ヴァルナ&ミスラ
a0075956_23245982.jpg

インド・アーリア神話の原初の最高神で
双対しているペアの光明2神、
ヴァルナ&ミトラ。

ヴァルナ神は…、
太陽と月を両目に持つ光明神であり、
原初の「水神」でもあり「正義」の守護神。
仏教では西方を守護する「水天」、
日本では天之御中主神。

ミトラ(ミスラ)神は…、
光明神であり原初の「火神」でもあり、
「契約と友愛」の守護神で、
おなじみ弥勒菩薩(マイトレーヤ)。

ゾロアスター教では、
この2神が合体して「アフラ・マズダ」。

そこで…
この2神の名前の小惑星話を~。

ヴァルナは…、
準惑星(冥王星型天体)に分類される
可能性がある太陽系外縁天体の1つ↓
a0075956_23551084.png

公転周期281.03年。
ひとつの星座を約24年かけて
通過していきます。

現在は蟹座29度57分にいて、
現在のトランジット太陽&火星と
コンジャンクション中なんです。
もちろん7月23日の新月時も…。

獅子座に入るのは7月25日。
8月8日の満月、22日の新月は
獅子座0度台でゆっくり前進。

ヴァルナの占星術での意味は…
神話の通り、この現実の認識できる世界の
摂理、正義、転換、移行などをあらわします。

つまり、今まさに約24年ぶりに
蟹座から獅子座へと移動して
次のステージへの転換と移行を
本格化させようとしているところ~。

ミスラは…、
ヴァルナとは位置も対極的で地球に近く、
近日点が地球の軌道の内側にある
アポロ群の火星横断小惑星の1つ。

公転周期3.27年。
変則的に動いていますが、
ひとつの星座を約2.7ヶ月かけて
通過していきます。

現在は、牡牛座27度33分にいて、
8月4日に双子座に入っていきますが、
9月から逆行して牡牛座に戻るため
正式に双子座に入るのは10月。

なお、私自身の出生時のヴァルナは、
牡牛座29度台にいまして、
もうすぐトランジットのミスラと
コンジャンクションで再会予定です^^

…で、最近、占星術にはほとんど
使用されないようなマイナーな小惑星を
含めて研究中なんですが、
命名された名前が意味を成す…というか
隠された個性を映し出すのが面白く
ハマってまして、、、
自虐ネタを告白します(笑)

私のペルソナをあらわすアセンダント。
ここに、ギリシャ神話の医神に因んで
命名された小惑星アスクレピウスが
コンジャンクション。

ちょっと嬉しい~。

魂の原点や居場所をあらわすIC(天底)
ここに、小惑星カオスが
コンジャンクション。

び、微妙~。

パートナーをあらわすディセンダント。
ここに、小惑星ミスラ!

かなり嬉しい~^^

そしてそして、
社会的目標や到達点をあらわすMC(天頂)
MCは天秤座で木星が12年に1度の
ジュピターリターン中なんですが、
ここになんと、、、
小惑星ジェイムズ・ボンド(爆)

ウケながら妙に納得。。。

もう間もなく、
ジェイムズ・ボンドになると思います^^;
a0075956_052692.jpg

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2017-07-21 23:30 | 占星術
<< シリウス新月の夜明け 新しい夢の現実へ >>