一厘の仕組み
a0075956_17533889.png

確実に長文になります^^;

TO図と呼ばれる中世ヨーロッパの
世界地図では、
東のアジアが上になっていて
一番上に日本、真ん中がエルサレム、
向かって左にヨーロッパ、右にアフリカ
…でTスクエアを形成していました(笑)
a0075956_17561120.png

やはりエデンの園は、
高天原と黄泉の国の間にある
葦原中国=日本なのかも~と思います。

日月神示には
「日本は真ん中の国であるぞ」とあり、
天と地を和すお役目の国であることは
確かかと…。

~「日月神示 五十黙示録 碧玉之巻 第十帖」~

岩戸しめの始めは
イザナギ イザナミのミコトの時であるぞ。
ナミの神が火の神(ホノカグツチ)を
生んで黄泉国に入られたのが
そもそもであるぞ。

~~~~~

シュメールの女神イナンナが
冥界へ下った時に、
アダムの最初の妻リリスが
エデンの園を去った時に、
天の岩戸が閉まりました。

エデンの園の中央の
「生命の樹」と「知恵の樹」は…、
二本の樹、二本の木、二つの本の木…

木=「十」と「八」、
「九=光」がありません。。。
…が、「十」+「八」=「九」

木=気=喜…になって喜=神=光
二本、日本、二の本、日の本…の
気・喜=神=光。

~~「日月神示 梅之巻 第五帖」~~

ニニギの命お出ましぞ
ニニギとは二二のキの御役であるぞ。

~~~~~~

天孫降臨が「ニニギ」。
ニニ…二+二=四、
ギ… 気or喜 =神=光=一霊、一霊四魂!

~~「旧約聖書 創世記 2章10節」~~

一つの川がエデンから流れ出て園を潤し、
そこから分れて四つの川となった。

~~~~~~

ニニギの妻はコノハナサクヤヒメ。
「竜宮の乙姫様」に書いた通り、
龍九の音秘目覚ま(す)です。

九の八七三九八一め
= 9+873981
=「9=九=光」。

この二人から、
ホデリ、ホスセリ、ホオリの
三神が誕生して
「二二の四九三」=富士(不死)の仕組み^^

アダムとイブは、
食べると神様と同じになるからと
禁じられていた二本の樹の実のうち、
知恵の樹の実を食べたことで
エデンの園を追放されましたが、
おかげで神と人間のハーフになりました(笑)

~「創世記 3章24節」~

神は人を追い出し、エデンの園の東に、
ケルビムと、回る炎の剣とを置いて、
命の木の道を守らせられた。

~~~~~

★「エデンの園の東」は、
太陽、日の出方向、アセンダント(笑)

★「ケルビム」は、智天使のこと。
天使の9階級 上級2位。
神を見て神の意向を知る天使。
智天使長はジョフィエル。

黄道十二宮の守護天使でもあり、
青い服を着て、人の顔、牛の顔、
獅子の顔、鷲の顔という四つの顔と、
四枚の翼を持ち、足元には車輪。

メルカバー、不動宮、スフィンクスです。
 
青、顔と翼と車輪が4つずつ…「12」

★「回る炎の剣」は、
熾天使(セラフィム)のこと。

天使9階級の上級1位。
神にもっとも近い高次元意識エネルギー体の
非物質的な天使です。

熾天使長は堕天前のルシファーとミカエル。
サブはガブリエルです。

熾天使(セラフィム)の語源は、
ヘブライ語で「紅く輝く電光の空を飛ぶ蛇」に
象徴され、燃え盛る情熱の愛の炎を意味します。

人前に姿を現す際は赤い服を着て、
六枚の翼を持ち、二枚の翼で頭を、
二枚で脚を隠し、二枚の翼で飛ぶと
されています。

赤、龍、2×3の6枚の翼…「6」

★「命の木の道」は、
月、月の道(白道)、女性の月のもの

日月神示には、世の元から
ヒツグ(霊継ぐ)とミツグ(身継ぐ)とあり、
ヒツグはまことの神の臣民、
ミツグは外国の民、
2つを結んで一二三(ひふみ・統合)
…とあります。

…で、
ケルビムの「12」とセラフィムの「6」。
青と赤、太陽と月、黄道と白道、
霊統と血統…を統合してみると、

青と赤…  紫
12と6… 18…9=光
太陽と月… 日月=明
黄道と白道…ドラゴンヘッドとテイル(笑)=龍
霊と血…  霊人・神人

全部合わせて、紫の光明の龍神人(爆!)
不気味すぎ…失礼しました。。。^^;

赤の第1チャクラのクンダリーニ(龍)が
開いて上昇し、青の第6チャクラまで
統合されていくと、紫の第7チャクラへ
到達して神の光明が放って
本来の神人の姿になる…ということになります~^^
a0075956_1836925.jpg

また、日月神示の冒頭文。
「富士は晴れたり日本晴れ。
 神の国のまことの神の力を現す世となれる」

原文の数字に注目。
「二二八八れ十二ほん八れ 
 ㋹の九二のま九十の㋹のちからを
 あら八す四十七れる」

数字だけをピックアップしてみたところ、
7分割されていて、
数秘にしたら「7」でした~^^

2288+12+8+92+90+8+47=2545
2+5+4+5=16 
「1+6=7」

旧約聖書の創世記の冒頭、
天地創造は、6日間で創造して
7日目を1日休んだ7日間です。
「6+1=7」

「1+6=7」と「6+1=7」の鏡像反転!

神示は、1+第1~6チャクラ= 7
聖書は、第1~6チャクラ+1=7

どちらもミステリーセブンで始まってまして^^

天体では、1=太陽、
6=月、水星、金星、火星、木星、土星
を意味します。

~「日月神示 上つ巻 第三十ニ帖」~

神から見た世界の民と
人の見た世界の人とは
さっぱりアベコベであるから
間違わん様にしてくれよ

~~~~~

…で、整理して解読。

~「創世記 3章24節」~

神は人を追い出し、エデンの園の東に、
ケルビムと、回る炎の剣とを置いて、
命の木の道を守らせられた。
↓↓↓

神は人を追い出し、
エデンの園の東(太陽・神界・日本・霊統)に、
ケルビム(ユダヤの民・青・12)と、
回る炎の剣(日本の民・セラフィム・赤・6)を置いて、
命の木の道(月・人間界・血統)を守らせた。

ケルビムは、
12星座、イスラエル12支族。
セラフィムは、
6つの星、大和族、出雲族、秦族の表裏6支族、
ダビデの六芒星はもともと
日本のカゴメ紋だったんでしょうね。

…で、計「18」の支族の末裔が
手を取り合って和して
「1=太陽」の神イエス・キリスト再臨~^^

「1+6+12=19」の基本要素から成り立つ
神聖幾何学図形「フラワーオブライフ」が完成!
a0075956_19584142.png

なお、日月神示には何度も
「てんし様」が出てきて、
各々の民族に現れる五十人の神人が
救世主であり、五十人で一人…とあります。

五十九=五十の光、59=14=5

シュメールのアヌンナキ
=天空から降りてきた人々は、
「アヌンナ」=五十柱の偉大なる神々と
「イギギ」=小さな神々…を語源とし、
天空神アヌと地と冥界の女神キの子どもたちのこと。

天の岩戸が閉まったきっかけは女神でしたから、
岩戸開きのきっかけは男神なんだと思います。
神界と人間界はアベコベなので、
女神は男性、男神が女性、
つまりキーパーソンは女性かと~^^

再臨のイエス・キリストは女性!?

~「日月神示 扶桑之巻 第1帖」~

いよいよ時節到来して 天の数二百十六
地の数一百四十四となりなり
イザナギ三となり イザナミ二となりなりて
ミトノマグアイして五となるのであるぞ。
五は三百六十であるぞ。

天=216=「9」
地=144=「9」
五=子(人)=360=「9」

216+144+360=720
360が2つ、円が2つ、
9が2つの18でまた「9」。

720を9で割ると80、「8」です。

昨年末「この世のシナリオ」で書きましたが、
旧約聖書は、
計39巻=3、929章=2、
23,214節=3、
計=「8」=無限・永遠

新約聖書は、
27巻=「9」、260章=「8」、
7959節=「3」、
計=「2」=二元性

二つを統合すると「10=1」。

真ん中で和すお役目が日本。
生命の樹というのは、
神々から受け継いだ本来の、
マコトの日本人の精神性…って
ことだと思います~。

個々も世界も
「和を以て貴しとなす」とした時、
「666」が逆転して、
三つ巴が左右逆転して
「999」の神の世になって
新天地となる…という仕組みです。

…っていうことを伝えたかった次第^^;

お読みいただきまして、ありがとうございます。




by divine-msg | 2016-06-26 18:26 | スピリチュアル
<< 本当の三位一体 天地創造記 >>