<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
男女の話2
a0075956_0451975.jpg

女性にとって、
恋愛運+結婚運+家庭運+仕事運=父親
という話を~^^

誰しも無意識に、
女性は父親に似た人を、
男性は母親に似た人を、好きになります。

また、どんな親子関係でも、
人は皆人の子ですし、
喜怒哀楽という感情がありますから、
子供の頃に親子関係で満たされなかった
思いを、恋愛や結婚の相手で補おうと
していくものでもあります。

親に満たして貰えなかった思いは、
付き合う相手が受け入れてくれる
レベルであれば癒されていきますが、
相手が受け容れてくれないレベルだと
誰と付き合っても「幸せ」とは言えない
哀しい状況を創り出していくんです。

男運が悪い、縁が無い、
付き合っても幸せが長く続かない、
不幸な恋愛ばかり…
旦那が最悪、結婚したのは失敗、
後悔している…などという女性は、
父親との満たされない心の傷が
ウズいてる状態。。。><;

父親のような人だけは絶対にイヤ、
好きにならない…などと思っているのに
付き合ってみると父親にそっくりの
人だったという女性で、
下記にひとつでも当てはまる場合は、
「家庭内ストックホルム症候群」の
可能性が大!

①学生の頃から父親のことが嫌いで苦手
②両親が仲良くなく喧嘩が絶えなかった
③母親が父親のことを馬鹿にしていた、
愚痴や悪口を聞かされていた

ストックホルム症候群とは、
1973年にストックホルムで起きた
銀行強盗事件で人質が犯人に好意を抱き、
犯人に愛の告白をする現象が起きた…
ことに由来します。

被害者が加害者に対して、
犯人を好きになった方が生き残れる、
犯人に好かれれば生き残れるかもしれない…
という防衛本能が働いて、
特別な依存感情を抱く心理現象のこと。

これを家庭内に置き換えて
「家庭内ストックホルム症候群」。

子供にとって親という存在は、
自分の生存権を握っている権力者。
家庭は居場所ですからね。

私たちは皆、生まれた時から
親の価値観を理解しようと擦り込んでいき、
親の要求に応えることで
自分という存在を認めて貰う方法や、
親に愛して貰う方法を身につけていきます。

だから、どんなに最悪な親のもとで、
最悪な環境下で育ったとしても、
愛着が生じ、子供は生き残りをかけて
親を好きになろうとしていきます。

また、大人になってから
父親とは正反対の相手を選ぶものの、
付き合いが始まると、無意識に
自分が親から受け継いだ価値観を
相手にも要求していきます。

母親と同じ役割を担い、
両親の夫婦関係と同じような構図を
創り出すんです。

例えば、だらしない父親と、
しっかり者で世話好きな母親の間で、
「あなたのお父さんは本当にだらしない」と
母親が言っていたとします。

そのことで、夫婦喧嘩が絶えずに
母親が泣いていたとすれば、
娘として同性の母親の気持ちを
必死に理解しようとします。

そして、父親のだらしなさが目につき、
母親と同じように嫌気を感じていきます。

父親と正反対でキチンとして
キレイ好きな人を好きになるものの、
お付き合いが始まると、
今度は母親と同じような役割を
担いたくなるため、相手に世話を焼き、
相手がうるさいと嫌がると
寂しさを感じてしまいます。

相手が世話を焼かれることに
応じてくれれば、
自分の存在価値を見出せますが、
エスカレートしていくと
結果的に相手がだらしなくなっていき、
「こんなはずじゃなかった」として
相手と自分を責めていくという構図。

どちらにしても満足できず、
幸せを感じにくいんです。。。

パートナーのいる人を好きになってしまう
不倫恋愛をする女性は、
父親から得られなかった愛情を
取り戻そうとする“思い残し症候群”を
併発しています。

理想の親像を求め続けているんです。

例えば、父親不在で寂しい思いをした
という心の傷が深いとすれば、
父親に傍にいて欲しかったという思いから、
いつも傍にいて包み込んでくれるような
男性を好きになりますが、
父親のパートナーは母親がいますから、
パートナーがいる人だと分かっていながら
好きになって付き合ってしまいます。

そして、子供の頃に母親を気遣うように、
相手のパートナーとの関係を気遣っては
自ら相手にとって物分かりのよい
都合の良い女を演じていきます。

結果的に、理想の親像が満たされることも、
周囲に堂々と言える付き合いにもなれず、
幸せとは言い難い現実を創り出します。

どうしたら悪循環を断ち切れるのか?

悪循環を繰り返す人は、
「認めていない自分自身」がいる証拠。
同時に「認めてくれなかった」誰かを
許していない証拠…でもあるんです。

潜在意識は完璧主義なんで、
案外許せていない事が多いんですよ。

一生懸命に頑張ったけれど、
自分の力だけでは助けられなかった…
という経験から、
「あんなに頑張ったのに・・・」などと
自分自身を許せない感情が生じますし、
頑張ったのに認めてくれなかった…
という経験から、
頑張っても頑張っても満足のいく成功が
出来ずに虚しさを感じ、
周囲の他人に「認めてくれない」という
感情を無意識に抱いていきます。

要するに、
「認める=「許し」=「愛」が必要!

そんなこと百も承知~と思っている
私を含めた皆さん(爆)

前回のブログに書いた
学びの段階1・2・3の実践あるのみ。

どんな親でも親は親だし、
親にも事情があったのも理解してる…と
頭では理解できているなら、
第3段階に進みましょう~。

辛かった経験をしてきた一瞬一瞬の
自分自身の感情を認めてあげてください。
その時言えなかった想いを、
意識の中で思いっきり吐きだすだけでOK!

一瞬一瞬の連続が人生ですから、
封印したはずの辛い過去の1シーンの中で
失望したままの自分が動き出し、
悪循環パターンから卒業できますよ~^^

…と、LOVE&HAPPYなエネルギーを
放つ人たちが増えていくことが、
光の使者エルちゃんの切なる願いであり
テッパンのメッセージです~。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2011-10-18 02:15 | 心理学
男女の話
a0075956_0404821.jpg

個人セッションでは、大半の女性が、
恋愛、結婚、仕事の方向性…の相談。

大半の男性が、
現実的な仕事に関する相談…と言っても
過言ではないほど男女には差があります。

優先順位として、女性は男性ありき、
男性は仕事ありきってこと~^^;

男女は、太陽と月に象徴されるように、
肉体的な違いと同様に脳の構造も心理も
違いますから、もともと理解しにくく
創造されているわけです。

よく、女性というのは、
新しい恋愛を過去の恋愛の上に
上書き保存して、過去の恋愛の
素敵な思い出も薄れていくのに対し、
男性というのは、
新しい恋愛をすると、過去の恋愛は
名前を付けて保存し、過去の恋愛を
素敵な思い出にすると言われています。

女性は、一つの恋愛が終わると
楽しかった時間を思い出しつつも
相手の短所を思い浮かべたり、
縁がなかったと切り替えようとするのに対し、
男性は、一つの恋愛が終わると
新しい恋愛をして切り替えようする
とも言われています。

女性は、男性が悩んでいる時、
話して欲しい、聞いて力になりたいと望み、
男性は、色々と聞かれることは好まず、
自分の中で区切りがつくまで、
そっとしておいて欲しいと望む傾向。

女性は、自分が悩んでいる時、
傍にいて優しくして欲しいと望み、
男性は、悩んでいるから、
そっと見守っていてあげようとする傾向。

女性は、感情を言葉で聞きたいと願い、
男性は、感情を言葉で説明するのは苦手、
大切にしたい人ほど恥ずかしいんです。

心の溝を埋められそう、欲求を満たせそう…
という好意を感じる相手や、
相手が先に好意を示してくれている場合は
言い易くなるのも特徴。

男女は違うんですね~明らかに~^^;

ただ、男女とも、男性性エネルギーと
女性性エネルギーが折り合いをつけながら
生きているということ自体は共通。

以上、恋に悩む女性の皆さん、
お役立てくださいませ~(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2011-10-15 03:39 | 心理学
成長プロセス
a0075956_0205614.jpg

更新頻度が低い私にしては珍しく
1日に2回のブログ更新^^;

成長プロセスについて書きます。

心理学とスピリチュアリティーの
統合に基づいた、実践的で療法的な
ビジョン心理学という心理学があります。

何の知識も情報もないまま1人で
スクールに出席した初日は、
ハグして抱き合って泣いたり、
20分以上も見つめ合うだけの
ヒーリングをしたりする実践学習もあり、
かなり焦りましたけど、、、
とっても分かりやすく素晴らしい
心理学だと思っています。

人間の魂の成長プロセスを
「依存」「自立」「相互依存」の
大きく3段階に分けた三角形のモデルが
図式化されています。

「自立」の最終段階では、
今までやってきた事が変容して
「デッドゾーン」にはまり、
「相互依存」の段階に進むには
思い切った意識改革が必要となります。

自分自身にコミットメントすること、
初心に帰って丁寧に思い出し、
本当に心が望むことを与えていくことが
不可欠となりますが、
そのシフトチェンジが上手くいった場合、
4段階目の「霊的依存」段階へと成長し、
「神の平和」を体現するとされています。

1.依存=振る舞いを整える
(がんばる→学習→ハードワーク)

2.自立=感情を整える
(サレンダー・身を任せる)

3.相互依存=思考を魂に向けて整える
(受け取る)

4.霊的依存=魂を霊に向けて整える
(従う→傾聴→忠順) 

すべては表裏一体ですから、
遠い過去から何度も生まれ変わっては、
人生の中で仕事や人間関係、恋愛、結婚…
あらゆる経験を通し、この3段階の表裏を
何度も繰り返して、美しい三角形を描ける
「神の平和」の境地到達を目指しています。

細かなステップは、
三角形のモデル図があるのですが、
簡単に抜粋して文字だけご紹介。

****************************

ニーズ⇔理解

ハートブレイク⇔受容

罪悪感⇔許し

期待⇔手放す

コントロール ⇔信頼

デッドゾーン⇔コミットメント
(役割・疲労・失敗・義務感・恐れ)

疑い⇔パートナーシップ

偏見・無知・正当化 ⇔フレンドシップ・リーダーシップ

放棄・対立・恐れ ⇔ビジョン

無力⇔マスタリー

無意味感⇔悟り

孤独感⇔統一

反逆・自己嫌悪⇔和合

分離・過眠・神になろうとする⇔神との一体感
*********************************                    

・依存=傷ついたインナーチャイルド
 =歪んだ女性性のエネルギー
・自立=傷を隠そうとするインナーアダルト
 =歪んだ男性性のエネルギー
…とも言い換えられます。

私自身はデッドゾーンにはまりやすく、
その際はシフトチェンジすべく
一生懸命に自分にコミットするよう
努めるものの受け取り下手の様子。

…ということは、子供の頃の心の傷が
無数に頑なに残っている証拠でして、
今生であと何周回れば、毎日どんな時でも
「神の平和」の境地に到達した自分に
なれるのかなぁ~と思うこの頃です^^;

やる気が湧かない、疲れたという人は、
デッドゾーンにいる可能性が高いですよ!

振り出しに戻って、
生まれた時からの自分を癒して認めて
スクスクと育て直してあげましょう。

日常的な一瞬一瞬が学びの連続
=プロセス=人生なので、
こうした意識の成長プロセスは、
下記のシンプルな学びの段階にも
当てはめる事ができそうです。

・第1段階=知る、気づく
(受動的、外側から貰う)
=教えを忠実に守っていく段階

・第2段階=頭で理解している
=学んだことを洗練させ、
個性を創造したいと願う段階

・第3段階=心で感じて腑に落ちる
(能動的、内側から発信)
=自然体で独自の道を確立させ
周囲に「気づき」を提供する段階

第2から第3段階へ行きにくい…
という場合は、頭では理解しているものの、
本当に心が望むことに向けて
素直に行動することへの恐れが強く、
矛盾と葛藤が生じています。

こういう場合も、
子供心を癒して育て直しあるのみ。
ゆっくりとリラックスして、
子供の頃からの楽しかった、嬉しかった、
辛く悲しかった、悔しかった…ことを
思い出して認めてあげればOK!

誰でも喜怒哀楽があり、
どんな感情もダメなんてことは
ひとつもありません。
勝手に創り出した呪縛がとれれば、
シフトチェンジで嬉しい現実が展開します。

アセンション(次元上昇)というのは、
宇宙や自然が変化する中で、
人間の意識も変化するという
受動的なことではなく、
現実という実社会の中で生きる自分自身を
無償の愛という真我に向けて、
自ら主体的に歩む意識と、
その意識を言動に移して
愛し愛される素晴らしさを体現しながら
生きていること自体をいいます。

…と、光の使者エルちゃんより^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2011-10-13 20:58 | 心理学
ご縁という結びつき
a0075956_036657.jpg

天秤座の「結びつき」テーマの
新月エネルギーから2週間経って
牡羊座で起きた満月は、
強くて可愛いお月様ですね~^^

満月というのは、
感情が高ぶりやすくなるので、
月のエネルギーテーマに対して、
自己点検して浄化するのに最適な日。

それで今日は
「結びつき」テーマにちなんで
「ご縁」について書くことにします^^;

まず、人の「ご縁」というのは、
互いに引き寄せ合ってこそ生じるので、
相手がどんな人であっても、
その時の互いの魂の課題を、相手を通して
合わせ鏡のように映し出していきます。

前世から持ち越してきた思い残し課題を
解消し合うべく、昇華し合って
成長し合うべく生じるため、
出会って生じる人間関係は
すべてソウルメイトであり、
同じ課題を持つという意味で
カルマメイトなんですねぇ。

1つの魂が2つの肉体を持って生きている
ツインソウルという関係もあります。
似たもの同士で惹かれ合う力が強い分、
衝突した時の反動も強いものになりますが、
辛い出来事を経験しても
「許し」の気持ちになり易いのも特徴。

また、前世からのネガティブな感情を
持ちこしてきた因縁の関係…
というのもあります。

惹き合う力は相当強く、
互いが被害者や加害者のような状況を
創り出していき、対等な関係を築いて
心を育むということは難しくなります。

魂に刻まれたネガティブな感情という
負のカルマを解消するまでの
期間限定の関係でもあり、
今生で昇華できないと来世に持ち越しです。
被害者と加害者の役割を入れ替えて
繰り返していきます><;

ただし、
嫌いは好きの始まりとも言うように
愛と憎しみも表裏一体。
どんな関係でも、いつでも仲良しの
ソウルメイトに発展させることは
可能なんです。

もともと人類誕生時は、
全員が宇宙森羅万象の創造主から分離して
それぞれの肉体を持って生きているので、
今は地球人類70億ソウルの人類皆兄弟、
ソウルメイトですしね^^

個人セッションをしていると、
ソウルメイトという解釈や、
“運命の赤い糸”という意味を
勘違いしている方々も多いんです。

今生に生まれてから
人生で出会う人たちは皆、
前世から何度も出会ってきた
ご縁あるソウルメイト。
赤い糸は1本じゃなく誰しも常に
複数あります。

今生で「ご縁」が生じた後、
互いに人生の同志となる運命を選ぶのが
結婚相手やパートナー、大親友。

浮気や不倫、離婚問題を抱える方々も
少なくありませんが、
占星術の生まれた時の宿命で言うならば
結婚運が弱い人となるものの、
運命は一瞬一瞬に創造していくもののため、
感情任せに我を通した無理ある選択をして、
自らのツケを受け取って悩んでいる人が
多いようです。

ユダヤ教やキリスト教、仏教では
紀元前から姦淫罪として死刑でしたし、
我を通した無理ある関係は、
今生で新たな因縁の負のカルマを積み、
同じ轍を繰り返し、課題をクリアして
魂を昇華させることのハードルを
高くしていきます。。。

さらに、セッションを通して
既婚者を好きになったという人には、
4つのパターンがあると気付きました。

①既婚者だと知らず好きになって
 お付き合いしている
②既婚者だと知っていたけど
 気持ちを抑えられなかった
③既婚者であることは関係ない、
 好きになった人がたまたま
 既婚者だっただけ
④既婚者だからこそ好きになって
 奪いたくなった

①は家族や家族同様の関係だった前世が、
②は恋人や親子だった前世が
視えてくることが多いんです。
今生で魂が呼び合うのでしょうかね~。

③④は確信犯なので、
スピリチュアルな視点からは相当な問題。
明らかに似たような前世が視えてきて、
繰り返していることが分かります。
俗欲に負けて、自ら魂の成長を
封じ込めてしまっている可哀想な状態。

いずれのケースの不倫も浮気も、
また独身者同士の恋愛において、
恋愛運が悪いor縁が無いと
思い込んでいる人や、
辛い恋愛ばかり繰り返すという人は、
今生の親からの愛と同様の愛を
相手に求めるのと同時に、
親から愛されたかった、愛したかったという
親との割愛を満たして貰うことを
無意識に相手に求めています。

愛を求めているはずなのに、
他人を愛すこと信じること、
自分を愛すこと信じること、
他人とも自分ともコミットすることを
恐れているんです。

愛を素直に受け取る心を育て直すことが、
素敵なパートナーを引き寄せる絶対条件!
パワースポット、開運ブレスレット、
風水のラッキーアイテム…などはその次。

自分自身が真っ直ぐ立ってこそ、
パワーサポートスポット、
サポートアイテムの御利益がある
というものですからね~^^

…で、現在進行形で、浮気、不倫など
恋愛問題で悩んでいる方々へ。

今すぐ離れましょう(爆!)
相手のことを好きなら尚のこと、
とにかく1人になって自分を
客観的に振り返り、
素直な自分自身の心に向き合って
自分を愛する努力開始です。

思いっきり泣いて浄化してスッキリしたら、
粗塩を入れたお風呂に入って、
身体も禊ぎ祓って浄化!

その時、他人を傷つけてしまったなら、
その人とその時の自分に、意識の中で
「ごめんなさい」を言ってください。

ご先祖様、家族、聖なるチームメイトたちに、
自分に、好きな相手に、
「ありがとう」を言ってください。

そして翌日から楽しいと感じること、
幸せと感じること、興味あることに
進んでトライして、心が解放するのを
感じてあげましょう。

その次に、神社仏閣へ行くなり、
開運ブレスレットを買うなりしてくださ~い^^

離婚する場合も同様に。
そんなに好きじゃなくても
結婚は出来ますが、
離婚するのはよほどの理由がなければ
踏み切れないことでもあるので、
たっぷり心を癒して解放して
充電してあげて欲しいです。

出会いに感謝して
お別れすることが出来た時、
相手との関係から何を学んだのか?…と
気づいた時、魂の成長が再スタート!

今生で結ばれることを誓い合ったご縁の
相手であった場合は、
互いが成長した後に必然的に再会を
することになるか、
新しい出会いとご縁が生じるか、
とにかくハッピーな現実が
やってきますよ~。

まとめ。
「ご縁」というのは結局のところ、
自分がどんな人になりたいのか、
どんな風に生きたいのか、
どんな人生にしたいのか、
そして今、その希望に向かって
どんな歩みをしているのか…次第って
言えそうです。

…と、
こんな風に素直に思える私になりました(爆)
すべての出会いとご縁に感謝^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2011-10-13 07:30 | スピリチュアル