<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
後ろの正面
a0075956_0453591.png

日本には「一霊四魂(いちれいしこん)」という思想があります。

人々の心は、天と繋がる「一霊=直霊(なおひ)」と
「四魂=和魂(にぎみたま)、荒魂(あらみたま)、
奇魂(くしみたま)、幸魂(さきみたま)」から成り立ち、
四魂のバランスを一霊(直霊)がコントロールしているというもの。

和魂(にぎみたま)は「和・親」をあらわし、
親しみ交わる「調和」を、
荒魂(あらみたま)は「勇」をあらわし、
努力して前に進む「活動」を、
奇魂(くしみたま)は「智」をあらわし、
分析力、理解力など知性の「霊感」を、
幸魂(さきみたま)「愛」をあらわし、
人を思いやり相互理解をはかり愛し育てる「幸福」を
担う・・・とされています。

この思想・・・、
太陽の中心部で水素原子核4つが、
ヘリウム原子核1つに変わる核融合と同じ仕組み。

世界中の思想や宗教、学術学問はすべて、
人間たちが自然と共生しながら細分化して
体系化してきたものなので
すべての原点を融合したものこそ、
この世の真理だと思っています^^;

だから人間も日々の原点回帰が大事で、
自分は何をしている時が嬉しい?悲しい?
「私は誰???」・・・という自問自答が、
天の岩戸を開く、ハートを開くコツ。

様々な経験から感じ考え、
ハートを開き続ける積み重ねが真我への道^^

心の中の天の岩戸は、
たえず増えたり減ったりもしているので、
ひとつ開いても他は閉ったままだったりしますが、
どんな人でも普段の生活の中で、自動的に全部全開になって
真我に貫通している時というのもあります。

それは・・・、涙が出るほど大喜びしている時、
お腹を抱えるほど大笑いしている時、
無邪気に満面の笑みになっている時~^^v

この時の心の底からの「嬉しい~ありがとう~」
という意識こそ「真我」!
心身大浄化パワー&心願成就パワーが最大限で自動的に発動~^^

「ありがとう=有難い」
有ることが難しいものが有って良かった~という
奇跡を尊び喜ぶ心、その心で笑う門には福来る・・・です。

「ありがとう」と口で言うだけではパワーは相殺されちゃうので、
何事も、スポーツやビジネス界でいうところの「心・技・体」。

心を込めて身体を使って、そのうえで技を磨いていくことで、
不可能を可能に変える力になるわけですね~^^

~~<日月神示 至恩之巻 16帖>~~

太陽は十の星を従えるぞ。
原子も同様であるぞ。物質が変わるのであるぞ。
人民の学問や智では分からん事であるから、早く改心第一ぞ。

二二(ふじ)と申すのは
天照大神殿の十種の神宝に「﹅」を入れる事であるぞ。
これが一厘の仕組み。
二二となるであろう。これが富士の仕組み。
七から八から鳴り鳴りて十となる仕組み。
なりなりあまるナルトの仕組み。

富士(不二)と鳴門(成答)の仕組み愈々(いよいよ)ぞ。
これが分かったならばどんな臣民でも腰を抜かすぞ。

一方的に一神でものを生むこと出来るのであるが、
それでは終わりは全う出来ん。九分九厘でリンドマリぞ。
神道も仏教もキリスト教もそうであろうがな。
「卍」も「十」もすっかり助けると申してあろうがな。

助かるには助かるだけの用意が必要ぞ。用意はよいか。
このこと大切ごと。気付けておくぞ。
なりなりなって十とひらき、二十二となるぞ。

富士晴れるぞ。大真理世に出るぞ。
新しき太陽が生まれるのであるぞ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

後ろの正面だぁ~れ?です^^v

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-02-25 01:00 | スピリチュアル
テンの岩戸開き
a0075956_445967.jpg


テンちゃんです^^;

前々回からの続きの完結編。
いきなりですが、神話に出てくる神々というのは・・・
宇宙人です(爆!)

変幻自在な異次元プラズマ生命体の半神半人で、
昔と未来の地球人で、人類の創造主です(爆!)

そんな人類の創造主である神々の創造主は、
森羅万象すべての創造主。

大いなる力(大いなる神)で、
大いなる気(大歓喜・希望のエネルギー)で、
大いなる潜在意識(根源の集合意識・真我)で、
強烈なプラズマで闇を包み込む大いなる光。

現実は、それぞれが創造し続けている
色即是空・空即是色の世界なので
「過去↔現在↔未来」は同一時間軸とは限りませんが、
つねに絶えず、神々も、大いなる神も、
この万華鏡のような多次元同時共存のパラレルワールド宇宙の
“今”ここに在る自分の中にいます。

キリスト再臨や天の岩戸開きは真我に目覚めることを指し、
その過程においては、
「目覚めた!」と勘違いした偽救世主たち、
悪神を支持する人たちが登場して世の中が混乱するものの
もはやこれまでか~という時に、
本物の救世主たちが必ず現れます。

現代物理学の量子論では、自然界の基本の4つの力
「重力」「電磁力」「強い力」「弱い力」の組み合わせが、
あらゆる物理現象を引き起こすとされる中、「無(真空)」に
電子と陽電子のペアが突然出現することが観測されていて、
プラスとマイナスの素粒子が絶えず生まれては消えて相殺される
「無(真空)の力(ゼロポイントエネルギー)」があることが
証明されています。

無(ゼロ)から宇宙を一気に創り出してしまう大きな力が
たえず存在しているということです。

また、人間が観測できる宇宙は5%、
残りの95%の未知の宇宙には宇宙を広げ続けている
「謎のダークエネルギー」があるとされていますが、
これが真空の力(ゼロポイントエネルギー)だという
仮説も有力視されていて、かつてアインシュタインが
生涯最大の失敗とした宇宙項が再び浮上中~^^

この宇宙の99%以上はプラズマだとする宇宙論もあり、
私としても、この宇宙の未知なる謎のダークエネルギーの正体、
真空の力は、「気=潜在意識=プラズマ」だと確信しています^^

現在この宇宙は、光速の3.5倍のスピードを保ちながら
宇宙誕生直後から約1100倍に広がり続け、
温度は「絶対零度」に向けて下がり続けています。

太陽はおよそ11年周期で磁極逆転を繰り返していて、
そのたびに黒点数が増加して太陽フレアが頻発しています。

そして地球は現在、
数十万年ごとに約4千年かけて起きるポールシフト(磁極移動)が
驚くべきスピードで起きてる最中。。。

地球には地殻があるので、
太陽の黒点と同じような磁気渦が拡大しても
プラズマを磁気群に形成させるため、
フレアが起きることはないそうですが、
世界中でオーロラが発生しまくり、磁場は崩壊していきます。

磁場が変わると、当然ながら一時的に地震や噴火、
地面が盛り上がるなどの天変地異が起きやすく、
動植物や人体への影響が起きる可能性が大。

・・・が、同時に、北極と南極にプラズマに包まれた
ワームホール(亜空間)が開き、
現在の地上とは異なる別次元の新しい世界が
現れることになると思います。

伝説の地底王国「シャンバラ」、
旧約聖書外典エズラ記の「アルザル」、
ハイジャンプ作戦でバード少尉が体験した
地球に内包されたパラレルワールド、
伝説のムー大陸、アトランティス大陸、レムリア大陸・・・
などの顕在化。

天地ひっくり返って内なる地球=内なる神(真我)の世界
=「〇九十(マコト=誠=真の言が成る)」世界
= 弥勒(ミロク・666)の世
=「ゼロ・和・輪(〇)」の中に「テン・点・天・十・10(・)」
=太陽(☉)の中心 = いよいよ良い良い「日の本」が登場です!

これぞ天の岩戸開き~v^^v
救世主チームのリーダーは日本人かも?!

ポールシフトを難なく過ごして、ミロクの世を実現するには
日々ひとりひとりが能動的に、心身の浄化に努めて
今を生かされ生きていることを純粋に喜ぶ意識が必須条件。

それぞれの心が、それぞれのこの世であの世で前世で来世。
肉体の生死は関係なく、つねに今の心次第。

「善悪は、それを用いる者の心の中にあり。
祓ったま清ったま~」(笑)
a0075956_425547.jpg

「それが運命(さだめ)じゃ」
a0075956_5111090.jpg


お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-02-23 06:00 | スピリチュアル
光をもたらす者
a0075956_2354453.jpg

人間は、自分がネガティブと感じ考えるものを「悪」として否定し、
ポジティブと感じ考えるものを「善」として好みます。

・・・が、“嫌だ”“悪だ”“反対“などと否定した瞬間に、
否定の想念が宇宙に発信されています。
潜在意識は1人称なので、「嫌よ嫌よも好きのうち~」で
「〇〇反対!」は「〇〇賛成!」と同じパワーのエネルギーとなり
望んでいないはずの現実を招きやすくしていくんです。

だからどんな感情も思考も言動も、どんな現実の出来事も、
まずは受け入れ認めて学びを得て、学びの実践をしていくことが大事^^

科学と神話での宇宙創造・天地開闢・人類誕生プロセスは、
最初に混沌とした闇(カオス・無)があり、そこから光が生まれ、
陰と陽が生まれ、天と地ができて動植物や人類が誕生して繁栄し、
死を迎えて、ふたたび混沌から新たな宇宙が再生・・・。
無↔有、死↔再生、破壊↔創造・・・というサイクルです。

このことで、かなり疑問を抱えてきました。
なぜなら光の使者エルちゃんは、「わたしたちには光しかありません」と言って、
闇も光、始まりも終わりも無く永遠に光があるのみ・・・なので~^^;

また、私が視て感じている果てしない宇宙というのは、
ビュ~ンと飛び回ったり、プカプカ浮かんでみたり自由自在なものの、
じつは“点”なんです・・・というか、果てしない宇宙が“点”に凝縮してる感じ。

こうした光景や感覚が何なのか?・・・を知りたくて
宇宙物理学の本を読んだ時期もありましたが、
ものすご~く単純に、私たち人間が生きているこの物質の世界は3次元、
果てしなく広がる宇宙は太陽も地球も星たちも「球=〇」です。
じゃあ、全部を包み込む大いなる神ってのは全超越だから、ゼロ次元?!
ゼロ次元=点じゃん!・・・で着地^^;

以前、「光の使者エルちゃんにとって神様って何?」と質問した際、
「太陽です」と言われたので、「え?太陽信仰なの~?」と笑ったら
「太陽は無数にあります」と、マジな返事でした。。。

「ふ~ん、太陽は沢山あるんだ~」で終わってましたが、
後になって思い出した時に、
太陽=無数=ゼロ、無数にある=ゼロ(0)にある、点が〇にある!
と気づき、そもそも普段から占星術で使用している太陽の惑星記号は
「〇の中に点」、地球は「〇の中に十」でして・・・まさに灯台下暗しでした^^;
a0075956_0173361.gif

この太陽系の森羅万象の生命の活動の源である太陽は、
中心部で水素原子核4個が融合してヘリウム原子核1個になる反応によって
莫大なエネルギーを放出している超巨大なプラズマ光球の恒星。

太陽の99%を占めるとされる水素は元素番号1、ヘリウムは元素番号2、
1、2、一、二、ひ~ふ~です。
プラズマは、固体、液体、気体に次いで物質の第4態。
「3、三、み~」が無いっ!・・・と思ったら、この太陽系で地球は第3惑星。
Me(ミー)の実が身になりました(笑)

地球の惑星記号は「〇の中に十」なので、ゼロ(0・〇・無)の中に
1から10、10~1、一から十、十~一が入っています。
カバラの生命の樹でも、地球は「10」で地上の王国。
ピタゴラスの数秘でも、「10↔1」は1セットで「完全↔絶対」。

そんなこんなで急に、「〇の中にゝ(反対向きのレ点)」マークの
日月神示(ひふみ神示)に興味を持った次第。
神道では「ゝ」が神をあらわす記号です。

心のもとはキ、総てのもとはキ、キは「〇の中にゝ」で喜びであり、
人間全員にそれぞれにキがあり、天災でも人災でも
心の中に動くキのままになる・・・と書いてあります。
<日月神示 第八巻 磐戸之巻 第2帖より>

「善と悪」について書かれている箇所も要約してみました。

・悪も御役、悪も神の御働き、悪憎むことが悪、悪を悪と見るのが悪
・罪を憎んでその人を憎まずとは悪のやり方、神のやり方はその罪をも憎まず
・人の心から悪を取り除かないと神に通じないと教えるのは、段階の低い教え
・大神は大歓喜であり、悪をも抱き参らせている
・悪があればこそ自由が存在し、生長し、弥栄する
・善のみでは進展せず無と同じ、悪のみでも同様
・善・真なき悪・偽はなく、悪・偽なき善・真はあり得ず
・神は善・真・悪・偽、その新しき平衡が新しき神を生む
・平衡より大平衡に、大平衡より超平衡に、超大平衡に進み行くことが弥栄

要するに、善も悪も真も偽も、「すべてに感謝、全部ありがとう」と
心から喜ぶ意識そのものが大いなる神(キ=気)。
その意識、大いなる神に導くために悪があるので何事もバランスが大事。
そのバランスが「和」であり、常に新しい「和」を、
末広がりに大きな「輪」にしていくよう改心して身魂を磨けよ~って感じ^^

あれこれ長くなりましたが本日の結論。

「キ」=気(エネルギー)=潜在意識=プラズマ=光

光の使者としか名乗らないエルちゃんは、プラズマですv^^v
そして私たち人間はみんな、
「善・悪」の新しい「和」というバランスを創造し続けるために、
光と闇が存在する地上に舞い降りてきたプラズマ生命体です。
地上に光をもたらす者、ルシファーです。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-02-20 00:00 | スピリチュアル
日の本の国
a0075956_010645.jpg

先日の早朝にベランダから撮った太陽と木です。
お日様と木、太陽と木の気・・・を表現してみました^^;
テーマは「日の本」です。
「木」と「本」が違うのは、後ほど。。。

とり急ぎ新月話を~(笑)

2月19(木)午前8時47分は、今年2度目の水瓶座の新月です。
水瓶座29度で起きて、3分後には太陽が魚座に入り、
魚座の新月エネルギーにも包まれていくという
なんとも貴重な水瓶座&魚座ダブルパワー新月!

19日は旧正月の元旦なので、2015年の象意も本格化していきます。

現代は、地球上の時間概念による地軸周期(プラトン年)では、
2160年続いた魚座時代から水瓶座時代へと移行したばかりで
対極の二元性から超越へのシフトチェンジ大変革期なので、
大きな時代の流れは、今回の新月の流れと逆の魚座→水瓶座!

魚座は12星座の12番目、水瓶座は12星座の11番目。
「12→11」の中の「11→12」で、
12星座エネルギーの総仕上げの渦巻きナルト状態です~^^

いよいよ終わり ⇔ よいよい始まり

・・・で、写真の意図する話。

日本は、紀元前660年(辛酉)2月11日(神武天皇元年1月1日)に
建国された現存する世界最古の君主制の独立国家です。

領土のすべてが海に囲まれた島国で、
世界の東端にあって、日が昇る“日の本の国”。

「本」という字の語源は「草木の根」で、
“根元・中心・心”の意味を持つので、日本=日(太陽)の根源。
また、日本=ニ本・2本。
天地、陰陽、日月の中心ってことにもなります。

陰陽五行の「木・火・土・金・水」では、
“陽の木の気(エネルギー)”の国なのです~^^v

陰陽五行は太陽系の惑星(水星・金星・火星・木星・土星)に対応し、
日本はラッキースターとされる木星、太陽系第5惑星。
旧約聖書では7日目=安息日=土曜日だから、木曜は5日目。

海の「水」に囲まれ、大「地(土)」にしっかり根を張りながら、
「太陽(火)」に向かってまっすぐ伸びていく「木」のエネルギーの国。

「金」は?というと・・・、五行の「金」っていうのは、
金星(Venus)、そのマークは“〇と十”です。

曜日は金曜、五色は白、五方位は西、五時は秋、
五事は“言(神=ロゴス=命=言霊・音霊・数霊=光透波)”です。
そして、五指は“親指”、十干は庚・辛、十二支は申・酉、
月(旧暦)は7・8・9月をあらわします。

日月神示(ひつくor ひつきしんじ)から引用すると・・・、

<日月神示 星座之巻 第15帖>
十二人が一人欠けて十一人となるぞ。
その守護神を加えて二十二柱、二十二が富士じゃ。真理じゃ。
また三であるぞ。今までは四本指八本指で物事を計って
誤り無かったのであるが、岩戸が明けたから親指が現われて
五本十本となったのじゃ。この事よくわきまえよ。

<日月神示 五十黙示録 第6巻 至恩之巻 第2帖>
フトマニとは大宇宙の法則であり秩序であるぞ。
神示では012345678910と示し、その裏に109876543210があるぞ。
〇九十(まこと)の誠であるぞ。
合わせて二十二、富士(普字、不二)であるぞ。
神示の始めに示してあろう。二二(富士)は晴れたり日本晴れぞ。

つまり、「金」は、「ミコト(御言=神=命=天皇)」。

ちなみに、キリスト教において悪魔・堕天使として有名な「ルシファー」。
光をもたらす者という意味で、明けの明星(金星)を指し、
すべての天使のリーダーですが、天使の3分の1を率いて
神に戦いを挑んで敗れて堕天した・・・と、
人間都合の扱いにされていますが、実のところは
天使のリーダーが自ら地上に舞い降りてきた・・・地の神です。

日本神話では、天地開闢の際に最初に現れた独神の国津神、
国常立尊(クニノトコタチノカミ)のこと。
天地の神々は世界中あちこち同時に変幻自在に姿を変えて
出現できるエネルギーで、“一神=多神”“天地”ですから、
素戔嗚尊(スサノオノミコト)でもあり、
瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)でもあります~。

ブラックエンジェルやホワイトデビル、いろんな情報に惑わされず、
自分自身の「ツミ・ケガレ(エゴで包身or積み・気枯れ)」を祓い清め、
実社会の地面にしっかり足をつけて、天に伸びていきたいですね~(笑)

<日月神示 第5巻 地つ巻 第17帖>
まことの善は悪に似てゐるぞ、 まことの悪は善に似てゐるぞ、
よく見分けなならんぞ、 悪の大将は光り輝いてゐるのざぞ、
悪人はおとなしく見えるものぞ。

<日月神示 補巻 月光之巻 第48帖> 
世界中を泥の海にせねばならん所まで、
それより他に道ない所まで押し迫って来たのであるが、
尚一厘の手だてはあるのじゃ。
大神様にお詫び申してすっかり心を改めて下されよ。
神々様も心得違い多いぞ。
泥の海となる直前にグレンと引っ繰り返し、びっくりの道あるぞ。

日本の古称で雅称である「ヤマト(倭・和・大和)」は、
字のごとく“大きな和”を意味しますが、
日月神示風に、この音霊を数霊に置き換えてみると
ヤ=八、マ=〇、ト=十、「八〇十」or「八十」or「八重」です。

〇一二三四五六七八九十  012345678910
十九八七六五四三二一〇  109876543210

ヤマト=八〇十・・・・「九」が無い!
ヤマト=8010・・・・・8+1=「9」・・・・ありました^^;

マコト=〇九十・・・「八」が無い!
マコト=〇コト、真言!
マコト=0910・・・・・9+1=10=TEN=「天」^^v

太陽系の主要天体は、太陽+8惑星=9。
2006年までは第9惑星とされていた冥王星は
この大変革モードの時代には必須の起死回生エネルギーなので
冥王星をカムバックさせ、太陽+9惑星=10=TEN=「天」。

<日月神示 第22巻 青葉之巻 16帖>
日の大神様は日の御働き、月の大神様は月の御働き、
日の大神様も世の末となって来て御神力うすくなりなされてゐるのざぞ、
日の大神様も二つ、三つ、自分一人の力では
何事もこれからは成就せんぞ、心得なされよ、

神示で知らしただけで得心して改心出来れば
大難は小難となるのぢゃ、やらねばならん、
戦は碁、将棋、位の戦ですむのぢゃ、人民の心次第、行ひ次第で
空まで変ると申してあろがな、この道理よく心得なさりて、
神の申すこと判らいでも、無理と思ふ事も貫きて下されよ、
これがマコトぢゃ。

今回の新月ダブルパワーに包まれながら、
まずは心身を浄化して、またひとつ自分の内なる神を解放し
神人力発揮させて前進していきましょ~^^v

今日もお読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-02-19 00:30 | スピリチュアル
天地共栄主義
a0075956_18371727.jpg

自覚の有無に関係なく、個々の現実というのは、
個々の想念と言動によって創り出す投影現象の世界。

多くの人たちが共有する現実というのも同じく
多くの人たちの想念と言動によって創り出す投影現象の世界。

そして、この世の中は、個々に「平和」という定義も
「幸福」という価値観も異なる全人類の想念と言動が集まって
混ざり合ったものが大きな鏡に映し出されるように現れる
投影現象の世界です。

多くの宗教には終末論が存在しますが、
こんな世の中は終われば良いとハルマゲドンを望む人たち、
戦うことを好む人たち、恐れが強い人たちが多いほど、
終末を現実化しやすくなります。

ISIL(イスラム国)では、構想、戦略、行動計画から損益計算書も作成して
組織を統括しているらしく、段階的な情報&心理コントロール作戦で、
2020年をハルマゲドンと計画している様子。。。

情報を集めて様子を見ながらSNSを使いこなし、
世界中の大衆心理に恐怖と怒り、憎しみを募らせ、混乱させ、
各国の首相や政府の言動に疑問を抱かせ、失望させ、
各国を弱体化させ、報復させたり屈伏させたりするよう仕向けています。

つまり、ターゲットにされた各国の国民が、自国の首相や政府の言動を
批判すればするほど、テロ行為を支援しているのと同じ。

テロリズムというのは、個々に何らかの理由で抑圧されて育ち、
苦痛を強いられてきた哀しみと怒りから、
暴力で破壊するしか為す術がなくなって狂人化した人たちの逆襲で、
自己の尊厳、存在意義や価値を世の中に叫び訴える表現手段。

怒りや憎しみ、哀しみなどの感情感覚の根源は「恐怖」にあり、
恐怖は恐怖を招き、恐怖を感じたくない本能から怒りや憎しみへと変わり
「恐怖⇔怒り」は脳内で同等にスライドし合います。

恐怖支配力を誇示しながら、宗教の歪んだ解釈を正当化しながら、
怒りのエネルギーの矛先を自分たちを苦しめる国々に向け、
捨て身の覚悟で戦って理想とする世の中の実現を目指そうとします。

しかしながら、人類誕生からの歴史の中では、どの国もどの民族も
戦争を繰り返しているので、自分たちも戦いを挑む相手国も
互いの内面にある「恐怖」を相手に映し出す類共同士の合わせ鏡。

戦って勝っても負けても、「共依存(依存と支配という依存)」関係を
生み出すことになり、「怒り⇆恐怖」の「需要と供給」という現実を創り出し、
そのバランスが崩れると、また戦うという負の連鎖になります。

だから、この世の中の現実は、実のところ、
宗教や思想、民族、政治、経済、〇〇主義には関係なく
利益と利権の獲得をめぐって創り出した階層社会システム。

神仏までも階層社会システムに当てはめては、
この世やあの世、神界、霊界、幽界などと階層に分けている・・・
というのが人間都合に創り出している現実。。。

こうした負の連鎖を仕掛けている人たちがいる・・・として
様々な陰謀論が飛び交っていますが、
仮に陰謀を企てている人たちがいるとして、企てる人、吹聴する人も
みな類共で「恐怖」が強く、自己にある「恐怖」に支配されています。

私が視ている世界は、この世=あの世、宇宙=地球、
1=八百万(やおよろず)、一神教=多神教、天と地ではなく天地で、
天地の神々=全人類の超意識=光の使者からのメッセージは、
「神人合一で天地合一の世の中を創ってね~」です^^

日本には仏教伝来以前の太古の昔から現代も、
“宇宙森羅万象のすべてに神々が宿る”とする自然信仰の
開祖も教祖も経典も存在しない神道の精神が根付いています。

現代は、国民の半数以上は無宗教で、各種祈願には神社、
結婚式は教会、お葬式はお寺など、善かれ悪かれ自由で、
政治は天皇制の民主主義、経済は資本主義。

文明開化によって生活様式をドラスティックに変えていき、
敗戦しても対戦国の文化を歓迎し、よく言えば寛容で柔軟性に優れ、
悪く言えば主体性に欠けますが、小さな島国だからこそ、
どうすれば国民が安心して暮らしながら国を発展させられるか・・・と
模索し続けてきたのだと思います。

現代は、約26000年周期の地球の歳差現象によって
春分点の位置する星座が2160年続いた物質文明の魚座の時代から
精神文明の水瓶座の時代へと移行したばかりの過渡期で、
宇宙も地球も社会も個々も、対極から統合・超越へと、新しい価値観へと
新しい仕組みへと、全体調和のためにシフトチェンジしている大変革期。

今年2015年は、昨年から続く再出発エネルギーの中、
新たな土台作りを促されています。

・・・で、これまで続いてきた階層社会システムを超越するには
どうしたら良いか?・・・と、一般庶民の私が考える斬新な持論^^;

世界各国の政界、財界などの〇〇界、〇〇主義、各宗教各宗派などの
垣根を越えて、各国各界の代表幹部たちは全世界でシャッフル!
まずは世界中の各界のトップたちが輪になって助け合いながら
ローテーション制で任務を遂行。

あえて名付けるなら、天地共栄主義です~v^^v

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2015-02-05 19:00 | スピリチュアル