グランドクロス&グランドトライン
a0075956_3593737.png

「分岐点の2016年」の真ん中6月に入りました。
まさしく分岐点となる1ヶ月です。

5月末から双子座にいる太陽と金星⇔射手座にいる土星、
乙女座にいる木星⇔魚座にいる海王星で、
柔軟宮(双子座、乙女座、射手座、魚座)の
グランドクロス(グランドスクエア)が形成されています。

乙女座の木星と魚座の海王星の近くには、
ノード(ドラゴンヘッドとテイル)もあります。

また、太陽と月のエネルギーが最もバランスのとれる感受点で、
今生の意義や現実の方向性を示唆する
PF(パート・オブ・フォーチューン)と、
魂の成長の方向性を示唆するPS(パート・オブ・スピリット)も
乙女座で近くにあります。

さらに、現実をつかさどる牡牛座にいる知性の水星、
実務をつかさどる乙女座にいる拡大発展の木星、
社会をつかさどる山羊座にいる起死回生の冥王星で
地の星座での大きな正三角形(グランドトライン)も
形成されています。

大きな正四角形(グランドクロス)と
大きな正三角形(グランドトライン)のコンビネーション。
2つの図形の接点は乙女座にいる木星です。

このコンビネーションエネルギーは、
理想と現実、感情と思考、意思と行動、やりたい事とやるべき事、
可能性と必要性…などの混乱と自己矛盾から生じるモヤモヤした
迷いや葛藤を断ち切り、現実的な判断による選択と集中によって
新しいアイデンティティーと自己基盤の確立を促しています。

柔軟宮での「安定の4」と、地の星座での「創造の3」。
4+3=7
柔軟に地上での安定基盤を創造する…新しい自己への、
現実への、変容の7、確変の7、ミステリーセブンです。

このエネルギーの影響は6月10日頃まで続きます。

そして、真っただ中の6月5日(日)12時、
双子座14度台で太陽と月、金星も重なるパワフル新月です。

新しい仲間や新しい仕事との出会いを暗示し、
新月のサビアンシンボルは「二人のオランダの子供の会話」。

2人の子供たちが知識をキャッチボールしながら
楽しくコミュニケーションをとっている様子で、
友人や仲間の存在に救われ、励まされ、互いに協力し合って、
社会的なプレッシャーを乗り越えて成長することを表します。

90度スクエアに位置する乙女座の木星の象意も同様に
家族や仲間に支えられ、社会的なプレッシャーの中を
新しい方向へと歩み出していくエネルギーです。

蠍座に戻った逆行中の火星は、5日~13日頃まで
牡牛座にいる水星と180度のオポジションで
過去の経験と新たな学びと知識が融合することで
確かなものを収穫する暗示もあります。

…で、総じて、混沌の闇から光への、陰極まって陽への
転換と変容のエネルギーに包まれながら、
新しい出会いを得て、新たな価値観が芽生え、
新たな扉が開かれ、新たな道を歩き出していく…、
そんなきっかけが起こりそうな6月前半です。

お読みいただきまして、ありがとうございます。
by divine-msg | 2016-06-02 06:02 | 占星術
<< 天と地の子 情熱の火星最接近 >>