創造原理のトリニティー 完結編
a0075956_11414429.jpg

1336年から1392年までの57年間。
2人の天皇が存在した南北朝時代。

冷静に考えると、
かなり異常な時代ですよね。。。

すご~く簡単にまとめると…、

鎌倉幕府の滅亡後の1336年、
室町幕府の始まりと同時に、
足利尊氏が京都に光明天皇を擁立。

後醍醐天皇が持っている三種の神器を
奪うべく、後醍醐天皇を幽閉!
三種の神器を光明天皇に渡せと強要。。。

後醍醐天皇はあらかじめ事態を想定し、
偽物の三種の神器を渡すと、
冬至の夜、奈良の吉野に逃れました。

こうして南北朝時代に突入。
北朝(京都)vs南朝(吉野)

1392年、三種の神器が北朝側に渡って
一応、南北朝時代が終焉。

その後、南朝側が
「やっぱオカシクね?」…と、
戦国時代へ突入。

北朝…徳川家康
南朝…織田信長、豊臣秀吉

関ヶ原の戦いでは、
北朝…徳川家康の東軍
南朝…毛利輝元と石田三成の西軍

またしても北朝が勝利。

1336年~1573年まで237年間の
室町幕府の時代のうち、
最初の約60年が南北朝時代、
最後の約100年が戦国時代なので、
室町時代は実質約80年間でした。

時を超えて、
265年間続いた江戸時代の幕末。

南朝側が再び奮起し、
南朝を正統とする考えに基づく
「大日本史」が編纂されて、
次第に世論も正統は南朝と紛糾します。

同時に、それまで対立していた
薩摩藩、長州藩をはじめとして、
土佐藩、肥前藩の4藩(薩長土肥)の
志士たちが、江戸幕府の倒幕と
明治維新を推進していきます。

…が、明治政府になると、
薩長藩の出身者が中枢を担い、
肥前藩出身者の一部が反発するなど
相変わらず権力闘争が頻発。

どんな時代でも人間というのは、
長いものに巻かれ、強い者に押され、
恐れに支配されたエゴを満たす幸せを求め、
恐れに支配されたエゴを満たす幸せを
得るための争いを続けるんですかね。。。

まさしく、、、
コンピュータのプログラムに
支配されてるマトリックスの住人^^;

プログラムの設計者に言わせると…、
a0075956_12411190.jpg

だそうですが…^^;

…で、話を戻しまして、1911年、
正統はどっち?論争に困り果てた
北朝出身の明治天皇が
南朝を正統と決定しました。

以降、現在に至るまで、
正統は「南朝」ということになっています。

こうした論争の源流は、
大化の改新にさかのぼります。

672年7月24日、古代の最大の内乱
「壬申の乱」が勃発。

舒明天皇を父とする2人の息子、
兄・天智天皇(中大兄)の子で
時の天皇・弘文天皇(大友皇子)に、
弟・天武天皇(大海人皇子)が
挙兵して勝利。

その半年前672年1月7日に
天智天皇は46歳で崩御しています。
686年10月1日に、
天武天皇は65歳で崩御しています。

天智天皇が46歳で崩御した際、
弟の天武天皇の年令は50歳…、
兄弟ではないことは明らかですが。。。

そんな天武天皇は、
乙巳の変(蘇我入鹿暗殺)に憤慨した
蘇我蝦夷が邸宅に火をかけ自害した際に
焼失した数々の歴史書に代わる
国史の編さんを命じました。

そして、天武天皇の崩御後、
712年に古事記が成立。
720年に日本書紀が成立。

これらが成立する以前から、
天智天皇より藤原氏の姓を賜った
藤原鎌足の次男・藤原不比等が、
朝廷内で勢力を伸ばしていました。

藤原不比等は、日本書紀の成立同年
720年に他界しましたが、戦略的に
4人の息子に別々の藤原家を名乗らせて
勢力を拡大していました。

・長男:武智麻呂(むちまろ)=南家
・次男:房前(ふささき)=北家
・三男:宇合(うまかい)=式家
・四男:麻呂(まろ)=京家

長男と次男の母は蘇我娼子。
三男と四男の母は異なる様子。

この藤原四兄弟も
737年に天然痘で相次いで病死。

子供たちが幼かったため、
藤原四子政権はしばらく不在になるも、
それぞれの子孫が成長して
藤原四家として再び勢力を拡大。

その後、北家側の嵯峨天皇と、
式家側の平城上皇が争って、
北家が勝利して平安京へ遷都しました。

いわゆる藤原五摂家は
次男・房前の北家の末裔。
清和源氏も北家の勢力です。

…で、勝手な持論を含めて
北朝と南朝を整理。

ただし、血統で整理することは
父方と母方もあって無理なので、
あくまで勢力として分けると…

★北朝
天武天皇、新羅、京都、出雲族、
蘇我氏、藤原北家、清和源氏、白、
徳川家、北辰(北極星・北斗七星)信仰、
失われたイスラエル10支族…etc

平安京~明治維新までは、
「北朝」の勢力が主流の時代。

★南朝
天智天皇、百済、吉野、日向族、
物部氏、藤原式家、桓武平氏、赤、
織田家、南斗シリウス信仰、
古代イスラエル南ユダ王国2支族…etc

明治維新~現在は、
南朝の勢力が主流の時代。

いずれにせよ、
もともと同族間のお家騒動。
どちらも正統、而二不二です~^^;

赤と白が和合すると…ラブリーなピンク!
この際、日本の国旗は
ピンクのハートにしちゃうとか(爆)^^;

ピンクのハート、ピンクの鳩?!
a0075956_11433037.jpg

マコトのことは酉の年。

日の丸は白の中に赤。
赤=南朝を白=北朝が囲んでいるのが
日本とも言えるので、、、
♪籠の中の鳥は~♪…、赤?!火の鳥!

すると…、♪後ろの正面だあれ~♪は、
やっぱりピンクのハートです(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2017-09-24 13:00 | スピリチュアル
<< 真実の再生へ 秋分からのメッセージ >>