蟹座の新月アルケミー
a0075956_1242457.jpg

6月24日(土)11時31分、
蟹座の新月です。

蟹座の守護星は月なので、
1年の中で月のパワーは最強レベル。
夏至の後で太陽もパワフルです。

蟹座の新月エネルギーは、
「家族愛」をメインテーマに、
家族、仲間、母性、感情、感受性、
安心できる時間と場所、心の拠り所…
などに関する願いごとの現実化を
応援してくれます。

今回の新月は、蟹座2度47分、
「社会的役割」を示す10ハウス。
MC(天頂)が双子座29度56分で
蟹座との境目にあって、
6月9日の射手座の満月時と同様に
カルミネートしています。

※カルミネート
MC(第10ハウス起点)に1番近い天体

新月のサビアンシンボルは、
「シャギーディア(毛深い鹿)に
 先導される毛皮に包まれた男」

一時的に困難に耐えなければならない
精神力勝負のような厳しい状況において、
自分1人で解決しようとせず、
周囲の人に心を開き、直感に従うことで
最善の方向へと導かれていく様子です。

思考と行動の源泉である感情、
その素直な感情を、まず自分自身が認め
他人に心を開いていくことが、
最善の方向に進むための条件…ということ。

人類は皆、魂の兄弟姉妹、家族ですから、
他人に心を開くことで、自分と他人、
相互の心と思考と価値観…など
あらゆるエネルギーの錬金術が生じ、
創造力が発動する仕組み…だからです^^

とにかく、6月9日の満月以降から
恐れや不安などの感情の下にある
シンプルで素直な美しい心を覚醒させ、
潜在能力を発揮させる「社会的役割」が
与えられるチャンスのエネルギーに
包まれています。

ここで与えられる社会的役割は、
本当の自分自身が待ち望んでいた、
自分、家族、仲間の安心にもつながる
社会の中での居場所…になります。

…というわけで、
新月エネルギーに包まれる土日。

お願いごとをお祈りする際は、
願いを既に叶えている未来の自分に
成りきって、喜んでいる未来の自分の
心を感じながら「〇〇になっています」
…と願うと良いですよ~^^

叶え方はすべて宇宙にお任せして
純粋に願う心だけを放ってくださいね。
実現ドラマの妄想もシナリオも
却下される仕組みなので~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2017-06-24 01:23 | 占星術
<< 3年半の始まり 番外編 夏至からの3ヵ月 >>