夏至からの3ヵ月
a0075956_847363.jpg

2017年6月21日13時24分、
太陽が蟹座に入って夏至です。
今年後半に入りました。

夏至図から秋分までの3ヵ月。
星たちのエネルギーを読むと…

蟹座に入った太陽は、
蟹座入り直前の双子座にいる水星と
コンジャンクションで9ハウス。
3ハウスで射手座にいる逆行中の
土星とは緩めに180度オポジション。
牡羊座の天王星が7ハウスで調停中。

情報、通信、交通、マスコミ、海外、旅、
遠いところ、専門的な学問、理想、
ビジョン、信念、哲学…などに
関することが注目されたり
問題が浮上したりしてきそうです。

何事も他人との対話によって生じる
新しい視点で見つめて取り組むことが
発展or解決のカギになります。

毎年、太陽が蟹座に滞在する1ヶ月と
いうのは、自分の本心を取り戻す時期!

他人とのコミュニケーションを通して、
「あ~っ!」という気づきが起きやすく
自分の本心を知ることに繫がっていきます。

その本心の目で、
今現在の自分自身を含めた現実を
俯瞰して見つめてみると…、
色んな発見があると思います。

火星も蟹座にいるため、
新しい1歩を踏み出す勇気、活力、
行動力も湧いてきますよ~。

1ハウスの起点、出発点をあらわす
ASC(アセンダント)は天秤座21度台で
春分時のASCから1度進んでいます。

サビアンシンボルは
「噴水で鳥に水をやる子供」。

相手に寄り添って感情に配慮しながら
同じ目線で物事を一緒に考え、
サポートしていくエネルギーです。

そのASCには木星が、
IC(天底)には冥王星が、
DSC(ディセンダント)には天王星が
近くにいてTスクエアを形成中。

たくさんの人と関わることで、
自己基盤となっている価値観が変容し、
大切な人とのパートナーシップの
在り方も変わっていきそうです。

MC(天頂・到達点)は蟹座23度台で
春分時のMCと同じ度数にあります。

サビアンシンボルは
「南の島の女と二人の男」。

純粋に心から共感して信頼できる
同じ価値観の人たちと、
理想郷を作っていくエネルギーです。
趣味に仕事に…共同体を作る人たちが
増えると思います。

ASCがある天秤座の支配星、
愛と富と美の金星は牡牛座15度台。
MCがある蟹座の支配星、
月は牡牛座18度台。

ともに7~8ハウス境目にいて、
山羊座の冥王星とは120度、
魚座の海王星とは60度で調和。
冥王星も海王星も逆行期です。

良いor悪いといった常識や通説、
様々な理論ではなく、自分自身の
心と身体が感じる喜びを素直に感じて
あげることで、物心両面の豊かな人生、
豊かな暮らしとは何か?…という
ヒントが得られそうです。

そして、天秤座にいる木星を頂点に、
金星と海王星で「YOD=神の手」と
呼ばれるカタチを形成中。

本当のパートナーが誰か?…が
分かるような新しい人との出会い、
もともと知っている人との再会、
現在のパートナーを改めて認識、
または関係性を見直す…などなど、
とにかく、新しいパートナーシップを
育んでいくチャンスタイム!

総じて…、夏至からの3ヵ月。

天秤座の木星が全天体を牽引し、
他人とのコミュニケーションによって
これまでの自分のペルソナが剥がれ
相互に自分軸が明確になって
新しいパートナーシップの
新しい人生が始まっていく…

そんな3ヶ月になりそうです~^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2017-06-21 09:00 | 占星術
<< 蟹座の新月アルケミー 神一厘のアンタレス >>