虹のたもと 続編
a0075956_1101278.jpg

やはり日月神示おそるべし…。

前回書いた「虹のたもとの金の壺」は、
ヤハウェがイスラエルの民に与えた
「マナ」を入れる金の壺のことです。

神道では勾玉のこと。
受容するウツワ、陰、水、月…
女性性エネルギーの象徴。

虹は、天と地をつなぐ七光線原理、
七つのチャクラ、龍…
クンダリーニエネルギーの象徴。

ヤハウェ=豊受大神=天御中之主神
=国常立神=日月神

この高次元神界の陰陽統合超越意識の
エネルギーの神子・御子・巫女として
肉体に受肉させ覚醒したのが、
ウカノミタマ=イエス・キリスト

イエス・キリストの…
「わたしはアルファでありオメガである」

子=一(アルファ)⇔了(オメガ)=〇
子=九=光…です。

~日月神示 磐戸の巻 第十六帖~

子の歳 真ん中にして
前後十年が正念場
世の立替へは水と火とざぞ
~~~~~~~~~~~~~~~~

21世紀に入ってからの
子(ね)の年は2008年、2020年。

2008年は数秘でも「10⇔1」、
オメガ⇔アルファの年で、破壊と再生の
冥王星が山羊座に入った年です。

また、2008年、2020年は、
どちらも閏年で1年366日の年。

旧暦(陰暦)では、
2008年は354日、2020年は384日。

陰陽を統合すべく、
陽暦と陰暦を足して2で割ると…、

2008年…366 + 357=720
720÷ 2=360
360度の円、輪、和、〇です。

数秘で年は「10→1」、360は「9」
十九…トコタチ、国常立神。

2020年…366 + 384=750 
750 ÷ 2=375

年は「22」or「4」、375は「6」
「22」=現象現実界の限界数
「6」=陰陽の統合調和数

~「日月神示 扶桑の巻 第一帖」~

天に神の座あるように
地には人民の座があるぞ
天にも人民の座があるぞ
地に神の座があるぞ

七の印と申してあるぞ
七とはモノのなることぞ
天は三であり 地は四であると
今迄は説かせてあったなれど

いよいよ時節到来して
天の数 二百十六
地の数 一百四十四となりなり

伊邪那岐 三 となり
伊邪那美 二 となりなりて
ミトノマグハイして
五 となるのであるぞ

五は 三百六十であるぞ
天の中の元のあり方であるぞ

七の燈台は 十の燈台となり
出づる時となったぞ

天は 数ぞと申してあろう
地は いろは判らん者が
上に立つこととなるぞ

大グレン目の前 
日本のみのことでないぞ
世界中のことであるぞ

今度は三千世界が変るのであるから
今迄のようなタテカヘでは
ないのであるぞ

何も彼も鏡にうつるのであるぞ
鏡が御神体であるぞ
何もうつらん御神体のカガミは
何もならんぞ

~~~~~~~~~~~~~

天は「216」、地は「144」
イザナギ「3」、イザナミ「2」
合わせて「5」
「5」は「360」…とあります。

つまり…、
360÷5=72 「72」の倍数。

天「216」+地「144」=「360」
イザナギ…五座成気、「3」=火・陽・日
イザナミ…五座成実、「2」=水・陰・月

イザナギとイザナミ…
五(い)=真ん中・シリウスの座に成る
気と実、火と水、陽と陰、日と月です^^

占星術では72度の星位のことを
クインタイルといい、努力によって
創造性を発揮することをあらわします。

たとえば、春分点・牡羊座0度を起点に
12星座360度を72度ずつとると…

① 72度…双子座12度
②144度…獅子座24度
③216度…蠍座 06度
④288度…山羊座18度
⑤360度…魚座 30度

日月神示のいう天「216」、
イザナギ「3」は、蠍座06度(笑)

「3」が真ん中にあるので、
「0~10」⇔「10~0」の表裏で
円を描く世界に置き換えると、
真ん中「5」と同じ。

「五」は「土」のエネルギーで国常立神。

2008年の子の年を真ん中にして
前後十年、1998~2018年が正念場
…ということになります。

…で、五芒星を描くといえば金星!
金星が地球と会合するのは、

① 2014年01月11日
② 2015年08月16日
③ 2017年03月25日
④ 2018年10月26日
⑤ 2020年06月04日

その時、太陽から観たホロスコープの
金星と地球と月の位置は…、あ、
あ~っ@@;

④2018年10月26日が…
牡牛座 2度台。。。

天王星は牡牛座0度台にいて
コンジャンクション。
強烈な電磁力で惹き合います。

牡牛座2度のシンボルは「電気的な嵐」
宇宙からの変容エネルギーの嵐です。

日月の神様は占星術も完璧なんです~^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2017-12-28 01:00 | スピリチュアル
<< 顕現の2018年 虹のたもと >>