2016年 10月 14日 ( 1 )
再誕生の満月
a0075956_584412.jpg

10月16日(日)13時24分、
特別に強烈な満月です。

15日に月が牡羊座に入って満月域となると、
個々の人生も社会も、成長という
必然の変化を遂げることが祝福される
高次元のエネルギーに包まれていきます。

今回の満月は、
天秤座にいる太陽と牡羊座の月が
ともに23度14分での180度。

ここに、
牡羊座22度29分で逆行中の天王星が、
月とはコンジャンクション。
太陽とはオポジション。

急展開でドラマッティックな
変化が促されます。

さらに、太陽に
恒星スピカがコンジャンクション。
恒星アルクトゥールスも
コンジャンクション域。
(どちらも実際は乙女座の恒星)

恒星スピカは、
4つの星からできている分光連星で
日本では「真珠星」と呼ばれる1等星。
女神が持った麦の穂先で輝いています。

美しい芸術的なセンスと才能をあらわし、
自己研磨と鍛錬によって輝きを増していき、
成功し、保護され、富と名声を得ることを
意味するラッキースターです。

恒星アルクトゥールスは、
スピカとは夫婦星で、
芸術的で特異なセンスと才能をあらわし、
冒険と繁栄を意味するラッキースターです。

しかも、満月の太陽のサビアンシンボルは、
「左側に三番目の羽根をつけた蝶」。

蝶は、魂の再誕生の象徴です。

月は「内側に向かって吹く風で開かれた
窓のカーテンがコーヌコピア(豊穣の角)の
形になる骸骨を腰につるして馬にまたがる」。

窓のカーテンは、自我の象徴である部屋と
未知なる外の世界との境界の象徴です。

根底的な意識が変容して、
今ここに在る自分自身という個の存在、
その現実、その個性を認めることで
湧き上がる強い意思の力によって、
超人的な生命力が引き出されて
本来の輝きを放ちまくり、
神秘的な現象現実を体験しながら
今までとは異なる世界へと勇ましく
前進していく様子です。

個々の岩戸が開く時なのです~^^

この強烈な変容の満月エネルギーに、
他の天体たちもパワフルに背中を押しています。

天秤座にいる水星は、
山羊座にいる火星と約2度の差で90度スクエア。
冥王星とも0度06分差での90度スクエア。

火星と冥王星は、山羊座で約2度差での
コンジャンクション。

射手座12度台にいる土星は、
魚座9度台にいる海王星とは約3度の差で
相変わらず90度スクエア域。
乙女座10度台のドラゴンヘッドと約2度差で
90度スクエア域。

魚座の海王星とドラゴンテイルは、
0度43分差でコンジャンクション。
乙女座のドラゴンヘッドとはオポジション。

高次元の集合意識が、
3次元的に分かりやすいカタチや現象として
個々と社会の変化を促しているため、
自我の自覚意識に関係なく
必然的に変化していくことになります。

その変化は、たとえ一時的には
過酷さや辛さを伴うものであったとしても、
「最悪、不幸…」と思うか、
「ここを乗り越えた先に…」と希望を見出すか、
自由意志による未来の現実を創造する力は
誰しも平等に与えられています。

だから何事も、表層的に短絡的に…とらえず、
深層的に大局的に…とらえて、
自分が自分自身を自由にさせてあげて、
本当に望む幸せを自ら応援する意識で
行動していくことが大事!

そうすると、自他ともに繫がっている
幸運の女神が微笑みますよ~っていう
満月メッセージです。

2016年10月16日
2+0+1+6+1+0+1+6=17
1+7=「8」

「8」=キリスト意識、「八」=開く。

~「日月神示 扶桑之巻 第四帖」~
空白とは九八九であるぞ
八と九 九と八の境をひらくことが
岩戸を開くことぢゃ
空白とは最も根本を為す
最も力あることであるぞ

光と闇、陰と陽…という
2つの九(=光)の境を開くことが
個々の岩戸を開くこと。
岩戸を開く直前直後の空白というカオスは、
最も根本を為す、最も力のある状態…
だと思います~^^

開いていきましょ~。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-10-14 06:30 | 占星術