土星&天王星パワー
a0075956_2355974.jpg

29年前の今日、1988年2月16日。

土星と天王星がピッタリ重なって
1度以内のコンジャンクション状態で、
ほぼ同時に山羊座に入りました。

その時、活力や行動力を表す火星が
射手座25度台にいて
土星と天王星とは5度以内の
コンジャンクション域に入っていました。

土星は、地の皇帝。
現実を確かなものへと調整するために
責任という試練や制約を与えてくれます。

天王星は、天の皇帝。
天の世界を地上に現実化させるために
スピード感を持って改革を促します。

私自身の自虐ネタを書くと…^^;
29年前の今日、
第1志望の大学受験日でした。

難関と言われる倍率の高い1次試験日で
なんと奇跡的に合格!
…したのですが、その後、
倍率の低い2次で見事に落ちました^^;

2次試験の時、火星が山羊座に入って
土星と天王星と1度以内の
トリプル・コンジャンクション。

しかも、、、
私の出生時のASC(アセンダント)は
山羊座0度でして~^^;
太陽の死と再生を意味する冬至です。

この私の冬至アセンダントを(笑)
土星と天王星と火星が通過する時期
だったのでした。。。

※ASC(アセンダント)
太陽の黄道と東の地平線との接点。
天と地との境界ポイント。
天界での集団性から分離した個としての
「出発点」を意味し、容姿や資質、個性、
ペルソナなどをあらわします。

さらに、私のプログレス(進行)太陽も
コンジャンクション域に入っていたので、
完全に…「ちょっと待った~!」と、
進路変更、方向転換…の合図でした。

29年後の現在、2017年2月16日。
土星は射手座25度台、
天王星は牡羊座21度台にいて
120度トラインで調和しています。

天王星は、2011年に牡羊座に入ってから
逆行期間も長いこともあって、昨年から
牡羊座20度前後を行ったり来たりしながら
ゆっくり進んでいます。

そして、土星は12月21日に
約29年ぶりに本来の座である山羊座に
帰還していきます。

翌日12月22日、
太陽が山羊座に入って冬至です。

この時、天王星は牡羊座24度台。
金星は射手座25度台にいて
土星と太陽とは5度以内の
コンジャンクション域に入ります。

つまり、、、今年から来年の年末年始。
土星が29年ぶりに再び、
私のアセンダントを通過するわけです~^^;
太陽と金星を引き連れて…。

すでに土星は私のアセンダントの
コンジャンクション域。

土星が個人の出生時のアセンダントを
通過する時というのは、前世の死と、
今生への再生の時とも言われ、
それまでの人生を終えて、
新しい人生が始まっていく時なんです。

山羊座1度のサビアンシンボルは、
「インディアンの酋長が各部族の集合体に
特別な権力を与えてくれるよう要求する」

重い責任とプレッシャーを背負って、
反対する人たちを振り払って前進し、
社会的にリーダーシップを発揮する様子。

しかも、、、
私のIC(イーマム・シーリー/天底)、
牡羊座20度台でして…^^;

※IC(イーマム・シーリー/天底)
子午線と黄道の接点の北側、北中点。
個としての生活、社会、心…すべてにおける
「基盤」を意味し、家族、ルーツ、
安心できる環境や居場所、魂の原点、
潜在意識、潜在能力などをあらわします。

私の基盤の上を、改革が得意な天王星が
ず~っとウロチョロしているので、確かに
私の基盤にかかわる問題が起きやすく、
課題をクリアしなきゃ~という状況が
続いています。。。

幸いにも今回は、土星と天王星は調和中。
…が、牡羊座21度のサビアンシンボル、
=私のICのシンボル…
「ボクサーがリングに上がる」

負けることも覚悟したボクサーが
全身全霊の力でリングにあがる様子。

これ、私の魂の原点エネルギー^^;

そして今現在、天王星に刺激され
この原点エネルギーのスイッチが
入るか入らないか状態なわけです。

いや~しかし、
社会ではインディアンの酋長、
心はリングにあがるボクサーって、、、
び、びみょ~(爆)

来世また女性に生まれ変わったら
今度はもっと女性らしい感じがいいな~と
思うこの頃です(笑)

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2017-02-16 00:00 | 占星術
<< オポジット・アトラクト マコトのことは酉の年 >>