天の法則・地の掟
a0075956_17122887.jpg

火星が長い逆行期を終えて、
蠍座で前進開始!

情熱を蘇らせ、行動力を発揮し、
実現させていくための夏が始まりました^^

…で、
7月の星の動きや来週の新月や七夕の話を
書こうと思ったのですが、
やめまして~(爆)

7月11日(月)は、天赦日&一粒万倍日。

ダブル大吉日で、2016年の「9」の年、
月と日で7+11=18の「9」となる日。

…ということもあって、
人類共通のテーマについて書きます~。
まぁいつもの話なんですけど。。。^^;

分かりやすいお話として
旧約聖書「ヨブ記」より。

ヨブ記は、正しく生きている人たちを含めて
自覚の有無に関係なく、
過去も未来も詰まった今をともに生きている
全人類の無意識下、その無意識下でつながる
集合無意識の中の神とサタン、光と闇…の
二極性の葛藤から統合へのプロセスにおける
大事なメッセージだと思います。

まずは全体のあらすじ↓

******************************

ヨブという無垢で正しい人格者がいました。
ヨブは神を畏れ敬う信仰心にあつい義人で、
東の国で一番の富豪でもありました。

そんなヨブの信仰心が、
なんと神とサタンによって試されていきます。

サタンは神に、
「ヨブの神への信仰は、
 物質的な見返りがあるからで、
 財産や家族を失って不幸になったら
 神様を恨むはず…」といって、
ヨブに試練を与えることの許可を求めると、
神はヨブの命を取らないことだけを条件に
サタンのヨブへの試しを許可してしまいます。

そして何も知らないヨブは、
次々と天災や人災に襲われ、
子供たちも財産も失い、重い病気になって
壮絶な苦しみを経験していきました。

…が、
ヨブの神への信仰心が揺らぐことはなく、
ヨブの妻は、そんな彼の無垢さに
共感も理解もできず
「神を呪って死ぬ方がマシ…」と
言ったりするのですが、ヨブは
「私たちは神から幸福を頂いたのだから
不幸も頂こうではないか…」などと言って
揺らぎません。

ヨブの友人3人は、
ヨブが不幸になったのは、
気づかぬうちに罪を犯しているか、
先祖が罪を犯したか…だと言って、
ヨブに神への懺悔を勧めますが、
ヨブは反論して潔白を主張します。

ヨブと3人の友人は、
神や宇宙についての知っている限りの
知識を並べて、正しい行いをしていれば
良い報いが与えられ、悪い行いをすれば
罰が与えられるのは本当か…?などと
激しい議論をしていきます。

そんな答えの出ない議論の後、
ついにヨブは耐えかねて
神に悲痛な思いを訴えるのでした。

「なぜ、正しく生きてきた私が
こんな理不尽な苦しみを受けなければいけないのか?
幸福を返して欲しい…。
なぜ、神は私なんかをお造りになったのか?
私など生まれなかった方がよかった…。」

神はヨブの訴えを全部聞いていて、
沈黙したままでした。

そこに4人目の友人エリフが現れます。
神よりも自分の方が正しいと主張するヨブと、
ヨブを諭す適切な説明が出来ていない友人3人を
怒って一喝します。

苦しみの先に救いがあるなら、
それは相応しい時も含めて
神が決めることであって
人間が決めることではなく、
ヨブが悔い改めるのならば
神は必ず救ってくださる…と
ヨブに伝えて立ち去ります。

そして神が嵐の中からヨブの前に登場。

神はヨブに対し、
神の創造の叡智の一つでも知っているのか?
自分を義とするために、
わたしを罪に定めるのか?…などと
次々に質問していきます。

神の問いにヨブは何も答えられず、
人知を超えていることに気づいて悔い改めると、
神から2倍の祝福の報いを与えられたのでした。

****************************
…という深~いお話です。

神がヨブに対して投げかける質問の一つに
こういう↓言葉があります
(38章31節~33節)

あなたはプレアデスの鎖を結ぶことができるか。
オリオンの綱を解くことができるか。
あなたは十二宮をその時にしたがって
引き出すことができるか。
北斗とその子星を導くことができるか。
あなたは天の法則を知っているか、
そのおきてを地に施すことができるか。

プレアデス星団は2000以上もの星たちが
集まる牡牛座の散開星団で、和名は、
主要な6つの星が「統(す)ばる」ことから
「昴(すばる)」です。

地球人類は、
調和意識の高いプレアデス星系人の
遺伝子と魂の記憶を持っています。

♪わ~れは行く~さらば~昴よ~♪…
という思いで到着したのが地球です^^;

「プレアデスの鎖を結ぶこと…」とは、
地上の人間社会では、そのプレアデスの
6つの星=調和の象徴である六芒星を結ぶ鎖が
消えてしまっている…という意味。

また、
冬の大三角形(おおいぬ座シリウス、
オリオン座ベテルギウス、こいぬ座プロキオン)
と、
夏の大三角形(琴座ベガ、鷲座アルタイル、
白鳥座デネブ)に
象徴するように、冬と夏、北と南など
対極にある2つ、
三角形(△と▽)=三位一体の調和を意味します。

オリオン座は、天の赤道上にある星座で
牡牛座の東にあります。

人類は、プレアデス星系人に転生する
遥か以前に、オリオンでの光と闇の
二極性の戦い=宇宙銀河大戦を経験しています。

「オリオンの綱を解くこと…」とは、
人類が二極性を超えること…の意味です。

「十二宮をその時にしたがって引き出すこと…」
とは、黄道12宮それぞれの役目をもつ
自分自身、それぞれの役目をもつ人たちの
資質や能力、また、12支族を適時に
社会に引き出すこと。

「北斗とその子星を導くこと…」は、
おおくま座の北斗七星=7つのチャクラ、
こぐま座の北極星(ポラリス)=神の子。

つまり、
地の人間ひとりひとりが二極性を統合し、
心と身体を統合し、
6つのチャクラを調和させ、
7つのチャクラを輝かせ、
社会も二極性を統合して
六芒星を結ぶことが出来れば、
神の子を地上に導くことが出来る
…となるのです~^^v

天の法則=地の法則、天の掟=地の掟です。

~「日月神示 青葉之巻 第三帖」~

天地不二 神人合一

天は地なり 地は天なり
不二なり 天地なり
神は人なり 人は神なり
一体なり 神人なり

神・幽・現を通じ 
過・現・末を一貫して
神と人との大和合

霊界と現界との大和合をなし
現・幽・神 一体
大和楽の光の国

実現を以って教旨とせよ
~~~~~~~~~~~~~~~~

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-07-01 18:00 | スピリチュアル
<< 七夕ミラクル バベルの塔 >>