続・日月神示コード
a0075956_122823.jpg

前回の続き。
もうちょっと3次元的に読み解きました…^^v

①二十ニ(=田)と八十八(=米)= 稲

・二十ニ=淡路島=イスラエルの失われた10支族
・八十八=四国=南王国ユダの2支族

②十二= 王 イスラエル12支族

以下は前回と同じです。
③八=  開く
④九二= 2つの光(陰と陽)
⑤九十= 光の統合
⑥八=  開く
⑦四十七=世界が統合して成就する

淡路島にはユダヤの遺跡が二十二ヵ所あり、
イザナギとイザナミの国生み神話の舞台です。

イザナギとイザナミの子供は
倉稲魂命(うかのみたま)、稲の神です。
古事記では、須佐之男命と神大市比売の子、
宇迦之御魂神(うかのみたま)で、稲の神で同一神。

四国には、もともと古神道の聖地だった
空海の八十八ヵ所の寺院があり、剣山もあります。

四国八十八ヵ所の88番目は、
香川県の医王山にある大窪寺で、御本尊は薬師如来。

薬師如来は、西方の極楽浄土の阿弥陀如来に対して
東方の浄瑠璃界の教主で、大天使ラファエルであり、
イエス・キリストでもあります~^^

淡路島と四国の間に鳴門海峡があるので、
うずまき逆転ナルトの仕組み~があると思いますが^^;

統一イスラエル国家は、ソロモン王の死後、
紀元前922年に10支族と2支族に分かれ、
サマリアを首都とする北王国イスラエルと
エルサレムを首都とする南王国ユダに分裂しました。

北王国イスラエルは、紀元前722年、
アッシリア帝国に滅ぼされて10支族も消えたため
「失われた十支族」と呼ばれるようになりました。

南王国ユダは、ユダ、ベニヤミン、レビ族で
レビ族は司祭で領土を持たないため2支族。

アッシリア帝国に属する形で存続していたものの、
メギドの戦いで敗北してエジプトの支配下となり、
新バビロニアにも屈した後、
紀元前586年にエルサレムと神殿が破壊され
新バビロニアに捕囚されて…という紆余曲折を通し
西暦70年に2支族は離散しています。

その後、長~い年月を経て、1948年に
現在のイスラエルが誕生して今年で68年。

神との契約は12支族が全部揃ってエルサレムに
統一国家をつくることにあります。

こうしたことからも、日月神示の冒頭文は…、
古代イスラエルの12支族の末裔が揃って、
本当の故郷である日本にエルサレムをつくること…を
意味していると思います。

…というのも、
「ひ~ふ~み~よ~…」はヘブライ語で、
岡本天明に日月神示を自動書記させたのは
肉体を持って生きていたシュメールの王の
神人霊なので~^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-07-14 01:30 | スピリチュアル
<< 日月神示コード 完結編 日月神示コード >>