転身変身スタート
a0075956_214167.jpg

20日(金)6時23分、太陽が水瓶座に移動。
東洋二十四節気では「大寒」となり、
節分まで真冬の寒さが続く時期に入ります。

直後の7時13分、月は蠍座0度で
下弦の月となります。

太陽は、山羊座の冥王星と離れて
復活&再生エネルギーも解消し、
天秤座の木星と射手座の土星とは
美しいハーモニーを奏でていきます。

要するに、20日からの1ヶ月は、
ホンモノの実力を発揮する自分へと
転身変身して新しくスタートする段階!

火星と金星は魚座にいますから、
物事が新しいカタチや進み方で展開し、
新しいスタートの背中を押されます。

しかも28日(土)9時7分、
水瓶座8度15分で新月です。

同日14時37分には、火星が
本来の座である牡羊座に帰還します。

新月との相性もよい状態で火星パワーが
最強モードに入るので、
情熱、行動力、生命力が強まります。

新月のサビアンシンボルは、
「鷲へと変身する旗が見える」。

まさに…、組織や活動の在り方、
自分自身の生き方を、より良いものへと
改革するために、感情的でなく論理的かつ
計画的に、意志と行動力を発揮しながら
マコトの自己へと転身していく様子です。

さまざまな通説や常識、周囲の環境や
日常の習慣など、無意識のうちに
自分自身の内なる軸ではなく、
外側に依存して支配されて
生きている人たちには理解できない…
そんな高次元の純粋なエネルギーに
包まれていきます。

この高次元の純粋なエネルギーを
受け取って立ち上がる人たちは、
これまでの自分と社会に対する葛藤、
理想と現実の葛藤を解き放ち、
いよいよ独立した個人として
自らの人生にリーダーシップをとって
高みを目指し、真の自由を感じ得ることが
大きな人生目標…だと気づく人たちです。

気づく人たちにとって、
新しいステージへのゲートは開いていて
機は熟しています。

始まりの2017年。

今年は元旦から太陽黒点がゼロの日が
続く現象もあらわれていますが、
今年から太陽活動は低下していきます。

太陽黒点が無くなるということは、
太陽活動の低下をあらわし、
太陽活動が低下すると、
地球の気温は下がり
宇宙線は増加していきます。

宇宙線が増加すると、
地球を覆っている太陽風のシールドが
宇宙線をはね返せなくなり、
地下の活断層の水分やマグマの成分に
宇宙線が直撃して活発化し、
大地震や大噴火が多発していきます。

近年、CO2排出による地球温暖化の問題が
取り上げられていますが、実際には
CO2排出が無かった700~800年代、
1500~1600年代、1800年代の方が
海面温度は高かった記録もあり、
地球の気候は太陽活動と相関関係に
あるとする学説も増えている様子。

NASAの予測でも、太陽の黒点数は
2020年に極小期となって
今後どんどん減少することになります。

夏はより暑く、冬はより寒く…という
異常気象になっていくと思います。

当然ながら…
人間の自律神経のバランスは乱れやすく、
心身の不調を感じる人も増えますが、
同時に、環境適応すべく染色体レベルで
突然変異する人たちが増えると思います。

今年は年始早々、来年2018年の
平成30年で天皇陛下が皇太子様へ
譲位され、2019年元旦から
新しい元号になることも発表されました。

現在、ホロスコープで牡羊座の天王星は、
2018年5月16日に牡牛座に移動します。
一旦逆行して11月7日に牡羊座に
戻りますが、2019年3月6日から
正式に牡牛座に入ります。

皇太子様のプログレス太陽も
2017年現在、ちょうど牡牛座に移動。
機は熟しています。

今年から先ず2020年までの間、
地球も、時代も、社会も個々の人生も、
新しいステージへの変容と移行が
目に見える分かりやすい現象となって
あらわれてくると思います~。

一度きりの尊い今生。
永遠が凝縮された「今」をより楽しく、
より大切に、より感謝して、
光輝く世界を創っていきたいですね。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2017-01-19 21:45 | 占星術
<< 夜明けの八芒星 聖地巡礼の旅 >>