竜宮の乙姫様
a0075956_6153520.jpg

今さらみたいな話なんですが、
偶然に面白いことに気付いてしまいました~。

日本は、日月神示や出口王仁三郎の「いろは神歌」に
「日本の国は世界の雛形である」とあるように
実際に世界地図を凝縮すると日本の形に似ていたり、
海に囲まれて龍の形に似ていたりすることから
龍神の国などと言われる国です。

…が、この世界は鏡像反転、而二不二、一霊四魂なので、、、
日本地図を上下左右に鏡像反転して4枚にしてみました~。

すると…、ちょっとイビツな12角形になりまして。。。
a0075956_5352078.png

12星座、十二支、12神…などの「12」です。
1+2=「3」
造化三神、三位一体など創造をあらわす「3」。

昨年「いよいよの時」「いよいよの時Ⅱ」で書きましたが、
三角、四角、五角…と多角形を作っていくと
最後は円(〇)になるものの、円になるまで三角形が基本。
十二角形の内角の和は180°で、逆さまの度数です。

ちなみに、「123・456・789」と
3つずつ区切った3セットの数字をそれぞれ足すと
「666」になります^^;

三角形を基本にできる多角形を3次元空間に拡張すると
5種類(4、6、8、12、20面体)の正多面体になり、
3次元空間で最大の面数を持つのは正二十面体で、
正二十面体の辺の数は30本、頂点の数は「12」個。
正二十面体はすべてを内包し、正十二面体とは双対関係です。

つまり、、、日本は、
頂点の数を12個持ち、すべてを内包する正二十面体の国(爆!)

また、正多面体は…、
正四面体 = 火  木星
正六面体 = 地  土星
正八面体 = 風  水星
正十二面体= 空  火星
正二十面体= 水  金星 …というエネルギーを表すため、
日本は、水と金星のエネルギーに代表されつつ
すべての自然界のエネルギーに恵まれた超パワースポットの国!

水の神様として象徴される「竜or龍」は、
人体に内在して眠っているクンダリーニ(螺旋)のことです。

「光の花」でも書いた通り、竜宮の乙姫様は
=龍九の音秘目覚ま(す)
=龍の九の秘めたる音(=神)の目覚め
=私たちの内なる九(=こ、光)の神を覚醒。

九(=こ、光)の神が覚醒すると、光(こ)の花が咲き開く。
コノハナサクヤヒメ(木花咲耶姫)。

而二不二=二十二=22=富士
「富士は晴れたり日本(二本)晴れ」…になります~。

…と、こうした視点からも、
やはり日本は世界の雛形で、マコトの天照大神、マコトの太陽、
マコトの星は、日本から現れる…と、またまた改めて確信!

グランドクロスとグランドトラインの確変の「7」パワーの、
太陽と月と金星が重なるスペシャルな双子座の新月中に
書きたかった次第です^^v

Thank you!
お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-06-05 06:05 | スピリチュアル
<< マリア・ミステリー 天と地の子 >>