」を説明する本などには、
ツインソウルに出会うと、
懐かしい感じがして急速に惹かれ合い、
さまざまな感情が溢れ出てきて
エゴに葛藤するようになり、
男性が逃げ出し自由になり(ランナー)、
女性は理解できず追いかけ(チェイサー)、
女性が苦しんだ挙句に霊的に成長して再会
という段階がある修行のようなもの…
とあります。

…が、こうしたプロセスは
「ツインソウル」にかぎらず、
共依存関係や恋愛回避症と依存症の
男女は特に、人間関係では
よくあることでもあります。

逆に言えば、理性や理屈を越えて
さまざまな感情が溢れ出てきて
大いに悩み苦しむ相手ほど、
親子や家族の問題をはじめとする自己の
課題を教えてくれる相手であり機会。

いっぱい悩んでエゴと葛藤して手放して、
大いなる導きに委ね、自分の変化とともに
展開する現実を楽しむべし!です。

…で、
私の「究極のツインソウル論」というのは、
ソウルメイト、ツインソウル、ツインレイ、
ツインフレーム、運命の人、前世〇〇など
人それぞれ思いたいように思って、とにかく
毎日を「嬉しい!幸せ!ありがとう!」と、
生きることに感謝して過ごせれば
何でもイイんじゃね?…という持論です^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-05-08 19:00 | スピリチュアル
地上の星
a0075956_0325994.jpg

5月1日(金)から知性とコミュニケーションの水星が
本来の星座である双子座に戻りました。
今月からは知的なコミュニケーション活動が盛んになりますよ~^^v

・・・が、その前に、
このGW中に自己点検してね~と言わんばかりに、
3日に水星が射手座にいる土星と180度となり
思考にブレーキがかかって見直しを促されます。。。

そして、4日(月)12時44分は満月。
太陽は牡牛座13度台、月は180度反対の蠍座13度台。

サビアンシンボルは、太陽は「ポーターが重い荷物を運んでいる」、
反対の月は「発明家が研究室で実験をしている」。

欲求を満たすためには、限られた条件や人脈などを
試行錯誤することで、今までにない発想とやり方で
成功できるはず・・・という挑戦的なエネルギーです。

18時すぎには太陽と獅子座にいる拡大と発展の木星が
90度を形成して、この満月のエネルギーの緊張感も拡大します。

6日(水)の夕方には、緊張も緩和してきて
牡牛座の太陽と山羊座にいる冥王星が120度に。
人生の夢だと思っていたことが現実的な目標に変わって
突破口が開ける暗示です^^v

また、8日(金)の8時前には愛と富の金星が蟹座へ移動して
人・モノ・コトとのパートナーシップの在り方が変化しそう。

10日(日)午前1時すぎには双子座の水星と魚座の海王星が90度、
11日(月)19時半すぎには下弦の月で、
牡牛座の太陽と水瓶座の月が90度となるため、
公私混同による知性の混乱が起き、
思考と感情が葛藤しやすいと思います。

12日(火)には火星が双子座へと移動し、水星と同居。
15日(金)には、火星は射手座にいる土星と180度となって、
個々の考えを熱く語り合うようなシーンが増えそうですが、
ヒートアップして論争が勃発するかもしれません。

18日(月)は13時13分に牡牛座26度~27度で新月。
自分の持ち物や資質を使ってコミュニケーションをはかり、
信条などを伝達してアピールするエネルギーです。

ただし、翌19日(火)からは今年2度目の水星逆行期に突入。
6月12(金)までの逆行期間中は、
メールや電話などの通信トラブル、コミュニケーション上の誤解も
生じやすくなりますから、一方通行な伝達にならないようご注意を。

この5月は全体的に
「見えるもの、見えないもの、どっちも欲しい!」と
手に入れたと思ったら、衣替えのように「やっぱりやめた!」と
手放すような変動期で、個々に心境も状況も慌ただしい傾向にあります。

コミュニケーションは活発化する時期なだけに、
軽い気持ちで言ったつもりが大変な事態に・・・とならないよう
自己中な言動に注意して、何ごとも年相応、分相応に、
慎重かつ臨機応変な言動がツキを呼ぶことになると思います~^^

今年2015年は、十干十二支では「乙未(きのとひつじ)」。
「陰の木」と「陰の土」のエネルギーの年です。
この5月は「辛巳」の月で「陰の金」と「陰の火」のエネルギーです。
「陰」だらけ~、4つも陰・・・よいん(爆!)^^;

まじめに・・・、
今月は、過去の成功or失敗の余韻を引きずる古い自分を卒業し、
自ら新しい明るい流れを創るために努力して
着実に一歩ずつ前進することを促されるエネルギーに包まれていきます。

なお、前回の「未(ひつじ)」の年は2003年でした。
この年、NHKのドキュメンタリー番組「プロジェクトX」の主題歌で
中島みゆきの「地上の星」が大ヒット。

♪風の中のすばる~♪・・・で始まるこの歌。
※「すばる」=プレアデス星団(牡牛座の恒星集団)。

頑張っている無名な人たちに光をあてるという番組コンセプトに対し、
その人たち自身が地上で星のように光を放っている・・・
として作られたとのこと。

まさに私がフルトランスのチャネリング時に視る光景と同じ、
光の使者エルちゃん視点~^^

♪地上にある星を誰も覚えていない 人は空ばかり見てる♪
というフレーズは、私の解釈としては・・・、
人間たちは空想ばかりして、
テレビやインターネットなどの情報画面ばかり見て、
同じ魂の故郷の天(プレアデス星団)から、
この地上にともに舞い降りてきた天使たち(魂の家族・ソウルメイト)のことを
覚えてもいなければ見てもいない…です^^;

天地合一、神人合一である魂の記憶を思い出して
ちゃんと今在る自分自身と他人が放っている光を見て、
その光をより一層より美しく輝かせてね~っていうメッセージかと。

・・・で、まとめ。
太陽が牡牛座(プレアデス星団)にいる今月。
私たち皆=地上の星たちが
輝くために与えられたチャレンジングステージなのです~^^v

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-05-02 00:30 | 占星術