決断の新月
a0075956_22503477.jpg

太陽フレアの影響で大荒れの自然界。

9月20日10時13分、
金星が乙女座に入っていきます。

その後14時30分、
乙女座27度27分で新月です。

この新月の時、
太陽、月、水星、金星、火星という
個々の人生を左右するパーソナルな
5天体が乙女座に集まっています。
a0075956_2257125.png

乙女座の太陽と月は、
射手座21度台にいる土星とは
90度スクエア域。

射手座24度台にいるリリスとは
3度差で90度スクエア。

乙女座の水星と火星は、
3度差でコンジャンクション。
魚座の海王星と180度オポジション。

天秤座の木星と、牡羊座の天王星は
誤差2度以内で180度オポジション。
射手座の土星が調停しています。

物質性と精神性、ミクロとマクロの
課題をクリアにしていくための
主観と客観、広域と境域、長期と短期の
冷静な分析力、知力、意志力を発揮させ、
この現実社会に自らの意志で
自分自身を活かし生きていく…という
パワーそのものを思い起こさせてくれる
パワフルな魔法のエネルギーに包まれます。

新月のサビアンシンボルは、
「力をつかまえた禿頭の男」。

前世のカルマ、先祖代々のカルマなど
善かれ悪しかれ不可抗力の宿命。

その宿命のもと、自覚の有無を問わず
今生で自らが積み重ねてきたカルマを含め
選択してきた運命、創造している人生。

そんな自分自身のカルマ、宿命、運命、
人生…に向き合い、あらゆる自分自身を
受け入れ、昇華し、超越していけ…という
大きなテーマを投げかけられています。

その大きなテーマのもと、
探究と模索の時は過ぎ、決断の時が訪れ、
突然の気づきや啓示によって、
強靭な意志力を発動させ、甘えを断ち切り、
力強く生きていこうとする様子をあらわす
度数とシンボルです。

つまり…、9月20日の乙女座新月から
10月6日の牡羊座の満月まで、
この世界の秩序から個々の生活習慣まで、
とにかく変えたい~変わりたい~と、
何かしら人生大改革・大転換となるような
決断をすることになる時期!

…ってことです~^^;

何を決断するのかは人それぞれ。
為せば成る、為さねば成らぬ…ので、
まず「〇〇を為す」という決断の新月です。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2017-09-17 23:00 | 占星術
<< 秋分からのメッセージ 創造原理のトリニティー 続編 >>