封印を解く 番外編
a0075956_2393459.jpg

8月18日(木)18時26分に
半影月食での水瓶座の満月でした~。

鋭い感受性によって危機的状況から脱出して
天と地をつなぐ人間としての与えられた使命に
目覚めていくエネルギーです。

…で、鋭い感受性かどうかは微妙ですが、
ビビ~っときたので、完結したつもり…の
「封印を解く」シリーズ番外編です。

「いろは歌」と「ひふみ祝詞」。
いろは歌は音言霊、ひふみ祝詞は数音言霊で
2つで1つのセットになっています。

どちらも48音(ヨハネ)ですが、
昔は「ん」を加えない47音だったようです。

数秘にすると、
48…4+8=12 「3」
47…4+7=11 「2」

つまり単純に、
いろは47音=「2」、ひふみ47音=「2」で、
日月神示の冒頭数字「二二八八」の
「二二」=不死、不二、普字、富士となり、
このふたつが「八八」=開くと、
封印が解かれることになるわけです。

そこで、あ~っ!と面白いことが視えまして、
それを確かめるために「いろは」と「ひふみ」の
文字を順番に並べてみました。
a0075956_23165940.png

そして神様の名前の文字を数字に当てて
数秘にしてみたところ、驚くべき事実。。。
a0075956_2317472.png

a0075956_23181022.png

天照大御神と須佐之男命は、
「いろは」と「ひふみ」どちらも「5」と「10⇔1」。
豊受大神は「6」と「9」!

うふふふ~^^
先日の6次魔法陣です~。

かごめ歌のかごめ紋「六(6)」の中から
アマテラス「五(5)」が登場し、
最後にスサノオ「10⇔1」が登場…と読めます。

ちなみに、古神道家が神法のひとつとして
公開伝授した「十言神呪(とことのかじり)」は、
天照大御神(あまてらすおほみかみ)の10音。
「おほみかみ」です。

これを心の中で祈りながら発声することで
神徳をいただくことが出来る…というもの。

この10音言霊を2回唱えて20音言霊で
「天津祝詞の太祝詞」と呼ばれる
一切のツミケガレが消える…という神通力が
発動されるものになる…という説もあります。

「十言神呪(とことのかじり)」を、
「いろは」と「ひふみ」の文字順の数字に
当てはめてみたところ、「10⇔」と「7」。
a0075956_2319282.png

そこでまた、あ~っ!と^^;

かごめ歌の籠神社の奥宮・真名井神社は、
昔は「吉佐宮(よさのみや)」と呼ばれていて
天照大御神は伊勢神宮に移動する前の4年間、
豊受大神の隣で祀られていました。

吉佐宮(よさのみや)…よさ、四三の宮。
四+三=「七(7)」。
「ひふみ」の数秘とビンゴ~^^

吉佐宮の語源は、「ヨセフ」という話もあるので
同じように数秘にしてみたところ…、
「いろは」は「3」になり、
「ひふみ」は「4」になりまして、
合わせて「7」でビンゴでした~^^v

…ということは、
籠神社の海部氏一族は、北イスラエル王国の
王位(サマリアの王)についたヨセフ族の中の
エフライム族かと…。
a0075956_23231116.png

…で、そもそも魔法陣の封印話は
伝説的にソロモン王から始まっているので、
ヤハウェ、ソロモン、イエスキリストを
同様に数秘で見てみました。
a0075956_23242929.png

ヤハウェは、どちらも「99」になって「9」。
まさしく光。
ソロモンは、なんと名前まで「5」と「6」。
イエス・キリストは、三位一体の「3」と
天照大御神と同じ「5」です。

さらに、二元性の和合にちなみまして、
これらの「いろは」と「ひふみ」の数秘を
合計してみたところ…
a0075956_2324143.png

またまた、うふふふ~^^
ヤハウェと豊受大神が「6」と「9」。
先日の読み通り、3次魔法陣の鏡像反転
4つで出来る6次魔法陣のセンターと同じ。

須佐之男命とソロモンが、
ともに「2」で天地をつなぎ、
イエス・キリストが「8」で開くと
天照大御神「10⇔1」が登場!

やはり、マコトの天照大御神、マコトの太陽は
ダブルロックで封印されている様子。。。

私の家の玄関もダブルロックですが(笑)
心の扉は何重ロックか謎なので、、、
マコトの太陽がお出ましになる前に
何が何でも封印を解きたいと思います~^^

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-08-18 23:30 | スピリチュアル
<< 封印を解く 番外編Ⅱ 封印を解く 完結編 >>