ヒミコの岩戸開き 続編
a0075956_0154927.jpg

今さら根本的なことに気づきました~^^;

偉大なる親、太陽を呼ぶ星、七色の星、
赤い星、太陽の次の太陽、太陽の子など
さまざまに呼ばれる恒星シリウス。

和名のひとつに「与謝星」という
名前があります。

聖書では、モーゼの亡き後、
エフライム族のヨシュアが指導者となり
ヘブライ人を約束の地に導いています。

ヨシュア=シリウス!

エフライム族は、北イスラエル王国の
十支族を束ねるトップで、
拠点としていた首都サマリアは
「小さなシュメール」を意味します。

サマリアの王=小さなシュメールの王
=スメラミコト=天皇

ヨシュア=王=地上のシリウス!

そして、海部氏の籠神社・奥宮
真名井神社は、もともとの名称は
「与謝宮」でした。

真名井神社=シリウス神社^^v

主祭神は、
豊受大神=天御中主神=国常立神
=夜空に輝くシリウス!

この神々は、北斗八星と北極星も
あらわしているので、
目印となる夜の星全部とも言えます^^

太陽の光の反対側には影が出来ますが
シリウスからの光は影を作らないので、
シリウスは5次元世界の太陽として
5次元宇宙をつかさどり、
太陽は陰陽の二極性のある
この3次元宇宙をつかさどるリーダーです。

天照大神=昼空に輝く太陽!

また、表の陰陽道では奇数が陽、
偶数が陰です。

裏の陰陽道=カバラでは、太陽は「6」

表の陰陽道からすると矛盾するものの
表裏一体なので、陰の太陽?夜の太陽?
太陽の影に隠れている太陽?!

「5」=太陽
「6」=真の太陽=シリウス!

陰陽師の安倍晴明と蘆屋道満は、
どちらも表の陰陽道を使って
真の太陽と本当の歴史を封印する
協力をさせられたんだと思います。

五芒星(火)と六芒星(水)が統合して
「六」の蓋が開くと「八」=八芒星。

八芒星は金星の象徴。
「8・八」は…
キリスト意識、ヤハウェ、開く。

昼の太陽と夜のシリウスの間、
明けの明星&宵の明星…も金星です。

カバラでは金星は「7・七」。

安陪清明の使った「五・六」と、
蘆屋道満の使った「九・十」の間は
「七」と「八」です~^^

「七」⇔「八」を合わせ読むと…
神の意識が無限に開いて神人と成る。
または、
七つのチャクラの光の花が無限に開いて
神人と成る。

金星の化身といえば…、
イナンナ、イエス・キリスト、ルシファー
天津甕星(あまつみかぼし)
虚空蔵菩薩、歳殺神(陰陽道八将神)
大威徳明王(五大明王の西の守護神)。

愛と美の女神のイメージよりも
極端なイメージの神々ですが、
お釈迦様は、明けの明星が輝くのを見て
真理を見つけたとされ、
弘法大師・空海は、明けの明星が口の中に
飛び込んで悟りを開いたとされ、
明けの明星がキッカケになっています。

それもそのはず…、
明けの明星⇔宵の明星という通り、
金星は、二極性エネルギーの極を表し、
「陰 極まって陽となる…」の象徴です^^

「日」と「月」、陰陽の対極を統合して
「明」るく超越してね~という
エネルギーを放っています。

必要なら戦いもするため、
大きく強い愛と美の女神です^^

…で、「シリウス新月の夜明け 続編」
書いた通りシリウスも同じく。

古代は、明けの明星⇔宵の明星といえば
金星ではなくシリウスのことでした。

大地に「水」の恵みをもたらすことから
復活再生の象徴でもあります。

イナンナは、金星の化身とされる前は
シリウスの化身です。

つまり…、
不死鳥フェニックス=イナンナ!

金星が3次元の二極性の統合を促し、
統合して超越すると…
シリウスゲート(天の岩戸)が開いて
5次元意識で復活再生する仕組み~^^

3次元の時空を管轄する太陽系と
時空を超越した5次元を管轄する
シリウス系…が、表裏一体での
2重構造になっているわけです。

ちなみに、3次元の肉体を持ったまま
シリウスゲートが開かれるのは、
生死の狭間など壮絶な体験によって
意識が極限に到達した瞬間が多く、
宗教家などが禁欲的に修行を
続けるのは、このためだと思います。

…が、喜怒哀楽あるように、
心の奥底からの至福の喜びに包まれ
心身が解放された瞬間、
悲しみのどん底の瞬間、
陰陽どちらの極限でも開きます^^;

意識の深海の底=極限は、
「虚無」や「空虚」…です。

無重力、無感覚、無感動になって、
強烈な眩しい光に包まれて
大感謝という大歓喜の光…だと
気付くより先に感謝の涙が溢れてきます。

その光と全員が一体になったまま
生活している世界がミロクの世…だと
勝手に思っています^^;

日月神示には、
半霊半物質の世界に移行するから
原爆も水爆もビクともしない
何物にも影響されない
半霊半物質の肉体になるとあり、
その新しき生命が生まれつつあって
そのことを岩戸開きという…とあります。

つまり…どう考えても、神々が
こちらの世界にわざわざ波動を下げて
復活再生するんじゃなくて、、、
「こちらからお伺いします」じゃね?(爆)

…という根本的なことに
今さら気付いたのでした~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-01-25 00:25 | スピリチュアル
<< 日本の神秘まとめ ヒミコの岩戸開き >>