それぞれの季節
a0075956_847325.png

「春分・夏至・秋分・冬至」の4日間は、
宇宙のエネルギーが次のサイクルへとシフトチェンジする
一年で最もパワフルかつ神聖な日です。

日々無意識に溜め込んでしまったネガティブな感情や言動の
「ツミ(積み)」を浄化し、枯れてしまった本来の気の
「ケガレ(気枯れ)」を癒し、マコトの自分自身に帰属して
元の気(=元気)を取り戻すための日でもあります。

もうすぐ夏至なので夏至から書くと…、

夏至は、太陽が出ている時間がいちばん長い日。
二十四節気の第10番目。
太陽の「陽」のエネルギーが一番パワフルな「太陽の日」。

冬至は、太陽が出ている時間がいちばん短い日。
二十四節気の第22番目。
「陰」のエネルギーが一番パワフルな「月の日」。

春分と秋分は、太陽と月の出ている時間が半分ずつの日。
二十四節気の第4番目と第16番目。
陰と陽のエネルギーが調和する「日と月の日」。

人生に喩えると…、
冬至(陰)から夏至(陽)への期間は、
オギャ~と生まれた赤ちゃんが成人するまでを表し、
夏至(陽)から冬至(陰)への期間は、
成人が今生の肉体を終えるまでを表します。
a0075956_8523778.png

西洋占星術では、太陽が春分点を通過し、
太陽が牡羊座0度に入る時が1年の始まりなので、
年間サイクルとしては↓

・春分=太陽が牡羊座に入る日=種まき・育成スタート
・夏至=太陽が蟹座に入る日 =開花・熟成スタート
・秋分=太陽が天秤座に入る日=収穫スタート
・冬至=太陽が山羊座に入る日=完成・翌年準備スタート

12星座の3区分(活動宮、不動宮、柔軟宮)の
活動宮の星座0度から始まり、4点を線で結ぶと
活動宮のグランドクロスになります。

この大きな自然界のサイクルの中に、
人それぞれの宿命や使命という個々のサイクル、
個々の春分、夏至、秋分、冬至があります。

占星術では、生まれた瞬間、地上の出生地から見た
東の地平線を基準に、黄道を太陽が通過する時間に合わせて
12分割した「ハウス(室)」というものがあります。

ハウスの分割システムは100種類ほどあって
どれを使うかによって異なるものの、
出生時にどの天体が、どの星座(サイン)にいるかが
宿命的な気質、性質の特徴を示し、
それらがどのハウスに属しているか…が
より具体的な宿命傾向を示します。

その12のハウスの中には、
「アングル」と呼ばれる4つの感受点があります。
1、4、7、10ハウスの起点で、
これらが個々の春分、夏至、秋分、冬至です。

・アセンダント(ASC)=春分
 黄道と東の地平線との接点・上昇点・第1ハウスの起点
 ペルソナ、性格や外見の特徴

・イーマム・シーリー(IC)=夏至
 黄道の天底に近い地点・北中点・第4ハウスの起点
 ルーツ、家族、母親、集合無意識

・ディセンダント(DSC)=秋分
 黄道と西の地平線の接点・下降点・第7ハウスの起点
 対人関係、パートナー、潜在的自己

・ミディアム・シーリー(MC)=冬至
 黄道の天頂に近い地点・南中点・第10ハウスの起点
 社会との関わり、人生の到達目標、父親、集合的価値観

ちなみに私は…、
アセンダント山羊座0度、ディセンダント蟹座0度、
ICとMCも0度ではないものの牡羊座と天秤座にあり、
ゆる~く活動宮のグランドクロスを持っています。

自然界とちょうど1シーズン遅れでズレているせいか
自然界にも宿命のサイクルにも背いているのか^^;
人生の夏至がまだまだ遠い感じが。。。
遅咲き狂い咲きにならないよう気を付けたい所存です(爆)

今年の夏至は、柔軟宮のグランドクロスの真っ最中。
例年以上にパワフルなエネルギーが降り注ぐので
夏至までに今年1年の目標の、人生目標の、
矛先点検、進捗確認をしておくと良いですよ~。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-06-11 09:00 | 占星術
<< 地球のバイオリズム グランドクロスの象意 >>