創造原理のトリニティー 続編
a0075956_2328558.jpg

続きです~^^;

私の勝手な妄想を含めて、
とっても簡単に古代日本の神秘を整理。

縄文時代後期、
古代イスラエルの支族が続々と
日本にお里帰りしてきました。

丹後半島には、
最高位の祭祀・海部氏(籠神社)と、
その兄弟の尾張氏(熱田神宮)が、
三種の神器を持って到着。

・十戒の石板=八咫鏡(息津鏡・辺津鏡)
・マナの壺=八尺瓊勾玉
・アロンの杖=草薙神剣

3.6km(ミロク)の天橋立は、
イザナギとイザナミが国生みの際、
天と地を行き交った梯子が倒れて
出来たとされていますが、これ、
旧約聖書の「ヤコブの梯子」が
モチーフになっています。

その後、徐福の一団として
賀茂氏、物部氏…など続々と日本に到着。

彼らは、旧約の神道(ユダヤ教)の
教えのもと、出雲王朝をつくって
古代の日本を統治していきました。
いわゆる出雲族です。

海部氏&尾張氏の祖は、
アマテラスの孫・アメノホアカリ
(天照国照尊天火明命)。

スサノオの息子・大国主の
娘の天道日女(アメミチヒメ)と
結婚しています。

物部氏の祖は、ニギハヤヒ(饒速日尊)。
アメノホアカリ(天火明命)の子孫。

同族での同一神として名前も合体し、
「天照国照彦火明櫛玉饒速日尊」となり、
ニギハヤヒ…と呼ばれ、
実際に紀元前1世紀に活躍しています。

なお、最近気が付いたんですが、
日本の神様の名前の中で、
「天照」が冒頭につくのも、
「天照」と「国照」が冒頭につくのも、
ニギハヤヒのみなんです~^^;

弥生時代に入ると…、
海部氏&尾張氏の祖・アメノホアカリの弟
ニニギ(瓊瓊杵尊)を祖とする
後の神武天皇をリーダーに、
原始キリスト教の秦氏一団が渡来。
いわゆる日向族です。

同じ天孫族がいると聞いていた
ヤマトへと東征していき、
国譲りを受けて政権交代となりました。

この頃から全国的に、
ユダヤ教から原始キリスト教への更新が
始まっていきます。

…が、大和朝廷による
中央集権国家体制が進むにつれ、
内乱が激化していき
乙巳の変から壬申の乱へと進みます。

ちなみに、中臣鎌足と藤原鎌足は、
全くの別人、別系統だと思います。

壬申の乱では…
中大兄(天智)VS大海人皇子(天武)

大海人皇子は、
海部氏に育てられた出雲族最後の王。
聖徳太子(厩戸皇子)の長男です。

聖徳太子は、志能備(しのび)
=「八咫烏」を結成していました。

たぶん…聖徳太子というのは、
イザナギが黄泉の国から逃げ帰って
汚れを落とした際に生まれた三貴神、
アマテラス・スサノオ・ツクヨミに対応し、

蘇我馬子&(推古天皇)&秦河勝…の
トリオ名だと思います~^^;
a0075956_23583017.png

陰陽道とカバラによる神秘の力、
トリニティーの象徴…じゃないかと。

古事記は、発起した天武天皇の崩御後、
藤原氏の勢力が増していき、
それまでに編さんされていた内容を含め
巧妙に捏造されて712年に完成。

初の女帝・第33代・推古天皇までの話で
終わっています。

推古天皇の別称は、
豊御食炊屋比売命(とよみけかしきやひめ)。
豊受大神?!

712年=「10」の年、女帝、「33」…と、
意図的にヒントを出してると思った次第^^;

女性=陰・裏・月、「33」=カバラ最高数。
「3」と「3」を足すと「6」
向き合わせると「8」
かごめ紋、六芒星、ヤハウェ…です。

要するに…、聖徳太子=裏天皇
秦氏=八咫烏のトップ「金鵄=鷹」

…で、お馴染み「かごめ歌」。

鶴(白真鶴)は、伊勢・伊雑宮。
亀は、元・伊勢・籠神社。

籠の中の鳥は、不死鳥フェニックス。
鳥(トリ)は、神の使いの象徴。

籠神社で紀元前507年に始まったのは
「藤祭」=不死、不二、普字、富士祭。
欽明天皇(539~571年)の時代に
「葵祭」に改称されています。

葵祭といえば、
賀茂御祖神社(下鴨神社)と
賀茂別雷神社(上賀茂神社)のお祭。

昔は、「北の祭り」「賀茂祭」などとも
呼ばれていました。

「鴨・賀茂」=神(カム・カミ・カモ)の使い
「北」=北辰北斗(北極星・北斗七星)
「八咫烏」=ヤハウェの使い=賀茂氏一族

下鴨神社のご祭神は、八咫烏に化身した
賀茂氏の祖・賀茂建角身命(かもたけつのみ)。

八咫烏を遣わしたのは…、
古事記ではタカミムスビ(高御産巣日神)、
日本書紀ではアマテラスです。

…ということは、
賀茂建角身命(かもたけつのみ)は、
アマテラスとスサノオの誓約で生まれた
「五男三女神」の長男、
アメノオシホミミ(天忍穂耳命)。

アメノオシホミミは、
アマテラスから葦原中国を治めるよう
命令されたものの、
「下界は物騒だからイヤ!ムリ!」…と
言って拒否。。。

「お願い!代わりにお前が行って~」と
自分の子供ニニギを降臨させました(笑)

上賀茂神社のご祭神は、
賀茂別雷命(かもわけいかづち)。
籠神社・天火明命(アメノホアカリ)の
異名同神です。

…で、「かごめ歌」に戻って結論^^;

♪夜明けの晩に、
鶴(火・陽・日)と亀(水・陰・月)が
統べった~♪…となる、三種の神器と
十種神宝での神事が行われる時…

封印が解かれ、真実とともに
シュメールの神々が顕現すると思います~。

母なる大地の上様…の使い
大地の母・イナンナ(イシュタル)降臨!

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2017-09-08 23:30 | スピリチュアル
<< 決断の新月 創造原理のトリニティー >>