ダブル・エクリプス
a0075956_0554323.jpg

2月4日(土)、
水瓶座15度を通過して立春です。
本格的に2017年が開幕します。

1年のエネルギーの新旧切り替えは、
「冬至→元旦→立春→春分」の
4段階スライド方式なんです~^^

春分からは完全に2017年。

…で、今年2017年は、
数秘では「10⇔1」の年。
ひとつのステージの完了と同時に
新しいひとつのステージが始まる年。

平成29年、昭和92年、大正106年、
明治150年…です。
私の暗算が合っていれば~^^;

平成29年⇔昭和92年
「29⇔92」で相対。

足して「11⇔11」
足して「2⇔2」

日本紀元では2677年。
2+6+7+7=「22」

二二、富士、不死!

分岐点の2016年の後の
始まりの2017年という
必然のタイミングで…日月神示の
「富士は晴れたり日本晴れ」の年。

丁酉=火の鳥・不死鳥フェニックス。

而二不二⇔而二不二、
天の陰陽⇔地の陰陽、
マコトの太陽と月⇔ニセの太陽と月

不死鳥のごとく蘇って天地大逆転…が
起きやすい年なんです~。

そして、この2月。
大逆転・大変化の月…と言えそうです^^

4日(金)、太陽が水瓶座15度を
通過して立春と同時に
金星は牡羊座0度に入って、
1月28日の新月直後に牡羊座に移動した
火星を追いかけていきます。

女性の行動次第になりそうですが(笑)
火星が牡羊座にいる3月10日までは、
眠らせたままの情熱が目覚めてきて
目指すべきゴールを見つけやすいので、
行動力でチャンスを掴んでいきましょう。

6日(月)16時少し前、
天秤座23度台にいる木星が逆行を開始。
ここで、およそ1ヶ月近く続いた全天体の
順行期間は終了です。

昨年9月9日に木星が天秤座に
入った頃から、前だけ見て走り続けてきた
ようなことは見直し点検すると良いです。

7日(火)、水星が水瓶座に移動。
もう限界…などと行き詰まっていた問題に
解決へのインスピレーションを得て
無理なく突破できるようになります。

そんな流れの中、
11日(土・祝)9時32分、
水瓶座の太陽と獅子座の月での満月です。

ともに22度28分で180度オポジション。

サビアンシンボルは、
太陽は「サーカスで曲乗りを見せる騎手」
月は「大きな熊が座って手足を振っている」

ある種の修行や訓練のように
心身を鍛え直しながら社会的認知を求め、
創造性と潜在能力を発揮させて
芸術的かつ技術的に新たな高いレベルで
自己表現をしていく様子です。

…で、この満月。
昨年の12月14日の満月に続き、
天秤座23度の木星、牡羊座21度の天王星、
射手座25度の土星で長方形を形成する
「ミスティック・レクタングル」を伴います。

昨年書いた通り、
「ミスティック・レクタングル」は
どんなに無理難題が立ちはだかっても、
複数の物事を同時にこなしながら
乗り越えられる超人的パワーを
発揮させることを促すとともに、
未知なることへの挑戦と成功を
応援してくれるパワフルなエネルギーです。

また、この満月は半影月蝕も伴っています。

18日(土)、太陽が魚座に移動します。
2017年へのエネルギーの切り替わり
最終コーナー通過という時期に入ります。
春の到来までもうすぐ…です^^

2月26日(日)8時すぎ、
水星が魚座に移動します。

その後、9時半少し前に月が魚座入りして、
日付が変わる直前23時58分、
魚座8度12分で新月です。

サビアンシンボルは、
「騎手がライバルに差をつけようとして、
馬を駆り立てる」

全身全霊で目的に向かって
新しい道へのチャンスに飛び込み
群を抜いた超人力を発揮して
諸願成就で成功を実現していく様子です。

しかも、この新月。
海王星とコンジャンクションで
IC(天底)で起きます。

また、牡羊座21度で天王星と火星が
0度コンジャンクションで、
天秤座22度台の木星とは
180度オポジション。

自分自身の根底にある価値観が変わり、
環境が変わり、居場所が変わり、
天地一体となった本来の、
眠らせたままの潜在的な能力を発揮する
自分自身を登場させることを促します。

いよいよ…出番です(笑)

さらにさらに、この新月。
金環日食を伴っています。

要するに、この2月は、
「変化」を暗示するエクリプス(蝕)が
月蝕と日蝕…と、続けて起きるんです。

大変革期中の、始まりの2017年の、
22となって大逆転が起きやすい年の、
大逆転・大変化が起きやすい2月。

この現実現象世界で、またひとつの
大きな新しい初めの1歩を歩み出す…
そんな2月です。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2017-02-02 00:30 | 占星術
<< 運命の満月 ナチュラル人間力 >>