カテゴリ:占星術( 134 )
2013年後半
a0075956_5443956.jpg

初心に戻って占い師らしい話を~^^;

2013年も6月に入って真ん中の折り返し地点。
今年は60年で一巡する中国暦での30番目の十干十二支、
「癸巳(みずのとみ)」で真ん中の折り返しの年。

「癸=陰の水のエネルギー」と「巳=陽の火のエネルギー」という
“終わりと始まり”“死と再生”“破壊と創造”…など、
相反する対極のエネルギーが対立から調和へと、
統合していく変革の年。

火と水=かみ=神

気学では「五黄土星」が中央で睨みをきかせていて、
本来の自分に気付かせて軸足を固めるよう促してくれています。

そんな今年、先日5月10日の新月の夜に、
出雲大社で60年に一度の遷宮が行われ、10月には伊勢神宮も遷宮!

伊勢神宮 = 陽 = 天 = 太陽神 = 男性性
出雲大社 = 陰 = 地 = 月神  = 女性性

「陰と陽」、「天と地」、「太陽と月」、「男性性と女性性」…
まさに、相反する対極のエネルギーが統合する記念すべき結婚の年。
こんな貴重な年を経験できるなんて凄いことですよね。

伊勢神宮と言うと、どうしてもユダヤ、六芒星、旧約聖書…。

♪か~ごめ かごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる
夜明けの晩に 鶴と亀が統べった うしろの正面だぁ~れ♪

「鶴=伊勢神宮」と「亀=出雲大社」の遷宮が重なると
“統べった”となり、“籠の中の鳥が出てくる”ということになり、
以前から色んな説が飛び交ってますが、
さて何が出てくるのでしょう??

ちなみに、伊勢神宮のご神獣は「鶏(酉=鳥)」で、
遷宮では「常世の長鳴き鳥の儀式」が行われるそうです。
あ、私は酉年生まれの20歳です(爆)

伊勢神宮は、内宮と外宮、
もともとは本宮だった伊雑宮(いざわのみや)の三社。

神社の三社というは、二番目の神社を3度ずらさなければならず、
「伊雑宮・内宮・外宮」は内宮が
西に3度ズレて建立されているとのこと。

それぞれの神殿の地下には、「心御柱(しんのみはしら)」という
5色の絹が巻かれたヒノキ柱の御神体が、
「地下・地面・地上の3層」でつながる形になるように
祀られているそうで、遷宮の際、
深夜に超極秘での特別な神儀が行われるらしいです。

さらに、それぞれの地下神殿には、
内宮の地下には、
「聖櫃アーク」とキリストの血が付いた「聖十字架」が、
外宮の地下には、
ユダヤの三種の神器「マナの壷」と「モーセの旗竿」が、
伊雑宮の地下には、「ユダヤの王・ナザレ人イエス」と
書かれた罪状版が祀られているらしいです@@;

イエス・キリストは、西暦33年に33歳で亡くなられました。
この西暦33年という年は、実は今年の2013年と同じ
“終わりと始まり”に象徴される「癸巳(みずのとみ)」の年。

書いていると次々出てくる「3」という数字。
三位一体の3、3つあわせて1つ。

天照大御神=ヤハウェ=イエス・キリスト!?

ユダヤ教の神秘主義思想であるカバラは、
森羅万象の全てを象徴するとされる「生命の樹」に、
3本の柱と11個の球(セフィロト)と
22本のラインで構成されていて、
3本の柱=「御父・御子・聖霊」の三位一体です。

なお、私のカバラ誕生数は3です(爆)

さらに、昨今注目のマヤ文明のマヤ暦でも、
「人(=神)、天の神、地下の神」の三位一体です。
地上の人(=神)の数7 × 天空の神の数13 × 地下の神の数9
=819が基本サイクル。

地球が1年で364回自転する間に土星が819回転、
ツォルキン暦260日×π(3.14)が819日、
天空の神の数=13のピラミッド数が819、
水星が自転する58.5日の14倍が819、
819日×365回サイクル=819年…などなど、
あり得ないほど高度な天文学のせいか、人類滅亡説が騒がれましたが
人類は滅亡しません。。。(ーー;)

まとめの自論。

自我と真我、自分と他人…
対極の相反するエネルギーが統合した時、
心と心が重なり、絆が結ばれ、本当の家族になる・・・
人類みな兄弟姉妹の家族!

「こころ」「きずな」「かぞく」のそれぞれ3文字
キーワードは三位一体です^^;
*************************************
あなたたちが あなたたちの真実に 愛に 目覚めるのです 
その時 わたしたちと ともに生きていることを 知るのです

by光の使者エルちゃん
**********************************************
♪ か~ごめ かごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる ♪
出てくるのは・・・・・・・・・・真実の愛で~す\(*^^*)/
by divine-msg | 2013-06-11 09:30 | 占星術
2013年
a0075956_23222075.jpg

旧年中は大変お世話になりました
皆様のご厚情に心より御礼申し上げます
ありがとうございます

********************************

2013年は「癸巳(みずのと み)」の年。

「癸(みずのと)」は、
謙虚な穏やかさと同時に秘密や策略を持つ
“陰の水”のエネルギー。

「巳(み)」は、
植物の成長成熟段階を意味する
夏に向かう力強い“陽の火”のエネルギー。

2013年は、
この“陰の水”と“陽の火”という
相反するエネルギーがぶつかり合い、
近年の地球が光の時代へと、
ルネサンスへと本格的に突入し、
アセンションの変革の流れの中での総決算。

「変革」がスタートします!

「癸(みずのと)」は、
甲乙丙丁…といわれる十干最後の干支で
10番目であると同時に0番目。

全ての終わりと全ての始まり、
宇宙界と地獄界を意味しています。

「巳(み)」は、
6番目にあたり、脱皮、胎児、繁茂…を
意味しています。

「癸」も「巳」もどちらも、
終わりと始まり、死と再生、破壊と創造…という
意味を持ち、しかも「癸巳」という組み合わせは、
60年で一巡する中国暦の30番目。

革新、前進、楽観主義、情熱、移動という
意味も持っています。

つまり、
真ん中の折り返し地点に到着し、
これまでの歩みを一旦仕切り直し、
新しい夢に向けて大きく前進する年。

気学では、
五黄土星が中心に座って睨みをきかす年。

変革によって膿を出しながら、
全ての物事が“本来の定位置”を目がけて
動き出す、新たな“基盤創り”を意味します。

ただ、“陰の水”と“陽の火”という
相反する2つのエネルギーがぶつかり合い、
ハレーションを起こし続けることから、
自然災害は頻発することが予想され、
国や組織などは大きな2つの勢力が争うことも
起きやすくなりそう。。。

また、2012年と2013年は
太陽の活動周期がひとつのピークを迎え、
電気の供給が遮断されるような
巨大な太陽フレアとともに
磁気嵐が起きる可能性も否めません。。。

エンターテイメントなどの
文化的で華やかなビジネスは繁栄し、
経済情勢は上昇の兆し、回復が期待できそうです。

個々の生き方においては、
これまで自我を押し通し、
真の自分を無視して抵抗してきた人ほど、
今まで通りには行かなくなって
強制変革の年になりそうですが、
昨年までに困難を乗り越えながら
自己成長に努めてきた人たちは、
努力が正当に評価されて
新しいステージで活躍できますよ~。

いずれにせよ、自分にとって何が正しく、
何が大切なのかが明確になり、
本当の幸せとは?に向けて、
動き出さなきゃならなくなるというエネルギーです。

総じて、大きく前進するために
必要な変革を経験しながら、色々な意味で忙しく
動き回ることになる2013年です。

情報やコミュニケーションは活発化し、
新たな人間関係が広がり、
これまでの人間関係の絆は深まる傾向。

今年は例年以上に、
人が人と生きていく上で欠かせない、
「絆・愛・情・真心」などの大切さを
再確認しましょうね~というのが、
光の使者エルちゃんからのメッセージです^^

素晴らしい年になりますように!
本年もどうぞ宜しくお願いいたします

2013年1月1日 伊藤嶺花
by divine-msg | 2013-01-01 00:00 | 占星術
2011年おめでとう!
あけましておめでとうございます!

いつもお世話になっている皆様、
2010年も大変お世話になり、ありがとうございました。
2011年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!

2011年は「変化」しまくる年になりますよ~。

拡大と発展の星、ラッキースターとも呼ばれる木星が、
1月23日に12星座中のトップバッターで勢いのある牡羊座へ入り、
6月5日に牡牛座へと移行していきます。

ラッキースターが、独立心旺盛で止まらない勢いということは、
モタモタしてる場合じゃないっ!
超高速スピードで物事が動き出しますよ~^^v

・・・がしかし、3月の中旬頃から4月の中旬までは、
厳格なお父さんのような星である天秤座にいる土星が、
牡羊座にいる木星とちょうど反対側の位置になります。

超高速スピードでラッキー街道まっしぐらの木星を、
厳格なお父さんが「おい!あんまり調子に乗るんじゃない!」って
叱咤激励を飛ばしてくるようなことが起きるかも。。。><;

2011年の前半は、あっという間に過ぎちゃいそうですから、
準備点検念入りにしていきましょう!

日本ではお馴染みの干支は「卯」年です。
“兎”ではありませんが、卯年は「繁栄」「繁茂」のエネルギーがあります。
悪い方向にエネルギーが出てしまうと、「紛糾」「雁字搦め」など
どうにもできない状況を意味します。

東洋占星術では、「辛卯(かのとう)」の年となるわけですが、
「辛(かのと)」は、字のごとく「つらい」「からい」という意味があり、
草木が枯れて新しくなろうとする状況を指します。

このように2011年は、一見、「げっ!大変~っ><;どうしよ~」と
思ってしまいがちなのですが、何事も表裏一体。
これまで未開拓だったとか、
無理だと思っていた一段高いステージに行くための扉が開くチャンス!
新しい世界が見えてくる年でもあるんですよ~^^

昨年、Web Magazine「OPENERS」の対談のお仕事の際、
谷尻誠さんがおっしゃっていたのですが、
「大変」って、言葉のままに「大きく変わる」ってことですからね。

「大変~」って言ってる間にチャンスを逃がさないよう、
大きく目を見開いて、機敏さや迅速さを意識して行動していきたいものです^^

自分自身がもっと幸せを感じる人生にするために、大きく変わっていける年。
どんな風に変わりたいか、ありたい姿をイメージ!イメージ!

そういえば、天界の光の使者エルちゃんも去年最後のワークショップの際
イメージしましょ~ね~みたいなメッセージが多かったような。。。

どうなりたいのか想像できますか?あなたの望みは何ですか?
どうぞ想像してみてください。
あなたが想像できることは、あなたが叶えられるのですよ。


・・・というわけで、楽しいこと嬉しいことはもちろん、
本当の自分自身の望みに素直に「こうなったらいいなぁ~」って
いっぱいイメージして、しっかり前を見て、
日常の幸せ受信アンテナ高く歩いていきましょ~!

ちなみに私は2011年、「破壊」を意味する年になってまして、
何を破壊するのやら…と思っていたら、2011年元旦!午前0時になった瞬間、
リビングの暖房が壊れました。。。

動きません。
寒いです。
「大変」な幕開けでございます(爆!)

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます~v^^v
by divine-msg | 2011-01-01 03:52 | 占星術
風水本
a0075956_11333554.jpg

年末年始で進行していた書籍が完成し、
発売されました!

職場で使える風水の実践書です^^

「ビジネス風水~虎の巻~」 
定価:840円(税込) 
発行:インサイド・パブリッシング
Amazon(通販)のみで発売中

なぜ、ビジネス風水本なのか…?と
いいますと、私がこの仕事をし始めてから
実は経営相談が圧倒的な件数なんです。

20年近く会社勤めをしてきたため、
ご相談内容によっては「わかります~」と
ついリアルな感想が口から出てしまう
こともありますが。。。

風水というのは、
森羅万象の気(エネルギー)の学問。
どの占星術もそうですが、
発祥して研究された国や人によって
表現も異なり、流派も分かれていたりと、
いざ職場で実践するとなると
難しくて面倒くさい…などと
思ってしまうこともあると思います。

私がそうだったので…^^;

現在の日本では、香港のように
風水師さんと契約されている企業や、
欧米のように経営者のメンタルを
サポートをするカウンセラーと
契約されている企業が増えていますが、
私自身もそんな時代背景の影響を
受けているのかもしれません。

スピリチュアルな話を抜きにした
鑑定依頼だけの場合もあれば、
経営判断をするにあたっての
カウンセリング依頼だけの場合もあれば、
両方の場合もあれば、
個人的なことを含めて、ご相談内容が
多岐に渡っている場合もあります。

オフィスの移転方位や時期、
場所や家相などなど…の鑑定依頼も増え、
都度、鑑定書を作成もしていることもあり、
「簡単に分かるものが、あればいい…」を、
「簡単に分かるように、創ればいい~」と
私の中で変換して、このたびの原稿を
書き進めることが出来ました~^^

途中まで昨年のお盆あたりに
執筆していたのですが、
風水本が現在は多数存在するため
売上データから推測すると、
もっと専門的なものの方が
今からは売れるということになり、
出版社サイドの意向と逆行し、
保留になってしまっていました。

しかし、過去2冊お世話になっている
編集者が「もったいない」と言ってくださり、
あれこれと作戦を考えてくださいました。

そこへ、時同じくして
「シンクロニシティー」の発行元の
社長さんが新会社を発足され、
本格的始動するにあたって
また一緒にやりましょう…と言ってくださり、
急遽ミーティング実施。

3ヶ月半ほど保留だった話が突如復活。
この度のリリースへとなりました。

「シンクロニシティー」と同様に
同じメンバーで、またまた年末年始に
2年連続でお仕事をさせていただくこと、
嬉しくありがたいご縁に感謝感謝です!

※稲石さん、斎藤さん、
 ありがとうございます。

仕事の必要性に伴って、
「経営風水の簡単な本を書きたい」と
思ったことで、書く機会を頂戴し、
私自身に迷いが生じたことで保留となり、
初心を再確認するような気づきが起きたら
話自体が復活…。

振り返ると原因が紐解けるんでよね^^;

完成した本を一通り読んでみると、
原稿を書いている時や校正確認の際は、
全然気にならなかったのに、
出来上がって客観的に読み直すと、
短くまとめすぎたことで逆に
意味不明に思えるような箇所も見つかり、
「もっとこうすれば良かった~」と反省中。

ご不明な点はお問い合わせくださいませ。

とにかく、、、
自然界と自分自身のエネルギーの
相乗効果を活かしていきましょ~
…という風水本です。

ビジネスライフにお役立て頂ければ幸いです。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2010-01-20 11:39 | 占星術