謎の生物 結論
a0075956_2332713.jpg

どうやら先日の私は…、
10分間だけ、半径5mだけ、
並行宇宙に飛んだ様子。。。(爆)

刑事ドラマのように、
白い生き物が道路を横切るのを
目撃した地点から写真を撮った地点まで
同じ時刻に通ってみました~^^;

いつも通りの景色の道に
左右に並ぶ建物もいつも通り。

…が、謎の生物を見た時は
同じ時刻でももっと暗かったんです。

それで最初、白いものが
道路を渡るスピード感と、
渡った後すぐ瓶の上にジャンプしたり
機敏な動きをしていたことから、
猫かな~?と思った次第^^;

そして、謎の生物がいた場所に到着。
写真に映っている塀のシミを目印に
「ここ!」と特定。

…が、その塀のシミのすぐ右側には
何もなかったはずなんですが、
ツタが生い茂っていて
地面に届いているんです~@@;

「???」とその場で考え込み、
訳が分からないので、
光の使者エルちゃんにヘルプコール^^;

すると…「思い出せば分かりますよ」
…と言うので、写真を撮った時と同じ
ポジションに立って記憶を再生。

・ツタは無く塀だけ
・1台の車が通過
 男性が運転(同乗者はいない)
・1台の自転車が通過
 女性が後ろに子供を乗せて運転

「あっ!」…と
思わず声を出してしまいました~。

車と自転車が…乗ってる人が…
めちゃめちゃ昭和~(爆)

タイムスリップ???
じゃあ謎の生物はどういうこと?

すると…光の使者エルちゃん。
「同時に無数にありますからね」

そりゃそうだ~と納得^^;

つまり、私は白いものを見た瞬間から
勝手に昭和何年かの時点に飛んでいて、
そこから並行宇宙にも飛んでいて、
そこで見た得体の知れない謎の生物を、
今現在の私の意識と肉体が合体して
知覚している3次元の現象現実界での
カメラで撮った…という結論です。

戻って来れて良かった~^^;

この世界はいつでもどこでも誰でも
つねに絶えず多次元同時共存
パラレルワールド分岐交差点なので~^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2018-01-14 01:41 | スピリチュアル
<< 山頂への新月 謎の生物 >>